2017年03月29日

南相馬・鶏足神社「浜下り遷宮祭」

復興や地域発展願い「浜下り遷宮祭」 南相馬・鶏足神社の神事:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
170326news3-thumb-300xauto-15103.jpg
 酉(とり)年に海水でご神体を清める南相馬市鹿島区北海老の鶏足(けいそく)神社の神事「浜下り遷宮祭」が25日、鹿島区南海老の浜祭場地などで行われ、住民が震災からの復興や地域の発展を願った。

 震災の津波で甚大な被害を受けたため遷宮祭の開催が危ぶまれたが、氏子や地域住民の熱意と、移転した住民の協力もあり開催にこぎ着けた。神社から氏子がご神体を担いで行列を作り、祭場地に向かった。神事では、氏子代表が海水をおけにくんできて神前に奉納する「御潮垢離(おしおごり)」が行われた。
写真【奉納された子ども手踊り】

被災地の復興願い舞う 県神社庁高岡新湊支部、熊野神社で祈願祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社
いわきの港で鎮魂の舞 富山県神社庁高岡新湊支部の神職 - 撮れたてニュース | 北國新聞社
TT20170312711_1main.jpg
 富山県神社庁高岡新湊支部の神職有志7人は11日、東日本大震災で被災した福島県いわき市を訪れ、鎮魂の祈りを込めた舞楽「蘭(らん)陵(りょう)王(おう)」を奉納した。震災発生の翌年から始めた訪問は今年で6回目を迎え、慰霊祭が行われた磐城平城跡や商業施設のほか、今回初めて、津波の被害を受けた漁港でも舞を披露。
地元住民ら約50人を前に
posted by naive at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北・北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448534025
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック