会津坂下・栗村稲荷神社御田植祭

五穀豊穣願い「早乙女踊り」 福島・会津坂下で栗村稲荷・御田植祭(福島民友新聞) - Yahoo!ニュース
早乙女踊り華やか 栗村稲荷神社例大祭御田植祭 福島県会津坂下町の伝統行事 | 福島民報
20240708-00010009-minyu-000-1-view.jpg
 会津三大御田植祭の一つで福島県会津坂下町の栗村稲荷神社御田植祭は7日、同神社などで開かれた。会津農林高の女子生徒と卒業生が田植え姿で「早乙女踊り」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願した。

 早乙女踊りは同神社の例大祭で大正時代に始まったとされる。後継者不足で一時途絶えたが、同校の早乙女踊り保存クラブの生徒と卒業生が復活させ、伝統を継承している。
太鼓や笛の音色に合わせ、羽子板の舞や花がさの舞などを披露

児童らが「早乙女踊り」 北限の田植え神事、喜多方・慶徳稲荷(福島民友新聞) - Yahoo!ニュース
20240708-00010010-minyu-000-1-view.jpg
 日本北限の田植え神事で国の重要無形民俗文化財に指定されている「慶徳御田植祭」は7日、福島県喜多方市の慶徳稲荷神社の神田などで開かれ、地域住民らが五穀豊穣(ほうじょう)と子孫繁栄を願った。

 これまで半夏生(はんげしょう)の7月2日に合わせて開催していたが、祭りの継承を目的に今年から7月第1日曜日に日程を変更した。

 会津三大御田植祭の一つで約520年前の室町時代に始まったと伝えられる。一時途絶えたものの、江戸時代末期に再興した。
かつては慶徳地区に嫁いできた女性が行っていましたが、現在は地元の慶徳小の児童らが継承

中世からの伝統「犬甘野の御田」豊作と息災祈る 児童ら昔ながらの農作業再現|社会|地域のニュース|京都新聞
img_7ae85018f210e8a07667916c38ed50671392927.jpg
 京都府亀岡市西別院町犬甘野(いぬかんの)の松尾神社で7日、秋の豊作と地域の無病息災を祈願する「御田祭」が営まれた。境内に木漏れ日が差し込む厳かな雰囲気の中、牛を使って田畑を耕したり、早乙女が苗を植えたりするなど、昔ながらの農作業の様子が再現された。
小学5年生と4年生の2人が早乙女に

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック