大阪天満宮「天満天神七夕祭」

天神祭月間スタート 大阪天満宮で厳かに神事 - 大阪日日新聞 花娘、華やかに口上と大阪締め 委嘱式でお披露目 - 大阪日日新聞  天神祭の開幕を告げる七夕の神事が7日、大阪市北区の大阪天満宮で執り行われ、船渡御や奉納花火がある25日まで続く“天神祭月間”がスタートした。西日本の広範囲で降り続く記録的な大雨のため、予定していた一部行事を中止したものの、神事では関係者らが心を新たにしていた。今後、19日間をかけて各地で多彩な行事が実施され、浪速の夏を盛り上げていく。写真「参列した関係者を前に、鈴はらいをするみこ」天神天満花娘らのパレードは中止 綾傘鉾稚児ら祇園祭の無事祈る 京都、社参の儀 : 京都新聞  祇園祭の綾傘鉾(京都市下京区綾小路通室町西入ル)の稚児による「社参の儀」が7日、東山区の八坂神社であった。6人の稚児たちが本殿で神事に臨み、祭りの無事を祈った。  稚児は前祭(さきまつり)の山鉾巡行(17日)で綾傘鉾を先導する役割を担う。稚児たちは父親と「結納の儀」に臨んだ後、朱色の傘を差し掛けられながら南楼門をくぐって本殿に上がった。神事の後は本殿を3周する「お千度の儀」を 神戸新聞NEXT|東播|無病息災を祈願 高砂・荒井神社「輪抜け祭」  兵庫県高砂市荒井町の荒井神社で28、29の両日、夏の無病息災を願う伝統行事「輪抜け祭」があった。初日には湯立て神事やあんどんの展示もあり、近くの住民らでにぎわった。湯立て神事は紹介済み

続きを読む

東大阪・布施戎神社でヒット祈願

バンド「オメでたい頭でなにより」、布施戎神社でヒット祈願 「USJでイベントしたい」 - 東大阪経済新聞 オメでたいバンド、戎神社でヒット祈願 | ニュース | Lmaga.jp テレビ・アニメ・食文化・歌謡曲・童謡など日本の文化や遊びをテーマに、年間100本ものライブをこなす5人組バンド「オメでたい頭でなにより」が4月4日にメジャーデビュー。「布施戎神社」(大阪府東大阪市)で29日、ヒット祈願会見がおこなわれた。福娘さんと記念撮影 安珍・清姫の冥福祈る 白河の東北中生ら念仏と踊り奉納 | 県内ニュース | 福島民報  歌舞伎の題材になっている「娘道成寺」で知られる僧侶安珍と清姫の冥福を祈る「安珍・清姫供養祭」は27日、安珍の生まれ故郷とされる白河市萱根根田の安珍堂で営まれた。  白河根田安珍歌念仏踊保存会の主催。高野甲子会長ら8人が県重要無形民俗文化財「安珍歌念仏踊り」を披露した。保存会から指導を受けた東北中の1年生約20人が安珍や清姫に扮(ふん)し、太鼓やかね、歌に合わせて息の合った踊りを披露した。命日の3月27日に念仏と踊りを奉納 【写真特集】全31枚!!西南学院大学の卒業式を彩った袴美女たち! | NewsWalker 【写真特集】福岡大学の卒業式で見つけた袴美女27連発! | NewsWalker 柄もさまざま

続きを読む

名張・蛭子神社「八日戎」

商売繁盛願う「八日戎」 名張市・蛭子神社で - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース 七福神と福娘の笑顔で参道に花 名張の蛭子神社「八日戎」:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  商売繁盛を祈願する名張市の旧市街地伝統の祭り「八日戎(えびす)」が七日、鍛冶町の蛭子(えびす)神社で始まった。縁起物を買い求める参拝客が続々訪れ、七福神の舞や抽選で選ばれた三人の「福娘」が活気に花を添えた。八日まで。  奈良と伊勢を結ぶ街道の中継地として栄えた名張の早春の風物詩で、「えべっさん」の愛称で親しまれる。雪解けのこの時期に、地元の山の幸と行商人が海から持ち寄るハマグリなどを商う交換市が起源とされる。神社の裏を流れる名張川沿いで採れるネコヤナギの枝に、小判や俵などの装飾を付けた「吉兆(けっきょ)」と呼ばれる縁起物に人気がある。最年少の福娘(18)「参拝客が多くてせわしい感じがしますが、一人一人に笑顔であいさつできるように」 厄払いと長寿祝う 亀山の川俣神社で伝統行事:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  亀山市加太板屋の川俣神社で四日、平安時代から続く伝統行事「厄よけ祈願祭・長寿祝祭」が行われ、還暦や喜寿を迎えた地元住民ら約百人が健康と長寿を祝った。  地元住民は、するめや昆布、ミカンなどの御膳を神前に供え、そのお下がりをもらうことで、厄を払い長寿を祝った。同所の加太小学校六年の女子児童二人がみこ姿で「豊栄(とよさか)の舞」を奉納した。紹介済みです 笠のぎ稲荷…

続きを読む

伊賀上野・恵美須神社で「初ゑびす」

初ゑびすで境内にぎわう 福娘も踊り披露 伊賀市の恵美須神社 - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース  伊賀市上野恵美須町の恵美須神社で1月20日、商売繁盛や家運隆昌を願う「初ゑびす」の本祭があり、縁起物の吉兆を買い求める参拝者らでにぎわった。【えびす音頭を披露する福娘の8人=伊賀市で】  境内の本殿前では、午前10時から近隣に住む小学4年から中学2年の福娘8人が黄色と朱色の着物を着て「ゑびす踊り」を披露。伊賀上野白鳳太鼓のメンバーが演奏を奉納した。今年で3年目という小学6年生(12)「1年ぶりの着物で帯がきつかったが、間違えずに踊れました」 “4度目の正直”で福娘に 関学大生、成人式も諦め挑戦「さらなる福届ける」 夢はアナウンサー(1/2ページ) - 産経WEST  今宮戎神社(大阪市浪速区)で、今月行われた「十日戎」に花を添えた福娘たち。成人式を欠席してまで挑戦し続け、その座を“4度目の正直”で射止めた女性がいる。関西学院大4年の芥田愛菜美(あくた・まなみ)さん(22)だ。充実した表情で役目を全うした彼女は「さらなる福を届けたい」とアナウンサーを目指すという。福娘からアナウンサーになる人は結構いるようですね 【神戸】ポドルスキ、初体験の必勝祈願は「すごくいい儀式だった」 : スポーツ報知  神戸は19日、神戸市内の和田神社で必勝祈願を行った。  吉田監督をはじめFWポドルスキら選手らが、悲願の初タイトル獲得を祈念。元ドイツ代表FWは「すごく興味深い儀…

続きを読む

姫路・播磨国総社「初ゑびす祭」

神戸新聞NEXT|姫路|「福娘」乗せ宝恵駕籠行列 播磨国総社で初えびす祭 宝恵駕籠行列にぎやか 播磨国総社の「初ゑびす祭」 - 産経ニュース  「ほい、ほい、宝恵駕籠ほい」。威勢のいい掛け声が響く。商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の初えびす祭が14日、始まった。初日は約500人の氏子らによる宝恵駕籠行列があり、「福娘」を乗せた駕籠を担いで、商店街を練り歩いた。  行列は、芸者が魚町から駕籠に乗って参拝したことが由来とされる。戦後長く途絶えていたが、阪神・淡路大震災後、姫路を活気づけようと1996年に復活した。福娘さん(19)は「体が宙に浮いて楽しかった。笑顔が絶えない1年になってほしい」と笑顔 商売繁盛 お願いします:朝日新聞デジタル  宮津市文珠の智恩寺で10日、江戸時代から続くとされる天橋立文殊堂の十日えびすがあった。文殊堂から山門を超える約100メートルにわたる参拝者の列ができ、次々に商売繁盛を願った。国の重要文化財の文殊菩薩(ぼさつ)像も特別公開された。参拝者は福娘から福徳長寿の御利益があるとされる「福棒」を受け取りました 福笹求める人で賑わう 本覚寺で本えびす | 鎌倉 | タウンニュース  新年の恒例行事「本えびす」が1月10日、市内小町の本覚寺で開催された。  1436年、一乗日出によって開かれた日蓮宗の同寺。鎌倉江の島七福神の一つで、厄を除け福を呼び、商売繁盛をもたらす「えびす神」を祭っている。地元から選ばれた福…

続きを読む

淡路・事代主神社で十日戎

十日戎:商売繁盛願って 淡路・事代主神社にぎわう /兵庫 - 毎日新聞  「仮屋のえべっさん」で知られる淡路市仮屋の事代主(ことしろぬし)神社で10日、商売繁盛を祈願する十日戎(えびす)があった。時折雨が降る寒い一日となったが、福を求める参拝客でにぎわった。  福授け所では、金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の高校生の福娘5人が交代で口上を述べ、参拝客の頭上をササではらって福を授けた。商売繁盛を願って縁起物の招福熊手や吉兆などを買い求める参拝客が多かった。福娘の高校1年生(16)「皆さんが幸せな年になるように願いを込め、最高の笑顔で福を授けました」 神戸新聞NEXT|姫路|播磨国総社「福娘」7人決まる 姫路 初ゑびす祭:姫路のえべっさん、14日から 射楯兵主神社の福娘、役所などに神矢届ける /兵庫 - 毎日新聞 「宝恵駕籠行列」参加の福娘、兵庫・姫路市役所など訪問 14日から「初ゑびす祭」 播磨国総社 - 産経WEST  商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「初えびす祭」(14~16日)を前に、今年の「福娘」7人が決まった。11日、姫路市役所や神戸新聞姫路支社などを訪れ、笑顔で福を届けた。  毎年公募で選んでおり、今年は県内外の学生や社会人ら98人から応募があった。書類審査や昨年12月の選考会を経て、19~28歳の7人が選ばれた。大学3年生(20)「正月にもちをいっぱい食べて福をつけてきた。笑顔になってもらえるよう頑張りたい」 商売繁盛お…

続きを読む

今宮戎神社「十日戎」

福娘が縁起物つけ商売繁盛願う「十日戎」今宮戎神社にぎわう | THE PAGE 大阪 大阪で「宝恵駕行列」堀田真由ら登場で沿道にぎわう | THE PAGE 大阪 【動画】今宮戎神社で十日戎の「残り福」 - 産経WEST  大阪市浪速区の今宮戎神社の「十日戎」に合わせ、大阪市中央区の道頓堀から同神社までを練り歩く「宝恵駕行列(ほえかごぎょうれつ)」が10日行われ、沿道では多くの人が笑顔で声援を送っていた。今年の十日戎の人出は100万人をやや下回る見込み 残り福に願い込め 野田恵美須神社 - 大阪日日新聞  1年間の商売繁盛を願う「十日戎(えびす)」は11日、3日間の祭礼を締めくくる「残り福」を迎えた。寒気の影響で厳しい冷え込みとなったが、大阪市福島区の野田恵美須神社(工藤裕之宮司)には、午前中から縁起物を求める会社員らが次々に訪れた。  「宝の市大祭」として執り行う同神社は、「野田藤」をあしらったかんざしを挿した福娘13人が福笹(ふくざさ)を授けるなど奉仕した。参拝者数は3日間では例年並みの約10万人になる見込み 長浜十日戎:宝恵かご“福”振りまく 豊国神社 /滋賀 - 毎日新聞 福娘乗せ商売繁盛祈願 滋賀・長浜で「十日戎」 : 京都新聞  滋賀県長浜市南呉服町の長浜恵比須(えびす)宮(豊国神社)で10日、「十日戎(えびす)」の本戎があった。着物姿の福娘を乗せた宝恵(ほえ)かご行列が市街地を練った。  福娘5人がかごに乗った行列は午後1時半ごろに同宮…

続きを読む

春日大社・佐良気神社で「十日えびす」

春日大社 佐良気神社で「十日えびす」/奈良 (奈良テレビ放送) - Yahoo!ニュース 「福」頂いてポッカポカ - 雪の舞う中 十日えびす | 総合 | 奈良新聞WEB 商売繁盛の願い込め…奈良の春日大社末社、佐良気神社で十日えびす - 産経WEST 商売繁盛 鈴の音響く 十日えびす : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 春日大社 佐良気神社で「十日えびす」/奈良  奈良市春日野町の春日大社境内にある末社、佐良気(さらけ)神社で10日、「十日えびす」が営まれ、商売繁盛や家内安全を願う多くの参拝者でにぎわった。  同神社は「蛭子神(ひるこのかみ)」が祭神で、商売繁盛の神様「えべっさん」として親しまれる。この日は時折、雪が舞う寒い日となったが、神事が営まれた午前10時ごろには縁起物を求める参拝者の行列ができた。  金烏帽子(えぼし)と巫女(みこ)装束を身に着けた福娘たちが、ササにタイや千両箱などの飾りを付けて授与。鈴を鳴らして参拝者に福を授けた。大阪ガスの女性社員9人が福娘を務めました 十日えびす:福よ来いっ! 東の宮恵美須神社で始まる /和歌山 - 毎日新聞 和歌山・東の宮恵美須神社で十日戎 日本刀振り、悪を払い福を呼び込む「悪斬の舞」披露 - 産経WEST わかやま新報 » Blog Archive » 福を呼び込め えべっさん各地で大にぎわい  和歌山県和歌山市吉田の東の宮恵美須神社では、9日の宵戎から祭神・恵比寿(事代主=ことしろぬし)…

続きを読む

西宮神社「宵えびす」

神戸新聞NEXT|総合|福が授かりますように… 各地で「宵えびす」  商売繁盛、家内安全を願う「十日えびす」が9日始まり、兵庫県各地の神社で宵えびすを迎えた。境内は縁起物を手にした参拝者らであふれ、「福が授かりますように」と祈った。  「えべっさん」の総本社として知られる西宮神社(西宮市社家町)の境内や周辺は大混雑。入り口の赤門から拝殿までの約230メートルにはびっしりと屋台が並んだ。お参りや祈祷を終えた参拝者は、おみくじや「福笹」、福をすくう「福箕」、目を書き入れる「福だるま」などを買い込み、この1年の幸を願った。11日までの3日間で約100万人の人出を見込んでいます 神戸新聞NEXT|但馬|「十日えびす」地域の絆にじんわり 香住、豊岡  一年の商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす」の本宮が10日、兵庫県の但馬各地の神社であった。参拝者たちは福を求めて縁起物を購入したり、くじ引きで運試しを楽しんだりと、にぎやかにお祭り気分を味わっていた。  今年で4回目となる十日えびすの本宮を迎えた香美町香住区香住の金刀比羅神社では、福引や縁起物の販売、昆布茶と甘酒の振る舞いがあった。9日の宵宮では紅白の餅まきや和太鼓の演奏などがあり、大盛り上がり 「吉兆笹」に商売繁盛願い 京都・恵美須神社で宵えびす祭 : 京都新聞  新年の商売繁盛や家内安全を願う初えびすの宵えびす祭が9日、京都市東山区の恵美須神社で開かれた。自営業者や会社員らが、家族や同僚と一緒に縁起物の「吉兆笹」…

続きを読む

大阪・今宮戎神社の十日戎幕開け

【動画】「商売繁盛」求めにぎわう 大阪・今宮戎神社の十日戎幕開け - 産経WEST 商売繁盛願い十日戎始まる えぼし姿の福娘、縁起物結ぶ:朝日新聞デジタル 今宮戎神社:「商売繁盛、ササ持って来い」十日戎始まる - 毎日新聞 十日戎:景気←←願い 大阪 - 毎日新聞 商売繁盛頼んまっせ! 「十日戎」宵えびす - 大阪日日新聞  商売繁盛の神様「えべっさん」で知られる今宮戎神社(大阪市浪速区)の「十日戎」が9日、宵えびすで幕を開けた。本えびすは10日。  境内では「商売繁盛でササ持ってこい」というお囃子(はやし)が鳴り響き、烏帽子(えぼし)姿の福娘たちが米俵や大判などを模した縁起物を参拝者のササに結びつけた。境内でも強風が福笹を揺らしていたとのこと 福よこの手に、長浜十日戎:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) 福 持って帰って 各地で十日戎 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  長浜市南呉服町の豊国神社で九日、長浜十日戎(えびす)が始まり、家族連れなどが商売繁盛や家内安全などを祈願した。十一日まで。  境内には高さ一・六メートルのやぐらが設けられ、一般公募で集まったみこ姿の女性たちが高々と丸餅やかまぼこをまいた。参拝者たちは「ちょうだい」と笑顔でおねだりしていた。十、十一の両日も午前十一時と午後二時などに餅まきが 十日ゑびす祭:福よこい! 彦根 /滋賀 - 毎日新聞  北野神社(彦根市馬場1)の「彦根十日ゑびす祭」が9日、…

続きを読む

明石・岩屋神社で宵戎

神戸新聞NEXT|明石|熊手や福笹買って招福祈願 明石の神社「宵戎」  商売繁盛や家内安全を願う「十日戎」が9日、兵庫県明石市内の神社で始まった。宵戎を迎えた岩屋神社(材木町)や稲爪神社(大蔵本町)では、参拝者が1年の福を呼び込もうと、戎様や小判などの飾りが付いた熊手や福笹を買い求めていた。  岩屋神社では、冷たい風が吹く中、巫女たちが「ようお参りです」と声を掛け、参拝者に温かいしょうが湯を振る舞った。木の棒を使って砂の中に埋まった5円玉を見つけ出す「御縁受け」も 阪急沿線の福娘集合 十日戎控え梅田駅でPR - 大阪日日新聞  阪急電鉄は8日、大阪市北区の梅田駅で、沿線のえびす神社の「福娘」が集まって9〜11の3日間ある「十日戎(とおかえびす)」を紹介する新春恒例の催しを開いた。福娘がコンコースで2千本の福ザサを授け、買い物客らが笑顔で受け取った。  紹介したのは沿線にある十の神社。福娘計18人が、服部天神宮(豊中市)はタレントの浜村淳さんや元サッカー日本代表の釜本邦茂さんが来場することや、神津神社(大阪市淀川区)は空くじなしの福引などそれぞれの特長をアピールした。商売繁盛と招福を願って鈴を振り、一人一人にササを手渡した。呉服(くれは)神社(池田市)の福娘さん(22)「皆さんに笑顔で返してもらい、気持ちが高まった。3日間、一人一人に真心を込めてご奉仕したい」 商売繁盛願い参拝 - 田原本初えびす祭 | 社会 | 奈良新聞WEB  田原本町の津島神社で8日、…

続きを読む

田辺・闘鶏神社で宵えびす

一年の福授かる 十日えびすにぎわう/AGARA 紀伊民報  商売繁盛や無病息災を願う「十日えびす」の宵えびすが9日、和歌山県紀南地方各地の神社であった。10日に本えびす、11日に残り福と続く。今年一年の福を授かろうと、多くの参拝者でにぎわっている。  田辺市東陽の闘鶏神社では9日午前8時から神事をした後、会館内で縁起物の飾りが付いた福笹(ふくざさ)の販売を始めた。福笹を買った参拝者は、鈴を鳴らす福娘に福を分けてもらい、一年の幸せを願った。約2万人の参拝を見込んでいます わかやま新報 » Blog Archive » 東の宮恵比寿神社の福娘、中嶋茉安耶さん(21)  商売繁盛を祈願して福笹などの縁起物を授与する「十日えびす」が和歌山市の東の宮恵比寿神社で9、10、11の3日間開催。  旅行クーポン券5万円分などの豪華景品が当たる福引が行われる他、恵美須さまの総本宮、出雲の国(島根県)美保神社より横山宮司らも来られます。「皆さまに福が訪れますよう、私たちが笑顔でお待ちしております。」 縁起物求めにぎわう 徳島市で「えびす祭り」始まる 【徳島ニュース】- 徳島新聞社  「商売繁盛の神様」として知られる徳島市通町2の事代主(ことしろぬし)神社(佐藤信博宮司)で9日、えびす祭りが始まり、縁起物の福ザサなどを買い求める大勢の善男善女でにぎわった。11日まで。  宵えびすの9日は商店主らが次々と訪れ、新年の商売繁盛や家内安全を祈願。福俵や小判、タイなどを飾り付けたササ…

続きを読む

三木・戎神社で「えびすまつり」の準備

神戸新聞NEXT|三木|えびすまつりへ準備着々 13日から三木・戎神社  兵庫県三木市大塚2の戎神社で13~15日にある「えびすまつり」を前に、地域住民や福娘ら約70人が7日、準備作業を行った。境内の大塚町公民館を拠点に、参拝者に渡す神矢(破魔矢)を用意するなどした。  例年は1月9~11日だったが、今年から1月の第2土曜からの3日間に変更。住民らは御饌米やお守り、お札などを準備し、神戸電鉄粟生線の各駅などにはのぼりを立てた。福娘16人は神矢に開運の絵馬と「延寿招福」と記した短冊をくくり付けた。初めて福娘となる同市嘱託職員の女性(22)=神戸市西区=は「今しかできない経験で、新鮮で楽しい。参拝者にはいい福を持ち帰ってほしい」と話した。本えびすは14日午前11時と午後3時から神事と、地元女児による浦安の舞奉納が 神戸新聞NEXT|北播|鬼の文字射抜き祈願成就 鍬渓神社で歩射祭 小野  悪疫退散や地域の安泰を祈願して矢を射る伝統行事「歩射祭」が7日、兵庫県小野市下来住町の鍬渓神社であった。氏子の男性7人が古式にのっとり、中央の「鬼」の文字を墨で塗りつぶした直径約180センチの六角形の的を目掛けて弓を引いた。「くわたに」と読むそうです ABC WEBNEWS|【大阪】福娘が動物たちに「福笹」をプレゼント 天王寺動物園に今宮戎神社「十日戎」の福娘 福笹贈る hibakama / 緋袴白書RT @abenokeizai: 天王寺動物園に今宮戎神社「十日戎」の福娘 レッサーパ…

続きを読む

今宮戎神社の福娘が新聞社訪問

【動画】「今宮戎」の福娘13人、「上方締め」を披露 - 産経WEST 大阪)今宮戎神社などの福娘 「十日戎」PR:朝日新聞デジタル 今宮戎神社「十日戎」の福娘が来社  商売繁盛を祈願する「十日戎」(9~11日)を前に、今宮戎神社(大阪市浪速区)の福娘13人が5日、PRのために同区の産経新聞大阪本社を訪れ、「打ちましょ」と声をそろえて手拍子を打つ「上方締め」を披露した。 福来たる 3神社「十日戎」PR : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 十日戎:9日から 福娘が毎日新聞訪問 /大阪 - 毎日新聞  「十日戎」(9~11日)をPRしようと、大阪市内の3神社の福娘たちが5日、同市北区の読売新聞大阪本社を訪れた。  堀川戎神社(北区)の福娘は、鈴を鳴らして「商売繁盛、家内安全」と華やかに唱和。川村夢さん(24)は「景気のいい一年になるよう、私たちも元気を出して臨みたい」と意気込んだ。 あきんどに、福よこい 十日戎を前に福娘らが来社 - 大阪日日新聞 十日戎を前に福娘が来社  - 産経WEST  「宝の市大祭」として執り行う野田恵美須神社の福娘は、区の花「野田藤」をあしらったかんざしを挿して来社。縁起物を飾り付けた福笹を届けると、独特の節回しの“大阪締め”で「ああ、めでたいな」と縁起の良い声を響かせた。 福娘、笑顔と福届ける  :日本経済新聞  商売繁盛を願う「十日戎(えびす)」(9~11日)を前に、今宮戎神社(大阪市浪速区)の福娘13人と服部天神…

続きを読む

仙台・県護国神社の福娘が商店街へ

「福娘」が商店街を練り歩き 仙台市 - 産経ニュース  宮城県仙台市青葉区の県護国神社で初詣客を迎える「福娘」8人が28日、商売繁盛や社内安全などの福を分けようと、市内中心部を七福神の恵比寿と大黒天を連れて練り歩き、商店などに縁起物を届けた。  今年で25回目となる年末の恒例行事。金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の福娘が、福もち、「福を射抜ける」という福的、干支の手ぬぐいを商店主らに手渡した。「ミス福娘」の大学3年生(20)「新年の幸せと商売繁盛を願う気持ちを込めました。参拝して下さる方々に心からの感謝の気持ちが伝わるよう、笑顔でがんばります」 新年前に「みこ」の研修会 青森 | NHKニュース 毎年、正月三が日におよそ16万人が初詣に訪れる青森市の善知鳥神社では、大みそかの夜から、本職のみこに加えて、地元の大学生や高校生などが臨時のみこを務めます。 29日は、新年を前に、みことしての作法などを学ぶ講習会が開かれ、10人が参加しました。 白い着物と朱色のはかまに着替えた学生たちは、はじめに神職から、立ったり座ったりする際も常に正しい姿勢を保つよう教わり、時折ぐらつきながらも繰り返し、練習していました。今回で2回目の参加となる青森市の女子高校生「みこの美しい姿に憧れて、今回も挑戦しました。初詣に来る方にとって、よい一年となるよう思いを込めて頑張りたいです」 新潟・白山神社:犬のように元気な年に 縁起物、準備大詰め /新潟 - 毎日新聞  新年が迫る27日…

続きを読む

春日大社で福娘の研修

奈良)参拝者に福を届ける 春日大社で福娘の研修:朝日新聞デジタル  春日大社(奈良市)の末社、佐良気(さらけ)神社で来年1月10日にある「十日えびす」に備え、福娘が23日、研修を受けた。今回の福娘に選ばれた大阪ガスの女性社員9人が、心構えや作法を学んだ。  禰宜(ねぎ)の西村泰宏さんから一人ずつ金烏帽子(えぼし)を受け取った。巫女(みこ)装束と金烏帽子を身につけ、本殿や佐良気神社を参拝。境内の授与所で、指導を受けながら「福招く千両、万両つけましょう」と福言葉を唱える練習をした。福娘(28)「すごく緊張しました。みなさまに1年間の福を届けられるように、心を込めてつとめたいです」 みんなのニュース BBTチャンネル8【護国神社で「福ひめ」認証式】 富山市の護国神社では、竹を使って社殿の天井などのほこりを落とし、1年の汚れを清める煤払いをしたあと、初詣の参拝客を迎える「福ひめ」と呼ばれる臨時の巫女の認証式が行われた。 式には県内出身の高校1年生から大学4年生までの31人が参加し、中には県外の大学に進学しながら、帰省にあわせて福ひめとして活躍する人もいる。衣装が独特です 御神矢など巫女ら迎春準備 京都・石清水八幡宮 : 京都新聞  新年を前に、御神矢(ごしんや)やえとの「戌(いぬ)」の置物などの縁起物を準備する作業が京都府八幡市八幡の石清水八幡宮で行われている。巫女(みこ)や神職が御神矢に厄よけの7色の組みひもや「厄除開運」と書かれた御旗を取り付けたり、置物が割れてい…

続きを読む

淡路・事代主神社で福娘の衣装合わせ

淡路市の事代主神社「十日戎祭」へ福娘の5人が衣装合わせ - 産経ニュース  「仮屋のえべっさん」の愛称で親しまれている淡路市仮屋の事代主(ことしろぬし)神社で16日、来年1月10日開催の「十日戎(えびす)祭」で参拝客らに福を授ける「福娘」の衣装合わせが行われた。福娘に選ばれた地元の高校生らは神事に着る「千早(ちはや)」に身を包み、金烏帽子(えぼし)をかぶって参拝客に縁起物を授ける際の口上などを学んでいた。「来てくださった方が幸せになるよう、心を込めて福を授けたい」 「良い一年に」思いを込めて 荘内神社で縁起物作り(荘内日報)  鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で7日、「破魔矢(はまや)」などの縁起物作りが始まり、初詣客を迎える準備が進められている。  同神社では、約1週間かけて破魔矢をはじめ熊手や干支(えと)の置物、「新春特別祈祷(きとう)」のご朱印が押されたお札など合わせて約5000点を用意し、30日の「入魂式」で清め、縁起物とする。  この日の破魔矢作りは斎館で行われ、巫女(みこ)2人が、破魔矢に厄よけの鈴や縁起のいい五色の布、来年の干支の「戌(いぬ)」の張り子を丁寧に取り付け、袋詰めした。巫女さん(24)「良い一年を過ごせるように、と参拝者の方を思って一つ一つ丁寧に作ることを心掛けています」 妙本寺で「晋山式」 鈴木日敬上人が新住職に | 鎌倉 | タウンニュース  市内大町の妙本寺で11月30日、第82世貫首晋山式が行われた。  これは、同寺…

続きを読む

名張・八日戎の福娘募集

高校3年生も応募可能に 名張・八日戎の「福娘」 - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース  商売繁盛、家内安全などを祈願し、春を告げる祭りとして知られる、蛭子神社(名張市鍛冶町)の「八日戎」(2月7、8日)では、振袖姿の「福娘」が参拝者をもてなしている。福娘を公募する名張市観光協会では来年から、対象年齢を従来の20歳以上から高校3年生以上に引き下げる。【参拝者に縁起物を手渡す福娘=名張市鍛冶町で(2017年撮影)】  福娘は、応募者の中から事前の「福引き」(抽選)で選ばれた3人が、参拝者へ縁起物を授与する他、事前PRなどでも活動する。従来は、同市にゆかりのある「20歳以上30歳以下」の未婚女性と定めていたが、「より多くの人に応募してもらおう」という氏子らの思いから引き下げを決めたという。詳しくは平成30年八日戎「福娘」募集 – 三重 なばりの観光ガイド 古都の師走彩る時代行列「お渡り式」17日に開催 奈良・春日若宮おん祭 - 産経WEST  古都の師走を彩る春日大社摂社・若宮神社の例祭「春日若宮おん祭」が15~18日、奈良市の同大社周辺で行われる。平安時代に始まり、今年で882回目。17日は時代行列の「お渡り式」や古典芸能の数々が奉納される「お旅所祭」が開催され、大勢の見物客でにぎわいそうだ。  おん祭は奈良で最大規模の祭礼。17日は午前0時からの「遷幸(せんこう)の儀」で、若宮神社のご神体が本殿からお旅所に設けられる仮殿に移る。「還幸(かんこう)の儀」で24時間以…

続きを読む

片埜神社「枚方えびす祭」の福娘

笑顔がステキ!牧野阪の片埜神社の福娘写真コレクション18枚。新福娘も募集中 - 枚方つーしん - 枚方市の雑談ネタをもりもりと! 1次審査は12月14日締め切り <伝統を担う>北杜・箕輪新町のおんねりと巫女舞【地域/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版 赤い口紅を塗り、きらびやかな金色の冠を載せた2人の少女。表情はまだあどけなく、ふっくらとした頬にあごひもが食い込む。秋風が吹き始めた八ケ岳南麓、神の託宣を受けた少女が、地域を歩いて優雅に舞い、多くの住民の熱い視線を浴びた。続きは有料会員限定… 発足五十年にあたり 管絃祭で舞楽を奉納;雅楽道友会 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【東京】港区の乃木神社(加藤司郎宮司)で十月二十四日、今年で発足から五十年を迎へる雅楽道友会(薗麗子会長)が記念奉納舞楽をおこなひ、約三百人が幽玄の世界に酔ひしれた。  同会は昭和四十二年、宮内庁楽部元楽師・薗廣教氏を中心に、広く民間への雅楽の普及と技術の向上を目的に設立された。写真【古例に倣って再現された舞楽「進走禿」(しんしょうとく)】

続きを読む

敦賀・金崎宮で「花換まつり」開催中

花換まつり:「花換えましょう」 家族の幸せ、恋愛成就願う 敦賀・金崎宮 /福井 - 毎日新聞  敦賀に春を呼ぶ風物詩「花換まつり」が金崎宮(敦賀市金ケ崎町)で開催されている。家族連れやカップルが「福娘」と呼ばれる巫女(みこ)と声を掛け合いながら桜の小枝を交換し、家族の幸せや恋愛成就を願っている。15日まで。  金崎宮は桜の名所として知られ、明治時代に男女が桜の小枝を交換して思いを伝え合ったことが祭りの始まりとされている。祭りの期間中は、初穂料500円を納めると、福娘と桜の小枝の造花を交換することができる。訪れた人たちは「花換えましょう」と福娘と声を掛け合い、小枝を交換していた。桜の見ごろは8~12日ごろ 船橋で海の安全と豊漁を願う「水神祭」 今年は晴天に恵まれ盛大に - 船橋経済新聞  水神祭は船橋漁業協同組合が主催。大漁旗を掲げ、普段は見ることのできない特別な並べ方で港に船を係留。その船上で神事が執り行われた。  神事は、江戸時代から伝わるという雅楽の奏上と4つの舞から成る。装束姿で鈴を持った踊り手が舞台を清める「巫女舞」、神さまを舞台へ案内する「猿田舞」、ふたりの神が途中で入れ替わる「恵比寿舞(蛭子舞)」、青鬼と山の神の鍾馗(しょうき)が踊る「山神舞」。巫女舞の写真はありません 御田植祭で五穀豊穣願う 香取神宮で伝統の儀式 | 千葉日報オンライン  香取市の香取神宮(香取武宮司)で1日、今年の豊作を祈る伝統行事、御田植祭が行われた。拝殿前を水田に見立て…

続きを読む