広島・福山八幡宮でアルバイトの巫女の研修

巫女の心構え バイト学生らが研修 広島・福山八幡宮(朝日新聞)
OSK201212280123.jpg
福山市北吉津町1丁目の福山八幡宮で28日、正月にアルバイトで巫女(みこ)を務める学生ら約40人が研修を受けた。
 まず、吉川通泰宮司が「神様とお参りにきた人との間を取り持つのが巫女の役割。神主と同じ気持ちを持って仕事してください」と心構えを説明。お札や破魔矢の扱い方や言葉遣い、袴(はかま)の着方などを学んだ。
高校3年生「一度はしてみたいと思っていた。いろいろ決まり事もあり、真剣な気持ちになった」リボン

みこさん、新年の準備着々 鳥取・宇倍神社(同)
来る年 笑顔で 鳥取・宇倍神社でみこさん研修(日本海新聞)

新年の参拝客を迎えるため、鳥取市国府町宮下の宇倍神社では、お守りの受け渡し場所を設置するなど準備に追われている。
 20歳前後のみこさん約20人も、縁起物の破魔矢や熊手を準備。金田誠宮司は、みこさんらに「大変寒くつらいとも思いますが、明るくさわやかにお務めください。日本で最も輝くみこさんであってほしいと願っております」と励ましの言葉をかけていた。
大学生(20)「小学生のときからやりたいと思っていたので、うれしい。自分の笑顔で、参拝して下さった方が良い気持ちで新年を迎えられるよう頑張ります」プレゼント

新年の希望、縁起物に願って 兵庫・出石神社(朝日新聞)
OSK201212280128.jpg
 新年が近づいた28日、豊岡市出石町宮内の出石神社(長尾家典宮司)では初詣客が買い求める縁起物の準備に追われた。
(中略)
 縁起物は破魔矢や熊手、干支のヘビの土鈴など約5千点を用意。地元の高校生らが巫女(みこ)さんになり、お札を袋に入れるなどして、迎春準備を整えた。
「土木の神様として建設関係の業者らがたくさんお参りする」とのことホテル

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック