大神神社「御田植祭」

豊作祈り心込め 桜井・大神神社で御田植祭 /奈良 - 毎日新聞
20200626ddlk29040481000p.jpg
 大神(おおみわ)神社(桜井市三輪)の神饌(しんせん)田で25日、豊作を祈る神事「御田植祭」があった。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、一般参列は取りやめた。

 約200平方メートルの神饌田では、神社を信仰する農家でつくる豊年講員が祭典で供える米を育てている。神事で植えたのは、5月の「播種(はし…
写真「早苗を植える早乙女ら」

新嘗祭に向けお田植祭 西条市の農家が米献上の大役「米と対話し育てる」【愛媛】(テレビ愛媛)
12年ぶり!御田植祭! « JA西条ホームページ
IMG_9194-2000x1333.jpg
五穀豊穣などを祈願する宮中行事・新嘗祭に西条市内の米が献上されることになりました。11月の開催に向け17日にお田植祭が開かれ、苗が植えられました。

神事で清められているのは西条市喜多川の農家・田坂隆明さんの水田。田坂さんは今年、新嘗祭に米を献上する大役を担いました。お田植祭では、早乙女たちが渡された「ひのひかり」の苗を丁寧に植えていきました。
「米は10月上旬に収穫される予定で11月23日の新嘗祭に献上」

御田植神事・植初|お知らせ|淡路島テレビジョン(ATV)
0000025791.jpg
最初にお送りするのは、厳島神社による「御田植神事」と「植初」が6月13日、上物部地区で行われたという話題です。

この行事は、五穀豊穣を祈願し、収穫の喜びを知ってもらおうと、毎年、厳島神社と厳島神社青年奉賛会が中心となって実施しています。

はじめに、厳島神社の浦上雅史宮司によって神事が行われ、早乙女衣装を身にまとった洲本第三小学校に通う4年生の女の子3人が玉串を奉げました。
かつてはもち米を栽培。最近は「コシヒカリ」の苗を植えるように

この記事へのコメント