大神神社で神楽舞と雅楽の講習会

新人巫女らが“神社の華”に挑戦-奈良・大神神社で「神楽舞」と「雅楽」の講習会 - 産経WEST
wst1707270034-p1.jpg
 奈良県桜井市の大神神社で、今年入社した新人の巫女や男性神職らも参加する神楽舞と雅楽の講習会が開かれ、計約50人の職員たちは講師の指導を受けながら、舞と楽器の練習に汗を流した。

 神楽舞は巫女による舞で、祭典や結婚式などに欠かせない“神社の華”。同社には「浦安の舞」「磯城の舞」など5つの舞があり、先輩から後輩に受け継がれている。

 講習会は今月17日から5日間行われ、神社音楽協会(東京)の先崎徑子(みちこ)さんが基本動作や神楽鈴の動かし方などを細かく指導。最終日には拝殿で新人巫女が舞を奉納した。
新人巫女さん(18)「滑らかな動きをすることは難しい。教えられたことが身につくように練習していきたい」

かながわ経済:「大福岡展」PR 横浜・港南区の京急できょうから 「沖ノ島」世界文化遺産記念 /神奈川 - 毎日新聞
20170727dd0phj000101000p.jpg
 「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録決定を祝って27日~8月1日に京急百貨店(横浜市港南区)で開催される物産展「大福岡展」をPRするため、福岡親善大使の長冨彩女(あやめ)さん(21)らが毎日新聞横浜支局を訪れた。
今日行けば宗像大社の巫女さんがいたのか…
7月27日(木)から『大福岡展』世界文化遺産登録決定!「宗像・沖ノ島と関連遺産群」パネル展や、福岡県より初出店店舗を含む計54店を出店! | 2017年度 | ニュースリリース | 企業・IR情報 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト
七夕伝説発祥の地 ~宗像大社 七夕体験コーナー~ 宗像大社の巫女さん来店
(中略)
【特別企画】
7月27日(木)宗像大社の巫女さんがご来店!さらに7月27日(木)限定で短冊に願い事を書いた小学生以下のお子さま先着100名様に宗像大社特製「巾着袋」をプレゼント。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック