日光二荒山神社で新人八乙女の研修

新人八乙女が初々しく 祭式作法や神楽舞学ぶ 日光二荒山神社|県内主要,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
新「八乙女」2人、神楽舞稽古励む 日光二荒山神社 /栃木 - 毎日新聞
新人巫女が研修 神楽舞の指導を受け扇や鈴を持つ手の位置や足の運び方など学ぶ 日光二荒山神社(20-03-13)(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース
新人みこの研修 二荒山神社|NHK 栃木県のニュース
20200316ddlk09040157000p.jpg
世界遺産に登録されている日光市の二荒山神社では、この春、県内の高校を卒業した女性2人が来月からみことして奉職する予定で、みこに必要な作法などを学ぶ研修が行われています。
13日は、白衣と朱色のはかまをつけた2人が、みことしての動作の基本となる参拝の作法などを神職から学び、何度も繰り返していました。
このあと、2人は社殿での祈願を行う際にみこが舞う神楽のうち、基本的なものとされる式神楽に取り組みました。
4月1日の入社式「間政(あいまさ)授与式」を経て、正式に八乙女に

来宮神社で新型コロナ沈静祈願 雨宮宮司が厳かに悪疫退散の神事 | 熱海ネット新聞
一日も早い終息を 熱海で新型コロナ鎮静祈願祭(静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース
D28D0B12-0C9A-4AAD-BA14-E30A4152D9BA.jpeg
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、熱海市の来宮神社で3月15日、「新型コロナウイルス感染流行沈静祈願祭」が斎行された。雨宮盛克宮司が悪疫退散の祝詞を奏上したあと、みこが神楽を奉納し、事態の終息を祈願した。
巫女さんが舞を奉納

東日本大震災9年:信仰超え、鎮魂と復興の祈り 鶴岡八幡宮で3宗教者ら80人 /神奈川 - 毎日新聞
20200312ddlk14040462000p.jpg
 東日本大震災から9年となる11日、鎌倉市の鶴岡八幡宮で神道、仏教、キリスト教の3宗教による「追悼・復興祈願祭」が営まれた。神職、僧侶、司祭ら宗教者約80人が参加し、それぞれの作法で祈りをささげた。震災を契機に祈りの原点を見つめ直そうと結成された「鎌倉宗教者会議」が主催した。
浦安の舞が奉納されたようです

この記事へのコメント