2017年01月17日

熊野那智大社で「鬼面札」作り

「鬼面札」作り:節分前、鬼ずらり 那智勝浦・熊野那智大社 /和歌山 - 毎日新聞
20170115oog00m010069000p.jpg
 那智勝浦町の熊野那智大社で、来月3日の節分祭を前に参拝客に授ける災難よけの「鬼面札」作りが追い込みに入っている。

 鬼面札は、しめ縄で赤鬼と青鬼を封じ込めた絵柄の木版画で、玄関などに貼って家内安全を願う。那智の滝でくんだ水で墨をすり、神職が版木に和紙を載せ1枚ずつ丁寧に刷り上げる。その脇で巫女(みこ)が大社の朱印を押している。
2000枚を用意し、社頭で1枚500円で販売

おはらい行事:オートバイの安全願い、県内外から200台 高根沢・安住神社 /栃木 - 毎日新聞
20170116dd0phj000103000p.jpg
 交通と航海の神をまつる安住神社(高根沢町上高根沢)は15日、約200台のオートバイとライダーの安全を祈願する「交通安全の願いを込めて バイクお祓(はら)い」を神社の第2駐車場で行った。関東地方を中心に県内外からライダーが参列した。

 安住神社は、全国バイク神社認定1号として商標登録されており、県内外から多くのライダーが訪れる。オートバイのおはらいは昨年1月に初めて行い、今回が2回目。
年末の巨大鏡餅奉納で有名な神社。鈴も大きい

山陰中央新報 - かわいい「吉兆さん」 沿道の観光客目細め
5632301791.jpg
 「吉兆さん」の名で親しまれる島根県出雲市大社町の新春行事にならい、地元の大社幼稚園の園児ら50人が14日、「子ども吉兆さん」を披露した。時折、雪が吹雪く中、年長園児は神楽衣装をまとった先導役の「番内」姿で町内を練り歩き、出雲大社や出雲大社北島国造館で歌を奉納し、新年を祝った。

 同園が住民から「歳徳神」と記した高さ2・3メートルの吉兆幡(ばん)の寄贈を受けた2001年から毎年行っている。
年長園児「ちょっと寒かったけど衣装を着て歩いて楽しかった」
posted by naive at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西(京都以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446019728
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック