足立区・千住神社で浦安の舞が復活

北千住かいわいで令和初の祭 巫女舞も奉納、にぎわい見せる - 足立経済新聞
1569572050_b.jpg
 北千住駅周辺の千住地域で9月14日・15日、令和初の祭が行われた。

 例年は重ならない町会も同日に開催されたため、千住全体が祭一色となった。千住かいわいを各神社のみこし・山車が巡行し、大勢の人でにぎわいを見せた。

(中略)

 千住神社(千住宮元町)では、1941(昭和16)年から続く巫女(みこ)舞「浦安の舞」が復活し披露された。夏の間練習を重ねてきた小学5年の女児は「緊張したけど、練習を頑張ってきてお祭りできちんと踊ることができて良かった」と振り返った。
見に行きました


馬門の神楽奉納 児童、拝殿で舞 浜松・北区の奥山神社|静岡新聞アットエス
IP190929TAN000065000_O_1.jpg
 浜松市北区引佐町の奥山神社で29日、例大祭が開かれ、地元小学生が伝統芸能「馬門の神楽」を奉納した。
 馬門の神楽は、長きにわたり受け継がれる同地区の貴重な芸能で、2月に浜松地域遺産「無形民俗文化財」に指定された。
5・6年生二人ずつ

温泉の発展を祈願「献湯祭」 熊野本宮大社(読売テレビ) - Yahoo!ニュース
190928ytv.jpg
 和歌山県の熊野本宮大社で28日、温泉の繁栄を願う「献湯祭」が行なわれた。

 献湯祭は、自然の恵みに感謝し、温泉の今後の発展を祈願する。今年で41回目となる。

 この日は、近くにある湯の峰温泉や川湯温泉などの旅館や民宿の関係者ら約20人が、朝一番にそれぞれの温泉から汲み上げたお湯を大樽に流し込み、神前に供えた。
巫女さんたちによる舞も奉納されました

この記事へのコメント