鶴岡・荘内神社で臨時巫女研修

みこの研修「接客は笑顔で!」 鶴岡・荘内神社、今年は男子含む37人|山形新聞
正月前に荘内神社 女子高校生ら臨時巫女研修始まる|2018年12月25日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社
img_2018122400373.jpg
 鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で23日、正月に向けた臨時の巫女(みこ)の研修が始まり、女子高校生たちが赤いはかま姿で言葉遣いなどを学んだ。

 三が日で8万人ほどの参拝客を見込む同神社では今年、高校1年生から大学2年生までの37人(うち男性3人)を臨時の巫女として採用。男性の採用は今年が初めて。来年1月1―15日まで交代で参拝客の応対を行う。

 初日のこの日は高校生と大学生22人が参加し、赤いはかまの巫女装束に着替えて参拝した後、研修を行った。
初めて巫女を務める高校1年生(16)「憧れの衣装を着ることができてうれしい。参拝客の皆さんが良い一年を迎えられるよう敬意を払って接したい」
巫女さん大集合🌸 - 荘内神社 巫女ブログ


破魔矢や熊手、初詣へ準備着々 山形・県護国神社|山形新聞
img_2018122500383.jpg
 県内最多の初詣客を見込む山形市薬師町2丁目の県護国神社(宮舘厚悦宮司)では、新年に向けた準備が着々と進む。みこたちは破魔矢や熊手、お札などの縁起物を丁寧に並べ、新年に備えている。

 縁起物は約100種類に上り、破魔矢は3000本、熊手は2000本ほどを準備。えとのイノシシの土鈴も取りそろえた。同神社は来年が創建150周年となり、1年間の期間限定で記念のお守りや絵馬、御朱印なども用意するという。
紫の袴

幸せ願い縁起物作り 秋田市の太平山三吉神社【動画】|秋田魁新報電子版
20181223ak0048_01_l.jpg
 秋田市広面の太平山三吉神社総本宮(田村泰教宮司)で、初詣客を迎える準備が進んでいる。23日はアルバイトのみこが縁起物作りに励んだ。

 同神社は、正月三が日で約10万人の初詣客を見込んでいる。これに合わせ、お守りや熊手など約50種類、10万点を年内にそろえる。
続きは会員限定

この記事へのコメント