名張市瀬古口・稲荷神社で祇園祭

疫病退散 牛頭天王とアマビエの絵札で祈願 名張・稲荷神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】
200712_03.jpg
 名張市瀬古口の稲荷神社で7月12日、祇園祭があり、牛頭天王とアマビエをあしらった絵札で疫病退散や健康を祈願し、地元小学生が舞を奉納した。生田茂夫宮司が「流行(はや)りの疫病(えやみ)一日も早く、除き払い給え」と祝詞を上げ、集まった約30人の住民らは祈りを捧げた。【(左)舞を奉納する児童、(右)牛頭天王とアマビエが描かれた祈願札(画像の一部を加工しています)=名張市瀬古口で】

 同神社の祇園社は、京都の祇園祭で知られる八坂神社と同じスサノオノミコトを祭る。京都の祇園祭は疫病退散を祈った御霊会(ごりょうえ)が起源とされ、稲荷神社でも影響を受けて始まったとされる。地区の夏祭りとしても親しまれ、例年は竹ようかんやかき氷の販売、射的などの催しがあったが、今年は新型コロナウイルス感染症対策で見送られた。
近くに住む箕曲小5、6年生の4人

豊穣願い早乙女田植え 伊佐須美神社「御田植祭」当日祭は縮小:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
200714topic2-thumb-300xauto-46068.jpg
 日本三田植祭の一つで国の重要無形民俗文化財に指定されている伊佐須美神社(会津美里町)の「御田植祭(おたうえまつり)」の当日祭が12日、同神社などで行われた。

 新型コロナウイルスの影響を考慮し、縮小して開催。子どもたちは参加せず、早乙女踊りを中止して神事のみを行った。獅子追(ししおい)行列の後、みこしを載せた車が御田神社に到着すると、田植式が始まった。
3人の早乙女が田植えを行い、五穀豊穣を願いました

新入職員菊池地方の豊作祈願 菊池市の菊池神社御田植祭 | JA菊池
4cd30e550aee6add620e020ff6fc8cbc.jpg
菊池神社の献穀田御田植祭が6月下旬、菊池市今の神社献穀田でありました!神職が雅楽を演奏する中、JA菊池の女性新入職員5人が、あかねだすきにすげがさ姿の早乙女に扮し、白丁(はくちょう)姿の神社総代7人と共に「ヒノヒカリ」の苗を一株ずつ、丁寧に植え付けました。
早乙女役のJA職員は「美味しいお米が実ってほしいと思いながら植えました。改めてお米に感謝しながら食べようと思います」と

この記事へのコメント