福島県玉川村・南須釜の念仏踊り

色鮮やかに先祖供養 玉川・南須釜の念仏踊り | 福島民報
花がさ少女らが伝統の舞「南須釜の念仏踊り」 玉川村・東福寺:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
2019040461974_0.jpg
 玉川村の伝統行事「南須釜の念仏踊り」は3日、同村南須釜の東福寺で行われ、色鮮やかな着物姿の少女たちが優雅な舞を奉納した。

 江戸時代から受け継がれている民俗芸能で、県重要無形文化財。毎年4月3日と8月14日に披露されている。花がさをかぶった少女12人が扇子や綾竹を手に12曲の踊りを繰り広げた。
毎年四月三日と八月十四日に東福寺で披露

稚児行列愛らしく 大田原、威徳院で新本堂落慶法要|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
img_e7e2179d062fac8c0bc5553a3012a4e21522183.jpg
 【大田原】湯津上の威徳院極楽寺(青龍寺弘範(しょうりゅうじこうはん)住職)でこのほど、約150年ぶりとなる新本堂の建立を記念した落慶法要が営まれ、古式ゆかしい装束に身を包んだ子どもたちの稚児行列が華やかに行われた。

 行列には、0歳から小学6年生までの稚児約40人を含む総勢約160人が参加。同寺院に続く道路約150メートルをゆっくりと練り歩いた。
小学6年生(11)「初めての経験だけど、楽しかった」

新1年生の成長願い稚児行列 南足柄|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA
190406tvk.jpg
ことし小学校へ入学した新1年生の健やかな成長を願う恒例行事「稚児行列」が、南足柄市の大乗山最乗寺で行われました。

稚児行列に参加したのは、前日に入学式を終えたばかりの小学1年生60人です。 女の子は飾りのついた冠を、男の子は烏帽子を頭に付けた平安装束で着飾り、参道の階段を登って本堂のある境内までおよそ200メートルを練り歩きました。
以前は100人以上いた参加者も少子化の影響から年々減少傾向…

この記事へのコメント