日南・鵜戸神宮で御田植祭

御田植祭「伝統守る」 日南・鵜戸神宮 - Miyanichi e-press
CNTS2020031901386_201934.jpg
 日南市の鵜戸神宮(黒岩昭彦宮司)は19日、旧鵜戸小前の御神田(2アール)で御田植祭を実施した。今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で児童らの参加は見送り、神社職員や地元住民約10人が手植えして五穀豊穣(ほうじょう)を願った。
【写真】丁寧に苗を植えるかすりの着物姿の早乙女たち

お守りや御朱印、ネットでどうぞ 羽咋・気多大社、期間限定 - ホッとニュース | 北國新聞社
HT20200321401_1main.jpg
 気多大社(羽咋市)は20日までに、お守りや御朱印帳のインターネット販売を始めた。新型コロナウイルス感染拡大による出控えの動きが神社にも及んでいるものの、感染を心配する健康祈願や合格祈願などでお守りを求める声が多いため、ウイルス禍(か)が収まるまでの期間限定で実施した。神社側は参拝した上での購入が本来の姿としながら、批判も覚悟して「求める人が多い以上、応えるべき」と異例の販売に踏み切った。
「お守りなどの販売金額は前年同月比で約1割落ち込んだ」とのこと

この記事へのコメント