安曇野・穂高神社で臨時巫女の研修会

年末年始、巫女で一役 穂高神社でアルバイト研修会:長野:中日新聞(CHUNICHI Web)
巫女の心構え学ぶ 穂高神社で研修 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス
新年を前に安曇野市の穂高神社で巫女さんのアルバイトの研修会(SBC信越放送) - Yahoo!ニュース
13532d49b1b07c9f6c3e0d581904abc09d7edd10-thumb-1000xauto-3499.jpg
 三十一日から来年一月十四日まで巫女(みこ)を務めるアルバイトの研修会が二十四日、安曇野市穂高の穂高神社で行われた。

 同市や松本市などの高校生や大学生、社会人の計二十七人のうち、二十六人が参加。白衣と緋袴(ひばかま)を着て研修を行った。最初に拝殿に参拝し、参集殿で巫女としての心構えを確認。その後、社殿や社務所で、お札やお守りを手渡す際の作法や言葉遣いを習いながら参加者同士で実践練習も行った。
高校三年生(18)は「参拝に来られた方にすてきな一年を送っていただけるよう、言葉遣いや作法に気を付けて対応したい」と

年末年始へ巫女研修 松本の四柱神社 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス
ej12230022-thumb-1000xauto-3488.jpg
 松本市大手3の四柱神社は23日、年末年始の参拝客に縁起物の授与や祈とうの案内をする臨時の巫女の研修会を開いた。松本地域の高校生や大学生16人が参拝の作法や参拝客に応対する際の独特の言い回しなど巫女の心得を学んだ。

 巫女たちは白衣に緋袴の装束に着替え、やや緊張した表情で、拝殿で正式参拝した。その後、別室で奉仕する上での注意事項や縁起物の説明を受け、参拝客には「いらっしゃいませ」ではなく「ようこそお参りくださいました」とあいさつすることも学んだ。
初めて奉仕する高校2年生(17)「笑顔ではきはきと応対したい」

群馬)玉村八幡宮で新年前に巫女研修会:朝日新聞デジタル
東京新聞:初詣客迎える「準備万全」 玉村八幡宮みこの大学生ら16人研修:群馬(TOKYO Web)
みこの心得、作法学ぶ 玉村八幡宮で研修|社会・話題|上毛新聞ニュース
AS20181223001748_comm.jpg
 初詣客が大勢訪れる正月を控え、玉村町下新田の玉村八幡宮は23日、参拝客を迎えるみこのための研修会を開いた。

 地元の高校生や大学生の16人が参加した。白衣と朱色のはかまの装束に着替えた学生らは、神職からの案内を受けながら本殿や随神門など境内を巡った。

 神職は「参道を歩く時は真ん中を通らず、端を歩いてください。真ん中は神様が通ります」などと説明。手水舎(ちょうずしゃ)では、参拝前に手や口を清める作法も指導した。拝殿ではみこらが、おはらいを受けた。
みこになるのは初めての県立女子大2年生(20)「厳格な神社の雰囲気を体験したかった。皆さんに気持ち良く参拝してもらえるよう、一生懸命努力したい」

この記事へのコメント