平塚八幡宮で節分祭

力士、プロテニス選手、女子プロレスラー… 豪快に豆まき(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
20200204-00000007-kana-000-1-view.jpg
 「節分」の3日、年男年女らによる恒例の豆まきが平塚八幡宮(平塚市浅間町)で行われた。大相撲の力士やプロテニス選手、女子プロレスラー、湘南ひらつか織り姫…。異色の顔ぶれが豪快に豆をまき、1年の厄よけを祈願した。

 境内にある「つるみね幼稚園」の園児約80人も特設舞台に上がり、「福は内、鬼は外」とかわいらしく掛け声。続いて大相撲で十両への返り咲きを期す朝弁慶や昨年のテニス全仏オープン女子ダブルスで準優勝した穂積絵莉選手、元「織り姫」でもある女子レスラー松本浩代さんら平塚市ゆかりのアスリートたちが続々と登場した。
「恒例の節分祭に参加した穂積絵莉選手(左から3人目)や朝弁慶(同4人目)」

富山県 儀式にお多福登場 射水神社きょう節分祭|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ
福願い元気に豆まき:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)
NEWS000002304901.jpg
 高岡市古城の射水神社は、3日に開く今年の節分祭から、鬼だけでなく、お多福も登場する演出を儀式に加える。令和への改元を機に伝統行事に親しんでもらい、多くの人に福を届ける。

 宮司が弓を鳴らして邪気を払う「鳴弦(めいげん)の儀」と、鬼に向かって豆を投げる「鬼追いの儀」が執り行われるのが恒例。今回初めて、お多福も現れ「福は内」と声高らかに豆をまく。
巫女さんがお多福に扮したのどうかかが気になります

伊勢・二見興玉神社で「節分祭」 鬼も退散、福引のお札舞う - 伊勢志摩経済新聞
1580780742_b.jpg
 伊勢・二見興玉神社(伊勢市二見町)で2月3日、「節分祭」が行われた。

 同祭は、冬の節から春の節に移る立春前日に行う除災・招福の神事で、毎年境内にやぐらを組んで行われている。

 氏子らが裃(かみしも)や着物を来て参列、祭殿でおはらいを受けた。その後赤鬼と青鬼がやぐらに登場すると、「鬼は外」と約300人の参拝者らから一斉に豆を投げられ退散。続いて金子清郎宮司らが「福は内」と福ますから餅や菓子などをまくと参拝者ら手を出して福にあやかろうと競い合った。
アイドルが福娘に扮しました

この記事へのコメント