松山・国津比古命神社で春の例大祭

豊作願い春の例大祭 国津比古命神社| 愛媛新聞ONLINE
img37458f1dd805bdfa.jpeg
 秋祭りのみこし落としで知られる愛媛県松山市八反地の国津比古命神社で15日、豊作を願う春の例大祭があり、地元の正岡小学校5年の女子児童3人が神楽を披露した。
浦安の舞のようですが、座っている一人は何を舞うのだろう…

児童も桜も優雅に舞う 新潟西区 赤塚神社春祭り|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア
0042051900266246.jpg
 新潟市西区の赤塚神社で15日、春季大祭が開かれ、赤塚地域に伝わる「赤塚太々(だいだい)神楽」が奉納上演された。朱色や桃色など、きらびやかな装束に身を包んだ地元の小学生らの優雅な舞に、観客から大きな拍手が送られた。

 神楽は明治時代初期に伝えられ、昔話をはじめ、五穀豊穣(ほうじょう)や住民の無病息災を祈る12の舞で構成されている。このうち五つは稚児舞で、地元の赤塚小の児童有志が赤塚神社の春季大祭や地域の祭りなどで披露している。
新潟も各地に神楽があるようですね

<全文>巫女が新茶摘み奉納 熊野本宮大社/AGARA 紀伊民報
熊野本宮大社「新茶祭」 (関西テレビ) - Yahoo!ニュース
L3322041.jpg
 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で16日、本宮町特産「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に新茶祭が営まれた。巫女(みこ)らが柔らかい新芽を摘み取り、神前に供えた。

 音無茶の品質向上や産業の発展を祈る神事。熊野古道沿いの祓戸王子近くにある大社の茶園(広さ約10アール)で、赤いたすきの巫女2人と大社敬神婦人会員5人が新芽を摘み取った。神前では地元の本宮町茶業生産組合やJAみくまのなどの関係者が出席して祈願した。
紹介済み。巫女さんが舞を奉納しました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック