熱海で土石流災害の追悼神事

温かな光で犠牲者しのぶ 仲道でろうそく並べ追悼―熱海 / 伊豆新聞デジタル
20240704_97dxjzgsdbiwmcjedud0.jpg
熱海市の伊豆山土石流災害発生から3年となった3日夜、市内でろうそく点灯や神事が行われた。市民らは犠牲者を悼み、被災地の早期復興を祈った
購読者限定記事。写真「巫女舞を奉納する中学生=熱海市桜町の今宮神社」

「浦安の舞」16年ぶり奉納へ 9日 鹿児島の豊玉姫神社 /鹿児島 | 毎日新聞
20240705ddlk46040445000p.jpg
 水車の動力を利用した「薩摩の水からくり」(国選択無形民俗文化財)で知られる鹿児島県南九州市知覧町郡の豊玉姫神社で9日、伝統の神楽舞「浦安の舞」が16年ぶりに奉納される。

 舞は1940年11月10日の皇紀二千六百年奉祝会に合わせ、全国の神社で奉納されるため新作された。同神社でも毎年の夏祭り「六月灯(どう)」に合わせて長らく行われ、地元の女子小中学生が演舞してきた。しかし、少子化による担い手不足などで2008年を最後に途絶えていたという。

 これを寂しく感じていたのが、神社に伝わるさまざまな神舞を伝承する地元の「下郡文化財青壮年団」(田代信春代表)だった。今回、大人の女性に声掛けすると、20~30代の3人が応じ、再び六月灯で舞われることになった。
よかったです

【四條畷市】飯盛山の「願掛け登山」、月1回×12か月の「満願登山者」登場──四條畷神社(具志堅浩二) - エキスパート - Yahoo!ニュース
image-1720237184944.jpeg
 四條畷神社が飯盛山の「願掛け登山」企画を開始してから12か月目となる7月。早くも、月1回の願掛け登山を通算12か月行う「満願登山」を達成した人が現れたそうです。満願登山の記念品も出来上がったと聞き、話を聞きに行きました。
(中略)
 7月に12か月目を迎えるにあたり、四條畷神社は記念品として満願登山を達成したことを示すオリジナルTシャツを作成。7月1日、満願登山の第一号達成者から授与を開始しました。Tシャツの色は白と黒の2種類あり、好きな方を選べます。黒の方が人気だそうです。
すでに4人が達成

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック