三重県神社庁桑名支部で「桑名お宮めぐり」

95社を参拝、専用朱印帳を販売 桑名お宮めぐり:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)
» 19/08/10 新元号記念し『桑名お宮めぐり』|折込広告なら中日三重サービスセンター
PK2019082002100325_size0.jpg
 天皇陛下の即位と令和への改元を記念し、県神社庁桑名支部は、桑名市内九十五社を参拝して回る「桑名お宮めぐり」を三十一日に始める。全ての神社の朱印を一冊に集めることができる特別な朱印帳を千冊限定で販売。市内を五地区に分け、それぞれ四日間ずつ朱印をもらえる日を設ける。

 桑名の神社界を挙げて新時代の幕開けを祝おうと企画。支部に属する神社の大半が参加する。通常は無人で、朱印の対応をしていない神社も多い。

 専用の朱印帳は、日程や各神社の所在地、受付時間などを記した資料が付いて一冊二千五百円。江戸時代の浮世絵師歌川広重が描いた「東海道五十三次 桑名」を表紙にあしらった。
持っているのは巫女さん…のはず

恒例ですが他に記事が見当たらない…

浴衣姿の女性1000人が幻想的な踊り披露 熊本・山鹿灯籠まつり「千人灯籠踊り」 - 毎日新聞
【動画あり】夏の夜照らす1000の明かり 山鹿灯籠まつり|【西日本新聞ニュース】
20190816k0000m040353000c.jpg
 熊本県山鹿市で16日夜、伝統の夏祭り「山鹿灯籠(とうろう)まつり」の目玉となる「千人灯籠踊り」があった。和紙製の金(かな)灯籠を頭に載せた浴衣姿の女性約1000人が幻想的な踊りを披露した。
台風10号の影響で初日の15日は花火大会などが中止に

この記事へのコメント