下妻・大宝八幡宮で節分祭の準備

【茨城新聞】下妻・大宝八幡宮 節分近し、升に福豆
下妻・大宝八幡宮 節分近し、升に福豆 | きたかんナビ
IB20200129G0030501_gazo.jpg 200129iba.jpg
2月3日の節分を前に、下妻市大宝の大宝八幡宮(山内雄佑宮司)で、同日の節分祭に向けた準備が始まっている。

社務所では29日、巫女(みこ)たちが煎(い)った福豆や紅白福豆の小袋、絵馬を升に入れる作業に当たった。氏子総代らが豆をまく升は約150個用意される。
昼の部が午後2時、大相撲の高砂親方(元大関朝潮)も参加する夜の部が同7時から

はだか祭、期間限定御朱印 国府宮、4種類授与:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2020012902100382_size0.jpg
 稲沢市の尾張大国霊(おおくにたま)神社(国府宮)で二月六日に行われる「国府宮はだか祭」に合わせ、国府宮は、祭り期間限定で四種類の御朱印を授与する。

 儺追(なおい)期間(二月十日まで)中を通じて授与する御朱印は、祭りの開催日などを記した「標柱(しめばしら)」と厄よけのお守り「なおいぎれ」をデザインした。

 五~七日は、各日限定の御朱印三種類を用意した。祭り前日は前夜祭に当たる「庁舎(ちょうや)神事」の文字を、当日は、神事が始まった七六七(神護景雲(じんごけいうん)元)年と祭りの正式名「儺追神事」の文字を揮毫(きごう)。祭り翌日は、神社の史料に描かれている夜儺追神事の絵図を添えた。
御朱印は一枚各五百円。祭り当日は午前五時~午後五時、他の日は午前九時ごろ~午後四時ごろ授与

御即位を奉祝して新神楽殿建設 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社
20200127-20200123150804-upfile_2.gif
 【愛知】刈谷市の市原稲荷神社(小嶋今興宮司)では、今上陛下の御即位を奉祝して新たに神楽殿を建設し、昨年十二月一日に大嘗祭奉祝祭並神宮大麻暦頒布始奉告祭を斎行するとともに、新設神楽殿で小学生による神楽「浦安の舞」などの奉納がおこなはれた。
立派ですね

この記事へのコメント