宇陀松山初えびす

奈良)子どもたちが吉兆販売や紙芝居 宇陀松山初えびす:朝日新聞デジタル 笑顔と「福」振りまき - 「ちびっこ福娘」ら活躍/「宇陀松山」で初えびす|奈良新聞デジタル  奈良県宇陀市大宇陀の松山地区で11日に催された伝統行事「宇陀松山初えびす」。今年も市内外の子どもたちが参加し、福娘に扮したり、かつてこの地を治めた藩主・織田家の紙芝居を上演したりして盛り上げた。11日は福娘の衣装や法被を着て神社で縁起物の吉兆を販売したり、「よおー、まいり」と言いながら露店が並ぶ地区内を練り歩いたり hibakama / 緋袴白書RT @udaebisu: 福娘さんの御練りも終えて吉兆授与や福引きを行っています!#えべっさん#初市#宇陀初えびす#宇陀市#大宇陀#福娘#チビッコ福娘 https://t.co/BWXJo0feHb at 02/11 12:32 熱海温泉、繁栄願う 芸妓衆ら湯くみ、湯前神社で春季例大祭|静岡新聞アットエス 熱海温泉の泉脈に感謝 大湯間欠泉で湯くみ式 湯前神社・春季例大祭 | 熱海ネット新聞 熱海温泉の守り神で知られる湯前神社の春季例大祭が2月10日、同神社であり、湯くみ式と献湯祭が斎行された。湯くみ式は、大湯間欠泉で行われ、同神社奉賛会や熱海温泉ホテル旅館協同組合、熱海温泉組合、町内会役員、熱海芸妓衆など40人が参列。交替で大湯の源泉でくんだ温泉をひしゃくで手おけにくみ、それを白磁の瓶子(へいし)に移し、神社に運んだ。例大祭は毎年春、秋の2回実施 石川県 …

続きを読む

浅草神社で初の「廿日戎」

えびす信仰再興へ 浅草神社で初の「廿日戎」:中外日報 東京・浅草 復活!“廿日戎”で繁盛祈願|TOKYO MX+(プラス) 東京新聞:浅草神社で「廿日戎(はつかえびす)」初開催 19、20日に福笹など授与:東京(TOKYO Web) 東京都台東区の浅草神社は19、20日に「浅草廿日戎」を初めて開催した。江戸時代に浅草で盛んだったえびす信仰の再興が目的。参拝者は縁起物を飾った福笹を通じて「えびす様」の神徳を授かった。 江戸時代、浅草寺境内に「西宮えびす」としてえびす様を祀った社があった。明治時代の神仏分離令で同神社に遷座したが、東京大空襲で焼失。社殿に御神体を移し現在に至る。「関西では年明けの十日、関東では二十日にえびす様の市が出されていたが、関東では衰退してしまった。江戸時代の隆盛を、浅草の地で再興したい」と宮司さん hibakama / 緋袴白書RT @asakusakanren: 今日の浅草。福娘が可愛いのは当たり前ですね。浅草神社の廿日戎は明日20日までです。 #えべっさん #淺草 #asakusa #tokyo #japanhttps://t.co/DHwJKWsKzQ https://t.co/iWUr7… at 02/06 21:11 大阪国際大学・短期大学部の学生20名が福娘として「佐太えびす祭り」で奉仕~地元の佐太天神宮と共に伝統文化を守る! - 大学プレスセンター 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部(大阪府守口市、学長:宮本郁夫)の留学生を…

続きを読む

福井・金崎宮「花換まつり」の福娘募集

福井県 金崎宮の「花換え」巫女しよう 敦賀観光協会3人程度募る|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  福井県敦賀市の金崎宮で、巫女(みこ)役の「福娘」と桜の小枝を交換し良縁祈願や心願成就を願う「花換えまつり」が4月1~15日に開かれる。福娘を敦賀観光協会が2月21日まで募集している。  明治時代に始まったと伝わる祭りで、金崎宮に花見に来た男女が「花換えましょう」と小枝を交換し、互いの思いを伝え合ったことが由来とされる。境内は約400本のソメイヨシノが咲く花見の名所で例年、県内外から約5万人が訪れる。  福娘は、祭り期間中の午前9時半から午後4時半まで、来場者と小枝を交換するほか、花換神事に参加する。高校生を除く18歳以上の女性が対象で、募集人数は3人程度。事前研修があるため未経験者でも応募可能で、従事手当の支給もある。詳しくは 【敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀/令和2年度敦賀花換まつり『福娘』募集!】一般社団法人 敦賀観光協会 「福娘」になりませんか 2月7、8日 名張・蛭子神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】  名張市観光協会は2月7日、8日に同市鍛冶町の蛭子神社である、商売繁盛を願う恒例の「八日戎」で、参拝客に縁起物を授ける「福娘」を募集している。【参拝者に縁起物を渡す福娘たち(2019年2月撮影)】  対象は市内在住・在勤・在学者や出身者、親戚が市内に住んでいるなどのゆかりがあり、1990年2月9日から2002年4月1日までに生まれた未婚の女性。1月2…

続きを読む

姫路・播磨国総社初ゑびす祭「宝恵駕籠行列」

値千金、福よぶ笑顔 初ゑびす祭で宝恵駕籠行列 姫路・播磨国総社 /兵庫 - 毎日新聞  商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(姫路市総社本町)の「初ゑびす祭」が14日、始まった。初日は市中心部で「宝恵駕籠(ほえかご)行列」があり、福娘7人や氏子らがにぎやかに商店街などを練り歩いた。祭りは16日まで。今年の行列は575人が参加 神戸新聞NEXT|三田|福を求め、朝からにぎわい 三田で十日えびす始まる  兵庫県三田市内の神社で9日、商売繁盛を祈願する「十日えびす」が始まり、宵えびすを迎えた。福島戎神社(同市福島)では、境内に吉兆や熊手といった縁起物が並び、福を求める多くの参拝客で朝からにぎわった。  同神社の十日えびすは有志の氏子16人が運営している。毎年3日間で、近隣やニュータウンの住民ら約5千人が訪れる。写真「縁起物の吉兆を受け取る参拝者」 福をどうぞ - 「えべっさん」巡行/天理で丹波市八日恵美須祭|奈良新聞デジタル  天理市丹波市町の市座神社で8日、丹波市八日恵美須祭(同奉賛会主催)が営まれ、商売繁盛や家内安全を願う人々でにぎわった。  午前10時ごろからは「えべっさん」に扮(ふん)した奉仕者を先頭に稚児を乗せた宝恵かご、福娘、ちんどん道中など約30人が太鼓や鐘を打ち鳴らしながら「商売繁盛でササもってこい」の掛け声とともに市内を巡行。福娘さんが笹で隠れてる…

続きを読む

今宮戎神社「残り福」

【動画】今宮戎、十日戎の最終日「残り福」 - 産経ニュース  商売繁盛の神様「えべっさん」として知られる今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の十日戎が11日、最終日の「残り福」を迎え、境内が大勢の参拝客でにぎわった。  「商売繁盛でササ持ってこい」のおはやしが響く中、福娘50人が縁起物を参拝者のササに結び付けた。同神社は今年の十日戎の参拝客を約90万人と想定したが、天候に恵まれたため予想を超える人出になったとみられる。かなりの混雑です 「残り福」も大にぎわい 野田恵美須神社・十日戎 - 大阪日日新聞  商売繁盛を祈願する十日戎(とおかえびす)は11日、「残り福」を迎えた。「宝の市大祭」として執り行っている大阪市福島区の野田恵美須神社(佐藤広志宮司)は9日の宵戎、10日の本祭同様に福笹(ざさ)などの縁起物を求める参拝客でにぎわった。  福島区の花「野田藤」にちなんだ藤の花をあしらったかんざしを挿した福娘は参拝客に縁起物を授け、鈴でおはらいして幸福を祈念。写真《最後に「ああめでたいな」と付ける野田恵美須神社ならではの大阪締めを参拝者と一緒に行う福娘ら=11日、大阪市福島区》 「110番の日」 110番の適切な利用を呼びかけ | NHKニュース 1月10日は「110番の日」とされています。大阪・豊中市の神社では、ことしの福娘が参拝した人たちに110番の適切な利用を呼びかけました。 10日は各地で110番の適切な利用を呼びかける催しが行われ、このうち、豊中市…

続きを読む

春日大社末社・佐良気神社「十日えびす」

奈良 春日大社で商売繁盛願う「十日えびす」 | NHKニュース 春日大社の「十日えびす」は、毎年1月10日にえびす様をまつる境内の、佐良気神社で行われています。10日の奈良市は青空が広がる穏やかな天気となり、神社には午前中から地元の人などが次々と参拝に訪れました。 訪れた人たちは無料のささの葉を受け取ったあと、小判や真っ赤なタイなどをかたどった縁起物を買い求め、金色のえぼしと白装束を身につけた福娘に、ささに結び付けてもらいました。 そして、頭の上で鈴を鳴らしてもらって福娘から福を授かると、ことし1年の商売繁盛を祈願しました。動画なし… hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 【春日の十日えびす】1/10は #春日大社 の末社、蛭子神(ひるこのかみ)をお祀りする佐良気(さらけ)神社のお祭りでした。 #えびすさん として親しまれています。吉兆笹に縁起物をつけて受けられたり、福娘の御鈴祓を受ける参拝者で賑わいました。… at 01/11 20:50 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 福娘はサントリーホールディングス株式会社ご関係者の皆さまで、ご奉仕されました。#春日大社#十日えびす#えびすさん https://t.co/1xnT6p1pue at 01/11 20:50 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 御鈴祓。 https://t.co/6VE2EJHOSn at&nb…

続きを読む

福井・西宮恵比須神社で福餅まき

紅白福餅で商売繁盛  福井・西宮恵比須神社 :福井写真ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市毛矢3丁目の西宮恵比須(えびす)神社で10日、新春恒例の福餅まきが行われた。県内外から300人ほどが訪れ、まかれた餅を競うようにつかみ、1年の商売繁盛や開運招福を祈った。  十日えびす祭(9~11日)の行事の一つで、1989年から続けられている。今年は奉賛会の役員や福娘ら25人が、午前中につかれた赤と白色の餅4000個をまいた。いい天気でよかったですね 長浜十日戎 開幕、豊国神社で | 滋賀県長浜市の中心にニュースをお届けする滋賀夕刊新聞社 長浜・豊国神社で十日戎 福娘ら練る:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) 笑顔の福娘ら、宝恵かご行列 豊国神社で十日戎 長浜 /滋賀 - 毎日新聞  湖北の新春の風物詩「長浜十日戎」が9日、豊国神社で開幕した。朝から参拝客が続々と訪れ、「商売繁盛で笹もってこい」の呼び込み音頭が流れる中、商売繁盛や景気回復などを願って福笹などを買い求めていた。 (中略)  参拝客を笑顔でもてなす巫女は白衣、緋袴姿で奉仕。高澤優里さん(21)と松田優希さん(21)は「笑顔でおもてなしして、少しでも皆さんの商売繁盛をお手伝いできれば」と参拝を呼びかけていた。宝恵駕籠練行では巫女姿で歩く女性二人、かごに乗った福娘五人 福娘ら「福銭まき」 いわき・金刀比羅神社、参拝客でにぎわう:福島民友ニュース:福島民友新聞…

続きを読む

今宮戎の宝恵駕籠行列

ミナミの街で宝恵かご行列 大阪に新春告げる本えびす - 読んで見フォト - 産経フォト 大阪・ミナミの街で宝恵かご行列 新春告げる本えびす(共同通信) - Yahoo!ニュース 大阪ミナミで宝恵駕(ほえかご)行列 福娘らに声援(THE PAGE) - Yahoo!ニュース  商売繁盛を祈願する今宮戎神社(大阪市浪速区)の「十日えびす」が10日、「本えびす」を迎えた。きらびやかな着物姿の福娘やタレントらが乗り込んだ約20台の宝恵かごと、地元の商店主ら約500人が行列をなし、大阪・ミナミの繁華街を練り歩いた。賑やか 招福娘「十日戎」告げる 北新地を笑顔で練り歩く - 大阪日日新聞  「商売繁盛でササ持ってこい」-。大阪市北区の大阪天満宮で9日、「天満天神えびす祭」が宵宮を迎え、キタの繁華街・北新地と同宮を往復する「堂島北新地えびす詣招福行列」が盛大に行われた。真冬とは思えない暖かな日差しの下、事前公募で選ばれた天満えびす招福娘ら約100人の奉仕者が隊列を組んで通りを練り歩き、十日戎(えびす)の到来を告げた。2009年から実施 商売繁盛願い 宵えびす(写真付) | WBS和歌山放送ニュース わかやま新報 » Blog Archive » 福を呼び込む縁起物 各地で「えべっさん」 和歌山市吉田(よしだ)の東の宮恵美須神社でも、宵えびすのきょう(9日)は、穏やかな天候に恵まれたこともあって、えべっさんの御利益を求めて、大勢の参拝客が訪れ、商売繁盛を願ってお参りしたあと…

続きを読む

西宮神社「宵えびす」

神戸新聞NEXT|総合|縁起物求め続々と 西宮神社で宵えびす 兵庫)西宮神社「十日えびす」始まる 11日まで:朝日新聞デジタル  商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす」が9日、宵えびすを迎えた。令和最初の十日えびすとあって、「えべっさん」の総本社として知られる西宮市社家町の西宮神社は、福笹や七福神があしらわれた縁起物を買う人であふれた。  西宮神社には朝から大勢の人が訪れ、正面の赤門をくぐって納札所で古い福笹やお札を返し、拝殿へ。縁起物を販売する店では、福をかき寄せる「福さらえ」や福をすくい取る「福箕」に加え、今年は「令和の七福神」と書かれた額が人気を集めているという。有馬温泉の湯を奉納する「献湯式」も 徳島)今年の福願う「福笹」 事代主神社でえびす祭り:朝日新聞デジタル 商売繁盛願い「えびす祭り」 徳島・事代主神社 /徳島 - 毎日新聞  徳島市通町2丁目の事代主(ことしろぬし)神社で9日、商売繁盛を願う「えびす祭り」が始まった。周辺の沿道には露店が並び、大勢の人でにぎわった。参拝客は本殿で福を祈願をした後、ササに小判や俵など縁起物の細工物を結び付けた「福笹」を受け取っていた。11日まで。神社は期間中、約20万人の人出を見込んでいます 一年の福授かりに 各地で十日えびす:紀伊民報AGARA  商売繁盛や無病息災を願う「十日えびす」の宵えびすが9日、和歌山県の紀南各地の神社であった。10日に本えびす、11日に残り福と続く。一年の福を授かろうと、多くの参拝者で…

続きを読む

大阪・今宮戎神社「十日戎」

福娘の笑顔弾ける、今宮戎の十日戎スタート | Lmagajp 宵えびすで幕開け 大阪・今宮戎神社の「十日戎」 - 読んで見フォト - 産経フォト 福娘が「商売繁盛でササ持ってこい」 大阪・今宮戎神社 - 毎日新聞  商売繁盛の神様「えべっさん」で知られる今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の「十日戎」が9日、初日の「宵えびす」で幕を開け、参拝客でにぎわった。  「商売繁盛でササ持ってこい」とおはやしが鳴り響く中、烏帽子(えぼし)をかぶった福娘らが米俵や大判などを模した縁起物を参拝者のササに結びつけた。人いっぱい 福餅まき、喜色満面 豊国神社で十日戎:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  長浜市南呉服町の豊国神社で9日、商売繁盛や家内安全を祈願する新春の風物詩「長浜十日戎(えびす)」が始まり、縁起物の熊手などを買い求める参拝客らでにぎわった。11日まで。  呼び物の福餅まきでは、一般公募で集まったみこ姿の女性が高さ1.6メートルほどのやぐらに上がり、丸餅やタイの形をしたかまぼこを次々に投げ込んだ。集まった老若男女は今年の福を求め、笑顔で手を伸ばした。本戎の10日午後1時半からは、かごに乗った福娘らの一行が市中心部を練りながら餅をまく「宝恵駕籠(ほえかご)練行」が あやべ初えびす大祭 令和初の福、こいこい 綾部恵比須神社 /京都 - 毎日新聞  綾部市並松町の熊野新宮神社境内にある綾部恵比須神社で9日、「あやべ初えびす大祭」が始まった。元号が「令和…

続きを読む

阪急大阪梅田駅で「十日戎キャンペーン」

阪急大阪梅田駅で「えべっさん」PR 各神社の福娘が2000本のササ授与 - 梅田経済新聞  阪急沿線のえびす神社「えべっさん」を紹介する「十日戎(えびす)キャンペーン」が1月8日、阪急大阪梅田駅1階中央コンコース・ビッグマン前広場で開催された。主催は阪急電鉄(大阪市北区)。  阪急沿線の八坂神社(京都市東山区)や茨木神社(茨木市元町)など阪急沿線にある10社を福娘がPRするイベント。1999(平成11)年から続く新年の恒例行事で、22回目となる今年は8社16人の福娘が各神社の装束を着て登壇した。盛況ですね hibakama / 緋袴白書RT @hankyu_ex: 皆様にも福娘さんからの【 福 】をお裾分け。/  商売繁盛で笹持ってこい!\ビッグマン前でいただける福笹には、各神社で吉兆がひとつずついただける「縁起物引換証」が付いていますよ〜。 https://t.co/ER8GTmb2Ks at 01/08 21:05 天王寺動物園に今宮戎神社「十日戎」の福娘 レッサーパンダに福笹贈る - あべの経済新聞  天王寺動物園(大阪市天王寺区)で1月7日、今宮戎神社(浪速区)「十日戎(えびす)」の福娘が同園に福笹を贈る収受式が行われた。  商売繁盛の神様「えべっさん」として毎年多くの人が訪れる十日戎(今月9日~11日)で、参拝者に福笹を授けるのが50人(留学生10人含む)の福娘。同園での福笹収受式は2007(平成19)年から続く恒例行事となっている。福笹は笹が好物の…

続きを読む

奈良・南市恵比須神社で初えびす

奈良)新春の福授け 南市恵比須神社で初えびす:朝日新聞デジタル 今年も「福」を - 南市恵毘須神社で初戎/奈良|奈良新聞デジタル ざくざく福の神 「南市の初戎」に行列 /奈良 - 毎日新聞  奈良市南市町の南市恵毘須神社で5日、招福と商売繁盛を願う初戎(えびす)が行われ、終日、大勢の参拝者でにぎわった。  地元自治会などでつくる同町戎講が4日の宵宮から開催。縁起物を付けた吉兆ササ約3千本を用意し、地元の大学生ら6人の福娘が参拝者に授与した。春日大社(同市春日野町)の末社で、事代主命を祭ります 神戸新聞NEXT|三木|えびすまつりへ福娘が神矢準備 三木・戎神社  兵庫県三木市大塚2の戎神社で11~13日、「えびすまつり」が行われる。5日には、福娘や地域住民ら約80人が、開催に向けて神矢(破魔矢)などの準備を進めた。  住民らは神戸電鉄藍那駅から小野駅までの各駅や商業施設などにのぼり旗を立て、御饌米を袋に入れた。  福娘は県内外から37人の応募があり、用意された約1200本の紅白の神矢に絵馬と短冊を取り付けていった。福娘を務めるのは3回目という女子学生(21)「夜に参拝される方も多いので、寒い中でも笑顔を絶やさず、2020年の良い福を持ち帰ってもらいたい」 一年の安全願い、弓を射る 西宮・広田神社 /兵庫 - 毎日新聞  西宮市大社町の広田神社で2日、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全などを祈願する「開運大的御弓始(おおまとおゆみはじめ)神事」があった…

続きを読む

淡路・事代主神社十日戎祭の福娘お披露目

神戸新聞NEXT|淡路|十日戎祭の「福娘」お披露目 淡路・事代主神社  「仮屋のえべっさん」と親しまれる兵庫県淡路市仮屋の事代主神社で28日、来年1月の「十日戎祭」で参拝客に福を授ける福娘がお披露目された。 (中略)  お披露目会にはこのうち4人が参加し、撮影に応じた。中野さんは「参拝客が良い1年を送れるよう、きれいな心で祈りたい」とほほ笑む。祭は1月9~11日。福娘は10日午前8時~午後5時、口上を述べてササを振り、参拝者の健康や商売繁盛などを祈る。餅まきなども 令和初の「商売繁盛」布施戎福娘が市長表敬 - 産経ニュース ミス福娘決定!2020年布施戎神社|東大阪バーチャルシティ  来年1月9~11日に大阪府東大阪市の布施戎(えびす)神社で行われる「布施戎」で商売繁盛の福ざさを参拝客らに授けるミス福娘と準ミス福娘が2日、烏帽子をかぶった巫女姿で同市役所に野田義和市長を表敬訪問した。  ミス福娘は同市出身で龍谷大4年の野口明香里さん(21)、準ミス福娘は立命館大1年の仲間由依さん(19)=奈良県生駒市出身=と近畿大3年の道林明日香さん(20)=熊本市出身。3人とも東大阪市に住んでおり、ミスと準ミス全員が「地元在住」なのは十数年ぶりという。期間中約15万人の人出を見込んでいます 佐賀大生が大阪・今宮戎神社の「福娘」の1人に 2637人の中から選ばれる - 佐賀経済新聞  大阪・今宮戎(いまみやえびす)神社(大阪府浪速区)が11月30日に発表した来年の…

続きを読む

春日大社「十日えびす」福娘の研修

奈良)新年に向け福娘準備 春日大社で作法学ぶ:朝日新聞デジタル 春日大社十日えびす 福娘の準備すすむ|TVN NEWS|奈良テレビ放送  春日大社(奈良市)の末社・佐良気(さらけ)神社で来年1月10日に開かれる「十日えびす」に向け、縁起物を授ける福娘が23日、春日大社で研修を受けた。昨年に続いて福娘に選ばれたサントリーグループの社員6人が、当日の作法を学んだ。  6人は、藤岡信宏禰宜(ねぎ)から手渡された金烏帽子(えぼし)と白い巫女(みこ)装束の千早を身につけ、境内で参拝。授与所に移り、「福招く千両、万両つけましょう」と福言葉を唱えたり、小判やサイコロなどの縁起物を手渡す際に鈴を鳴らしたりする練習をした。福娘さん(25)「今年の十日えびすは色んな人の思いに触れられ、楽しかった。来年も自分自身明るく元気で当日を迎え、みなさんに福を授けられるようにしたいです」 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 【福娘装束賜式】1/10の春日大社十日えびす(末社 佐良気神社の例祭)で参拝者に吉兆笹や縁起物の授与などのご奉仕をします。本日は、装束を下げ渡し、烏帽子着装をして、御札・御守の扱い方を習いました。福娘は以前に春日若宮おん祭の日使を務めたサント… at 12/25 21:34 片埜神社の新しい福娘たち【枚方フォト】 : 枚方つーしん 片埜神社の新しい福娘さんたちがひらつー事務所にやってきたのでカメラに収めさせていただきました。 (中略) 片埜神…

続きを読む

豊中・服部天神宮の福娘が新聞社訪問

服部天神宮の福娘7人「みなさんに福を届けたい」 - 芸能 : 日刊スポーツ 「福娘」にっこり合格 豊中・服部天神宮で選考発表 /大阪 - 毎日新聞 全国でもめずらしい「足の神様」として知られる服部天神宮(大阪府豊中市)の福娘が9日、大阪・中之島の日刊スポーツを訪れた。 来年1月9~11日の「豊中えびす祭」に向け、応募者約600人から選ばれた福娘35人のうち7人が金の烏帽子(えぼし)姿で商売繁盛と幸運を願う福鈴を振りながら「うーちましょ」「もうひとつせ」の掛け声とともに大阪締めを披露した。親子二代の福娘さん(19)は「母は大喜びです。寒い時期ですが、温かい笑顔で、みなさんに福を届けたい」と 大阪)大阪天満宮の招福娘、参拝を呼びかけ:朝日新聞デジタル えびす祭の招福娘、笑顔いっぱいに抱負 /大阪 - 毎日新聞  大阪天満宮(大阪市北区)で来年1月9~11日に開かれる「天満天神えびす祭」の「招福娘」4人が12日、朝日新聞大阪本社を訪れ、参拝を呼びかけた。  大阪天満宮は「学問の神様」とされる菅原道真をまつっていることから、招福娘の応募資格を大学生に限定。今年は300人を超える応募の中から20人が選ばれた。期間中、招福娘らは福笹(ふくざさ)や熊手などの縁起物を参拝客に授与する。招福娘の大学2年生(21)「参拝される方々に『福をもらった』と言ってもらえるように笑顔でがんばりたい」 高校卒業記念にいかが 福娘3人募集 2月7、8日八日戎 名張・蛭子神社 /三重 - …

続きを読む

名張・蛭子神社「八日戎」

福娘あでやかに 商売繁盛願う「八日戎」 名張・蛭子神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】 三重)ようお参り、ようお参り 名張で「八日戎」始まる:朝日新聞デジタル 福娘と吉兆、名張に春 蛭子神社で八日戎:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  ようお参り、ようお参り――。名張に春の訪れを告げる蛭子神社(三重県名張市鍛冶町)の「八日戎(えびす)」が7日、始まった。福娘の明るい呼び声が響く境内には、縁起物の「吉兆(けっきょ)」を授かろうと人々が詰めかけ、にぎわった。  300年以上続くとされる商売繁盛や家内安全を祈願するお祭り。福笹(ふくざさ)を使う他の神社と違い、名張独特の「吉兆」は名張川で採ったネコヤナギの枝に米俵や千両箱、小判、タイなどを模した飾りを付けたもの。今年の福娘は18~23歳の3人 栃木)ミス・インターナショナルも一役 2社1寺の節分:朝日新聞デジタル  節分の日の3日、栃木県日光市山内の世界文化遺産の2社1寺では、福を呼び込む伝統行事が行われた。  日光山輪王寺では節分会追儺(ついな)式が催された。平成の修理を終えた三仏堂前の特設会場で2019ミス・インターナショナル日本代表の岡田朋峰(ともみ)さん(20)と、準ミスの文元麻由奈さん(20)が振り袖姿で参加。年男や年女といっしょに、約2千人の人々へ向けて縁起物や菓子、玩具を冬の青空高くまいた。 (中略)  日光東照宮でも五重塔前の特設舞台で節分祭が催され、神職扮する暴れ鬼を巫女(みこ)たちが鎮(…

続きを読む

播磨国総社「宝恵駕籠行列」

初ゑびす祭り:絶えぬ笑顔、福来たる 姫路で宝恵駕籠行列 /兵庫 - 毎日新聞 神戸新聞NEXT|総合|「ほい、ほい」宙舞う笑顔の福娘 宝恵駕籠行列  兵庫県姫路市の播磨国総社で14日、商売繁盛や家内安全を願う初えびす祭が始まり、かごに福娘を乗せた「宝恵駕籠行列」が市内を練り歩いた。「ほい、ほい、宝恵駕籠ほい」という軽快な掛け声に合わせ、氏子の男性たちがかごを揺らすと、笑顔の福娘が宙を舞った。  他地域のえびす祭りは1月10日前後に始まることが多いが、同神社では14日から3日間行われている。宝恵駕籠行列は芸者がかごに乗って参拝したのが由来とされ、戦後長く途絶えていたが、1996年に復活。今年は過去最多の600人の氏子らが参加した。福娘さん(21)は「ジェットコースターみたい。いつも以上の笑顔で福を届けられたかな」と目を細めました 八日戎:福娘募集 今月17日締め切り、PRにも参加 2月、名張・蛭子神社 /三重 - 毎日新聞  名張市観光協会は2月7、8日に同市鍛冶町の蛭子(えびす)神社である八日戎(ようかえびす)で参拝客に福を授ける「福娘」3人を募集している。対象は名張市在住・在勤・在学者や同市に親族がいるなどゆかりがあり、応募時点で30歳未満で4月1日までに18歳以上となる未婚の女性。高校生も応募できる。詳しくはこちら↓ 平成31年 八日戎「福娘」募集! – 三重 なばりの観光ガイド 彦根十日ゑびす祭:餅まきに手を伸ばして 北野神社で始まる /滋賀 - 毎日新聞 …

続きを読む

姫路・播磨国総社で14日から初ゑびす祭

初ゑびす祭:福娘、笑顔をお届け 姫路・播磨国総社で14日から /兵庫 - 毎日新聞 神戸新聞NEXT|姫路|播磨国総社の福娘7人決まる 14日から初えびす 神戸新聞NEXT|姫路|「元気と福を届けたい」 姫路市職員が福娘に  商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「初えびす祭」(14~16日)を前に、今年の「福娘」7人が決まった。10日、姫路市役所や神戸新聞姫路支社などを表敬訪問した。 (中略)  福娘たちは金色の烏帽子に千早と呼ばれる白の衣装姿で市役所など訪問した。縁起物の「福扇」などを手渡し、鈴払いを施した後、鈴や太鼓を鳴らして「祝うて3度じゃよよいのよい」と祝い締めを行った。  14日にある「宝恵駕籠行列」で、籠に乗って御幸通りなど中心市街地を練り歩き、15、16の両日は市内の企業や商店など約260カ所を巡る。2月3日の節分祭でも奉仕する。「平成の締めくくりの新年に福娘になれてうれしい。姫路の皆さんに福と元気を届けたい」 神戸新聞NEXT|明石|明石・岩屋神社も本えびす 参拝客が長い列  商売繁盛や家内安全を願う初えびすが10日、兵庫県明石市材木町の岩屋神社でも本えびすを迎えた。仕事帰りの会社員や家族連れらが長い列をつくり、今年1年の開運招福を願って縁起物のくま手などを買い求めた。 (中略) くぐり抜けると運が開けるという高さ37センチ、幅40センチの鳥居に、子どもや大人が腹ばいになって挑戦。砂の中の「ご縁(5円)」を…

続きを読む

今宮戎神社「宝恵駕籠行列」

「ほえかご、ほえかご」 まんぷく俳優ら商売繁盛願う:朝日新聞デジタル えべっさんへ景気よく 「宝恵かご行列」練り歩く - 大阪日日新聞  商売繁盛を祈願する「十日戎(えびす)」本えびすの10日、大阪・ミナミの道頓堀から今宮戎神社(大阪市浪速区)に参拝する「宝恵(ほえ)かご行列」がにぎやかに繰り広げられた。芸妓(げいこ)や芸能人、福娘など約520人が参加。軽快な「宝恵かーご、宝恵かーご」の掛け声の中、紅白のもち花などで装飾したかご約20台が繁華街を練り歩いた。江戸期に南地花街の芸妓衆が、かごに乗って参拝したことが起源とされる伝統行事 4度目の挑戦で福娘に 大阪・今宮戎神社(1/2ページ) - 産経ニュース  11日まで行われた今宮戎神社(大阪市浪速区)の「十日戎」。50人の福娘が奉仕したが、その中の一人、同志社大4年、高島梓さん(23)=大阪府八尾市=は、家族に支えられ、4度目の挑戦で晴れて福娘になった。高島さんは「参拝者の方々に笑顔を届けられた」と、憧れの役目を果たした喜びを語った。福娘は18~23歳の50人。このうち10人の留学生枠を除く40人を、毎年約3千人の応募の中から選出する狭き門 hibakama / 緋袴白書RT @Sankei_news: 同志社大4年の高島梓さんは4度目の挑戦で「福娘」になりました。憧れだった3日間の福娘を務め「ずっと夢だった福娘を務めることができて本当にうれしい。参拝者の方々に少しでも福を感じてもらえれば」。https://t.co/uIgM…

続きを読む

和歌山・東の宮恵美須神社「十日えびす」

和歌山)商売繁盛願う「十日えびす」始まる 和歌山市:朝日新聞デジタル  商売繁盛を願う「十日えびす」が9日、和歌山市吉田の東の宮恵美須神社で始まった。福笹(ざさ)や熊手など縁起物を買い求める参拝客でにぎわい、神社は11日までの3日間で約8万人の参拝客を見込んでいる。  「宵えびす」のこの日は、境内におはやしの太鼓が鳴り響き、参拝客は米俵や小判などの縁起物がついた福笹や「福をかき集める」とされる熊手などを福娘から受け取っていた。期間中、恵美須さまの総本宮の美保神社(松江市)の宮司ら10人による「悪斬(あくぎり)の舞」を披露 商売繁盛、家内安全願う 十日えびすにぎわう/AGARA 紀伊民報  商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす」の本えびすが10日、各地の神社であり、今年の福を授かろうと、福笹を購入する参拝者でにぎわった。  和歌山県田辺市東陽の闘鶏神社では、福娘が福笹を買った参拝者に鈴を鳴らして福を分けた。福笹は、敬神婦人会の女性ら25人ほどが米俵などの縁起物にササを付けて作っており、価格は2千~5万円。売れ筋は2千~5千円で、最近はササの付いていない俵の置物が人気という。神社では約2万人の参拝を見込んでいます 「福銭」に手を伸ばす いわき・金刀比羅神社で例大祭:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  「こんぴら様」として親しまれている、いわき市の金刀比羅神社の例大祭が10日、同神社で開かれた。大勢の参拝者が1年の幸せや健康を祈った。  海…

続きを読む