平川市・猿賀神社「御田植祭」

田男、早乙女 豊作願い/平川市・猿賀神社で「御田植祭」|農林水産,文化,教育|青森ニュース|Web東奥 猿賀神社(平川)で御田植祭 by 陸奥新報  平川市の猿賀神社は29日、神社近くの神饌田(しんせんでん)で毎年恒例の神事「御田植祭」を行った。手甲・脚絆(きゃはん)の白装束と花がさを身に着けた早乙女や田男たちが、今年の豊作を願いながらもち米(あかりもち)の苗を植えた。  御田植祭は1932年に始まり、戦時中も休むことなく続けられてきた伝統の神事。89年目の今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、田植え歌の合唱はしなかった。猿賀小学校5年生の女子児童5人が早乙女姿に 早乙女5人「富富富」田植え 庄川、新嘗祭に献上|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  宮中祭祀(さいし)の新嘗(にいなめ)祭に献上するコメの「斎圃(さいほ)田植(たうえ)祭」が24日、砺波市庄川町示野の松田吉孝さん(78)方で行われ、早乙女となった地元の中学生5人が苗を植えた。  奉耕者の松田さん家族や地区の協力農家、JA、市などの関係者60人が参列して神事を行い、豊作を祈った。9月20日に抜穂式を行い収穫し、玄米1升を10月下旬に皇居に献納 「疫病退散」時を超えて-お札復刻 南陽・熊野大社、200年前の版木発見|山形新聞  南陽市宮内の熊野大社が新型コロナウイルスの収束を願って、約200年ぶりに「疫病退散」のご利益があるお札を復刻させた。印刷に使った2種類の版木は感染拡大前の昨年末…

続きを読む

福岡・愛宕神社「七福神大祭」

みこが舞奉納、医療従事者の安全願う 福岡市の愛宕神社で七福神大祭|【西日本新聞ニュース】  福岡市西区の愛宕神社で商売繁盛や長寿を祈る「七福神大祭」があった。今年は新型コロナウイルスと闘う医療従事者の安全を祈願し、24日にみこが豊栄(とよさか)舞を奉納した。  神社の地蔵堂には七福神のお地蔵さんが安置されており、祭りは江戸時代から行われている。「新型コロナ退散」を願い、例年より約1カ月早い先週末には大茅の輪を神門に設置 宮崎)高千穂峡貸しボート営業再開 水上で川祓の神事 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 高千穂峡ボート 終息願い祝詞奏上 - Miyanichi e-press 新緑まぶしい高千穂峡の貸しボートも再開 宮崎県高千穂町|宮崎ニュースUMK|UMKテレビ宮崎  新型コロナウイルス感染症予防のため運休していた宮崎県高千穂町の高千穂峡貸しボートの営業が25日、再開された。川の水位調査や増水による運休も重なり、営業再開は4月20日以来。この日は県内外から訪れた10組24人が利用した。  再開に先立ち、貸しボートを運行する町観光協会は安全祈願祭として「川祓(かわはらえ)の儀」をボート乗り場近くの水上で執り行った。協会職員や町関係者ら約20人が参加。高千穂神社の後藤俊彦宮司や巫女(みこ)らがボートに乗り込み、祝詞(のりと)を奏上した。当面の間、稼働するボートは8隻に限定 力を込め豊作願う 竹駒神社で御田植祭 | 河北新報オンラインニュース 豊作が明…

続きを読む

京都・八坂神社「祇園御霊会」

新型コロナの早期収束を願う特別神事「祇園御霊会」 京都・八坂神社(読売テレビ) - Yahoo!ニュース コロナ払う祇園御霊会 みこ「浦安の舞」 八坂神社 /京都 - 毎日新聞  京都の八坂神社で20日、新型コロナウイルスの早期収束を願う特別神事が執り行われた。  八坂神社で執り行われた特別神事「祇園御霊会」には、宮司や京都市の門川大作市長らが出席し、邪気を払うとされる「をけら」が焚かれ、国家の安寧を願う舞が奉納された。来月14日、京都市内の神泉苑でも行われる予定 大神神社で新人巫女が神楽舞の講習 | 奈良テレビ放送 新型コロナ 感染予防のため、会場分けて稽古 桜井・大神神社の神楽舞 /奈良 - 毎日新聞  桜井市の大神神社では、この春、神社に就職した新人の巫女らが、神楽舞の講習を受けています。  今回、講習に参加している巫女は22人で、その内7人が新人です。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため講習は2つの会場に分けて行われました。 巫女たちが、いま教わっているのは、毎日の祈祷などで欠かせない神楽の1つ「浦安の舞」です。講師からは、鈴の扱い方や正しい角度、基本の姿勢などが、丁寧に指導され、新人の巫女たちも懸命に取り組んでいました。18~21日の4日間 大神神社で新人巫女が神楽舞の講習

続きを読む

萩で献穀米のお田植式

萩・「献穀米」のお田植え式|tys テレビ山口 - 県内ニュース 山口・献穀米のお田植式|山口朝日放送 皇室献上米「お田植式」 萩 /山口 - 毎日新聞 今年は萩市のコシヒカリが献上されます。11月の宮中行事・新嘗祭に献上する米の苗を植える「お田植式」が行われました。 献上する米を作る奉耕者に選ばれたのは萩市上小川の橋本忠男さんです。 橋本さんは2013年に起きた豪雨災害の復興に尽力したとして選ばれました。 きょうは地元の女子中学生ら11人も早乙女として参加し、一つ一つ丁寧に苗を植え付けました。9月上旬に刈り取る予定で、1升の米を宮中に献上 射水神社「泣き笑い相撲」中止 赤ちゃん力士 悔し涙:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は二十二日、七月初旬に開催を予定していた今年の「越中 赤ちゃん泣き笑い相撲」の中止を発表した。今回、参加できなかった赤ちゃんと家族の参加機会をつくるため、来年は、出場できる赤ちゃんの年齢資格を現在の生後六カ月~一歳半を二歳半まで拡大し、多くの参加を受け入れる。  赤ちゃんの元気な姿を神様に見てもらい、成長と健康を祈願する意味で、同神社と市相撲連盟が二〇一八年から始め、毎年開いている。取組は向かい合わせた赤ちゃんの早泣きや大笑いなどで勝敗を決め、横綱や大関を決定する。昨年は約百五十人が化粧まわしを着けて土俵入り 高岡御車山祭は神事のみ実施 高岡関野神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  …

続きを読む

中能登町で新嘗祭献穀田の御田植式

石川県 早乙女豊作願い 中能登、新嘗祭へ田植え|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 「稲育て」早乙女心込め 御田植式 中能登町9年ぶり:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  天皇陛下が秋の収穫を感謝する宮中行事「新嘗祭」(十一月二十三日)に供えるコシヒカリを植える神事「御田植式(おたうえしき)」が十八日、中能登町東馬場の水田であった。同町内では九年ぶりの開催で、今年は農事組合法人「あぐりばんば」(同町)の代表理事、竹森裕(ゆたか)さん(65)が献穀者を務める。  杉本栄蔵町長ら約三十人が出席。能登部神社の清水景子宮司による祝詞の奏上後、小学生から高校生までの早乙女八人が足袋姿で田んぼへ。時折、転びそうになりながらも、一本ずつ丁寧に苗を植えていった。竹森さんの孫で早乙女を務めた高校一年生(15)「すてきな稲に育つようにと思いを込めた。自分の植えた稲が、皇居に行くなんて想像もつかない」 マスク姿、豊作願う 恵那市・お田植え祭 | 岐阜新聞Web  飛鳥時代の朝廷に米を献納していたという史実にちなんだ「恵奈の里 次米(すきまい)みのりまつり」の幕開け行事、お田植え祭が、岐阜県恵那市長島町の水田で行われた。  みのりまつりは史実を再現するイベントで、地元住民でつくる実行委員会が毎年開いている。お田植え祭には恵那農業高校生や小中学生らが参加していたが、新型コロナウイルス感染予防のため規模を縮小して地元関係者のみで行った。  神事を行い、米の豊作を祈願した後、…

続きを読む

高岡・二上山の悪王子社で春祭り

富山県 平安祈り末広の舞 高岡・二上山の悪王子社で春祭り|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 疫病退散願い末広の舞 二上山山頂の悪王子社:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)の神職とみこは十三日、新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い、同神社の祭神「二上神(ふたがみのかみ)」の荒魂(あらみたま)として祭っている二上山山頂・前の御前(ごぜん)にある「悪王子社」で疫病退散を祈願した。  伝説では、二上山の魔物に毎月五回、越中四郡から若い娘を人身御供に差し出さなければならなかったが、平将門を討ったとされる藤原秀郷が弓と刀で退治。魔物は二上山を七巻き半する大蛇だったが、改心して二上山と越中の国土の守護神になり、悪王子社に祭られたとされる。「悪」とは「強力」の意味で、格別な神威を現す神のこと。有名なところで「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」の荒魂を祭る京都・八坂神社の悪王子社が知られる。  射水神社は毎年、悪王子社で春祭りを斎行しているが、今年は特別に松本正昭宮司が新型コロナウイルスの終息を祈願する祝詞を奏上。新人みこの山田結菜(ゆな)さん(20)が末広の舞を奉奏した。山田さんは「新型コロナウイルスが一日でも早く終息するように気持ちを込めました」と コロナ自粛の中「三国祭」開幕 厳かに「浦安の舞」奉納:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  北陸三大祭りの一つで県無形民俗文化財の「三国祭」は十九日、坂井市の三國(みくに)神社で神事が営…

続きを読む

浅草神社「例大祭斎行延期奉告祭並びに新型コロナウィルス感染症早期鎮静祈願祭」

東京新聞:<新型コロナ>願う 終息、秋の三社開催 浅草神社で氏子ら祈願祭:東京(TOKYO Web)  台東区の浅草神社(浅草二)で十八日、新型コロナウイルスの早期終息を願う祈願祭があった。合わせて十五~十七日に実施予定だった三社祭の秋への延期を奉告する祭事も行われ、参列した氏子らは祭りが無事開催できるよう祈った。 (天田優里)  祭事は、神職や参列者がマスクを着用して実施。神前で祝詞を奏上し、十月十六~十八日に延期された三社祭の開催と新型コロナウイルスの沈静化を祈った。笛の音が響く中、みこ二人が「浦安の舞」を舞い、終息を祈願した。神社の総代数人が参列した。八月下旬に最終的な開催可否や規模について決定する見通し 例大祭斎行延期奉告祭並びに新型コロナウィルス感染症早期鎮静祈願祭令和2年5月18日(月)午前10時 斎行祭典の様子です。是非ご覧くださいませ! https://t.co/w5Fj0dH8IR— 浅草神社 (@asakusajinja) May 18, 2020 本殿祭のみで先帝祭 慰霊とコロナ終息願う祝詞 上臈参拝、初の中止 赤間神宮 /山口 - 毎日新聞 下関 先帝祭 コロナで神事のみに|山口朝日放送 大型連休の恒例行事、下関市赤間神宮の「先帝祭」が、上臈道中などは取りやめ神事のみで開かれました。先帝祭は、壇ノ浦の戦いで関門海峡に入水した安徳天皇を偲ぶ祭りで、例年、多くの観光客で賑わいます。しものせき海峡まつりが中止された今年は、先帝祭も、本殿祭のみ…

続きを読む

下関・住吉神社で御田植祭

山口)豊作願い「御田植祭」、新型コロナ退散の舞も:朝日新聞デジタル 災い払って御田植祭/住吉神社 神事のみに / 山口新聞 電子版 「御田植祭」異例の形で 本殿祭と神事のみ 下関・住吉神社 /山口 - 毎日新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統の神事「御田植祭」が17日、下関市一の宮住吉の住吉神社であった。今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、本殿祭と神饌田(しんせんでん)に早苗を植える儀式のみが行われた。  毎年参加している勝山中学校の生徒が臨時休校で練習ができないため、住吉神社から依頼を受けたJA山口県下関統括本部の女性職員8人が奉仕者を務めた。白衣に緋(ひ)ばかま、すげがさを身に着けた八乙女姿で約160平方メートルの神饌田にイセヒカリの苗を植えた。害虫や悪霊を払う「弓鎮治舞(ゆみちんじまい)」は2年前に経験のある下関南高2年の西野智春さん(16)が奉納した。ここまで規模を縮小するのは初めて 豊作願い「御田植祭」、新型コロナ退散の舞もhttps://t.co/V86iCiaTPS#山口県 の神社で、 #五穀豊穣 を願う「 #御田植祭 (おたうえさい)」。例年の地元の中学生に代わり、今年は八乙女姿のJAの職員が代役で田植え。新型コロナウイルス退散の願いを込めた舞も奉納されました。 pic.twitter.com/eXEjAmSjS1— 朝日新聞デジタル編集部 (@asahicom) May 18, 2020 早乙女が献穀田に手植え 南砺の高瀬神社で御田植祭…

続きを読む

小松・本折日吉神社「お旅まつり」神事

お旅まつり 来年こそ盛大に 本折日吉神社 神事のみ ひっそりと:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  小松市最大の祭りで、市内にある本折日吉、う橋両神社の春の例大祭「お旅まつり」が十五日始まり、同市本折町の本折日吉神社で神事があった。新型コロナウイルス感染拡大で、メイン行事の曳山(ひきやま)子供歌舞伎などは中止になり、今年は神事のみ。参列者は来年の祭りが盛大に行えるよう意気込んだ。巫女さんが神楽舞を奉納し、参列者は玉串を捧げました 狛犬もマスク姿 下妻・大宝八幡宮 コロナ終息願い | きたかんナビ  新型コロナウイルス感染症の終息を願い、下妻市大宝の大宝八幡宮(山内雄佑宮司)は、病気をはらうといわれる狛犬(こまいぬ)にマスクを着け、参拝者へ感染拡大防止の大切さを伝えている。    同八幡宮は、4月7日の政府の緊急事態宣言後すぐに、巫女(みこ)手作りのマスクを一対の「平成狛犬」に装着した。別名「撫(な)で狛犬」と言われ、体の不調なところをなで病気をはらう意味があるという。「巫女が狛犬を拭き、マスクを着け直したりしている」とのこと 終息願い「アマビエ」お札、熱海・今宮神社 無料配布、郵送も|静岡新聞アットエス  新型コロナウイルス感染の一日も早い終息を祈り、熱海市の今宮神社は疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」のお札を無料で配布している。直接神社に訪れることができない人のために郵送での配布も受け付けている。  お札は泉明寺みずほ宮司(49)と娘のさくやさん(1…

続きを読む

阿蘇で献上米の御田植祭

献上米、おいしく育て 阿蘇市で御田植祭、中学生が手植え | 熊本のニュース | ニュース | 熊本日日新聞社 阿蘇で10年ぶり 献上米の田植え|【西日本新聞ニュース】  皇室行事の新嘗祭[にいなめさい](11月23日)への献上米を植える御田植祭が10日、熊本県阿蘇市山田の水掛棚田であった。烏帽子[えぼし]姿の田男と、すげがさをかぶった早乙女が、苗を丁寧に植えた。  コメの献上は県地域振興局単位の持ち回りで、阿蘇郡市では10年ぶり。献穀田は、農業暦55年の大田黒元吉さん(72)所有の10アール。妻祥子さん(69)と育て、2人は「丁寧に管理する。元気に成長してほしい」と祈った。大田黒さん夫婦のお孫さん(12)は「おいしく育ってほしい」と笑顔で 市民の安寧願い 松原神社でとんさんえびす祭り|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  佐賀市松原の松原神社境内にある松原恵比須(えびす)社の巨大えびす像の鎮座を記念した「とんさんえびす祭り」が3、4の両日、同神社で開かれた。高さ2・5メートルの像に向かい、参列者が市民の安寧や郷土の発展を願った。  このえびす像は、市内に約800体あるといわれるえびす像の象徴として2005年に建立された。毎年、市内外から多くの来場者でにぎわうが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小して実施。4日は御鎮座記念祭典があり、巫女による神楽奉納などが 〈がんばってます〉福母八幡宮宮司 佐藤美波さん(29)=大町町 神職に女性の…

続きを読む

白山比め神社例大祭

白山比●神社で安寧祈る例大祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で六日、氏子らの安寧を祈る例大祭があった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小した。  例年、約百人の氏子らが参列するが、今年は責任役員の五人のみが出席した。  山海の幸や菅原道真公が神社に献上したと伝わる梅枝餅(うめがえもち)などを神前に供え、神職が祝詞を奏上。鈴や扇を手にした四人の舞女(まいひめ)が神楽「浦安の舞」を優雅に舞って奉納した=写真。※見出し、文中の●は口へんに羊 富山県 高瀬神社アマビエ塗り絵配布|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  新型コロナウイルスの感染が広がる中、南砺市高瀬(井波)の高瀬神社は、疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」の塗り絵を制作し、参拝者に無料配布している。会員制交流サイト(SNS)でアマビエのイラストが相次いで投稿されているのを目にした新人みこが考案した。同神社では塗り絵のほか、アマビエをデザインした金太郎あめも無料で配っているそう 新型コロナ ウイルス鎮静祈る 「浦安の舞」を奉納 西区・愛宕神社春季大祭 /福岡 - 毎日新聞  西区愛宕2の愛宕神社で春季大祭があり、感染拡大が続く新型コロナウイルスの鎮静を祈る「浦安の舞」が奉納された。境内では手水(ちょうず)を撤去する代わりにアルコール消毒液を置き、参列者に1枚ずつマスクを配るなど感染防止に努める中での神事となった…

続きを読む

京都・貴船神社「菖蒲神事」

京都)疫病退散! ショウブの邪気払い 貴船神社:朝日新聞デジタル  端午の節句の5日、京都市左京区の貴船神社で、邪気払いの行事「菖蒲(しょうぶ)神事」があった。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、本殿には参列者を入れず、神職のみで疫病の退散や世界の平安を祈願した。  神前にはヒノキの皮やこもに挟んだ餅、ちまき、魚の干物といった神饌(しんせん)が供えられた。宮司が祝詞(のりと)を上げた後、ショウブとヨモギを手にした巫女(みこ)が神楽の豊栄舞(とよさかまい)を舞った。端午の節句は古来、夏を迎える前に邪気を払う中国の風習 神戸新聞NEXT|東播|新型コロナの早期終息を祈願 高砂神社で国恩祭  地域の発展と安寧を願い、兵庫県の東播磨地域の神社が毎年持ち回りで開く「国恩祭」の初日が4日、高砂市高砂町東宮町の高砂神社で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大で、「太鼓」と呼ばれる屋台の宮入りは取りやめとなり、神事では感染の早期終息が祈願された。写真「国恩祭の神事で神楽を奉納するみこたち」 菅原神社で春季例祭 新型コロナ「一日も早い終息を」 伊賀 /三重 - 毎日新聞  菅原神社(伊賀市上野東町)の春季例祭が25日あり、奉賛会のメンバーら約20人が参列した。今年は新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭も合わせて行われ、直井清宮司は祝詞の中に、早期終息の願いを込めた。例年は約70人が参列

続きを読む

高岡・射水神社で初の「菖蒲葺き」

疫病退散 ショウブに託す 高岡・射水神社 端午の節句へ取り付け:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 疫病退散の菖蒲葺き 高岡・射水神社で初  - 富山県のニュース | 北國新聞社 コロナ終息願いショウブ飾る 高岡・射水神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  5日の端午の節句を前に、高岡市古城の射水神社は4日、ショウブとヨモギを軒先に飾って無病息災を祈願する「菖蒲(しょうぶ)葺(ふ)き」を行った。新型コロナウイルスの感染拡大の終息を願って初めて企画し、平穏が一日も早く訪れることを祈った。  ショウブには強い香りと薬効があり、古来より邪気や疫病を払うとされてきた。端午の節句は「菖蒲の節句」とも言われ、「菖蒲湯」やショウブの葉を地面に打ち付ける「菖蒲たたき」などの風習がある。  田中天美(たかみつ)権禰宜(ごんねぎ)とみこが、束にしたショウブとヨモギを拝殿の柱に取り付けたり、手水舎(てみずしゃ)の屋根に投げたりした。いずれも高岡古城公園内に自生し、管理事務所から提供を受けた。古城公園内にこいのぼりを飾り付ける行事を予定していましたが中止に 連携し存続の道探る 資金難に悩む伊賀の地域イベント:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  伊賀市内で数十年以上続いた地域のイベントが、相次いで中止に追い込まれている。といっても、新型コロナウイルスの感染拡大が原因ではない。資金難や高齢化による担い手不足で運営が難しくなったためだ。住民交流の場として、にぎわいを…

続きを読む

白山比め神社「創祀之地顕彰祭」

発祥の地・舟岡山で創祀之地顕彰祭開く 白山比●神社:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山比●(しらやまひめ)神社(白山市三宮町)は二十九日、神社発祥の地で、約二千百年前に最初に鎮座したとされる舟岡山(同市八幡町、標高一七八メートル)で、創祀之地(そうしのち)顕彰祭を開いた。  神職らが山の所有者二人と山道を登った。碑の前で神職が祝詞を奏上し、舞女(まいひめ)が神楽「鈴扇の舞」を奉納した。 ※文中、写真説明の●は口へんに羊同神社で昭和天皇の遺徳をたたえる「昭和祭」も開かれました 一日も早く終息を 宮崎神宮で昭和祭 - Miyanichi e-press 早期終息祈り舞う 宮崎神宮 : ニュース : 宮崎 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン  昭和の日の29日、国の繁栄と平安を祈る「昭和祭」が宮崎市の宮崎神宮であった=写真。国難ともいわれる新型コロナウイルス感染症の早期終息を祈った。悠久の舞のようです 〈新型コロナ〉春の例大祭の神事をネット配信 例年は約500人が訪れる 岡山市 | ニュース | KSB瀬戸内海放送  新型コロナウイルスの感染に配慮し、岡山市の神社が春の神事をインターネットでライブ配信しました。  春の神事「春季例大祭」をライブ配信したのは、岡山市中区の備前国総社宮です。  新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、屋台の出店を中止、みこしの練り歩きを延期するなどし、関係者で神事のみを行いました。  女性…

続きを読む