岐阜・伊奈波神社「かます開き」

三が日77万人参拝も金額少なめ 伊奈波神社(中日新聞) 岐阜・伊奈波神社で 恒例「かます開き」(読売新聞)  大勢の初詣客が訪れた岐阜市伊奈波通の伊奈波神社で4日、正月三が日のさい銭を集計する恒例の「かます開き」が行われ、巫女(みこ)や十六銀行の行員ら16人が朝から作業に追われた。  午前9時過ぎ、社務室に集められたさい銭は、巫女らが手作業で紙幣と硬貨とに分けた後、6台の機械を使って硬貨を数えた。権禰宜さんは「さい銭でたくさん入れるより、自分の願いに合ったお守りを購入されたのでは」と手(グー) 射初め・初射会。 「弓始奉射会」気持ち新たに 県護国神社で110人(同) 精進誓う 初射会(同) 美濃・武義高生が時代衣装で初射会(中日新聞)  美濃市泉町の武義高校で四日、弓道部が稽古始めに当たる初射会を開き、時代衣装をまとった部員が古式の作法による儀式に臨んだ。  一、二年生三十人が参加。公家が着た水干に立烏帽子(たてえぼし)姿の女子部員や、武家が用いた直垂に風折烏帽子(かざおりえぼし)姿の男子部員らが居並んだ。小笠原流の作法にのっとり「蟇目の儀」と「百々手式」を披露手(チョキ) 新成人も…新春恒例、弓の初射会 滋賀(ytv) 新春の願い、矢に込め 大津で初射会(京都新聞) 振り袖姿で初射 「充実の1年に」(読売新聞)  新年の弓道の事始めとなる「初射(はつしゃ)会」が3日、大津市の皇子が丘公園弓道場で催された。着物姿の愛好家たちが集中力を高め、りりしい表情で次々と矢を放…

続きを読む

石川県志賀町・住吉神社で浦安の舞奉納

浦安の舞 初々しく 志賀・住吉神社(中日新聞)  志賀町富来領家町の住吉神社で、一年の無事を祈る元旦祭があり、地元の小学校五、六年の女子児童八人が、浦安の舞を奉納した=写真。  鮮やかな赤いはかまに身を包んだ児童は、緊張した面持ちで舞台に立ち、氏子ら八十人が見守る中、雅楽の音に合わせてゆったりと舞った。よく揃ってますハートたち(複数ハート) 春日大社で神楽始式(読売新聞)  奈良市の春日大社で3日、国家の安泰と1年間神楽が無事に舞えるよう祈願する「神楽始式(かぐらはじめしき)」が営まれた。多くの初詣客が見守る中、巫女(みこ)たちが本殿前で優雅な舞を奉納した。  神職が神饌(しんせん)を献上した後、白と朱色の色鮮やかな装束と藤のかんざしをつけた巫女4人が、1年にこの日だけ舞う秘曲「神おろし」を披露。続いて筆頭の巫女「一臈(いちろう)」が白い輪が付いたサカキを手に、神職らが奏でる笛や琴の音色に合わせて舞った。橿原神宮ではそろばんはじき初めがシャープダイヤル 王朝気分「かるた始め」…京都・八坂神社(同) 子どもたち、装束華やか 八坂神社で「かるた始め」(京都新聞) かるた始め:平安装束姿で百人一首の初手合わせ…京都(毎日新聞) 京都 新春恒例「かるた始め」(NHK) 京都市の八坂神社で恒例の「かるた始め」が行われました。(13/01/03) 中学2年生「きれいな着物を着たり、好きな小野小町の札を取れたりして楽しかった」黒ハート

続きを読む

南相馬・相馬小高神社で二年ぶりに初詣

原発避難から2年ぶり初詣 「相馬野馬追」の小高神社(共同通信)  勇壮な騎馬武者が駆ける伝統行事「相馬野馬追」の舞台として知られる福島県南相馬市小高区の相馬小高神社で1日、2年ぶりに初詣が復活し、東京電力福島第1原発事故で避難生活を送る参拝客らでにぎわった。事故で、警戒区域に指定されたため、昨年は立ち入りができなかった。巫女さんも餅まきをリボン 天狗の餅つき今年も 鹿沼の古峯神社(下野新聞)  【鹿沼】草久の古峯神社で28日、新年を迎える前の恒例行事「天狗祭」が行われた。  祭神にお供えする餅を神社内で作る行事。神社内「古峯園」の池一面に氷が張る寒い朝、一番祈祷で石原敬士宮司が神前に報告後、祭主を鈴木松雄禰宜が務めての神前での祝詞や巫女舞が行われた。動画あり。悠久の舞のようですねるんるん 熊手作り大詰め 石岡・常陸国総社宮(茨城新聞) 石岡市総社の常陸国総社宮(石崎雅比古宮司)で、新年の準備が大詰めを迎えている。 境内の参集殿では22日、白衣に赤いはかま姿の巫女(みこ)が、縁起物の熊手に、おはらいをした札を差したり、神棚用の札に一つ一つ丁寧に判を押していた。熊手は長さ20〜150センチまで、大小合わせて約1000本を準備し、三が日で約2万人の人出を見込む初詣に備える。緑が綺麗。ちょっと前の記事ですがあせあせ(飛び散る汗)

続きを読む

防府天満宮で臨時巫女の説明会

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 さて昨年の記事から。 初詣に備え みこ作法学ぶ(中国新聞)  防府市松崎町の防府天満宮で28日、初詣の時期に臨時のみこを務めるアルバイトの大学生や高校生への説明会があり、約50人が参加して着物の着方や神社の作法などを学んだ。「【写真説明】みこ(右)に白衣とはかまの着方を習う参加者」揺れるハート 新年を前に初詣の準備(RCC)  新年を前に、各地の神社は、初詣の準備に追われています。  県内で最も初詣客の多い広島市の広島護国神社です。  こちらでは、幅11m縦5mのさい銭スペースを設けたり、来年の干支「へび」にちなんだ、お守りや破魔矢などを並べたり、準備に追われていました。正月三が日で60万人の人出を見込んでいますphone to 新春ガイド(読売新聞) ■初詣  ◇石清尾八幡宮(高松市) 31日午後3時から大祓式(おおはらいしき)の後、同5時から除夜祭。1日午前0時から鏡割りと獅子舞の奉納、同7時から世界の平和と農作物の豊作を祈願する歳旦祭。31日午後11時30分頃から1日午前3時頃までうどん、ぜんざい、甘酒、餅の接待がある。  ◇田村神社(同) 31日午後2時から大祓式。同11時30分から除夜祭の後、1日午前0時からの歳旦祭では、本殿の大太鼓を100回打ち鳴らす。31日夜から1日までそば、うどんを1食150円で販売。写真は田村神社。やはり讃岐うどんなんですねレストラン

続きを読む

仙台・秋保神社で縁起物のたこ作り

たこに託す復興祈願 仙台・秋保神社(産経新聞)  勝負事の神を祭り、毎年多くの初詣客でにぎわう仙台市太白区の秋保神社で、正月用の縁起物のたこ作りが最盛期を迎え、巫女(みこ)さんや職員らが作業に追われている。  たこ作りは今回で5回目。宮司の高山晃和(あきかず)さん(44)は「復興に向けての願いが天まで届きますように」と話していた。限定100個。作品の仕上がりにほほえむ巫女さん黒ハート 大晦日 穏やかな朝(テレビ岩手) 31日朝は最低気温が盛岡で氷点下0.7度、宮古で2.9度、大船渡で2.8度と平年を5度前後上回り、早くには曇りや雪が降っていたところでも午前9時過ぎには沿岸で陽が射した。このなか、盛岡市の盛岡八幡宮では巫女さん達が破魔矢やお守り、来年の干支のヘビをモチーフにした鈴などを表に並べてお正月に向けた準備に追われていた。内陸では再び雪が降り始め、吹雪くところもありそう雪 ジャンボ熊手で神徳を 穂高神社、1本限定用意(中日新聞)  安曇野市穂高の穂高神社が、長さ約一・八メートルの大きな熊手を新年に向けて用意し、三十日から授与所に飾った。一本限定で今回初めて用意し、希望者には五万円で譲る。禰宜(ねぎ)の保尊勉さん(51)は「見る人も穂高神社の神気を受けて、元気に一年間過ごしてもらえれば」と話した。紹介済み。恵美須、大黒天、おかめの三つのお面の他、タイやツルもモバQ 年内の更新はこれで最後の予定です。今年一年ありがとうございました。

続きを読む

福山・草戸稲荷神社で初詣準備

初詣準備 草戸稲荷神社 三が日30万人見込む(山陽新聞)  備後地方の神社などでは縁起物やお守りなどを点検、元日の初詣客を迎える準備を整えた。  福山市草戸町、草戸稲荷神社では、巫女(みこ)らが破魔矢や熊手を一つ一つ手に取り、絵馬などの飾り物が外れていないか丁寧に確認。境内を掃除し、しめ縄の点検なども行い、訪れる大勢の参拝客に備えた。正月三が日には約30万人の人出を見込んでいます車(セダン) 明治神宮 初詣の準備進む(NHK) 大みそかの31日、全国各地の神社や寺では初詣の人たちを迎える最後の準備が進められています。 このうち、正月三が日に全国で最も多い300万人が参拝すると見込まれている東京の明治神宮では、社殿の前に畳400畳分の巨大なさい銭受けが設置されています。 社殿に通じる門には来年のえとの「巳(み)」を描いた絵馬や魔よけの矢が飾られました。 そして、縁起物を授ける場所では、はかま姿の「みこ」たちが、魔よけの矢やお守りを並べて参拝者を迎える最後の準備に追われていました。混雑は元日の午前0時ごろから2時ごろにかけてがピークとのとむかっ(怒り) 初詣を前にみこさん研修 行橋の正八幡宮(西日本新聞)  来年の三が日に5万人の初詣客を見込む行橋市神田町の正八幡宮(広瀬正和宮司)で29日、アルバイトのみこの研修会があった。この日は採用された15人のうち12人が参加。神職がお札や熊手などの縁起物の説明をし、言葉遣い、礼儀作法などを指導した。既出。専門学生(19)「新年に訪れた人…

続きを読む

栃木県高根沢町・安住神社で巨大鏡餅奉納

500キロ、巨大鏡もち奉納 高根沢の安住神社(下野新聞) 栃木 500キロの巨大鏡餅奉納(NHK) 重さ500キロ!巨大鏡餅を奉納 栃木(日本テレビ) 総重量500キロ、「ジャンボ鏡餅」奉納(TBS) 栃木・高根沢町の神社でジャンボ鏡餅の奉納が行われました。(フジテレビ) 重さ500キロ!ジャンボ鏡餅奉納 栃木・安住神社(テレビ朝日) 高根沢町の安住神社では、毎年この時期、1年間の自然の恵みに感謝し、翌年の豊作を願って巨大な鏡餅を奉納しています。 鏡もちは8俵分の餅米で作られ、高さがおよそ90センチ、重さが500キロもある3段重ねのもので、30日は1段目と2段目がフォークリフトで運ばれたあと、神社のみこなど12人が3段目を担いで持ち上げました。 そして、しめ縄を飾りつけ、「晩白柚(ばんぺいゆ)」という大きなかんきつ類の果物を載せて鏡餅が完成しました。初の試みとして巫女さん2人が「浦安の舞」を披露しました黒ハート 室蘭市内の神社など市民らが御神札買い一年祈る(室蘭民報)  新年を迎える準備が進む、室蘭市内の神社では30日、家庭などの大掃除を終えた市民が続々と詰め掛け、神棚にそなえる御神札(ごしんさつ)を買い求めていた。  宮の森町の室蘭中嶋神社(森田邦義宮司)には朝から市民らが訪れ、名前や住所を記帳。白衣と赤いはかまに正装した巫女(みこ)から御神札を受け取っていた。今月下旬に頒布のピークを迎えました本 迎春準備 大詰め(読売新聞)  来年1月1~3日の3…

続きを読む

小矢部・埴生護国八幡宮で児童が浦安の舞の総仕上げ

浦安の舞 総仕上げ 小矢部、元日に奉納(中日新聞) 浦安の舞、児童が最後の特訓 小矢部の埴生護国八幡宮(北國新聞) 児童が「浦安の舞」練習 小矢部・埴生護国八幡宮(北日本新聞)  小矢部市埴生の埴生護国八幡宮で二十九日、地元の石動小学校に通う女子児童が、元日にみこ姿で奉納する「浦安の舞」の総仕上げ練習をした。  みこを務めるのは、埴生地区に住む同校五、六年生の十一人。この日は、社殿で本番同様みこの衣装に身を包み、扇や鈴を手に神妙な面持ちでゆったりと舞い、最後の確認をした。六年生「最後の年なのでうまく踊れるよう頑張りたい」ハートたち(複数ハート) 新人巫女、新年の招福任せて 多治見の新羅神社で研修(岐阜新聞)  奈良時代の創建とされる多治見市御幸町の新羅神社で29日、初詣と1月5日の初恵比寿(えびす)に向けて、参拝者を迎える巫女(みこ)の研修が始まった。  古くから同市の氏神として参拝され毎年、正月三が日に約1万人、初恵比寿には約3000人が訪れる。巫女は破魔矢やお守りなどを参拝者に授与するのが主な役割で、ことしは高校生と大学生の計7人が務める。巫女さん(23)「新年が良い年となるよう、幸せな正月を過ごすお手伝いをしたい」揺れるハート 苫小牧・樽前山神社で破魔矢準備、新年秒読み(室蘭民報)  苫小牧市の樽前山神社(永井承邦宮司)では、正月に販売する縁起物の破魔矢の準備に追われている。  破魔矢は、新年に弓射の勝負を行い、勝者にはその年の豊作が約束されるという正月の年占(としうら)神…

続きを読む

行橋・正八幡宮で巫女の研修会

「せいそな衣装あこがれ」 巫女さんたち迎春準備 福岡(朝日新聞) 初詣の参拝客を迎える巫女(みこ)の研修会が29日、行橋市神田町の正八幡宮であった。高校生ら15人が白衣とはかまに身を包み、礼儀作法やお守りの扱い方を学んだ。  新米の巫女さんたちは、権禰宜(ねぎ)の高橋進太さん(32)から破魔矢や熊手、お札の種類などの説明を受け、一つひとつ確認していた。高校1年生(16)「せいそな衣装にあこがれていた。礼儀作法を守ってきちんとしなければ」ぴかぴか(新しい) 新年、さわやかな笑顔で 佐賀・佐嘉神社で巫女さん研修(同)  佐賀市松原2丁目の佐嘉神社で29日、初もうで期間中にお守りやお札を扱う巫女(みこ)さん向けの説明会があった。65人が白い着物と赤いはかま姿で奉仕の心や身だしなみについて説明を受けた。  佐嘉神社では三が日に延べ35万人の参拝が見込まれる。権禰宜(ねぎ)の佐野安正さん(46)は「大混雑するが、忙しくてもさわやかな笑顔で」と励ました。大学生(20)は「親切な対応をして参拝者に『いい1年になりそうだ』と思ってほしい」と電車 アルバイト巫女さん、特訓中 青森、憧れの姿に喜び(同)  青森市安方2丁目の善知鳥神社では、初詣の参拝客を迎えるアルバイト巫女(みこ)の研修があった。  約50人の応募者の中から選ばれた高校生や大学生17人が参加した。同神社の沼田眞規権禰宜(ごんねぎ)から、袴(はかま)の着付けや礼儀作法の指導を受けた。高校1年生(16)「巫女さん姿が憧れだったのでう…

続きを読む

高岡・射水神社で巫女の神楽舞の仕上げ

舞の仕上げ、練習に熱 高岡・射水神社の臨時巫女(富山新聞) 神楽舞 仕上げ 射水神社(中日新聞)  年始の祈祷(きとう)に合わせて神楽を舞うみこの最終講習会が28日、高岡市古城の射水神社であった。  みこによる神楽の奉納は祭礼の際が一般的だが、射水神社は元日から6日にかけての年始の祈祷でも行っている。今年は、高校生や大学生を中心にした女性9人が今月20日から、神から授かった扇と鈴を大切にし、誠心誠意、笑顔で接することを心掛けて、舞い方や所作を学んだ。浪速神楽の「早神楽」。高校2年生「巫女経験者の先輩たちと動 きをそろえて精いっぱい踊りたい」ハートたち(複数ハート) 大きな熊手で福を集めて 安曇野・穂高神社 「県内最大級」(信濃毎日新聞) 初詣に向けて 穂高神社で巫女アルバイトの説明会(NBS)  安曇野市穂高の穂高神社で25日、初詣客を迎える準備が進んだ。神職や地元住民計約20人が、本殿や拝殿の床磨きやすす払いなどの大掃除をした。正月の縁起物では県内最大級という1・8メートルの大熊手も初めて1本用意した。価格は5万円。巫女さんの福々しい笑顔がいいですねるんるん 飲酒運転防止へお神酒瓶詰め 福山・三蔵稲荷神社(山陽新聞)  お神酒は持ち帰って飲んで―。三蔵稲荷神社(福山市丸之内)で28日、境内での振る舞い酒の代わりに、元日の初詣客に進呈するため、ミス三蔵稲荷の巫女(みこ)3人が地酒の日本酒を小さな瓶に入れる作業を行った。700本を仕上げ、うち500本を元日午前0時の鏡開きの後に配りますビール

続きを読む

広島・福山八幡宮でアルバイトの巫女の研修

巫女の心構え バイト学生らが研修 広島・福山八幡宮(朝日新聞) 福山市北吉津町1丁目の福山八幡宮で28日、正月にアルバイトで巫女(みこ)を務める学生ら約40人が研修を受けた。  まず、吉川通泰宮司が「神様とお参りにきた人との間を取り持つのが巫女の役割。神主と同じ気持ちを持って仕事してください」と心構えを説明。お札や破魔矢の扱い方や言葉遣い、袴(はかま)の着方などを学んだ。高校3年生「一度はしてみたいと思っていた。いろいろ決まり事もあり、真剣な気持ちになった」リボン みこさん、新年の準備着々 鳥取・宇倍神社(同) 来る年 笑顔で 鳥取・宇倍神社でみこさん研修(日本海新聞) 神社で迎春準備 日本海新聞ニュース 新年の参拝客を迎えるため、鳥取市国府町宮下の宇倍神社では、お守りの受け渡し場所を設置するなど準備に追われている。  20歳前後のみこさん約20人も、縁起物の破魔矢や熊手を準備。金田誠宮司は、みこさんらに「大変寒くつらいとも思いますが、明るくさわやかにお務めください。日本で最も輝くみこさんであってほしいと願っております」と励ましの言葉をかけていた。大学生(20)「小学生のときからやりたいと思っていたので、うれしい。自分の笑顔で、参拝して下さった方が良い気持ちで新年を迎えられるよう頑張ります」プレゼント 新年の希望、縁起物に願って 兵庫・出石神社(朝日新聞)  新年が近づいた28日、豊岡市出石町宮内の出石神社(長尾家典宮司)では初詣客が買い求める縁起物の準備に追われた。 (中…

続きを読む

祐徳稲荷神社ですす払い

ほこりスッキリ 祐徳稲荷ですす払い(西日本新聞) 明るい年へすっきり 祐徳稲荷神社ですす払い 佐賀(朝日新聞)  鹿島市の祐徳稲荷神社で28日、1年のほこりを落とす恒例の「すす払い」があり、白衣に赤ばかま姿のみこ10人が、境内の山から切り出した長さ約4メートルのササを使って天井をはたいて回った。  この日は雨のため神楽殿の中で作業したが、30日までに施設の外部もすす払いを終える予定。十人並ぶと壮観ですハートたち(複数ハート) 諏訪神社でアルバイトの巫女の説明会 長崎(日本テレビ)  今年も残りわずかとなり、長崎市の諏訪神社では28日、アルバイトの巫女(みこ)の説明会が開かれた。  諏訪神社では毎年、初詣客を迎えるためにアルバイトの巫女を募集し、説明会を開いている。今年は120人の応募の中から大学生や専門学校生ら70人が選ばれ、挨拶の仕方や勤務時の心構え、着付けなどを学んだ。やはり人気があるんですね黒ハート 臨時の巫女、迎春の準備万端(読売新聞)  大みそかから年明けにかけて多くの参拝客が見込まれる、太宰府市の太宰府天満宮で28日、臨時の巫女(みこ)の研修が行われた。  大学生や短大生、高校生ら約80人が参加。本職の巫女3人から、白衣と緋袴(ひばかま)の着方、お守りや縁起物を参拝客に手渡す際の言葉遣いや作法などを教わった。既出。大学4年生(22)「寒いと思うけど、笑顔を絶やさないように頑張りたい」揺れるハート 新年の準備、福笹づくり始まる 沖縄(朝日新聞)  新年を前に、初詣…

続きを読む

太宰府天満宮で臨時巫女に着付け指導

歳末点描:憧れの巫女さん/太宰府天満宮で着付け指導(毎日新聞) 太宰府天満宮:三が日の臨時巫女に着付け指導(同) アルバイトみこたち頼むわよ 太宰府天満宮で着付け指導(西日本新聞)  新年を前に、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で28日、アルバイトのみこの着付け指導があり、大学生など女性約80人が慣れない着付けの仕方を学んだ。  例年200万人前後の初詣客が訪れる天満宮では、お守りの授与所を臨時に5カ所設け、アルバイトのみこが来年1月7日まで応対。この日は、白衣や緋袴(ひばかま)を手渡された女性たちが、本職のみこや神職から、帯の結び方などを習った。大学1年生(19)は「毎年初詣に来ていたので憧れていた。みこになりきって頑張る」と笑顔でハートたち(複数ハート) 一足早く「福」来たる 知事に鯛の縁起物(同) ふく娘 福岡市長を表敬(読売新聞)  住吉神社(福岡市博多区)のふく娘たちが26日、県庁に小川洋知事を訪ね、新年を前に一足早く、黄金色に輝く「鯛(たい)の縁起物」を贈った。  同神社の高野維敦・権祢宜(ごんねぎ)が「一足早く来年の『福』をお持ちしました」とあいさつ。ふく娘の友岡祥子さん(23)、柴田有佳里さん(21)、西尾彩乃さん(20)の3人が「来年もよい年でありますように」と願いながら小川知事に縁起物とお神酒、お札を手渡した。升の上に鯛で「ますますの金運(経済)上昇」を意味するそうふくろ 破魔矢づくりピーク 宇佐神宮(同)  宇佐市の宇佐神宮で、縁起物の破魔矢づくりがピーク…

続きを読む

神戸・生田神社で「杉盛り」がお目見え

実のある年になりますように…神戸・生田神社で迎春準備「杉盛り」がお目見え(産経新聞)  神戸市中央区の生田神社に27日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う正月飾りの「杉盛り」がお目見えした。来年1月15日まで楼門前で参拝客を出迎える。  同神社では大昔、水害で倒れた松の木が社殿を壊したという言い伝えがあり、正月飾りにも一般的な門松ではなく杉を用いている。午前8時から神職や巫女さんらが飾り付けぴかぴか(新しい) しめ縄飾り、迎春準備 浜松・五社神社(静岡新聞)  お正月三が日で毎年10万人を迎える浜松市中区利町の五社神社で26日、しめ縄の飾り付け作業が行われた。  しめ縄は長さ6メートル、太さは最大で直径約20センチ。西区入野町の職人袴田不二夫さん(78)が製作した。神職と巫女(みこ)計7人がササを使って1年間たまった拝殿正面のすす払いをした後、はしごをかけて重さ45キロの真新しいしめ縄を梁(はり)に取り付けた。巫女さんが下から支えます位置情報 「良い年に」願い込めて*護国神社で破魔矢作り(北海道新聞旭川支社)  北海道護国神社(旭川市花咲町1)で、正月の縁起物の破魔矢作りがピークを迎えている。18日も社務所で、巫女(みこ)と神主が「来年は良い年に」と思いを込めながら、鈴や来年の干支(えと)「へび」が描かれた絵馬を矢に取り付けた。長さ10センチ台のものから、90センチまで計2200本を用意車(RV)

続きを読む

北海道神宮ですす払い

すす払いで新年の準備(読売新聞) 北海道神宮ですす払い(札幌テレビ) すす払いは一年の汚れを落とし新しい年を迎える準備として、毎年行われています。北海道神宮では白装束に身を包んだ神主さんや巫女さんら20人が、長さ3メートルの竹ざおの先に笹を付けた特製のはたきで天井などにたまったすすやほこりを丹念に落としていました。北海道神宮では、今年の正月三が日の初詣におよそ75万人の参拝客が訪れています。寒そうですが巫女さんの表情が良いです雪 参拝の作法、縁起物受け渡し 鶴岡・荘内神社でみこの研修(山形新聞)  初回の研修となった23日には高校生や大学生20人が参加し、白衣と赤いはかまの着付けからスタート。権禰宜(ごんねぎ)の石原和香子さんが帯の結び方を一人一人に手を添え教えた。続いて参加者は拝殿に移り参拝の作法を習得。石原宮司は「初詣は大切な行事。大きな声であいさつしてください」と呼び掛けた。こちらで紹介済み。16歳の子「先輩がみこになった姿に憧れ応募した。言葉遣いが難しいと実感した」決定 ヘビ年 迎春準備本格化…大阪市・住吉大社(読売新聞)  大阪市住吉区の住吉大社で26日、赤いはかま姿の神楽女6人が縁起物の飾り付けなどを行い、迎春準備が本格化した。  この日は、古くから同大社に伝わる踊りでかぶるかさのわら細工やお札をササにくくりつけた縁起物「住吉おどり」2000点を用意。ほかに、ご神矢やお守りなどの準備が31日まで続く。縁起物も巫女さんの髪飾りも独特ですクリスマス

続きを読む

那覇・護国神社で福笹づくり始まる

福笹作り 願い込め 護国神社(琉球新報) 新年の準備、福笹づくり始まる(沖縄タイムス) 護国神社 福笹づくりで初詣の準備(琉球朝日放送)  新年を前に、初詣の参拝客に販売する福笹づくりが26日、那覇市奥武山の護国神社で始まった。赤いはかま姿のアルバイトの巫女(みこ)16人が、「家内安全」や「商売繁盛」などの短冊、鈴やひょうたんなどの縁起物を丁寧に笹に結び付けた。同神社では、国頭村に自生する笹を使い、2日間で1千体作る。このほか、来年のえとの巳(み)の絵馬を付け破魔矢を作るなど、新年に向けた準備を進めた。専門学校生(19)「参拝客に一年間楽しく過ごしてほしいという気持ちを込めて作っている」黒ハート 新春控え、みこ研修 鳴門・大麻比古神社(徳島新聞) 巫女さんの研修会(四国放送)  鳴門市大麻町板東の大麻比古神社で26日、正月にみこ役を務める女性の研修会があり、県内外の学生ら約30人が礼儀作法について学んだ。  研修会は参集殿で開かれ、金倉文雄宮司が「みこは神様と参拝者の仲を取り持つ役目」などと説明。白衣と緋袴(ひばかま)姿の学生らは、参拝や歩き方などの作法を神職から教わった。高校2年生(17)「参拝者に気持ちよく新年を迎えてもらえるよう心を込めて対応したい」揺れるハート みこさん研修初詣準備着々 松山の椿神社(愛媛新聞)  愛媛県松山市居相2丁目の伊予豆比古命神社(椿神社)は23日、大みそかと正月三が日にみこを務める高校生と大学生の研修会を開き、初詣客を迎え入れる心構えや応…

続きを読む

新潟・白山神社で新年準備

新年準備着々と(新潟日報)  年末年始に大勢の参拝者が訪れる新潟市中央区の白山神社で新年を迎える準備が進められている。26日は、巫女(みこ)らが熊手や破魔矢などの縁起物を販売所に並べる作業に追われていた。約30年ぶりに白ヘビの神様、蛇松明神のお守りも復活ー(長音記号2) 今年の清め 今年のうちに(読売新聞)  羽咋市寺家町の気多大社で20日、「清殿祭」が行われた。神職や巫女(みこ)らが長さ約5メートルの竹を使って、国重要文化財の「拝殿」や「神門」などにたまった1年分のほこりを丁寧に払い落としていた。金沢・尾山神社の「清殿祭」の写真もカメラ 「巫女さん」も迎春準備 袴姿で研修 三嶋大社(静岡新聞)  県内屈指の初詣客を迎える三島市大宮町の三嶋大社は15日、年末年始の巫女(みこ)助勤奉仕者の説明会を同所で開いた。応募した地元の高校生や大学生ら約100人が参加し、白衣と緋袴(ひばかま)姿で研修を受けた。23日に説明会を開く神社が多いようですが、ここは早いですねmail to

続きを読む

鹿児島・照国神社ですす払い

照国神社ですす払い 新年への準備着々 鹿児島市(南日本新聞) 迎春へ すす払い 鹿児島市照国神社(西日本新聞) [師走スケッチ]照国神社ですす払い(読売新聞)  2012年も残り1週間となった24日、鹿児島市照国町の照国神社で、年末恒例のすす払いがあった。6人の巫女(みこ)が長さ4メートルの竹ざさで拝殿にたまった火山灰やほこりを落とし、新年を迎える準備を整えた。  神殿には、来年のえと・ヘビが描かれた縦1.5メートル、横6.5メートルの絵馬を設置。巫女たちは縁起物の破魔矢や熊手、お守りに傷がないか確認し、初詣客でにぎわう三が日に備えた。巫女長さん(22)「1年間お世話になった場所なので、しっかり汚れを落とした。参拝客に気持ちよく新年を迎えてほしい」ハートたち(複数ハート) 迎春控え、アルバイト巫女の研修会 熊本の藤崎八旛宮(朝日新聞) 例年多くの初詣(はつもうで)客が訪れる熊本市中央区井川淵町の藤崎八旛宮で23日、アルバイトの巫女(みこ)の研修会があった。大学生や高校生ら約60人が参加し、礼儀作法やお守り、お札といった授与品の扱い方、白衣、はかまの着方などを神職から習った。初参加の大学生(21)「少し緊張しますが、こうした形で一年をスタートするのも良いと思います」揺れるハート 願い込め準備着々、破魔矢作り/宇佐神宮(同) 正月三が日は40万人の人出でにぎわう宇佐神宮=宇佐市南宇佐=で、初詣客に販売される破魔矢作りが追い込みに入っている。  破魔矢は12種類で1万5千本を作る。11月末か…

続きを読む

鶴岡・荘内神社で臨時巫女の研修会

[師走点描]巫女研修、年越し餅つき(読売新聞)  鶴岡市馬場町の荘内神社では、初詣のための臨時巫女(みこ)の研修会が始まった=写真=。  同神社は例年、約8万人の初詣客が訪れ、人手不足を補うため、期間限定で巫女を募集している。今年は、地元の高校生ら25人が務め、お守りや破魔矢などの縁起物の販売を担当する。公式ブログでも紹介されていますメモ 臨時巫女研修 - 荘内神社 宮司の言の葉 室蘭八幡宮で初詣用の破魔矢作りが追い込みに入る(室蘭民報)  「八幡さん」の呼び名で親しまれている、室蘭市海岸町の室蘭八幡宮で、元朝参りや正月三が日の参拝客向けの破魔矢作りが追い込みに入っている。「災難をはらい福を招く」縁起物の用意に巫女(みこ)が交代であたっている。 被災地の主婦らが三重県の真珠業者の協力で製作した真珠の端物を使った「絆守り」を特別販売するそうです新月 はかま姿で巫女体験 玉村(上毛新聞)  玉村町下新田の玉村八幡宮で23日、初詣の参拝客の応対に当たる巫女(みこ)の研修会が開かれ、34人が手水や参拝の作法を学んだ。 (中略)  初めて応募した15人は、白衣と朱色のはかまに着替え、境内を見学。手水舎では、手洗いと口をすすぐ手順を2人ずつ体験していた=写真。「募集は行っていないが毎年、口コミで多くの希望者から連絡がある」とのことキスマーク

続きを読む

伊弉諾神宮で臨時巫女が神楽舞の練習

神話の里・伊弉諾神宮 臨時巫女の女子高生が猛練習(産経west)  淡路島内で最多の初詣客が訪れる兵庫県淡路市多賀の伊弉諾(いざなぎ)神宮(本名孝至宮司)で22日、正月三が日に臨時巫女(みこ)となる女子高生らが神楽舞を練習した。女子高生らは白衣と緋袴(ひばかま)の巫女装束に身を包み、所作を学んだ。約4時間半。高校1年生「神楽舞は足の先まで神経を使うので難しい。巫女は大変な仕事と実感しました」と笑顔でハートたち(複数ハート) 話題:冬至 博多・櫛田神社ですす払い(毎日新聞)  21日は二十四節気の一つ、冬至。福岡市博多区の櫛田神社では、毎年冬至の日に行う「すす払い神事」があった。神職と巫女(みこ)の計9人が長さ約4メートルのささ竹を手に、本殿や楼門などのはりや天井に付いた1年のほこりを払い清めた。  1年で昼の時間が最も短い冬至を境に本格的な寒さがやって来ると言われる。福岡管区気象台によると、九州北部地方は3連休となる今週末、寒波の影響で平年よりも気温が下がり、ところによって雪も降る見込み。紹介済みですが別角度から本 鹿島神宮で新年準備−−鹿嶋(同)  新年を迎える準備で慌ただしい鹿嶋市宮中の鹿島神宮(鹿島則良宮司)で、初詣客が買い求める破魔矢やお札などの縁起物をそろえる作業が終盤を迎えている。  境内の作業場では、神職や巫女(みこ)らが、破魔矢の羽の付け根に来年の干支(えと)を描いた絵馬や鈴などを結びつけたり、氏子札や御幣などをそろえた正月セットを用意するなど、忙しい日々が大み…

続きを読む