防府天満宮「梅ちぎり」

防府天満宮 疫病収束願い込め梅ちぎり  / 山口新聞 電子版 職員のみで「梅ちぎり」 防府天満宮 /山口 - 毎日新聞  初夏の恒例行事となっている「梅ちぎり」が1日、防府市松崎町の防府天満宮であった。例年は地元の幼稚園児や婦人会の関係者が参加しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、みこだけで行った。  マスク姿の5人のみこは、境内の梅林に入ると青く実った梅を一つずつ丁寧に摘み取り、器に収めて神前に供えた。巫女長さん(22)「お福梅には厄よけや疫病よけの言い伝えがある。収穫した梅を食べていただき、新型コロナなどの病気に打ち勝ってもらいたい」 さきほど恒例の「梅ちぎり」を行いました。本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、敬神婦人会と園児たちのご奉仕はありませんが、職員で収穫した梅の実をご神前に御供えしました。これから約10日間、神職・巫女が収穫し、 pic.twitter.com/PB34XQxDWY— 防府天満宮 (@hofutenmangu904) June 1, 2020 山王まつり最終日、地域の発展祈る 富山・日枝神社、氏子らコロナ収束も願う - 富山県のニュース | 北國新聞社 山王まつり 今年は神事のみ 露店、みこし中止|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 「3密」避けられない 山王まつり 今年は神事のみ|富山県のニュース|あしたに、もっとハッピーを。株式会社チューリップテレビ  日枝神社(富山市山王町、平尾旨明…

続きを読む