上田・生島足島神社「祇園祭」

◆上田市の生島足島神社が「祇園祭」を行う! 「新型コロナウイルス対策」で密を避けたため、神輿は取り止め・・・・市指定無形民俗文化財の「下之郷三頭獅子舞」や「浦安の舞」を奉納などを行う! 長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  上田市下之郷の生島足島神社は25日「祇園祭」を行った。  新型コロナウイルス対策で密を避けたため、神輿は取り止め、市指定無形民俗文化財の「下之郷三頭獅子…

続きを読む

大阪天満宮・天神祭「本宮祭」

大阪の天神祭、神事を生配信 コロナで行事の規模縮小 - 記事詳細|Infoseekニュース 天神祭 1000年の歴史で初、神事をライブ配信 - 産経ニュース 新型コロナ:大阪・天神祭、神事を生配信 コロナで規模縮小 (写真=共同) :日本経済新聞  日本三大祭りの一つ、大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭の神事が25日、行われ、一般には非公開だった神事の様子を千年以上の歴史で初めてライブ配…

続きを読む

西宮神社・夏祭の湯立神楽

神戸新聞NEXT|阪神|湯立神楽で疫病退散願う 西宮神社で夏祭  疫病退散や無病息災を願う西宮神社(兵庫県西宮市社家町)の「夏祭」が20日、開かれた。神事の一つ「湯立神楽(ゆたてかぐら)」では、巫女(みこ)がササを使って熱湯を振りまき、約50人の参拝者は願いを込めながらしぶきを浴びていた。  「湯立神楽」は白装束に身を包んだ巫女が、拝殿前に並べられた五つの釜で煮立てた熱湯に塩や神酒を…

続きを読む

熊野速玉大社「扇立祭」

新型コロナ終息も祈願 熊野速玉大社で扇立祭:紀伊民報AGARA 檜扇、今年は一堂に 熊野速玉大社「扇立祭」斎行 / 太平洋新聞電子版  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)で14日、扇立祭(おうぎたてまつり)が営まれた。神前に立てた檜扇(ひおうぎ)に神が降臨し、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を願うというもので、今年は特に新型コロナウイルスの終息も祈願した。  速…

続きを読む

熱海・来宮神社例大祭

神女神楽と浦安の舞の舞を奉納、静かに疫病退散を願う 来宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 厳かに浦安の舞奉納、熱海・来宮神社例大祭 コロナ収束祈願、神子神楽も|静岡新聞アットエス 「神女神楽」と「浦安の舞」奉納―熱海・来宮神社例大祭 / 伊豆新聞デジタル 来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭が営まれ、鎌倉時代から続く「神女神楽」(みこかぐら)と「浦安の舞」が奉納された。今年は新型…

続きを読む

名張市瀬古口・稲荷神社で祇園祭

疫病退散 牛頭天王とアマビエの絵札で祈願 名張・稲荷神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】  名張市瀬古口の稲荷神社で7月12日、祇園祭があり、牛頭天王とアマビエをあしらった絵札で疫病退散や健康を祈願し、地元小学生が舞を奉納した。生田茂夫宮司が「流行(はや)りの疫病(えやみ)一日も早く、除き払い給え」と祝詞を上げ、集まった約30人の住民らは祈りを捧げた。【(左)舞を奉納する児童、(右)牛頭天…

続きを読む

芦屋神社で凶のおみくじに商品券

神戸新聞NEXT|阪神|「凶」なのに大当たり? 商品券をプレゼント 芦屋神社  凶が出たのに大当たり? 兵庫県芦屋市東芦屋町の芦屋神社では、1回100円のおみくじで凶が出た人に、地元の和菓子店で使える500円分の商品券をプレゼントしている。神社関係者は「凶を引いても前向きな気持ちで帰ってもらえたら」とほほ笑む。(名倉あかり)  発案したのは、同神社と交流のある手焼きせんべいなどを扱う…

続きを読む

熊野速玉大社で檜扇の蔵出し

熊野速玉大社「扇立祭」へ準備 「檜扇」蔵出し、和歌山 - 記事詳細|Infoseekニュース 扇立祭は神事のみ 熊野速玉大社で檜扇蔵出し:紀伊民報AGARA 檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 扇立祭 | 全国郷土紙連合  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)は6日、14日の「扇立祭(おうぎたてまつり)」に向け、神前に立てる「檜扇(ひおうぎ)」の蔵出しをし、みこが丁寧にほこりを…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社「郷中施」

伊勢・二見興玉神社の竜宮社で「郷中施」津波の教訓、語呂合わせで後世に - 伊勢志摩経済新聞 津波の教訓を伝える神事 「見るな、待つな、おごるな」 三重・伊勢市 | CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】 「津波は急に来るから見るな。待つな」キュウリとミル、まつ菜 木舟に載せて沖へ(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース  今から228年前の1792年…

続きを読む

稲沢・国府宮で御田植祭

豊作を願う早乙女の舞 国府宮で御田植祭:中日新聞Web  稲沢市の尾張大国霊(おおくにたま)神社(国府宮)で二十八日、豊作を祈願する御田植祭(おたうえさい)があった。新型コロナウイルス感染症の影響で、早乙女姿の女性たちによる田植えはせず、略儀で実施した。  JA愛知西の女性職員十人が、早乙女や歌い手を務めた。花がさと赤いはかま姿の早乙女たちは、笛や太鼓の音、歌い手の田植え歌に合わせて神社…

続きを読む

防府天満宮「御田植祭」「夏越神事」

山口)輪くぐり抜けて夏の健康祈る 防府天満宮 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル  山口県防府市の防府天満宮で30日、今年の豊作を祈る「御田植祭(おたうえさい)」があった。早乙女役の3人の巫女(みこ)が、約16平方メートルの神田にヒノヒカリの苗を植えた。苗には病害虫を防ぐとの言い伝えがあり、田植えが終わると参拝者らが神田に駆け寄り、苗を持ち帰った。  この日は境内で「夏越神事…

続きを読む

高岡関野神社でアマビエお守りの入魂式

アマビエお守り 感染終息を 入魂式、児童が祈り込め舞奉納:北陸中日新聞Web アマビエお守りに入魂 高岡関野神社、子どもみこが舞を奉納|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」が描かれたお守りの入魂式が二十八日、高岡市末広町の高岡関野神社であった。地元の小学生が舞を奉納し、新型コロナウイルス感染の終息への祈りを込めた。(小寺香菜子) …

続きを読む