熱海・伊豆山神社例大祭で「神女舞・実朝の舞」奉納

特設舞台で伝統の「神女・実朝の舞」厳かに 伊豆山神社例大祭・下宮祭 | 熱海ネット新聞
優雅に「神女・実朝の舞」 神事で小中学生奉納―熱海伊豆山神社 - 伊豆新聞
6F85CFC1-3339-40DF-8248-222CF48F7CBB.jpeg A51EDF8E-D014-4095-983A-C97D92887BFD.jpeg
伊豆山神社例大祭の「神輿下り」があった神幸祭では、837階段の664段まで下った広場で下宮祭が斎行された。特設舞台で氏子の小中学生たちが伝統の「神女(しんにょ)舞」と「実朝の舞」を奉納した。大勢の市民や観光客が訪れ、家内安全や国の繁栄を祈願。その後、神社に戻り、還御祭が厳かに執り行われた。
「神女舞」は伊豆山小2年の二人、「実朝の舞」の奉仕者は熱海中1年の五人

鎌倉から現代、豊穣祈る旅路 滋賀・多賀まつり:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)
多賀まつり:時代装束で練り歩く 観客1万2000人 /滋賀 - 毎日新聞
PK2019042302100012_size0.jpg 20190423oog00m010059000p.jpg
 滋賀県多賀町の多賀大社一帯で二十二日、鎌倉時代から続く古例大祭「多賀まつり」があり、公家の装束をまとった五百人の時代行列が町内を練り歩いた。五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う祭りで、みこしや四十頭の騎馬などが五百メートル以上、華やかに列を連ねた。

 本殿での神事後、一行は四キロ離れた調宮(ととのみや)神社へ。町では古くから農耕に馬を使う伝統があり、午後には馬の上から指揮を執る「馬頭人(ばとうにん)」が合流し、大社から一キロ離れた「お旅所(たびしょ)」までを往復した。
右写真「よろいを着け、白馬に乗って多賀大社の参道を歩く女性」

この記事へのコメント