神奈川県二宮町・川勾神社節分祭で大学生が巫女に

大学倶楽部・産業能率大:学生3人が巫女として節分祭に参加 連携協定の神奈川県二宮町・川勾神社で - 毎日新聞
20190219org00m100001000p.jpg
 2月3日の節分にあわせ、相模国二之宮として知られる神奈川県二宮町の川勾(かわわ)神社で開かれた節分祭に、産業能率大学の学生3人がみことして参加し、参拝客へ豆まきをした。

 同大は同町と2017年に連携・協力に関する協定を締結。今回は地域振興活動の一環として参画した。
「初めて神殿での神事を体験し、伝統を学ぶ良い機会でした」など

茨城)「ミヤチ」の宮地選手が必勝祈願 筑波山神社 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル
AS20190129004192_comm.jpg
 鉄棒の妙技「ミヤチ」で知られ、東京五輪出場への期待が高まる体操選手の宮地秀享(ひでたか)選手(24)が29日、茨城県つくば市の筑波山神社に参拝し、必勝を祈願した。

 宮地選手は、筑波大卒業生の体操選手でつくる「茗渓クラブ」に所属。現在、同大大学院の修士課程に在籍し体育学を学ぶ。数日後には修士論文の発表を控えているという。
見守る巫女さん

志摩の「楠の宮(楠御前八柱神社)」例祭 ヤマトタケルの姉祭る - 伊勢志摩経済新聞
1520732024_photo.jpg
 ヤマトタケルの姉に当たる第12代景行天皇の第7皇女「久須姫命(くすひめのみこと)・五百野皇女(いおののひめみこ)」を祭る「楠御前八柱神社(くすごぜんやはしらじんじゃ)」(志摩市浜島町南張)で2月26日、例祭が行われた。
(中略)
 昨年7月1日に中村昌司さんが宮司となった同神社。この日は、大西史晃(ふみてる)さんが宮司代理を務め、伊勢神宮から神職、楽師、舞女らが祭典を奉仕、地元の舞姫4人による浦安の舞も奉納された。大西さんは「平成最後の例祭となり5月1日からは新しい年を迎えることになる。皇室の弥栄(いやさか)、国家隆昌、五穀豊穣、みなさまにとって幸多い年となりますように」と言葉を残した。
胡蝶も奉納されたようです

この記事へのコメント