"平成25年初詣"の記事一覧

岐阜・伊奈波神社「かます開き」

三が日77万人参拝も金額少なめ 伊奈波神社(中日新聞) 岐阜・伊奈波神社で 恒例「かます開き」(読売新聞)  大勢の初詣客が訪れた岐阜市伊奈波通の伊奈波神社で4日、正月三が日のさい銭を集計する恒例の「かます開き」が行われ、巫女(みこ)や十六銀行の行員ら16人が朝から作業に追われた。  午前9時過ぎ、社務室に集められたさい銭…

続きを読むread more

石川県志賀町・住吉神社で浦安の舞奉納

浦安の舞 初々しく 志賀・住吉神社(中日新聞)  志賀町富来領家町の住吉神社で、一年の無事を祈る元旦祭があり、地元の小学校五、六年の女子児童八人が、浦安の舞を奉納した=写真。  鮮やかな赤いはかまに身を包んだ児童は、緊張した面持ちで舞台に立ち、氏子ら八十人が見守る中、雅楽の音に合わせてゆったりと舞った。よく揃ってますハートたち(複数ハート) 春…

続きを読むread more

南相馬・相馬小高神社で二年ぶりに初詣

原発避難から2年ぶり初詣 「相馬野馬追」の小高神社(共同通信)  勇壮な騎馬武者が駆ける伝統行事「相馬野馬追」の舞台として知られる福島県南相馬市小高区の相馬小高神社で1日、2年ぶりに初詣が復活し、東京電力福島第1原発事故で避難生活を送る参拝客らでにぎわった。事故で、警戒区域に指定されたため、昨年は立ち入りができなかった。巫女さんも…

続きを読むread more

防府天満宮で臨時巫女の説明会

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 さて昨年の記事から。 初詣に備え みこ作法学ぶ(中国新聞)  防府市松崎町の防府天満宮で28日、初詣の時期に臨時のみこを務めるアルバイトの大学生や高校生への説明会があり、約50人が参加して着物の着方や神社の作法などを学んだ。「【写真説明】みこ(右)に白衣とはかま…

続きを読むread more

仙台・秋保神社で縁起物のたこ作り

たこに託す復興祈願 仙台・秋保神社(産経新聞)  勝負事の神を祭り、毎年多くの初詣客でにぎわう仙台市太白区の秋保神社で、正月用の縁起物のたこ作りが最盛期を迎え、巫女(みこ)さんや職員らが作業に追われている。  たこ作りは今回で5回目。宮司の高山晃和(あきかず)さん(44)は「復興に向けての願いが天まで届きますように」と話して…

続きを読むread more

福山・草戸稲荷神社で初詣準備

初詣準備 草戸稲荷神社 三が日30万人見込む(山陽新聞)  備後地方の神社などでは縁起物やお守りなどを点検、元日の初詣客を迎える準備を整えた。  福山市草戸町、草戸稲荷神社では、巫女(みこ)らが破魔矢や熊手を一つ一つ手に取り、絵馬などの飾り物が外れていないか丁寧に確認。境内を掃除し、しめ縄の点検なども行い、訪れる大勢の参拝客…

続きを読むread more

栃木県高根沢町・安住神社で巨大鏡餅奉納

500キロ、巨大鏡もち奉納 高根沢の安住神社(下野新聞) 栃木 500キロの巨大鏡餅奉納(NHK) 重さ500キロ!巨大鏡餅を奉納 栃木(日本テレビ) 総重量500キロ、「ジャンボ鏡餅」奉納(TBS) 栃木・高根沢町の神社でジャンボ鏡餅の奉納が行われました。(フジテレビ) 重さ500キロ!ジャンボ鏡餅奉納 栃木・安住神社(テレ…

続きを読むread more

小矢部・埴生護国八幡宮で児童が浦安の舞の総仕上げ

浦安の舞 総仕上げ 小矢部、元日に奉納(中日新聞) 浦安の舞、児童が最後の特訓 小矢部の埴生護国八幡宮(北國新聞) 児童が「浦安の舞」練習 小矢部・埴生護国八幡宮(北日本新聞)  小矢部市埴生の埴生護国八幡宮で二十九日、地元の石動小学校に通う女子児童が、元日にみこ姿で奉納する「浦安の舞」の総仕上げ練習をした。  みこを務める…

続きを読むread more

行橋・正八幡宮で巫女の研修会

「せいそな衣装あこがれ」 巫女さんたち迎春準備 福岡(朝日新聞) 初詣の参拝客を迎える巫女(みこ)の研修会が29日、行橋市神田町の正八幡宮であった。高校生ら15人が白衣とはかまに身を包み、礼儀作法やお守りの扱い方を学んだ。  新米の巫女さんたちは、権禰宜(ねぎ)の高橋進太さん(32)から破魔矢や熊手、お札の種類などの説明を受…

続きを読むread more

高岡・射水神社で巫女の神楽舞の仕上げ

舞の仕上げ、練習に熱 高岡・射水神社の臨時巫女(富山新聞) 神楽舞 仕上げ 射水神社(中日新聞)  年始の祈祷(きとう)に合わせて神楽を舞うみこの最終講習会が28日、高岡市古城の射水神社であった。  みこによる神楽の奉納は祭礼の際が一般的だが、射水神社は元日から6日にかけての年始の祈祷でも行っている。今年は、高校生や大学生を中…

続きを読むread more

広島・福山八幡宮でアルバイトの巫女の研修

巫女の心構え バイト学生らが研修 広島・福山八幡宮(朝日新聞) 福山市北吉津町1丁目の福山八幡宮で28日、正月にアルバイトで巫女(みこ)を務める学生ら約40人が研修を受けた。  まず、吉川通泰宮司が「神様とお参りにきた人との間を取り持つのが巫女の役割。神主と同じ気持ちを持って仕事してください」と心構えを説明。お札や破魔矢の扱い方…

続きを読むread more

祐徳稲荷神社ですす払い

ほこりスッキリ 祐徳稲荷ですす払い(西日本新聞) 明るい年へすっきり 祐徳稲荷神社ですす払い 佐賀(朝日新聞)  鹿島市の祐徳稲荷神社で28日、1年のほこりを落とす恒例の「すす払い」があり、白衣に赤ばかま姿のみこ10人が、境内の山から切り出した長さ約4メートルのササを使って天井をはたいて回った。  この日は雨のため神楽殿の…

続きを読むread more

太宰府天満宮で臨時巫女に着付け指導

歳末点描:憧れの巫女さん/太宰府天満宮で着付け指導(毎日新聞) 太宰府天満宮:三が日の臨時巫女に着付け指導(同) アルバイトみこたち頼むわよ 太宰府天満宮で着付け指導(西日本新聞)  新年を前に、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で28日、アルバイトのみこの着付け指導があり、大学生など女性約80人が慣れない着付けの仕方を学んだ。 …

続きを読むread more

神戸・生田神社で「杉盛り」がお目見え

実のある年になりますように…神戸・生田神社で迎春準備「杉盛り」がお目見え(産経新聞)  神戸市中央区の生田神社に27日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う正月飾りの「杉盛り」がお目見えした。来年1月15日まで楼門前で参拝客を出迎える。  同神社では大昔、水害で倒れた松の木が社殿を壊したという言い伝えがあり、正月飾りにも一般的な門松…

続きを読むread more

北海道神宮ですす払い

すす払いで新年の準備(読売新聞) 北海道神宮ですす払い(札幌テレビ) すす払いは一年の汚れを落とし新しい年を迎える準備として、毎年行われています。北海道神宮では白装束に身を包んだ神主さんや巫女さんら20人が、長さ3メートルの竹ざおの先に笹を付けた特製のはたきで天井などにたまったすすやほこりを丹念に落としていました。北海道神宮では…

続きを読むread more

那覇・護国神社で福笹づくり始まる

福笹作り 願い込め 護国神社(琉球新報) 新年の準備、福笹づくり始まる(沖縄タイムス) 護国神社 福笹づくりで初詣の準備(琉球朝日放送)  新年を前に、初詣の参拝客に販売する福笹づくりが26日、那覇市奥武山の護国神社で始まった。赤いはかま姿のアルバイトの巫女(みこ)16人が、「家内安全」や「商売繁盛」などの短冊、鈴やひょうたん…

続きを読むread more

新潟・白山神社で新年準備

新年準備着々と(新潟日報)  年末年始に大勢の参拝者が訪れる新潟市中央区の白山神社で新年を迎える準備が進められている。26日は、巫女(みこ)らが熊手や破魔矢などの縁起物を販売所に並べる作業に追われていた。約30年ぶりに白ヘビの神様、蛇松明神のお守りも復活ー(長音記号2) 今年の清め 今年のうちに(読売新聞)  羽咋市寺家町の気多大社…

続きを読むread more

鹿児島・照国神社ですす払い

照国神社ですす払い 新年への準備着々 鹿児島市(南日本新聞) 迎春へ すす払い 鹿児島市照国神社(西日本新聞) [師走スケッチ]照国神社ですす払い(読売新聞)  2012年も残り1週間となった24日、鹿児島市照国町の照国神社で、年末恒例のすす払いがあった。6人の巫女(みこ)が長さ4メートルの竹ざさで拝殿にたまった火山灰やほこ…

続きを読むread more

鶴岡・荘内神社で臨時巫女の研修会

[師走点描]巫女研修、年越し餅つき(読売新聞)  鶴岡市馬場町の荘内神社では、初詣のための臨時巫女(みこ)の研修会が始まった=写真=。  同神社は例年、約8万人の初詣客が訪れ、人手不足を補うため、期間限定で巫女を募集している。今年は、地元の高校生ら25人が務め、お守りや破魔矢などの縁起物の販売を担当する。公式ブログでも紹介さ…

続きを読むread more

伊弉諾神宮で臨時巫女が神楽舞の練習

神話の里・伊弉諾神宮 臨時巫女の女子高生が猛練習(産経west)  淡路島内で最多の初詣客が訪れる兵庫県淡路市多賀の伊弉諾(いざなぎ)神宮(本名孝至宮司)で22日、正月三が日に臨時巫女(みこ)となる女子高生らが神楽舞を練習した。女子高生らは白衣と緋袴(ひばかま)の巫女装束に身を包み、所作を学んだ。約4時間半。高校1年生「神楽舞は足…

続きを読むread more