2015年11月04日

祐徳稲荷神社でおみくじにタイ語を追加

おみくじにタイ語追加し5言語対応 祐徳稲荷神社(佐賀新聞)
SAG2015110499000083_id1_20151104112538.jpg
 鹿島市古枝の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)が扱っている5つの言語に対応した国際的なおみくじに、新たにタイ語が加わった。神社を訪れるタイ人観光客が急増したのを受け、「励ましなど神様からのメッセージを母国語で理解してもらいたい」と神社側がおもてなしの気持ちを込めて製作した。

 5言語対応のおみくじは4年前、東アジアを中心に海外からの観光客が増えたのを受けて開発した。日本語、韓国語、英語、中国語、台湾語で、「吉凶」をはじめ「おことば」「仕事」「健康」「恋愛」「学業」について記している。
「タイ人観光客の増加は、祐徳稲荷神社をロケ地にしたタイ映画やドラマが昨年から公開されたことがきっかけ」とのこと
posted by naive at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433849187
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

神社のおみくじが国際化
Excerpt: 神社もオモテナシ 外国語おみくじ・バイリンガル巫女…:朝日新聞デジタル  日本を訪れる外国人が年間2千万人に迫る中、観光で人気の神社でも国際化が進んでいる。外国語のおみくじを置いたり、英語を話せる巫..
Weblog: 緋袴白書:備忘録
Tracked: 2016-09-09 21:50