明治神宮で雅楽と武道の催し「和の心」

明治神宮で雅楽と武道…秋篠宮ご夫妻も鑑賞 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20161210-OYT1I50033-L.jpg
 神職らが雅楽と武道を披露する催し「和の心」が10日、東京都渋谷区の明治神宮で開かれた。

 同神宮が鎮座100年を迎え、東京五輪・パラリンピックも開かれる2020年に向けて、日本の伝統文化への理解を深めてもらおうと企画された。この日は、秋篠宮ご夫妻も武道の演武を鑑賞された。

 雅楽は、神職らによる竜笛や笙、太鼓などの演奏と、巫女らによる舞で構成。明治天皇の和歌に曲と舞がつけられた「代々木の舞」など3曲が披露された。
入場無料(事前申込制)だったので行けばよかった…

島根)出雲大社で太皷谷稲成神社で、縁起物の準備着々:朝日新聞デジタル
AS20161208002100_comm.jpg
 出雲大社(出雲市大社町)でも縁起物の準備が本格的に始まった。神社は正月三が日の参拝者を例年並みの75万人前後と見込んでおり、今月半ばまでに破魔矢(はまや)など6種類の縁起物約4万点を用意するという。

 8日には、巫女(みこ)や神職が破魔矢に絵馬などを付ける作業をした。縁起物の準備が今年で2年目という本常彩佳さん(20)は「手に取る方が良い新年を迎えられるように思いを込めました」と話した。
写真は出雲大社

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック