和歌山県九度山町・丹生官省符神社「花盛祭」

花盛祭:春到来、優雅な所作で舞い祝う 九度山・丹生官省符神社 /和歌山 - 毎日新聞
20190416oog00m010033000p.jpg
 弘法大師空海が創建したと伝わる世界遺産・丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社(九度山町慈尊院)で14日、春の到来を祝う恒例の「花盛(はなもり)祭」があった。  本殿前での「本社祭」に続き、戦没者を祭る境内の社前で「招魂社祭」が行われ、宮崎志郎宮司と参加者らが一般の神事で用いるサカキに代え、花を付けた
会員限定有料記事

平和祈って優雅に踊る 足羽山招魂社 「浦安の舞」奉納:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2019041602100124_size0.jpg
 福井市出身の戦没者を追悼する春季例大祭が十四日、福井市山奥町の足羽山招魂社であった。「お天王さん神楽子供教室」(同市)の児童四人が舞を奉納した。

 例大祭は、市の自治会連合会長らでつくる「足羽山招魂社奉賛会」が開いている。二十年ほど前から子どもたちが神楽を舞っている。
小学五・六年生の四人

春の舞、華やか奉納 猿面の児童大役 島田東光寺・日吉神社|静岡新聞アットエス
IP190413TAN000050000_O_1.jpg
 県無形民俗文化財の「東光寺猿舞」が13日、島田市東光寺の日吉神社で奉納された。六合小5年の亀山ほのかさん(10)と同小2年の桜井隼人君(8)が猿の面をかぶって神秘的な舞を披露した。
 天候に恵まれ、3年ぶりに境内の舞台で行われた。猿舞は「双々(もろもろ)の舞」「扇の舞」「本舞」の3部構成。2人は神楽鈴や幣束を手に、向かい合ったり、しゃがんだりして独特な舞を繰り広げた。大勢の見物客が見守る中、息ぴったりに演じて大役を果たした。
亀山さんは「緊張したけれど上手にできた」と笑顔を

この記事へのコメント