2017年01月30日

宇佐神宮の巫女さんインタビュー

【青が咲く夕刊編 第6章 これが僕らの生きる道D】 心込め「いま」を舞う - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
0055403397.jpg
 「浦安の舞」が始まった。
 シャシャンと鈴を鳴らし、深く腰を落とす。しなやかに、滑らかに、厳かに。
 宇佐市安心院町の中野千穂(20)は宇佐神宮の「みこ」だ。伝統装束の白衣と緋袴(ひばかま)を身にまとうようになって2度目の冬を迎えた。
 家内安全、安産、商売繁盛、学業成就…。「祈願に訪れた方が少しでも幸せになってほしい」。参拝者の願いをかなえるため、神前に神楽をささげる。
宇佐神宮には現在、本職の巫女さんが10人

節分吉兆作りが進む家内安全や商売繁盛願い | 紀南新聞ONLINE
節分を前に「吉兆」作り 熊野速玉大社 (関西テレビ) - Yahoo!ニュース
ABC WEBNEWS|【和歌山】熊野速玉大社 節分の吉兆作り
速玉大社節分吉兆作り.jpg
新宮市にある熊野速玉大社では、節分を前に「吉兆」作りが行われました。

「吉兆」とは神様が宿る木のことで“いいことの兆し”と伝えられています。
巫女さんが柳の枝に赤や青、黄色といった色とりどりの餅花を刺していきます。
今年は大きいものが100個、小さいものが800個作られるとのこと

「ビッグひな祭り」成功祈願 勝浦 | 千葉日報オンライン
IP170128TAN000010000.jpg
 勝浦市の早春を華やかに彩る日本最大級のひな祭りイベント「2017かつうらビッグひな祭り」(2月24日〜3月5日)の成功祈願祭が28日、同市の遠見岬神社(小林崇周宮司)で執り行われた。ひな人形が飾られた石段前で祝詞や舞が奉納され、本番に向け機運を盛り上げた。

 ひな人形は60段の石段に本番と同じ約1800体が並んだ。勝浦中央商店会のメンバーらが早朝から駆け付け約1時間で作業した。
巫女さんが「豊栄の舞」を披露しました
posted by naive at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446485788
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック