大山阿夫利神社で高校生が「神教歌舞」奉納

中興の祖をしのぶ 大山阿夫利神社で高校生が神楽舞 | 話題 | カナロコ
large-3200efad0faac49ddfd7bb3cc656fc9c.jpg
 伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局で8日、「大山近代の祖」と呼ばれる初代宮司の権田直助(1809~87年)と歴代宮司を慰霊する「権田祭」が行われた。子孫や地元旅館組合など約40人が出席する中、権田の作と伝わる「神教歌」が地元高校生によって奉納された。

 神社によると、埼玉出身の権田は医者、国学者、神道家、歌人などさまざまな顔を持ち、神仏分離後の混乱期にあった1873(明治6)年に初代祠官(しかん)に迎えられ、大山信仰の発展に尽くした。慰霊祭は命日に当たる6月8日に毎年行われている。
高校2年生の二人

早乙女姿で手植え 宮崎神宮御田植祭 - Miyanichi e-press
宮崎神宮で御田植祭(MRTニュース) - MRT宮崎放送
20190608-1559993708.jpg
宮崎市の宮崎神宮で御田植祭がありました。宮崎神宮の御田植祭は、一時、途絶えていましたが、日本の稲作文化を受け継ぎ、地域活性化につなげようと、2009年に39年ぶりに復活して以降、毎年、行われています。8日はまず、神事があり、今年の五穀豊穣を祈願した後、早乙女姿に扮した宮崎農業高校の女子生徒8人と、地域住民らが御新田に入り、ヒノヒカリの苗を丁寧に植えていきました。
(参加した高校生・3人)「緊張したけど楽しかったです」「こけそうになって、ちょっと大変だったけど最後までやり遂げてよかったです」「いいお米がたくさん育ってほしいです」

豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植祭  | サンデー山口
豊作祈り手植え 山口・古熊神社で御田植祭(山口新聞)

神社公式facebookより

この記事へのコメント