上田・真田神社「元始祭」

真田神社 神事「元始祭」2012(東信ジャーナル)  上田城跡公園内の真田神社は5日、年の初めの神事「元始祭」を同神社拝殿で行った。  東日本大震災などの被災地の復興と地域の安寧を願い、今年は同神社としては初めて「浦安の舞」を奉納した。大学生と高校生の姉妹が揺れるハート 七福神初笑い 瀬戸の商店街(読売新聞) 笑い振りまき「幸」願う/瀬戸で七福神行列(Daily SANQ)  新年恒例の「七福神行列」が5日、瀬戸市中心地区の深川神社一帯であり、弁財天や布袋(ほてい)尊にふんした7人が、笑いを振りまきながら練り歩いた。  笑いで福を呼び込もうと、銀座通り、末広、中央通、宮前の4つの商店街が同神社の初えびすに合わせて催しており、今年が23回目。七福神役は3人の「ミスせともの」と公募による市民4人で、三河万歳の4人を従え、同神社で初笑いをした後、商店街などをめぐった。ミスせとものの3人は弁財天や恵比須天、福禄寿に有料 <かます開き>初春の願い数える(朝日新聞) かます開き:伊奈波神社、さい銭集計--岐阜(毎日新聞)  岐阜市伊奈波通の伊奈波神社で4日、正月三が日のさい銭を集計する「かます開き」があった。巫女(みこ)3人と十六銀行の職員14人が午前9時から午後2時半ごろまでかけて勘定した。既出です。例年数千万円が集まるとのことexclamation

続きを読む

岐阜・伊奈波神社「かます開き」

願いずしり、かます開き 伊奈波神社(岐阜新聞) 伊奈波神社で「かます開き」(読売新聞)  この日は、巫女や十六銀行の行員合わせて17人が、大みそかから三が日のさい銭を白い布に広げて紙幣と硬貨に振り分け、紙幣は行員が手作業で、硬貨は機械3台を使い集計した。丸一日かけて作業を行うという。三が日の参拝者は過去最高の76万人。果たしてお賽銭は銀行 県護国神社で初の稽古始め(同)  県護国神社(名古屋市中区)で4日、「弓始奉射会」(稽古始め)が初めて行われ、県弓道連盟の会員約150人が参加した。  開会式で、臼井貞光宮司は「弓道が盛んな愛知にあって、この新春の行事をぜひ護国神社で行いたいと思っていた。皆さんには日頃の鍛錬の成果を発揮してもらいたい」とあいさつ。振り袖姿の女性もいた参加者は、寒空の下、境内に設けられた的場で、神経を研ぎ澄ましながら矢を放っていた。凛々しいですハート 昨日の追加。 平安装束で優雅に「かるた始め」…京都・八坂神社(同) 三が日最終日 宮城・東松島市の「大曲浜獅子舞」など列島各地の様子を取材しました。(フジテレビ) 古式ゆかしく初手合わせ~八坂神社で「かるた始め」(産経新聞)  新春恒例の「かるた始め」が3日、京都市東山区の八坂神社で行われ、平安装束に身を包んだ「かるた姫」らが古式ゆかしく百人一首を初手合わせした。 小学生も緊張の面持ちダイヤ

続きを読む

熊本・加藤神社の初詣風景

元旦の熊本の表情(RKK熊本放送) ここ熊本市の加藤神社にも親子連れなど、大勢の参拝者が訪れ、家内安全や受験合格などそれぞれの思いを込め手を合わせました。 加藤神社では正月3ヶ日で、去年並みのおよそ42万人の参拝を見込んでいてます。福娘さんと巫女さんるんるん ゆるキャラ「清正くん」加藤神社で初詣(TKUテレビ熊本) 加藤神社の巫女に付き添われながら境内に登場した「清正くん」は、加藤清正公の功績を全国にPRしようと2009年に誕生したゆるキャラです。参拝客に人気グッド(上向き矢印) 補遺。 破魔矢や絵馬など100種類5万体用意 山形・県護国神社(山形新聞)  県内最多の初詣客を見込む山形市薬師町2丁目の県護国神社(宮舘厚悦宮司)では、新年に向けた準備が進む。30日には、みこたちがお守りや縁起物などを丁寧に並べていた。31日の記事。三が日の人出は、例年の13万人より多くなると見込んでいますキスマーク

続きを読む

大船渡・天照御祖神社の巫女さん

新年 夢を胸に(毎日新聞) 岩手県大船渡市の天照御祖(あまてらすみおや)神社で巫女を務める小浜広子さん(左)と後藤あすかさんは、県立大船渡東高校3年生のクラスメート。小浜さんは自宅が被災、親戚宅で生活をしている。社会勉強と高校生活の思い出にと巫女を選んだ。「悲しいニュースが多かったので、今年は笑顔になれれば」と小浜さんと後藤さんは同じ気持ち12月29日の岩手日報に載った高校生巫女さんが再登場黒ハート 過去記事より抜粋。 三国祭開幕、児童が優雅な舞披露 19日に山車巡行(福井新聞)  北陸三大祭りの一つで福井県指定無形民俗文化財の三国祭が19日始まった。坂井市の三國神社で神事が営まれ、児童が「浦安の舞」を奉納、祭りの開幕を告げた。昨年5月19日、小学6年生の4人揺れるハート

続きを読む

富山・姉倉比売神社で初詣の準備

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 大みそか 初詣の参拝者迎える準備着々と(チューリップテレビ)  大みそかの31日、県内各地の神社などでは初詣の参拝者を迎える準備が進められています。  このうち、富山市の姉倉比売神社(あねくらひめじんじゃ)では、巫女さんたちが初詣用の熊手や破魔矢、お守りなどの縁起物およそ20種類を社務所に並べました。1300年前の和銅年間に創建されたと伝えられている、機織の神様ブティック 明るい年願い 浜松市中区の五社神社で初詣客にぎわう(中日新聞)  浜松市中区利町の五社神社では、防寒具に身を包んだ参拝者が新年への抱負を語り合いながら、年が明けるのを待った。 (中略)  初詣に先立ち、同社は臨時の授与所を設置。神職やみこらが破魔矢を並べて準備した。同社では正月三が日の人出を例年並みの10万人と見込んでいる。今年は笑顔でわーい(嬉しい顔)

続きを読む

栃木・安住神社に巨大鏡餅を奉納

重さ500キロの鏡餅 奉納(NHK) 重さ500キロ!巨大鏡餅を奉納 栃木(日本テレビ) 重さ500kg!ジャンボ鏡餅を奉納 栃木・高根沢町(テレビ朝日) 重さ500キロ、ジャンボ鏡餅奉納(TBS) 栃木・高根沢町の安住神社で毎年恒例のジャンボ鏡餅の奉納が行われました。(フジテレビ)  総重量500キロのジャンボ鏡餅の奉納が栃木県の安住神社で行われました。  1週間かけて作り上げた直径110センチの鏡餅。下の2段は神主自らがフォークリフトで運んでいきます。そして、一番上の鏡餅は巫女さんによって神前に運ばれ、最後にゆずの王様「晩白柚」が飾り付けられました。毎年恒例。テレ朝の動画では子供巫女さんもいるらしいイベント 希望の2012年、迎春準備 岐阜市金神社(岐阜新聞)  しめ縄は境内の内外にある大小30本を張り替える。このうち、拝殿正面を飾る大しめ縄は長さ8メートル、重さ約30キロで、最も太い部分は直径約40センチある。もち米を収穫したわらを使い、同神社と交流のある同市正木の真中(みなか)神社の氏子らの手で作られた。神事の後、神職らが脚立に上り、左右のバランスに気を配りながら、柱にしっかりと結び付けた。三が日の初詣客は例年並みの13万人を見込んでいます決定

続きを読む

那覇・護国神社で福笹作り

幸せ願って 護国神社で福笹作り(琉球新報) 幸せ願って 護国神社で福笹作り  年末を迎え、那覇市奥武山町の護国神社では恒例の福笹作りが26日、始まった。27日までの2日間で福笹千体、破魔矢1万体が作られる。  福笹に使うササは本島北部で神職らによって刈られたもの。40年ほど前から手作りされてきた同神社の福笹は好評で、多くの参拝客が買い求めるという。三が日の参拝者数を25万人と見込んでいます黒ハート 迎春準備着々と 各神社で縁起物用意(西日本新聞)  2011年も残りわずかとなった30日、県内各地の神社では正月の初詣客を迎える準備に追われた。佐賀市の佐嘉・松原神社では、巫女(みこ)などが、縁起物の破魔矢や熊手など正月飾りの整理に当たった。県警による正月三が日の初詣の人出予想は35万人信号 急ピッチで破魔矢作り 田川市・風治八幡宮(同)  筑豊地区の各神社などでは、正月の縁起物の準備に追われ、田川市魚町の風治八幡宮(宇都宮誠宮司)では30日、アルバイトのみこたちが社務所で破魔矢作りに励んだ。1日午前0時ごろには「みこしをかつぐ会」が境内で豚汁500杯を無料で振る舞うそうレストラン

続きを読む

青森・善知鳥神社で巫女の研修会

迎春準備 巫女さんも(朝日新聞)  正月に参拝客を迎えるアルバイト巫女(み・こ)の研修会が29日、青森市安方2丁目の善知鳥神社であった。約50人の応募者の中から選ばれた高校生や大学生16人が、同神社の沼田眞規権禰宜(ごん・ね・ぎ)(55)から、袴(はかま)の着付けや礼儀作法を学んだ。写真は「袴の裾を踏まないように正座から立ち上がる練習」家 震災復興を祈願 絵馬と木札製作 神社庁高岡新湊支部(中日新聞)  東日本大震災被災地の復興を願い、県神社庁高岡新湊支部は「絆」と書かれた絵馬二十枚と木札二千枚を作った。元旦から三月上旬まで高岡と射水両市の十八神社に置く。絵馬には参拝者に復興祈願の寄せ書きをしてもらい、木札代は被災地への寄付に充てる。来年三月十日に高岡市古城の射水神社で開かれる復興祈願祭の一環プレゼント 「浦安の舞」 仕上げ練習 小矢部 元日に奉納(同) 浦安の舞リハーサル 小矢部・埴生護国八幡宮(北日本新聞)  小矢部市埴生の埴生護国八幡宮で二十九日、地元の石動小学校女子児童が、新年にみこ姿で奉納する「浦安の舞」の総仕上げの練習をした。既出。正月三が日で三万人の人出を見込んでいます車(RV)

続きを読む

埴生護国八幡宮で浦安の舞の練習

元日に浦安の舞奉納 小矢部の埴生護国八幡宮 巫女の児童練習(富山新聞)  小矢部市埴生の埴生護国八幡宮で29日、元日に奉納される浦安の舞の仕上げ練習が行われ、巫女(みこ)を務める石動小女子児童が優雅な舞を披露するため、細かな所作を確認し合った。  巫女を務めるのは4~6年の計14人で、氏子の太田むつ子さん、寺西那美子さんの指導を受けている。本番と同様、拝殿で行われた練習では児童が白衣(びゃくえ)と緋袴(ひばかま)姿で鈴や扇を手にし、ゆったりとした動きで舞った。午前9時半、同10時半、午後1時半、同2時半の4回奉納ハートたち(複数ハート) 1年のすす払う(読売新聞)  鶴岡市馬場町の荘内神社(石原純一宮司)で29日、年末恒例のすす払いが行われた。  石原宮司によると、すす払いは社殿の汚れを落とすことでたまっていた厄災を払う意味があり、同神社では毎年、25日から始まる大掃除の最終日に行われる。  この日は、神職やアルバイトの巫女(みこ)らが長さ3メートルの竹のほうきを使いながら、本殿の屋根裏などを丁寧に掃除していた=写真=。高校生の巫女さんも一生懸命に揺れるハート 必勝!バットのお守り 東松山・箭弓稲荷神社 元日の初詣用に(東京新聞)  東松山市箭弓(やきゅう)町二の箭弓稲荷神社は、元日の初詣用に竹製のバット形お守り(八百円)を限定二百個用意した。  「やきゅう」の語呂合わせで、少年野球チームからプロ野球選手まで必勝祈願に訪れる同神社には、バット形やグラブ形のお守りがあるが、竹製…

続きを読む

大船渡・天照御祖神社で巫女さんが新年の準備

笑顔の1年に 大船渡の神社で巫女が新年の準備(岩手日報)  大船渡市盛町の天照御祖(あまてらすみおや)神社(長谷川瑞彦宮司)で28日、初詣客を迎える巫女(みこ)が新年の準備に臨んだ。装束に身を包んだ大船渡東高3年の3人は「気持ちが引き締まる」と笑顔を見せた。大船渡といえば、今年は震災で大変な一年でしたね…リボン 過去記事より補完。 皇室繁栄など祈る 熊野三山で天長祭(熊野新聞)  天皇誕生日の23日、熊野三山で今上天皇のご誕生日を祝うとともに皇室の繁栄などを祈願する「天長祭」が営まれた。  新宮市の熊野速玉大社では、上野顯宮司の祝詞奏上などに続いて2人のみこが優雅に神楽「浦安の舞」を奉納。同大社崇敬会の杉本義和会長、田岡実千年市長、濱口太史県議ら参列者たちが玉串を供えた。宮司さんの挨拶でブータン国王について言及飛行機 五穀豊穣に感謝し浦安の舞 城端・級長戸辺神社(北日本新聞)  南砺市是安(城端)の級長戸辺(しながとべ)神社(山田宣道宮司)の新穀感謝祭は5日、同神社で開かれ、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝して浦安の舞などが奉納された。小学6年生の4人。他にお茶や生け花、琴と三味線の奉納も喫茶店

続きを読む

福山八幡宮で巫女の研修会

「巫女」の心構え、所作学ぶ 福山八幡宮で研修会(山陽新聞)  福山市北吉津町の福山八幡宮で28日、正月に参拝客を迎える巫女(みこ)の研修会が開かれ、アルバイトの女子大生や高校生ら40人が心構えや言葉遣い、衣装の着付けなどを学んだ。31日夜から1月6日まで交代で。正月三が日で20万人の初詣客を見込んでいますsoon 三蔵稲荷の初詣お神酒瓶詰め(中国新聞)  福山市丸之内の三蔵稲荷(いなり)神社は28日、初詣の参拝者に配るお神酒の瓶詰め式を同市箕島町の酒工場で開いた。参拝者の飲酒運転を防ぐため、2007年からお神酒を瓶で配っている。  瓶詰め室に設けた祭壇で石川紘彦宮司(71)が祝詞をあげた。ミス三蔵稲荷の安原千景さん(18)=福山市神辺町=たち3人が、酒をたるから100ミリリットル入りの瓶計700本に注いだ。境内ではお神酒を振る舞っていないそうですバー 年末恒例のすす払い 倉吉八幡宮(日本海新聞)  鳥取県倉吉市八幡町の倉吉八幡宮(八幡神社)で28日、年末恒例のすす払いが行われた。長い笹(ささ)ぼうきで拝殿の屋根裏などのほこりを払い落とし、迎春準備が整えられた。高校3年と高専3年の二人が揺れるハート

続きを読む

太宰府天満宮で臨時巫女の着付け指導

巫女研修:正月準備の太宰府天満宮で80人(毎日新聞) バイト巫女さん 身も心もキリッ 太宰府(朝日新聞)  正月準備が進む中、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で28日、年末年始に巫女(みこ)になる約80人の女性を対象に、白衣や緋袴(ひばかま)の着付け指導や応接の研修があった。「さまざまなお守りの値段を覚えるのが大変」とのことです有料 年末恒例「すす払い」巫女、青ザサ使い 祐徳稲荷神社(佐賀新聞)  鹿島市の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で28日、年末恒例の「すす払い」があった。寒空の中、巫女(みこ)10人が約3メートルの青ザサを使い、この1年で神楽殿や楼門に付いた汚れを払った。正月三が日の参拝客は例年並みの65万人を見込み、約200人体制で対応むかっ(怒り) 亀有各地で正月の準備追われる-香取神社では振る舞い酒の準備も(亀有経済新聞)  亀有香取神社(葛飾区亀有3)では、元旦からの参拝客を迎え入れるため、神主や巫女たちが連日泊まりがけで準備を行なっている。同神社の唐松範夫宮司は「近年、参拝者が増えているため、安全面など最重要と考え準備している。地域の人たちさまざまな協力しながら運営している」と話す。御神酒は約3,000人分で、使い捨てカイロは10,000人分用意ビール

続きを読む

祐徳稲荷神社ですす払い

すす払い 鹿島・祐徳稲荷神社で(朝日新聞) 祐徳稲荷ですす払い(西日本新聞)  白衣に赤ばかま姿のみこ10人が、境内の山から切り出した長さ約3メートルのササを使って、楼門と神楽殿の天井を丁寧にはたいて回った。30日までに大掃除と迎春の準備を終える予定。三が日の初詣客は例年並みの約65万人。例年渋滞するそうです車(セダン) 「巫女」着付け迎春準備OK 太宰府天満宮(同) 迎春準備進む(RKB) 一方、太宰府天満宮では、初詣客を迎える、臨時の巫女さんの着付け指導が行われました。 参加した女性たちは、経験者や本職の巫女さんのアドバイスを受けながら、白衣や緋袴の着付けを練習していました。 太宰府天満宮では正月三が日で200万人の初詣客を見込んでいて、およそ80人が臨時の巫女として採用されています。笑顔で練習ハートたち(複数ハート) 井伊谷宮に辰の絵 拝殿前で初詣客出迎え(静岡新聞)  浜松市北区引佐町井伊谷の日本画家山本嶺子さん(65)が28日、同町の井伊谷宮に来年のえと・辰(たつ)の絵を奉納した。節分まで拝殿前に展示されますアート

続きを読む

高岡・射水神社で巫女が神楽舞の練習

射水神社で巫女が神楽舞の練習(KNB)  高岡市の射水神社では元日から7日までの間、祈祷に訪れる人に対し巫女が神楽を舞い、お清めの鈴払いをします。  アルバイトで巫女をつとめる高校生や大学生11人は本職の巫女の指導を受け、今月上旬から神楽舞を練習してきました。  射水神社で奉納される舞は関西に起源を持つ「浪速神楽」の一種「早神楽」で、巫女は右手に鈴、左手に扇を持って舞います。テンポが早いです。太鼓をたたくのも巫女さんるんるん 迎春準備追い込み 大麻比古神社、しめ縄飾りお目見え(徳島新聞)  鳴門市大麻町板東の大麻比古神社に28日、門松としめ縄飾りがお目見えした。  鳥居の左右には、葉ボタンやナンテンがあしらわれた華やかな門松(高さ1・6メートル)を設置。本殿の正面にはダイダイとウラジロを飾り、迎春準備を整えた。三が日で例年並みの24万人の人出を見込んでいます三日月 中国人留学生、装束に身を包みドキドキのみこ体験(サーチナ) →中国留学生走进日本神社体验和感受“巫女”生活——中新网 →中国留学生走进日本神社体验巫女——日本新华侨网  遼寧省や浙江省、四川省などからやってきた9人の女子留学生が23日、兵庫県の西宮神社が開いた「みこ研修会」に参加した。「研修会」は正月の初詣客の到来を前に、専業やアルバイトのみこたちに心構えや所作を改めて指導するもの。留学生たちは、日本人のみこ研修生100人に混ざって、研修を受けた。日本の新聞記事はこちらに。「半ば興奮気味」とのこ…

続きを読む

姫路護国神社「新年万燈祭」の試験点灯

新年待つ2千の灯/姫路護国神社(朝日新聞) 新年迎える2千個の提灯、試験点灯(産経新聞)  兵庫県姫路市本町の姫路護国神社で27日、年越しとともに境内を照らす「新年万燈祭」の提灯約2千個の試験点灯が行われた。  提灯は同神社にまつられている戦没者の遺族や地元企業が奉納。「新年に希望の光を灯し、よい年になることを願おう」と昭和53年から、元日の午前0時に点灯している。正月三が日の人出を約7万人と予想。点灯は1月10日まで夜 正月飾りは門「松」ではなく杉を、生田神社に「杉盛り」お目見え(同) 新年の繁栄願う「杉盛り」 神戸・生田神社(神戸新聞)  同神社には、約1200年前に大雨によって倒れた松が社殿を倒壊させたという伝承が残っており、以来、新年の準備には門松ではなく杉盛りが使われている。  杉盛りの高さは約3・5メートル。神職やみこ約30人が、わらを巻いた支柱に約2千本の杉の枝を差し込み、上部に榊の枝と5束のススキの穂を飾った。2012年はうるう年に当たるため、例年より1本多い13本のしめ縄が最後に結ばれた。宮司さん「今回の杉盛りはいつもより大きく生き生きとしているように見える」クリスマス 新年笑顔でお迎え 宇倍神社で初詣準備万端(日本海新聞)  鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)で27日、初詣に奉仕する助勤者説明会が開かれ、一般募集でみこを務める女性らがさまざまな研修に臨んだ。  この日は県内から大学生以上の女性約20人が集まった。早速白衣と緋袴(…

続きを読む

大麻比古神社で巫女の研修会

神と人を取り持つ白衣 大麻比古神社、みこ役が研修(徳島新聞)  鳴門市大麻町の大麻比古神社で26日、正月にみこ役を務める女性の研修会があり、県内外の高校生と大学生計26人が礼儀作法などを学んだ。  金倉文雄宮司が「みこは神様と参拝者を取り持つ尊い役目」と心得を説明。白衣に緋袴(ひばかま)姿の学生らは、参拝方法や歩き方などの作法を教わった後、拝殿で実際に参拝を行い、真心を込めた奉仕をすることを誓った。大みそかから来年1月9日まで務めますキスマーク 昇龍のごとき 運気を願い(読売新聞)  北陸道の総鎮守・気比神宮(敦賀市曙町)で、巫女(みこ)や神職が、来年の干支(えと)の辰(たつ)を描いた絵馬を破魔矢に取り付けるなど、迎春準備が進んでいる。  同神宮は三が日に9万人の人出を見込んでおり、28日までに縁起物計11種類約3万点を用意する。大みそかは、氏名と生年月日を記入した人形に、罪やけがれを託して神宮に納める行事や、灯籠50個に順に明かりをともす「献灯祭」を開く。権禰宜さん「来年は干支の竜のように、参拝者と日本全体の運気が向上するように」グッド(上向き矢印) 赤間神宮ですす払い(日本テレビ) 赤間神宮に祀られている安徳天皇は、関門海峡の壇ノ浦で亡くなったことから龍宮城に住まわれているとされ、辰年の来年は特別な年となる。来年は、安徳天皇の祖父、平清盛がドラマ化されることから、参拝客の増加が期待されている。赤間神宮では、正月3が日で16万人の参拝客を見込んでいる。なるほど。二重の意味で特別で…

続きを読む

登別・刈田神社で縁起物作り本格化

登別・刈田神社で福呼ぶ巫女さん、縁起物作り本格化(室蘭民報)  同神社は正月三が日に多くの参拝客を見込んでおり、年末までに破魔矢や熊手、お札、干支(えと)にちなんだ絵馬など数十種類を用意する。  今年も残り1週間となった24日は、白衣に緋袴(ひばかま)姿の巫女6人が社務所内の和室で開運腕輪を制作。12種類の天然石と水晶を並べ「良い一年でありますように」との思いを込めて仕上げていた。登別市の総鎮守。腕輪は結構珍しいですねかわいい 諏訪神社で巫女さんの研修会(KTNテレビ長崎)  長崎市の諏訪神社でお正月に初詣客を迎える臨時の巫女さんの研修会が26日開かれました。臨時の巫女さんには130人の応募があり、このうち、大学生など79人が採用されました。26日は、お正月を前に研修会が開かれ、採用された女性達が巫女の心構えや言葉遣い、それにお守りの種類などについて説明を受けました。そして、本職の巫女さんから白衣・緋袴の着付けを学び、研修に参加した女性達は目を輝かせていました。三が日の参拝客を例年と同じおよそ15万人と見込んでいますブティック 宇佐神宮で破魔矢作り(TOSテレビ大分) 破魔矢づくりピーク(OAB大分朝日放送)  宇佐神宮では毎年この時期平成24年の正月用の破魔矢作りが行われています。平成23年は12月に入ってから作業をはじめ3、4人の巫女さんが平成24年のえとの辰の絵馬や鈴を一本一本丁寧につけていきビニール袋に包んでいきます。  一日あたり1000本前後を作っていて全…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

北海道神宮ですす払い(UHB) 新年へ清らかに(読売新聞)  神事を行った後、白装束の神職や巫女(みこ)ら約20人が、長さ約4メートルの竹棒の先に神宮敷地内のササの葉を取り付けた道具を手に、拝殿や回廊などの天井に積もった1年分のちりやほこりを払い落とした27日に餅つきを、31日に「大祓(おおはらえ)」などを行いますiモード 猿田彦神社では破魔矢の仕上げ(同)  正月に向け、伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、巫女(みこ)たちが縁起物の破魔矢の奉製の仕上げに入っている。紹介済み。朱塗りの大は1500円、白木の小は800円決定 新年輝け 一筆で「煌」(同) 「煌」めく年に、来年への願い込め 熊野本宮大社(紀伊民報)  和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社で26日、九鬼家隆宮司(55)による書の作品の披露があり、漢字の「煌」を書き上げた。大きさ約3メートル四方の布に長さ約1メートルの筆でペン 新年祝う縁起物の販売始まる 新潟・中央区、白山神社(新潟日報) 新年の準備進む 白山神社に縁起物並ぶ(日本テレビ)  新潟市中央区の白山神社で26日、新年を祝う縁起物の販売が始まった=写真=。朝から、みこたちが熊手や破魔矢などを準備。早速、お札を買い求める人らが訪れていた。正月三が日の人出を例年並みの17万人と予想有料

続きを読む

伊勢・猿田彦神社で破魔矢づくり

破魔矢づくり:急ピッチで進む--伊勢・猿田彦神社 /三重(毎日新聞) 伊勢・猿田彦神社 絵馬付けて破魔矢奉製(伊勢新聞)  神社内の奉賛講堂で、白衣と緋袴(ひばかま)を着た巫女(みこ)が、長さ90センチ(1500円)と60センチ(800円)の2種類の矢に、来年の干支(えと)にちなんだ「辰(たつ)」と、宝船や小判などが描かれた4種類の絵馬を結びつけている。年末までに計約5000本を完成させる。また、今回から新たに大小の鏑矢(かぶらや)と、矛、ミニサイズの破魔矢など計2000個(1200~500円)の授与も行う。31日午後4時から大祓式ぴかぴか(新しい) 大阪天満宮で「終天神」 献湯大祭や絵馬たき上げ(大阪日日新聞)  本殿前で行われた献湯大祭では、みこが厳かな動作で湯の沸いた釜に束ねたササを漬けて振ると、しぶきとともに白い湯気がもうもうと立ち上った。神事に使ったササはみこによって配られ、無病息災の御利益を求めて参拝客が列をつくった。境内では祈願絵馬のたき上げや歳旦祭に供えるための餅つきもレストラン 笑顔と元気で景気よく - 春日大社で福娘の装束賜(奈良新聞)  奈良市の春日大社で23日、正月の「十日えびす」で縁起物を授与する福娘の装束賜(たばり)式と研修会が行われた。23日。紹介済みでするんるん

続きを読む

周南・遠石八幡宮で新人巫女の研修会

初詣控え新人みこさん研修(中国新聞) 巫女の心構え学ぶ高校生ら(読売新聞)  初詣の参拝客を迎える新人みこの研修会が25日、周南市遠石の遠石八幡宮であった。地元高校生と帰省中の大学生の計23人が先輩のみこ5人から衣装の着方などを学んだ。正月三が日の人出を約20万人と見込んでいます黒ハート 巫女さんすす払い県護国神社(同)  大分市牧の県護国神社で25日、年末恒例のすす払いが行われ、神職や巫女(みこ)らが1年間のほこりを払い落とした=写真=。  白装束に緋袴(ひばかま)姿の巫女らが、先端にササの葉をつけた長さ約4メートルの竹で本殿の軒先などのほこりを払い、新年の準備を整えた。こちらは三が日で29万人ガソリンスタンド 防府天満宮で神事(同) 年締めくくる(朝日新聞)  防府市の防府天満宮で25日、昨年1年間に奉納された絵馬を焼く「絵馬焼納神事」があった。小雪が舞う中、境内に積まれた絵馬に神職がロウソクで火をつけると「受験絶対合格」「合格祈願」などと書かれた約4万5千枚が炎に包まれた。天満宮の今年の主な行事はこれで終わり、新年を迎える準備が本格的に始まる。巫女さん遠いです…ふらふら

続きを読む