国学院大学「観月祭」

いにしえの舞を披露:時事ドットコム
0022541322.jpg
東京都渋谷区の国学院大学で15日、舞や雅楽とともに秋の月をめでる「観月祭」が行われた。約120人の学生がいにしえの装束を身にまとい、約5カ月の稽古の成果を披露すると、観客は惜しみない拍手を送っていた。
以前と場所が変わったようです
熊本震災復興祈願 第7回観月祭 | 國學院大學 取材日誌

東京新聞:熊谷で児童4人が伝統の神楽舞:埼玉(TOKYO Web)
PK2016101702100128_size0.jpg
 熊谷市中奈良の奈良神社で十五日、秋の例祭があり、みこ姿の女子児童四人が神楽舞「浦安の舞」を披露した。
 約一カ月半の練習を重ねてきたという島田愛実(めぐみ)さん=奈良小六年=は「少し緊張したけれど伝統の舞ができてうれしかった」と笑顔で語った。児童らを指導した奉賛女性部会員の内田恵美子さん(64)らは「子供たちにとって一生に一度の晴れ舞台。良い思い出になるだろう」と話した。
「戦前に始まった浦安の舞の奉奏は一九五五年ごろ中断。二〇〇〇年に氏子らが復活」とのこと

秋まつりに多くの人 | 麻生区 | タウンニュース
a000603091_02.jpg
 武州柿生琴平神社(志村幸男宮司・王禅寺東5の46の15)の本殿で10日、秋まつりが行われた。

 当日は、こども神輿と大太鼓が元気のよい「わっしょい、わっしょい」という掛け声とともに同神社周辺を巡行した。その後行われた奉納演芸会には、同神社本殿の境内に多くの人が詰めかけた。地元の子どもたちによる奉納神前神楽舞「浦安の舞」が披露。この神楽舞は同神社本殿の竣工を記念して2011年に始まり、その後も同神社の秋まつりで継続して行われてきた。子どもたちは揃いの衣装に身を包み、大きな扇子を操っていた。
人数多いです

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック