2017年04月07日

敦賀・金崎宮で「花換まつり」開催中

花換まつり:「花換えましょう」 家族の幸せ、恋愛成就願う 敦賀・金崎宮 /福井 - 毎日新聞
20170406oog00m010062000p.jpg
 敦賀に春を呼ぶ風物詩「花換まつり」が金崎宮(敦賀市金ケ崎町)で開催されている。家族連れやカップルが「福娘」と呼ばれる巫女(みこ)と声を掛け合いながら桜の小枝を交換し、家族の幸せや恋愛成就を願っている。15日まで。

 金崎宮は桜の名所として知られ、明治時代に男女が桜の小枝を交換して思いを伝え合ったことが祭りの始まりとされている。祭りの期間中は、初穂料500円を納めると、福娘と桜の小枝の造花を交換することができる。訪れた人たちは「花換えましょう」と福娘と声を掛け合い、小枝を交換していた。
桜の見ごろは8~12日ごろ

船橋で海の安全と豊漁を願う「水神祭」 今年は晴天に恵まれ盛大に - 船橋経済新聞
1491547358_photo.jpg
 水神祭は船橋漁業協同組合が主催。大漁旗を掲げ、普段は見ることのできない特別な並べ方で港に船を係留。その船上で神事が執り行われた。

 神事は、江戸時代から伝わるという雅楽の奏上と4つの舞から成る。装束姿で鈴を持った踊り手が舞台を清める「巫女舞」、神さまを舞台へ案内する「猿田舞」、ふたりの神が途中で入れ替わる「恵比寿舞(蛭子舞)」、青鬼と山の神の鍾馗(しょうき)が踊る「山神舞」。
巫女舞の写真はありません

御田植祭で五穀豊穣願う 香取神宮で伝統の儀式 | 千葉日報オンライン
IP170401TAN000023000_0.jpg
 香取市の香取神宮(香取武宮司)で1日、今年の豊作を祈る伝統行事、御田植祭が行われた。拝殿前を水田に見立てた耕田式があり、神職や地元女性らによる昔から続く儀式を観光客が見守った。
写真【五穀豊穣を願い行われた地元女性による早乙女手代の植初行事】
3年前の様子→水郷佐原観光協会 - 香取神宮御田植祭
posted by naive at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

敦賀・金崎宮で「花換まつり」始まる

福井県 福娘と小枝交換、幸せ祈る 敦賀に春告げる花換まつり開幕|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ
「花換えましょう」 男女思い伝え合う神事「花換まつり」始まる 敦賀・金崎宮 - 産経WEST
NEWS000001020301.jpg
 願い事を込めた桜の小枝を交換する神事「花換まつり」が1日、福井県敦賀市金ケ崎町の金崎宮で始まった。家族連れやカップルらは「福娘」と呼ばれる巫女(みこ)と声をかけ合いながら造花の小枝を交換し合った。

 桜の名所として知られる金崎宮を訪れた男女が小枝を交換し、思いを伝え合ったという風習にちなみ、明治時代に始まった。15日までの期間中、訪れた人たちは福娘と小枝を交換し、恋愛の成就、家族の健康や幸福などを願う。
小枝は1本500円

稚児行列にぎやかに 伊賀・勝因寺で開帳行事 - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース
170403_11.jpg
 「山出の虚空蔵さん」として親しまれる、伊賀市山出の勝因寺(菅生和光住職)で4月2日、国指定重要無形文化財の本尊「虚空蔵菩薩」の開帳行事があり、開帳法要や、地元の子どもたちによる練供養などが営まれた。

 この日は正午前から、地元の子どもたち約60人が、華やかな衣装を着て稚児行列として地区内を練り歩いた。午後2時からは、開帳に合わせて建設された大師堂の落慶法要の後、檀家らが出席して開帳法要が行われた。
動画もあります

神戸新聞NEXT|阪神|タカラジェンヌ平穏願い歌 中山寺で無縁経大会式
b_10060575.jpg
 故人を供養し、社会の平穏を願う「無縁経大会式(むえんぎょうだいえしき)」が2日、兵庫県宝塚市中山寺2の中山寺で営まれた。大会式の前には、昨年再建された五重塔の落慶法会(らっけいほうえ)も開かれ、多くの参拝者でにぎわった。

(中略)

 午後に行われた無縁経大会式は、開山当初から続く伝統行事。昭和初期からタカラジェンヌが参加するようになり、この日も華やかな菩薩姿の和礼彩(かずれいさ)さんら花組の歌劇生6人と、稚児装束に身を包んだ3~12歳の子どもら40人が参加した。
2013年11月に着工し、昨年完成
posted by naive at 12:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

姫路・播磨国総社「宝恵駕籠行列」

神戸新聞NEXT|姫路|福娘乗せ、雪の城下町 播磨国総社の宝恵駕籠行列
兵庫)宝恵駕籠行列が商店街練り歩く 初ゑびす祭:朝日新聞デジタル
b_09832205.jpg
 商売繁盛などを願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「初えびす祭」が15日、本宮を迎え、福娘らを乗せた「宝恵駕籠(ほえかご)行列」があった。朝から雪が舞う中、氏子ら約500人がにぎやかに中心市街地を巡行。「ほい、ほい、宝恵駕籠、ほい」の掛け声を、白く染まった城下町に響かせた。

 総社によると、行列は芸者が魚町からかごに乗ってお参りしたのが由来とされる。戦後、一度途絶えたが、阪神・淡路大震災後のまちを元気づけようと、1996年に復活したという。
神戸女学院大3年の学生(21)「寒かったけど、多くの人が集まってくださったので、笑顔で頑張れました」

神戸新聞NEXT|西播|播磨国総社の「福娘」決まる 姫路市役所など表敬
兵庫)福娘が朝日新聞姫路支局を訪問 「福」を届ける:朝日新聞デジタル
AS20170112002679_comm.jpg
 姫路市総社本町の播磨国総社で14~16日にある「初ゑびす祭」を前に12日、金色の烏帽子(えぼし)に白装束姿の福娘らが朝日新聞姫路支局を訪れた。福娘が福を授けた後、「よーお、よい、よい」と祝い締めをした。

 今年の福娘は106人の応募の中から、姫路市や神戸市灘区、太子町、神河町などに住む大学生や保育士の計7人が選ばれた。
「笑顔でみなさんに福を届けたい」

雪の中、新成人ら2千人弓の腕前披露 京都・三十三間堂:朝日新聞デジタル
新成人、夢も射抜く…三十三間堂で恒例「大的」 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
AS20170115000743_comm.jpg
晴れ着姿の新成人「寒かったけど…」 三十三間堂で「通し矢」 - 産経WEST
新成人、雪中に射る 京都・三十三間堂で通し矢 : 京都新聞

 全国の新成人が成長を誓って弓道の腕前を競う「通し矢」が15日、京都市東山区の三十三間堂で行われた。雪が舞う中、晴れ着姿の新成人約2千人が寒さに負けず、堂々と矢を放った。

 通し矢は鎌倉時代に始まったとされ、江戸時代初期には三十三間堂の軒下(約120メートル)で、武士たちが弓の技術を競い合った。1951年から京都府弓道連盟と妙法院門跡が、「三十三間堂大的全国大会」として毎年開催している。
これは大変そうです
posted by naive at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

淡路・事代主神社で「仮屋のえべっさん」

十日戎:ササと笑顔で福授け 淡路・事代主神社 /兵庫 - 毎日新聞
20170111oog00m010064000p.jpg
 「仮屋のえべっさん」で知られる淡路市仮屋の事代主神社で10日、商売繁盛を祈願する十日戎(えびす)があった。好天に恵まれて朝から大勢の参拝客でにぎわった。

 福授け所では、金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の高校生の福娘5人が交代で「商売繁盛されますように」「家族健康でありますように」などと口上を述べながらササで頭上をはらい、参拝客に福を授けた。
福娘の高校1年生「良い年になりますようにと願いを込め、笑顔で福を授けました。いい経験になりました」

「残り福」に願い 野田恵美須神社 - 大阪日日新聞
IP170111TAN000074000.jpg
 1年の商売繁盛を祈願する「十日戎(えびす)」は11日、3日間の祭礼を締めくくる「残り福」を迎えた。大阪市福島区の野田恵美須神社(工藤裕之宮司)では、福笹(ふくざさ)などの縁起物を求める参拝者が午前中から訪れ、大勢の人出でにぎわった。

 同神社は、藤の花をあしらったかんざし姿の福娘が奉仕にあたり、鈴でおはらいし、“大阪締め”で福を授けた。境内では夏祭りに氏地を巡行する「鯛鉾(たいほこ)」が披露され、夕方からはだんじり囃子(ばやし)が鳴り響いた。
縁起物は高価なものに人気が集中

50人の福娘が笑顔をふるまう 今宮戎神社の十日戎 - 写真特集 - 朝日新聞デジタル&M
2017ebisu_091.jpg
 関西では「えべっさん」の愛称で親しまれる十日戎(1月9日~11日)が各地の戎神社で催された。大阪・今宮戎神社では「商売繁盛で笹もってこい」のかけ声が境内に響く中、2908人の応募の中から選ばれた50人の福娘(第65代)らが、参拝者から希望を聞きながら福笹に縁起物を結び、笑顔を絶やさず「ようおまいり」と声をかけ見送っていた。(撮影・K.Kobayashi)
朝日恒例の写真特集、今年は2ページ
posted by naive at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

福井・西宮恵比須神社で「福餅まき」

福餅キャッチ 幸先よく 福井・西宮恵比須神社:福井写真ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017011102100110_size0.jpg
 福井市毛矢三丁目の西宮恵比須(えびす)神社で十日、新春恒例の「福餅まき」があった。雨の中、境内に集まった参拝者約七百人が、まかれた餅を競うようにつかみ、一年の無病息災と商売繁盛を祈った。

 「十日えびす祭」(九~十一日)のメイン行事。太鼓の合図で、神社の奉賛会員や福娘ら二十人が、この日の朝について作った丸餅四千個を一斉にまいた。参拝客は「こっち、こっち」と、自分たちの方にまくようにアピールし、手を伸ばして餅をキャッチ。「こんなに取れたのは初めて」などと笑顔を見せていた。
十個だけ紅色の餅があり、手に入れた人に和菓子が贈られたとのこと

長浜十日戎:豊国神社で 沿道に笑顔で「福」 /滋賀 - 毎日新聞
滋賀)福娘が笑顔振りまく 長浜十日戎:朝日新聞デジタル
20170111oog00m010031000p.jpg
 長浜市南呉服町の豊国神社(長浜恵比須宮)で商売繁盛を祈願する長浜十日戎(えびす)は10日、「本戎」を迎え、「宝恵かご」が神社から東へ約1キロの長浜八幡宮まで、約1時間半かけて往復した。かごに乗った晴れ着姿の福娘5人は、行き交う車のドライバーや沿道の人に手を振り、笑顔を振りまいた。
福娘「皆さんに福をお分けできていたらいいなと思います」

福どうぞ - 佐良気神社 十日えびす | 総合 | 奈良新聞WEB
3b9b20715c07afab984ba6848be9682a.jpg
 奈良市春日野町の春日大社境内にある佐良気(さらけ)神社で10日、商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす」が営まれ、縁起物を飾り付けたササを求める参拝者でにぎわった。

 同神社は商売繁盛の神様「えべっさん」として親しまれる「蛭子神(ひるこのかみ)」が祭神。一昨年の「春日若宮おん祭」で日立造船(大阪市)の古川実代表取締役会長が「日使」を務めたことから、慣例により同社の女性社員9人が福娘となった。
紹介済みです
posted by naive at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

神戸・柳原蛭子神社で本えびす

神戸新聞NEXT|社会|商売繁盛願う 柳原蛭子神社で本えびす 神戸
b_09819485.jpg
 商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす」は10日、本えびすを迎えた。神戸市兵庫区西柳原町の柳原蛭子(えびす)神社には多くの参拝客が訪れ、境内をロープで一方通行にするなどの規制も行われた。

 同神社では、福笹(ふくざさ)や宝船に加え、今年から販売を始めた絵馬も人気で、おみくじを引く人の列もできた。11日の残り福までの3日間で約30万人の人出を予想している。
隣接する福海寺では、十日えびすに合わせて「大黒祭」が

尼崎えびす神社で「十日えびす大祭」 「福ザサ」に商売繁盛祈る - 尼崎経済新聞
1484118198_photo.jpg
 商いの神とされるえびす神を祭る同神社で、1月9日(宵えびす)、10日(本えびす)、11日(残り福)の3日間にわたり行われる同祭り。毎年多くの人々が訪れ、その年の商売繁盛や仕事運上昇を祈願する。

 参拝の列は参道の端まで長く伸び、暖かく天候に恵まれたこの日、談笑しながらのんびりと順番を待つ人々が見受けられた。本殿の脇には縁起物の「福ザサ」授与所を設け、買い求めた参拝者にみこが祈りを授けていた。
本殿前には、市内の事業者が奉納した体長150センチ、134キロの大マグロが供えられました

わかやま新報 » Blog Archive » 福を呼ぶ笹飾りがずらり 十日戎にぎわう
17011105.jpg
 一年の商売繁盛を願う「十日戎(えびす)」が「本戎」の10日を迎え、各地の恵美寿神社は多くの参拝者でにぎわっている。

 和歌山市吉田の東の宮恵美須神社でも、9日の「宵戎」から参拝者が列をつくっている。

 同神社の祭神である恵美須(事代主)の総本宮である島根県松江市の美保神社から横山陽之宮司ら神職が訪れており、参拝客に福を授けている。ユネスコの無形文化遺産であり、福を呼び込むとされる「悪斬の舞(あくぎりのまい)」も披露している。
ことし、約8万人の参拝者を見込んでいます
posted by naive at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

今宮戎で本えびす・宝恵駕行列

【動画】宝恵駕行列、新春のミナミ彩る 今宮戎で本えびす - 産経WEST
今宮戎神社:「宝恵かご」福娘ら500人がミナミの街に - 毎日新聞
ミナミに福を届ける「宝恵駕行列」 520人の大行列が練り歩き - なんば経済新聞

 大阪市浪速区の今宮戎神社の「十日戎」が10日、本えびすを迎えた。あでやかな着物に身を包んだ福娘や著名人らを乗せた「宝恵駕(ほえかご)行列」が新春のミナミを彩った。

 約20台のかごには、NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演している女優の三倉茉奈さん、歌舞伎役者の中村鴈治郎さんらが乗り込んだ。
賑やかです

【動画】十日戎「本えびす」、盛り上がり最高潮に 今宮戎神社 - 産経WEST
巫女の衣装はモンベル製? 「ゑびす娘」の袖にロゴマーク、理由は… - withnews(ウィズニュース)
「mont-bell(モンベル)」のロゴマークが巫女の袖に 衣装を生んだ創業者の"私生活"
faf593d3-p.jpg
神社の担当者によると、モンベルの作務衣を着ているのは、「えびす娘」と呼ばれる約30人の巫女で、5年ほど前から着始めた。
本殿でメインを飾るのは、福娘。毎年、公募により応募した18歳~23歳の未婚の女性たちから、書類審査や面接などを経て選ばれる。今年は、2908人の応募者の中から、留学生10人を含む50人が福娘になった。
その選考で最終審査まで勝ち残ったが、惜しくも福娘に選ばれなかった人が、えびす娘になる。
そうだったんですね

吉兆笹 鈴なりの福 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20170110-OYTNI50049-L.jpg
 春日大社(奈良市)境内の末社・佐良気(さらけ)神社で10日、商売繁盛を願う「十日えびす」があった。福娘の「福招く千両万両つけましょう」という華やかな声に誘われ、多くの参拝者が縁起物を買い求めた。

 福娘は日立造船(大阪市)の女性社員9人が奉仕。同社の古川実会長が2015年12月の「春日若宮おん祭」で関白の使者「日使(ひのつかい)」を務めた縁で、昨年末に吉兆笹の授け方などを習った。
同神社前の授与所は午前10時頃から参拝者でにぎわい、小判や蔵、タイ、サイコロなどの縁起物を次々と購入
posted by naive at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

長浜・豊国神社で「長浜十日戎」始まる

商売繁盛、餅降ってこい 長浜・豊国神社で十日戎:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)
福、こっち来い : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
PK2017010902100150_size0.jpg
 商売繁盛や五穀豊穣を祈願する「長浜十日戎」が9日、長浜市の豊国神社(長浜恵比須宮)で始まった。

 「宵戎」のこの日は「福餅まき」があり、巫女らが、やぐらの上から餅や縁起物の鯛をかたどったかまぼこをまいた。参拝者は「福」をつかもうと、「こっち、こっち」などと声を上げて両手を伸ばしていた。
「残り戎」がある11日までの3日間で約1万5000人が訪れる見込み

彦根・北野神社で「十日ゑびす祭」:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017010902100147_size0.jpg
 彦根市馬場の北野神社で九日、商売繁盛を願う「彦根十日ゑびす祭」が始まった。十日まで。

 地元住民らでつくる「彦根十日ゑびす奉賛会」が主催し、六十年以上続く祭り。昨年は二日間で一万二千人が訪れた。

 福娘十人と奉賛会の会員が餅つきをした後、長さ三メートルのササを奉納して祭りが始まった。境内の能舞台から餅がまかれると、御利益を授かろうとする人たちの手が伸びた。
十日の本ゑびすでも餅まきがあるそうです

ササ持って商売繁盛 京都で「宵えびす」 : 京都新聞
20170109225230ebisu_450.jpg
 商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす大祭」の前日の9日、宵えびす祭が京都市東山区の京都ゑびす神社で行われた。「商売繁盛でササ持ってこい」という掛け声が響く境内は、縁起物の「吉兆ざさ」を手にした多くの参拝客でにぎわった。

 大祭は初えびすとも呼ばれ、えびす様が生まれたとされる10日前後の5日間にわたって営まれている。

 ハイライトの前日となる9日夕、商店主や家族連れらで境内や参道があふれた。本殿前で熱心に手を合わせたり、タイや宝船でしなるササや、福箕(ふくみ)などを買い求めたりしていた。
写真【飾りつけられた吉兆ざさを巫女から受け取る参拝者(9日午後6時50分、京都市東山区・京都ゑびす神社)】
posted by naive at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

大阪・今宮戎神社「宵えびす」

【動画】「商売繁盛で笹持ってこい!」 大阪・今宮戎神社で「十日戎」幕開け - 産経WEST
「笹もってこい」 商売繁盛願い十日戎 今宮戎神社:朝日新聞デジタル
十日戎で笑顔の福娘「笹持ってこ〜い!」 | ニュース | Lmaga.jp
福娘が笑顔で縁起物つけ 大阪・今宮戎で十日戎はじまる | THE PAGE 大阪

「今宮戎神社」(大阪市浪速区)で新年の風物詩「十日戎(とおかえびす)」が9日から始まり、商売繁盛や一年の福を求めて多くの参拝者が訪れた。

「商売繁盛、笹持ってこい!」のかけ声が響き渡る境内は、祝日ということもあって入場制限がかかるほど多くの人々で埋め尽くされた。その参拝者ひとりひとりに、今年2908人の応募の中から書類審査や面接で選ばれた福娘たちが笑顔で話しながら、福笹に小判や金の俵などの縁起物を授けていた。
祝日ということもあり混雑したようですね

<全文>福笹求め参拝 紀南の神社で宵えびす/AGARA 紀伊民報
L3272362.jpg
 和歌山県紀南地方各地の神社で9日、「十日えびす」の宵えびすがあった。参拝者が商売繁盛や家内安全を願って、福笹(ふくざさ)を買い求めた。

 田辺市東陽の闘鶏神社では午前8時に神事をし、福娘や総代らが会館内でタイや小判などの飾り付きの福笹を販売した。2千円から5万円までの約50種類を用意。売れ筋は3千~5千円という。

 福笹を購入した人には、福娘が鈴を鳴らし「よい一年になりますように」と伝えた。
宵えびすで購入した福笹を、3日間神社に奉納してから持ち帰る人も

商売繁盛祈願 えびす祭り…徳島・事代主神社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
えびす祭:福ザサ、熊手で家内安全、商売繁盛 にぎわう 徳島・事代主神社 /徳島 - 毎日新聞
20170109-OYTNI50039-L.jpg
 商売繁盛や家内安全などを祈願する「えびす祭り」が9日、徳島市通町の事代主(ことしろぬし}神社で始まった。境内は大勢の商店主や家族連れらでにぎわった。11日まで。

 社務所では、県産のササに福俵やタイ、千両箱などの飾りを付けた縁起物の「福笹(ふくざさ)」(2000円~1万円)が並べられ、参拝者たちは、はかま姿の福娘から次々と買い求めていた。
3日間で例年並みの約20万人の参拝を見込んでいます
posted by naive at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

今宮戎の福娘が天王寺動物園に

天王寺動物園に今宮戎神社「十日戎」の福娘 福笹贈る - あべの経済新聞

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)で1月7日、今宮戎(えびす)神社(浪速区)の福娘が同園に福笹(ふくざさ)を贈った。

 商売繁盛の神様「えべっさん」として毎年多くの人が訪れる十日戎で、参拝者に福笹を授けるのが応募者2908人から選ばれた50人(留学生10人含む)の福娘。同園での収受式は2007年から続く恒例行事となっている。
福笹はササが好物のレッサーパンダとアジアゾウに

十日戎:福、待ってます 福娘たちが毎日新聞大阪本社訪問 /大阪 - 毎日新聞
「笑顔絶やさず福を授けます」 福娘50人が上方締め:朝日新聞デジタル
今宮戎、野田恵美須神社 福娘が来社しPR - 大阪日日新聞
20170107oog00m010013000p.jpg AS20170106002451_comm.jpg
 商売繁盛を願う「十日戎(えびす)」(9~11日)を前に、大阪市内の神社の福娘たちが6日、同市北区の毎日新聞大阪本社を訪れた。

 北区の堀川戎神社は6人が「商売繁盛、家内安全、お神楽」と鈴を鳴らして祈願。指導員の藤井彩音さん(20)は「大阪の町が栄えるようご奉仕したい」と語った。
写真は今宮戎、堀川戎、野田恵美須各神社(左)と服部天満宮の福娘

堂島北新地招福行列 えびす祭触れ回る - 大阪日日新聞
IP170106TAN000159000_02.jpg
 9日から大阪天満宮(大阪市北区)で始まる「天満天神えびす祭」を目前に控え、同区の北新地と境内を往復する「堂島北新地えびす詣招福行列」が6日、華やかに執り行われた。事前公募で選考された「天満えびす招福娘」ら約100人の奉仕者が隊列を組み、「商売繁盛でササ持ってこい」と十日戎(えびす)の到来を触れて回った。

 同宮の氏子崇敬者で構成する青年親睦会(土井由憲会長)が主催。同宮の「天満えびす」は戦前に途絶えたが、2007年に復興して今年で10年の節目。招福行列は地元関係者の協力を得て09年から継続している。
えびす祭は11日まで
posted by naive at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

仙台・護国神社の福娘が商店街練り歩き

宮城)年末に福娘がご挨拶、新年の「福」祈る:朝日新聞デジタル
AS20161228002337_comm.jpg
 新年に福を招こうと、護国神社(仙台市青葉区)が選んだ「福娘」5人が28日、仙台市中心部の商店街を練り歩いた。

 福娘は金色の烏帽子(えぼし)をかぶり、紅白の和装姿で「よい一年になりますように」と声をかけて回った。商店主らに、願い事を書く板状の「福的」や干支(えと)の縁起物を手渡し、最後は手締めで商売繁盛などを願った。
去年末の記事ですが…


今年も笑顔で福来る - 南市恵比須 初えびす | 総合 | 奈良新聞WEB
10d8a2b85a03e749ed4015f8599caec4.jpg
 奈良市南市町の南市恵比須神社で5日、初えびすが営まれ、商売繁盛などを願う大勢の参拝者でにぎわった。

 地元自治会などでつくる南市町戎講が毎年開催。福俵などの縁起物を付けた約3200本の吉兆ササを用意して福娘6人が参拝者に授与した。

 また今年は拝殿前につり下げた鈴を新調。これまでの鈴よりもやや小ぶりだが、寒い中を行列する参拝者のことを考えて1個から2個に増やした。
春日大社の末社

鈴を手に「神おろし」 - 春日大社 神楽始式 | 総合 | 奈良新聞WEB
8c13211bac22652bbad266989ef13b85.jpg
 第60次式年造替を終えた奈良市春日野町の春日大社で、新年に当たり初めて巫女(みこ)が舞を奉納する「神楽(かぐら)始式」が行われた。

 神楽始式は平安時代から続く伝統行事で、国の安泰とともに1年を通した神楽の無事奉納などを祈願する。

 奉納するのは琴を演奏する1人を含む八乙女ら。本殿前で神事が執り行われた後、神職の歌に合わせ、6人の巫女がこの日のみ行われるという「神おろし」の秘曲を、1人ずつ鈴を手に舞を披露。
最後に、巫女の最上位に当たる「一臈(ろう)」が「千代まで」を
posted by naive at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

和泉市・福瀬神社の福娘

十日戎:住民が手作り 和泉・福瀬町 /大阪 - 毎日新聞
20161231oog00m010033000p.jpg
 和泉市福瀬町の福瀬戎(えびす)神社で来年1月9、10日、住民による手作りの十日戎がある。福娘は町内に住む中学1年生の女子生徒が務めるのが慣例で、市立槙尾中の4人が拝殿で舞う神楽の練習に励んでいる。

 神社は約70年前から宮司が不在。住民が準備から運営までする手作り戎で知られ、ボランティアが大黒天や恵比寿の衣装を身につけて参拝者をもてなす。神社の名前に「福」が含まれる縁起の良さから、毎年約2万人が訪れている。
「姉も福娘役だったのでやってみたいなと思っていた。頑張りたい」

「十日えびす」 福娘にも福?(とことんサーチ)  :日本経済新聞
96958A9E93819A96E0E39AE1E08DE0E3E3E0E0E2E3E49393E082E2E2-DSXMZO1093044021122016AA2P01-PB1-8.jpg
 早いもので2017年を迎える。鬼に笑われそうだが、関西の新年といえば各地のえびす神社が毎年1月9~11日に開く「十日えびす」だろう。花を添えるのは福ささなど縁起物を授与する福娘たち。就職活動に有利とかアナウンサーの登竜門との噂も聞くが、福娘になると実際得る福は多いのだろうか。直接会って確かめてみた。
いかにも日経の記事という感じ

とり年にちなんだ100号サイズの鳥の絵 - Miyanichi e-press
20161231-1483184394.jpg
 ◎…酉(とり)年にちなんで、宮崎市の宮崎神宮(杉田秀清宮司)は、神話に登場する3種類の鳥を描いた油絵を設置した=写真。100号の大作で、拝殿に向かう神門付近に掲げている。
太陽を呼ぶ鶏「長鳴鳥」、神武天皇の道案内をした3本足のヤタガラス、戦いを勝利に導いた黄金のトビを
posted by naive at 11:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

福岡・住吉神社のふく娘が商売繁盛祈願

利益も福もトリ込む年に ふく娘3人、福岡市鮮魚市場で祈願 [福岡県] - 西日本新聞
“ふく娘”商売繁盛祈願(RKB News)
ふく娘 来年の商売繁盛を祈願 - NHK 福岡 NEWS WEB
2016-12-243.jpg
 海の神様を祭る住吉神社(福岡市博多区)で、正月三が日に奉仕をする「ふく娘」3人が24日、同市中央区の市鮮魚市場を訪れ、来年の大漁と商売繁盛を願った。

 歳末の恒例行事で、今年は15代目ふく娘の對馬(つしま)ゆうみさん(22)、河内真子さん(19)、藤永明日香さん(19)が、仲卸業者のアキラ水産など9社を訪問。会社の安全を願う札と金のタイをあしらった大熊手、お神酒を贈り、鈴を鳴らしながらおはらいをした。
今年はしけが多く不漁続き…

十日えびす:福授けまーす 巫女姿で練習 奈良・春日大社 /奈良 - 毎日新聞
20161225oog00m010074000p.jpg
 春日大社(奈良市)境内で来年1月10日に行われる「十日えびす」で福娘を務める女性9人の装束賜式(たばりしき)が23日、同大社であった。言葉遣いや振る舞いなどを学んだ9人は当日、末社の佐良気(さらけ)神社で縁起物などを参拝者に渡す。

 今回の福娘は、社内報の募集に応えた日立造船(大阪市)の女性社員。西村泰宏禰宜(ねぎ)は「元気な姿で、大きな声を出して多くの人に福を授けてください」と指導。9人は巫女(みこ)装束に金烏帽子(えぼし)を身に着け、「福招く、千両万両つけましょう」「福授けまーす」と声を出す練習をした。
既出です。「来年は人に福を与えて、自分にも福が来る1年になれば」
posted by naive at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

淡路・事代主神社の福娘決まる

神戸新聞NEXT|淡路|事代主神社の福娘決まる 淡路市
仮屋のえべっさん:笑顔で幸せ授けます 高校生福娘お披露目 /兵庫 - 毎日新聞
20161211oog00m010072000p.jpg
 「仮屋のえべっさん」として親しまれる事代主神社(兵庫県淡路市仮屋)で、来年1月にある「十日戎(えびす)祭」に花を添える福娘の女子高校生5人が決まった。参拝者らの頭上でササを揺らして、豊漁や商売繁盛を祈願する“福授けの使者”。10日には同神社で衣装を合わせ、古式ゆかしい新春の伝統行事に備えていた。
戎という名字の福娘さんが(前にも書いた気がする)

護国神社福娘 お目見え : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20161214-OYTNI50026-L.jpg
 県護国神社(仙台市青葉区)の初詣の参拝客を迎える「青葉城ミス福娘」のコンテストが開かれ、東北大理学部4年、同区の浜谷由布(ゆう)さん(22)ら6人が福娘に選ばれた。

 今年で24回目となるコンテストは県内在住の52人が応募し、書類選考を通過して最終審査に進んだ16人が「看護師になりたい」「水泳をしていて体力がある」などと、将来の夢や特技をアピール。ミスには浜谷さん、準ミスには仙台白百合女子大2年、三浦あおいさん(20)や東北大大学院修士2年、安部瑛里奈さん(24)に決まった。
正月三が日に、願い事を書き込む「福的(まと)」と、その願いを射止める意味がこめられた「福矢」を購入者に手渡し

天満天神えびす祭:笑顔と元気と福を持って 招福娘が毎日新聞大阪本社訪問 /大阪 - 毎日新聞
大阪)大阪天満宮の招福娘、「天満天神えびす祭」をPR:朝日新聞デジタル
AS20161215003033_comm.jpg
 大阪天満宮(大阪市北区)で来年1月9~11日に開かれる「天満天神えびす祭」の「招福娘」4人が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社を訪れた。

 4人は金色の烏帽子に桃色の千早をまとい、「笑顔と元気と福を持って、大阪がますます活気あふれる町になりますように」と口上を述べた。鈴を振り、「打ーちましょ」と、にぎやかな「えびす締め」で商売繁盛を祈願した。
期間中毎日午後4時半から福餅まきを実施
posted by naive at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

今宮戎神社の福娘お披露目

【動画】福娘代表4人決まる 50人の自己PR審査の末 大阪・今宮戎神社の十日戎 - 産経WEST
福娘50人勢ぞろい 今宮戎「十日戎」へ意気込み - 大阪日日新聞

縁起物、私たちが授けます 今宮戎の福娘50人お披露目:朝日新聞デジタル
AS20161203002456_comm.jpg
 今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の来年の福娘の発表会が3日、大阪市内であり、2908人の中から書類審査や面接で選ばれた50人が勢ぞろいした。山吹色の着物と金色の烏帽子(えぼし)姿を披露し、奉仕活動への意気込みを語った。

 福娘は、来年1月9日~11日の「十日戎」で縁起物の福笹を参拝者に授けたり、道頓堀から同神社までの宝恵駕(ほえかご)の行列に参加する。関西の大学生など40人と、中国や米国などの留学生10人が各行事に参加する。
今回で65回目になるのを記念し、歴代の福娘に着物のデザインを募集
posted by naive at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

大阪・今宮戎神社「十日えびす」

笑顔で「ようおまいり」 今宮戎神社の十日戎 - 写真特集 - 朝日新聞デジタル&M
KP3A0774.jpg
 「えべっさん」の愛称で関西ではおなじみの十日戎(1月9日~11日)が各地の戎神社で催された。大阪・今宮戎神社では「商売繁盛で笹もってこい」のかけ声が境内に響く中、3123人の応募の中から選ばれた50人の福娘(第64代・留学生枠10人を含む)らが、笑顔を絶やさず「ようおまいり」と声をかけ、福笹に縁起物を結び参拝者らに福を授けた。
毎年恒例、朝日新聞の写真特集

福娘がササに縁起物 大阪・今宮戎神社「宵えびす」 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
今宮戎神社「本えびす」福娘笑顔で商売繁盛の掛け声響く (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
20160109-00000003-wordleafv-001-7-view.jpg
 日が沈むと、神社やその周辺がライトアップされ、神社への入場制限がかけられ、周辺は人でごったがえす。入ってからも、さい銭の前には多くの人が列をなし、ササを手に福娘に縁起物をつけてもらう人らで境内は埋め尽くされていた。

 警備に当たる警察官からは「福娘の撮影をされているかた、思い出のシャッターチャンスは1枚でお願いします」というアナウンスが流れると、参拝者からもどよめきが起き、中には「その通りやな」とつぶやく人もいた。

十日えびす初日にぎわう 大阪の今宮戎神社 - 読んで見フォト - 産経フォト
「十日戎」:商売繁盛ねがい - 毎日新聞
大阪・今宮戎神社 宵戎でにぎわう|日テレNEWS24
sty1601090015-p1.jpg
 商売繁盛を願う今宮戎神社(大阪市浪速区)の「十日えびす」の初日「宵えびす」を迎えた9日、御利益を求めて多くの参拝客が神社を訪れた。
 「ササ持ってこい」というおはやしが繰り返し流れる中、参拝客は金色の烏帽子姿で拝殿に並んだ福娘に渡したササに、米俵や大判などの縁起物を取り付けてもらった。
今年も賑わったようです
posted by naive at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

大阪・野田恵美須神社と堀川戎神社の十日戎

福娘:めでたいな、華やか笑顔 /大阪 - 毎日新聞
91horikawa.jpg 91noda.jpg
 商売繁盛を祈願する「十日戎(えびす)」(9〜11日)を前に、堀川戎神社(大阪市北区)と野田恵美須神社(同市福島区)の福娘らが7日、同市北区の毎日新聞大阪本社を訪れた。

 堀川戎神社の福娘5人は、金色の烏帽子(えぼし)に朱色のはかま、白い千早姿で「商売繁盛、家内安全、お神楽」と声をそろえた。(中略)

 また、野田恵美須神社の福娘4人は、藤の花のかんざしに朱色のはかま姿で「さあー打ちましょ」「あーめでたいな」と大阪締めをした。
「一人一人の参拝客に丁寧に福を渡したい」「参拝客が笑顔になってもらえるよう貢献したい」と抱負を

商売繁盛願い 続々参拝 「十日戎」宵宮 - 大阪日日新聞
IP160109TAN000218000_00.jpg
 ○…約900年前に創建された野田恵美須神社(工藤裕之宮司)では「宝の市大祭」と称し、明治以前から1月9、10の両日に行っていたが、1915年からは1日延ばし3日間の祭礼となった。

 正面鳥居の左側には2011年に80年ぶりに修理した朱色・金箔(きんぱく)の艶(あで)やかな「鯛鉾(たいほこ)」を飾り、みこしやだんじりも倉庫の扉を開いて参拝者を迎えている。
16歳の福娘さん「初めての福娘なので緊張している。皆さんに福が届けばいいなと思う」

「残り福」堀川のえべっさんにぎわう ── 大阪・堀川戎神社 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
20150111-00000001-wordleafv-001-2-view.jpg
 同神社は大阪駅から南東に位置しており、商売繁昌の神「蛭子大神(えびすのおおかみ)」をまつり、「堀川のえべっさん」として知られている。

 周辺の道路も露店が並ぶなどにぎわいを見せており、ササを持った参拝客らが福娘に縁起物を結んでもらい、人にあたらないようかざして歩く姿も多く見られた。
飲食店経営の男性「景気悪いんで、えべっさんにいっぱいお願いしときました」
posted by naive at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

滋賀・長浜十日戎

「商売繁盛ササ持って来い」宝恵かご練る 滋賀・長浜 : 京都新聞
滋賀)笑顔の福娘乗せ「宝恵かご」練り歩き 長浜十日戎:朝日新聞デジタル(朝日新聞)
AS20160110001137_comm.jpg
 滋賀県長浜市南呉服町の長浜恵比須宮(豊国神社)で10日、「長浜十日戎(えびす)」の本戎があった。福娘を乗せた宝恵(ほえ)かごの行列が市街地を練ったほか、福餅まきもあり、市民や観光客らが商売繁盛を願った。

 午後1時半すぎ、福娘5人を乗せた宝恵かご行列が同恵比須宮を出発。「商売繁盛ササ持って来い」のお囃子(はやし)とともに同市宮前町の長浜八幡宮に到着した。
帰省に合わせて福娘になった大学生「宝恵かごから眺めた長浜は、いい所だと思った。みなさまに運を振りまきました」

徳島)商売繁盛願い「えびす祭り」 徳島市の事代主神社:朝日新聞デジタル
AS20160109001697_comm.jpg
 徳島市通町2丁目の事代主(ことしろぬし)神社(佐藤信博宮司)で9日、商売繁盛を願う「えびす祭り」が始まった。周辺には露店が並び、多くの人でにぎわっている。10日の本えびす、11日の残りえびすと合わせ、神社は3日間で約20万人の人出を見込む。

 参拝客は本殿に詣でた後、縁起物のついた福笹(ふくざさ)や熊手を、みこや福娘から買い求めた。
海運業の人「今年1年、事故なく安全に航海できるように」

<全文>「十日えびす」始まる 商売繁盛や家内安全願う/AGARA 紀伊民報
L3078311.jpg
 和歌山県の紀南各地の神社で9日、商売繁盛や家内安全を願う「十日えびす」の宵えびすがあった。10日の本えびす、11日の残り福と続き、今年一年の福を授かろうとする参拝者でにぎわっている。

 田辺市東陽の闘鶏神社では、午前8時に神事を行った後、タイや小判などの飾り物が付いた福笹(ふくざさ)の販売を開始。例年は境内にテントを設けていたが、今年は会館内に売り場を移した。2千円から5万円まで、約60種類を用意している。売れ筋は2千~5千円という。
福笹を購入した参拝者には、福娘が鈴を鳴らして「よい一年でありますように」と声を掛けました
posted by naive at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

三木・戎神社「十日戎」で福餅まき

本えびすで福餅まき 参拝客で境内埋まる 三木(神戸新聞)
b_08711609.jpg
 商売繁盛や家内安全などを願う戎神社(兵庫県三木市大塚2)の「十日戎」が10日、本えびすを迎えた。この日は恒例となる福餅まきがあり、境内を埋めた参拝客は今年の福をつかもうと懸命に「こっちこっち」と声を上げ、手を伸ばした。

 祭りは9~11日で、9日が宵えびす、11日が残り福になる。

 本えびすを迎えたこの日は境内に人があふれ、拝殿前に行列ができた。神事や浦安の舞の奉納に続き、餅まきを実施。
福娘らが、「福来い」を意味する2951個の紅白餅を一斉に投げました

ディオーネ選手らも参加 淡路市で「十日えびす」(同)
b_08711375.jpg
 「十日えびす」の本えびすを迎えた10日、「仮屋のえべっさん」として親しまれる兵庫県淡路市仮屋の事代主(ことしろぬし)神社では一年の福を求めて多くの人が参拝した。

 境内には「商売繁盛でササもってこい」のおはやしが響き、縁起物の熊手や宝船、タイや七福神を飾り付けた吉兆などを求める参拝客でごった返した。地元の高校生5人が務める福娘が、福ササを参拝者の頭上で振りながら「健康で暮らせますように」「子どもが元気で育ちますように」などと口上を述べ福を授けた。
女子プロ野球チーム「兵庫ディオーネ」の監督・選手が餅まきに“助っ人”として参加

福娘7人が決定 播磨国総社のえびす祭(同)
初ゑびす祭:福娘の笑顔で縁起良し 14日から、姫路・播磨国総社(毎日新聞)
b_08703764.jpg
 「姫路のえべっさん」として親しまれる播磨国総社(姫路市総社本町)の初えびす祭(14~16日)で、商売繁盛や家内安全などの福を届ける今年の福娘7人が決まった。7日に、同市役所や神戸新聞姫路支社などを訪問。本番では恒例の「宝恵駕籠(ほえかご)行列」で、かごに乗って市中心部の商店街などを練り歩く。
大学1年生「衣装を着て実感が湧いてきた。笑顔と元気で皆さんに福をお届けしたい」
posted by naive at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

阪急梅田駅で「十日戎キャンペーン」

阪急梅田駅で福娘がえびす神社PR 訪れた人に「福笹」授与も(梅田経済新聞)
1452244677_b.jpg
 阪急梅田駅1階中央コンコース・ビッグマン前広場で1月8日、阪急沿線の「えべっさん」を紹介する「十日戎キャンペーン」が始まった。主催は阪急電鉄(大阪市北区芝田)。

 阪急沿線にあるえびす神社を福娘がPRする同キャンペーンは、1999年から続いている恒例行事。17回目となる今年は、19人の福娘が来場し10社のえびす神社をPRした。福娘の中には双子の福娘や、小学生の福娘の姿もあり、訪れた人たちはカメラを片手に福娘らのPRを見守った。
写真は「茨木神社の双子の福娘」

天王寺動物園に今宮戎神社「十日戎」の福娘 福笹贈る(あべの経済新聞)
福娘がゾウとレッサーパンダに“お年玉”(産経フォト)
dly1601080024-p1.jpg
 天王寺動物園(大阪市天王寺区)で1月8日、今宮戎神社(浪速区)の福娘が同園に福笹(ふくざさ)を贈った。

 商売繁盛の神様「えべっさん」として毎年多くの人が訪れる十日戎(1月9日~11日)。参拝者に福笹を授けるのが応募者3123人から選ばれた50人の福娘。同園での収受式は2007年から続く恒例行事。
ササはレッサーパンダとアジアゾウに与えたそうです

「ササ持ってこい」 北新地、えびす詣招福行列(大阪日日新聞)
IP160108TAN000188000.jpg
 大阪市北区の大阪天満宮で「天満天神えびす祭」(9~11日)が始まるのを前に、同区の北新地と同宮を往復する「堂島北新地えびす詣招福行列」が8日、盛大に行われた。天満えびす招福娘ら約100人が長い列を連ね、「商売繁盛でササ持ってこい」とにぎやかに練り歩いた。
戦前に途絶えた同宮の「天満えびす」が2007年に復興したことを契機に、09年に実現
posted by naive at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | 更新情報をチェックする