伊勢崎「上州焼き饅祭」

重さ5キロ! 巨大焼きまんじゅうに歓声 群馬の伊勢崎神社 - 毎日新聞
特大焼きまんじゅう福分け 伊勢崎 : ニュース : 群馬 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン
願いも煙も天まで届け 伊勢崎神社で巨大焼きまんじゅう焼き上げ|文化・イベント|上毛新聞ニュース
20200112k0000m040032000p.jpg
 巨大焼きまんじゅうを参拝者に振る舞う「上州焼き饅祭」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、伊勢崎市本町の伊勢崎神社で開かれた。

 長さ3メートルの竹串に刺した特大サイズのまんじゅう(直径55センチ、重さ5キロ)4個は、大人6人がかりで炭火の上に運ばれた。こんがりと焼き上がると、巫女姿になった市の観光大使「ミスひまわり」の2人がみそだれを塗り、境内には焦げた甘いみその香りが立ちこめた。
それぞれの饅頭には年男・年女が食紅を使って漢字一文字の願いを書き入れました

無病祈り、七草がゆ 長崎市・諏訪神社 /長崎 - 毎日新聞
20200108ddlk42040540000p.jpg
 1年の無病息災を祈る「人日の節句」の7日、長崎市上西山町の諏訪神社で、毎年恒例の七草がゆが参拝者らに振る舞われた。

 おはらいを受けた諫早産の米10升とセリやナズナなど県産の春の七草を塩で味付けし、約1000食分を用意した。
午前9時の開始を前に、大勢の参拝者らが行列を

鷽鳥木彫り求め長い列 福島の西根神社 13日まで「うそかえ祭」 | 福島民報
2020011171585_0.jpg
 福島市飯坂町の西根神社境内にまつられている高畑天満宮の「うそかえ祭」は十日、同神社で始まった。十三日まで。

 一年の災いを身代わりになって良いことに替えるとされる縁起物の「鷽鳥(うそどり)」の木彫りを求めて、参拝者が長い列を作った。大小五種類あり、合格祈願や家内安全、商売繁盛のほか、全ての災難よけに御利益があるとされる。鷽鳥をモチーフにした「鷽笛」やストラップなども販売している。
巫女さん後ろ姿…

この記事へのコメント