萩で献穀米のお田植式

萩・「献穀米」のお田植え式|tys テレビ山口 - 県内ニュース
山口・献穀米のお田植式|山口朝日放送
皇室献上米「お田植式」 萩 /山口 - 毎日新聞
20200522ddlk35040555000p.jpg 200522tys.jpg
今年は萩市のコシヒカリが献上されます。11月の宮中行事・新嘗祭に献上する米の苗を植える「お田植式」が行われました。
献上する米を作る奉耕者に選ばれたのは萩市上小川の橋本忠男さんです。
橋本さんは2013年に起きた豪雨災害の復興に尽力したとして選ばれました。
きょうは地元の女子中学生ら11人も早乙女として参加し、一つ一つ丁寧に苗を植え付けました。
9月上旬に刈り取る予定で、1升の米を宮中に献上

射水神社「泣き笑い相撲」中止 赤ちゃん力士 悔し涙:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2020052202100347_size0.jpg
 射水神社(高岡市古城)は二十二日、七月初旬に開催を予定していた今年の「越中 赤ちゃん泣き笑い相撲」の中止を発表した。今回、参加できなかった赤ちゃんと家族の参加機会をつくるため、来年は、出場できる赤ちゃんの年齢資格を現在の生後六カ月~一歳半を二歳半まで拡大し、多くの参加を受け入れる。

 赤ちゃんの元気な姿を神様に見てもらい、成長と健康を祈願する意味で、同神社と市相撲連盟が二〇一八年から始め、毎年開いている。取組は向かい合わせた赤ちゃんの早泣きや大笑いなどで勝敗を決め、横綱や大関を決定する。
昨年は約百五十人が化粧まわしを着けて土俵入り

高岡御車山祭は神事のみ実施 高岡関野神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]
9f677a81-506b-46a7-b752-fb3d7cbf84cf.jpg
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、山車(やま)の巡行など主要行事が中止となった高岡御車山(みくるまやま)祭は1日、高岡市末広町の高岡関野神社で神事を行った。密集を避けるため、みこしの代わりにご神体を納めた厨子(ずし)を用意し、車で各町内を回った。

 神社役員や各町の総代ら約20人が出席。酒井晶正禰宜(ねぎ)が祝詞を奏上した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、雅楽は演奏せず、音源を流した。
女児11人による巫女舞に代わり、神職が「浦安の舞」を奉納

この記事へのコメント