防府天満宮で臨時巫女の説明会

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて昨年の記事から。
初詣に備え みこ作法学ぶ(中国新聞)
Tn20121229000301.jpg
 防府市松崎町の防府天満宮で28日、初詣の時期に臨時のみこを務めるアルバイトの大学生や高校生への説明会があり、約50人が参加して着物の着方や神社の作法などを学んだ。
「【写真説明】みこ(右)に白衣とはかまの着方を習う参加者」揺れるハート

新年を前に初詣の準備(RCC)
19731.jpg
 新年を前に、各地の神社は、初詣の準備に追われています。

 県内で最も初詣客の多い広島市の広島護国神社です。

 こちらでは、幅11m縦5mのさい銭スペースを設けたり、来年の干支「へび」にちなんだ、お守りや破魔矢などを並べたり、準備に追われていました。
正月三が日で60万人の人出を見込んでいますphone to

新春ガイド(読売新聞)
20121230-559987-1-L.jpg
■初詣

 ◇石清尾八幡宮(高松市) 31日午後3時から大祓式(おおはらいしき)の後、同5時から除夜祭。1日午前0時から鏡割りと獅子舞の奉納、同7時から世界の平和と農作物の豊作を祈願する歳旦祭。31日午後11時30分頃から1日午前3時頃までうどん、ぜんざい、甘酒、餅の接待がある。

 ◇田村神社(同) 31日午後2時から大祓式。同11時30分から除夜祭の後、1日午前0時からの歳旦祭では、本殿の大太鼓を100回打ち鳴らす。31日夜から1日までそば、うどんを1食150円で販売。
写真は田村神社。やはり讃岐うどんなんですねレストラン

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック