小田原・紀伊神社で例大祭

小田原・早川の紀伊神社で例大祭 「おーらかどーじゃい」の掛け声響く - 小田原箱根経済新聞
1493020740_b.jpg
 小田原・早川で4月22日・23日、紀伊神社(きいじんじゃ 小田原市早川)の例大祭が執り行われにぎわいを見せた。

 「木の宮さん」と呼ばれ、昔から崇拝されてきた紀伊神社。859~876年(貞観年代)の創建で、五十猛命(いたけるのみこと)と惟喬親王(これたかしんのう)を祭っている。惟喬親王は858年、京を追われて伊豆の河津に流罪となった。途中で嵐に遭い国府津海岸に着き、早川で没したといい伝えられてきた。
早川駅前では巫女さんによる奉納の舞も披露されました

5月5日は「大楠祭」熱海のパワースポットで十二単の巫女、優雅に大楠の舞 <熱海・来宮神社>【熱海市】 - 伊豆新聞
20170427izh000000002000c.jpg
 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)で5日、「大楠祭」を開催します。国指定天然記念物の神木「大楠」に感謝して、午前11時から「大楠の舞」の奉納や笛伶会和太鼓演奏が行われます。
 大楠の舞は、同神社ゆかりの歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなんでつくられ、十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女(みこ)が、琴の演奏と歌に合わせて優雅に舞います。
以前見に行ったら舞う巫女さんは一人でしたが、写真では二人に

那谷寺1300年永続願い 小松で開創記念、稚児行列で祝う - 石川県のニュース | 北國新聞社
H20170424103_1main.jpg
 那谷寺の開創1300年を祝う稚児行列や法要が23日、小松市那谷町の同寺などで行われ、大勢の町民が長い歴史を刻んだ寺院の永続を願った。地元住民でつくる実行委員会が企画した「那谷寺1300年祭(なた祭)」(北國新聞社後援)では、稚児行列に特別参加した俳優松平健さんのトークショーや桜の記念植樹が繰り広げられ、地元を挙げて大きな節目を祝った。
稚児さんたくさん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449423503

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック