川口・地蔵院で落慶法要

埼玉)お稚児さん140人が行列 川口・地蔵院:朝日新聞デジタル
AS20170429001917_comm.jpg
 川口市桜町の「地蔵院」で29日、不動堂の落慶法要があり、地元の子どもたち約140人が「稚児行列」で祝った。前回は焼失した本堂を建て直した際の1989年4月に行われ、久々の稚児行列となった。

 僧侶に導かれた稚児姿の子どもたちは、近くの鳩ケ谷商店街約900メートルをゆっくりと歩いた。
建築費として檀家(だんか)や地域の信徒から7千万円超が寄進

<三本木春まつり>こいのぼりの中、稚児行列 | 河北新報オンラインニュース
20170429kho000000184000c.jpg
 大崎市三本木地区の春まつり(大崎商工会三本木支部主催)が29日あり、街を飾るこいのぼりの中を稚児行列が進んだ。
 稚児行列は交通安全パレードの一環で、地元の子育て支援総合施設「ひまわり園」の園児40人が参加。サイドカーを先導に地区の交通安全団体のメンバーらと約250人の隊列を組み、三本木総合支所から約2キロを練り歩いた。
園児(5つ)「きれいな着物が着られて良かった」

華やか稚児行列 光前寺で春の例大祭(長野日報)
8e3d0f996f25e44edbc3273c430e591e.jpg
駒ケ根市の光前寺で29日、春の例大祭が行われ、観桜客でにぎわう大型連休中の境内に稚児行列が花を添えた。きらびやかな衣装をまとった稚児32人が保護者らに付き添われ、大講堂前を出発。御詠歌に合わせて本堂までの参道をゆっくりと歩き、境内を華やかに彩った。

稚児らは僧侶から「元気で賢い子になるように」との願いを込めた位星をひたいに授かり、行列に参加。女児は朱、男児は青を主体とした装束を身にまとい、すました表情で参道を進んだ。
参加した兄妹「衣装がかわいい」「楽しかった。また2人で参加したい」

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック