塩釜神社「お田植祭」

お田植祭:児童30人が丁寧に 塩釜神社 /宮城 - 毎日新聞
20170515dd0phj000034000p.jpg
 塩釜市の塩釜神社の神田(しんでん)で13日、恒例の「お田植祭」があった。朝から雨が降るあいにくの天気となったが、白装束に花笠(はながさ)の早乙女、編み笠の早乙男(さおとこ)姿の市内の小学生約30人がササニシキの苗を手植えした。
今年が25回目の田植え

かやぶきの里、早乙女が田植え 京都・美山で祭り : 京都新聞
20170515113028taue450.jpg
 京都府南丹市美山町北のかやぶきの里で14日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う神事「お田植え祭」が開かれた。青空の下、編みがさにかすり姿の早乙女たちが、太鼓の響きに合わせて丁寧に苗を植えた。

 近くの知井八幡神社などでつくる「お米祭り実行委員会」が、伝統行事を再現しようと、2010年から続けている。
京都伝統工芸大学校の学生や地元の女性ら14人が早乙女に

東京)「神田祭」始まる:朝日新聞デジタル
AS20170511004695_comm.jpg
 「江戸三大祭り」の一つとされる「神田祭」が11日、東京都千代田区外神田の神田明神で始まり、最初の神事である「鳳輦神輿遷座祭(ほうれんみこしせんざさい)」があった。

 この神事は、3柱の御神霊を社殿から3基の神輿へとうつす儀式。雅楽の音色が響く中、白装束姿の神職らがおごそかに執り行っていた。
女性の神職さんが

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449977954

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック