熱田神宮で破魔矢作り大詰め

<熱田神宮>破魔矢作りピーク(毎日新聞) 正月に向けて破魔矢作り 熱田神宮(中日新聞) 熱田神宮で、正月の縁起物「破魔矢」づくり(中京テレビ)  名古屋市熱田区の熱田神宮で、初詣客向けの縁起物・破魔矢作りがピークを迎えている。  境内の文化殿講堂で作業が行われており、7日は神職やみこ、同神宮の婦人会員ら約90人が、色鮮やかな矢に来年の干支(えと)「巳(み)」にちなんでヘビを描いた絵馬を結びつけた。破魔矢を10万5000本用意するという。所狭しと積まれてますあせあせ(飛び散る汗) 穏やかな新年願い破魔矢づくり 岐阜市・金神社(岐阜新聞)  初詣の参拝者が買い求める破魔矢づくりが岐阜市金町の金神社で大詰めを迎えている。6日は、氏子らも手伝い、来年のえとの巳(み)の絵馬や張り子などを手際よく取り付け、迎春準備を進めた。  破魔矢は、魔よけと幸運を願う縁起物。この日は氏子らでつくる金神社敬神婦人会の会員や巫女(みこ)ら約20人が作業。3種類の破魔矢に、張り子や絵馬、鈴などを結び付けていった。「今月中旬までに約1600本を準備し、三が日で約13万人の人出を見込む初詣に備える」そうsoon 2012歳末点描:巫女さん衣装合わせ−−熊本市・加藤神社(毎日新聞)  熊本市中央区本丸の加藤神社で2日、正月三が日に巫女(みこ)を務める女性たちが衣装合わせをした。  中学生から社会人まで120人が応募し77人が選ばれた。神社の職員らに教わりながら、白衣に真っ赤な「緋袴(ひばかま)」を試着した。…

続きを読む

静岡浅間神社で福矢作り始まる

無病息災、家内安全 福矢作り始まる 静岡(静岡新聞)  静岡市葵区宮ケ崎町の静岡浅間神社で4日、新年の無病息災や家内安全などを祈願する福矢作りが始まった。  巫女(みこ)と敬神婦人会のメンバー計11人が境内の北回廊に集まり、来年の干支(えと)の「巳(み)」とヤマユリが描かれた絵馬を丁寧に矢に結び付けた。巫女さん(23)「参拝者の皆さんの願いがかないますように」わーい(嬉しい顔) 「三嶋駒」作り最盛期 巫女ら迎春準備 三嶋大社(同)  三島市の三嶋大社で、正月の縁起物「三嶋駒」作りが最盛期を迎えている。5日は巫女(みこ)や神職ら8人が、来年のえと「巳(へび)」が描かれた駒に焼き印し、麻ひもを取り付ける仕上げ作業に精を出した。  三嶋駒は厚みがある独特の形で、三嶋大社が1954年に作り始めた。開運招福に御利益があるとされ、初詣客の人気を集める。横幅20センチ、高さ15センチ、厚さ6センチの大駒(初穂料1万円)は180体作りますexclamation 無病息災祈り縁起物作り(読売新聞)  初詣に向けた縁起物作りの作業が、鶴岡市馬場町の荘内神社で行われている=写真=。  同神社の斎館で神職たちは、魔よけの破魔矢(はまや)に来年の干支(えと)の「巳(み)」が描かれた絵馬などを取り付けたり、お札(ふだ)に無病息災などを祈る判子を押す作業をしたりと手を休める暇がないほど。15日まで約5000個の破魔矢などを用意する予定で、29日には縁起物にお払いなどをする入魂式を行う。紹介済み。毎年、初詣に約8万人が訪れま…

続きを読む

盛岡八幡宮で縁起物づくり

[師走点描]縁起物 心込め(読売新聞) 盛岡八幡宮で破魔矢づくり(テレビ岩手) 盛岡八幡宮は県内で最も多くの初詣客が訪れる所で、今年の3が日は24万2000人が訪れた。このため盛岡八幡宮では、急ピッチで破魔矢とごぼう注連縄作りを行っている。3日は6人の巫女(みこ)さんが破魔矢に開運を祈願する短冊や干支が描かれた絵馬などを丁寧に飾り付けていた。この春高校を卒業した2人の新人巫女(みこ)さんも先輩の指導を受けながら、縁起物づくりに励んでいた。破魔矢は大みそかまでに1万本作られるとのことー(長音記号2) 厄除けの願い込め 山形・鶴岡の神社、縁起物づくり(朝日新聞) 荘内神社で縁起物作り始まる(山形新聞)  鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で3日、新年の開運や魔よけなどを願う破魔矢(はまや)や絵馬、お札などの縁起物作りが始まった。  正月三が日で約8万人が初詣に訪れる同神社では、毎年12月に入ると新年の準備で忙しくなる。縁起物作りは、破魔矢に来年のえと「巳(み)」の張り子や鈴を飾り付けたり、絵馬のひもを結ぶなどの細かな作業が進められた。張り子や絵馬のヘビは幸運を招くようにと白蛇をモチーフにしている。女性の権禰宜さん「震災の被災地からわざわざ参拝に来られる方も多い。平安な1年が訪れることを願っています」雪 新年の準備 宮城・竹駒神社で「煤払い」(日本テレビ)  竹駒神社の「御社殿」では、安全祈願の神事を行った後、神職や巫女(みこ)ら15人が煤払いに取りかかった。神職らは、竹の先にサ…

続きを読む

日光二荒山神社で幣束づくり

新年前に幣束作り 日光二荒山神社(下野新聞) 日光二荒山神社 家内安全祈り 幣束づくり(とちテレ) 「家内安全」願って幣束づくり(読売新聞)  【日光】師走に入った1日、山内の日光二荒山神社で、八乙女(みこ)らによる恒例の幣束作りが始まった。  同神社では新年を迎えるに当たって、神棚などに供え「家内安全」「無病息災」を願う幣束を手作りする。  色は3色。白は神棚や部屋に、青は水場に、台所など火を使う場所には赤を、それぞれそなえる。22日の頒布祭までに計約1万本を用意する。白幣束は5000本、赤幣束、青幣束は各2500本を拵える予定雷 由来は「前九年の役」、鎌倉で破魔矢作りピーク(同)  師走を迎え、鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下)では正月の縁起物「破魔矢」の製作がピークを迎えている。  同八幡宮の破魔矢は、平安時代後期の「前九年の役」で、奥州を平定した源頼義が奉納した矢にちなみ、厄よけや家内安全などの縁起物として参拝客の人気を集めている。既出。「年末までに長さ60センチの矢を20万本、94センチの矢を4万5000本」iモード(枠付き) 煤払い:師走恒例、新年迎える準備−−鹿島神宮(毎日新聞)  師走恒例の「煤(すす)払い」神事が1日、鹿嶋市宮中の鹿島神宮であり、新年を迎える準備が本格的に始まった。竹の上部に山鳥の尾羽と紅の奉書を巻き付けた約4メートルの「オスス竹」を使用。例年は重要文化財の本殿と楼門で行われるが、今年は本殿改修のため楼門だけの煤払いとなった。 …

続きを読む

伏見稲荷大社で「福かさね」の仕上げ

新春へ着々 「福かさね」 伏見稲荷(京都新聞) 福かさねて迎春準備 伏見稲荷大社で縁起物づくり 京都(産経新聞)  京都市伏見区の伏見稲荷大社で3日、迎春準備が始まった。神楽女(かぐらめ)が、えとをあしらった絵馬や稲穂などを組み合わせ、初詣の人たちに授与する「福かさね」を仕上げていった。  福かさねは、朱塗りの守矢(まもりや)に「しるしの杉」と呼ばれる境内のスギの葉や短冊などを結わえた縁起物。元旦から初午(はつうま)(来年は2月9日)にかけて参拝者に授与している。計約3万5千組を用意し、1個2500円クリスマス 生田神社で巫女研修 250人の女子大生ら集合(同)  ◇…神戸市中央区の生田神社で28日、来年の正月三が日で巫女(みこ)を務める学生らを対象にした研修会があり、約250人が参加した。  ◇…関西有数の初詣スポットとして知られ、今年の三が日は約152万人が参拝。研修では、袴姿の学生らがお守りの渡し方や衣装の着付けなどを学んだ。大学生「本番でも衣装を着るのが楽しみ」キスマーク 大絵馬お目“巳”え 奈良・橿原神宮(読売新聞)  奈良県橿原市畝傍町の橿原神宮に、来年の干支(えと)「巳(み)」を描いた大絵馬(高さ4・5メートル、幅5・4メートル)がお目見えしている。  市内に住む日本画家藤本静宏さん(57)が、岩の前の若松の間にたたずむ白い蛇を約1か月かけて仕上げた。巫女さんと比べても大きいです目

続きを読む

気多大社「みくじ合わせ」

おみくじ20万枚乱舞 石川・気多大社(読売新聞) 気多大社でみくじ合わせ みこ姿の中学生 放り投げ交ぜる(中日新聞)  石川県羽咋市の気多大社で2日、初詣のおみくじを混ぜ合わせる恒例の「みくじ合わせ」が行われた。  50種類あるおみくじの運勢が偏らないようにするために行われるもの。巫女(みこ)の姿になった市内の羽咋中、邑知(おうち)中の女子生徒21人が参加。車座になり、約20万枚のおみくじを、合図に合わせて勢いよく、宙に放り上げて混ぜていた。剣道部などが参加しましたぴかぴか(新しい) 開運の厄除面作り 小松市の安宅住吉神社、巫女が顔書き入れ(北國新聞)  小松市の安宅住吉神社で2日、正月の縁起物「厄除(やくよけ)面」作りがピークを迎 え、巫女(みこ)5人が翁(おきな)の面に目や口を書き入れる作業に追われた。20日 までに5千個を仕上げる。  厄除面は縦8センチ、横5センチで、歌舞伎「勧進帳」で知られる安宅の関守富樫家に 約800年前から伝わる翁の面をかたどっている。家内の厄を吸い取ると黒ずむとされ、 開運厄除などの御利益があるとされる。真剣な眼差しですねアート 初詣へ縁起物を準備 立山町の雄山神社、破魔矢に飾り付け(同)  立山町岩峅寺の雄山神社前立社壇で2日、初詣に向けた縁起物の準備が始まった。神職 5人が来年の招福を願い、破魔矢に干支(えと)の「巳」の飾りを付けるなどして、一足 早く迎春のムードに包まれた。  宮司や巫女(みこ)らが干支の置物の木箱に「福巳」と記したり、焼…

続きを読む

祐徳稲荷神社で御神矢づくり

神事の合間に御神矢づくり 佐賀・祐徳稲荷神社(朝日新聞) 正月準備、はや追い込み? 祐徳稲荷神社で御神矢作り(西日本新聞)  みこと神職の60人が11月上旬から、交代で朱色の矢に来年の干支(えと)であるヘビが描かれた絵馬や鈴を取り付けている。御神矢は長さ30~150センチの5種類あり価格は千円~1万円。「金運をかき集める」という熊手も6種類作っており、御神矢と同じ価格帯。御神矢については約1万6千本、熊手は2万本を今月上旬までに作り上げる予定。鍋島朝倫(ともみち)宮司「来年こそ明るい経済のニュースが出てきてほしいですね」天秤座 縁起物作り大詰め 成田山久留米分院(同)  今年も残すところあと1カ月を切り、久留米市上津町の大本山成田山久留米分院(岩元照深住職)では、縁起物の破魔矢作りなど、迎春の準備が大詰めを迎えている。  社務所では2日、4人のみこが来年のえとにちなみ、ヘビを描いた絵馬や鈴を破魔矢に取り付けていた。初詣用に破魔矢3千本、護摩札3500個、お守り2万6千個などを準備するという。お寺でも巫女さん牡牛座 巫女さん もうすぐ出番です! 加藤神社で衣装合わせ(熊本日日新聞)  熊本市中央区本丸の加藤神社で2日、正月の初もうででお守りなどの販売を手伝う臨時の巫女[みこ]の衣装合わせがあり、高校生らが白衣に朱色のはかまを試着した。  同神社は毎年、巫女を臨時に募集している。ことしは県内外から120人の応募があり、書類審査などで中学生から社会人まで77人を選んだ…

続きを読む

鹿島神宮ですす払い

新年向け「すす払い」 鹿島神宮(茨城新聞) 新年向け「すす払い」 鹿島神宮 師走に入った1日、鹿嶋市宮中の鹿島神宮で、年末恒例の神事「すす払い」が行われた。本殿、幣殿、拝殿が屋根の改修工事のため、今年は楼門だけの実施で、神職と巫女(みこ)が1年間のほこりを丹念に払い落とした。来年は71万人の参拝客を見込んでいるそうです山羊座 来年の福のため準備着々 滋賀・多賀大社(朝日新聞)  多賀町の多賀大社で1日、初詣用の縁起物作りが始まった。来年の干支(えと)「巳」の置物や熊手、宝船、破魔矢、お札など約100種類、15万点を大みそかまでに準備する。  赤いはかま姿の巫女(みこ)さん2人が、破魔矢に蛇の絵と「開運招福」の字が描かれた絵馬を結びつけた。三が日合計で47万人と前年並みの人出を見込んでいるそう蠍座 師走入り、社寺大忙し 府北部・歳末と迎春準備(京都新聞)  師走入りした1日、歳末、迎春に向けた社寺の行事が、各地で行われた。京都府与謝野町三河内の出雲大社巌(いわお)分祠(し)では、正月の参拝客に授与する縁起物の製作を巫女や神職が始めた。  本殿の一室で、はかま姿の8人が、幸運を呼ぶという御守矢(おまもりや)や幸矛(さちほこ)に、絵馬や鈴、お札を一つ一つ、丁寧に取り付けて仕上げていった。25種類、1万個を越える縁起物を年内に用意する。巫女さんたち「めでたいお正月に渡す品なので、心を込めて作っています」射手座

続きを読む

白山比咩神社で初詣の準備本格化

初詣の準備本格化 白山比め神社(北國新聞) 来る年の邪気払う“山” 白山比め神社で初詣準備(北陸中日新聞)  石川県白山市三宮町の白山比●(ひめ)神社で迎春準備が進んでいる。師走間近の三十日には、初詣の参拝者に授与する約八十種の縁起物の一つ、破魔矢を作る作業を公開した。  白衣に赤い袴(はかま)姿の舞女(まいひめ)四人が、長さ六十センチの矢に、来年のえと「癸巳(みずのとみ)」にちなんで白い蛇を描いた絵馬や、不老長寿をもたらすというヒョウタンを取り付けた。作業は年末まで続き、大みそかにおはらいをする。 (●は、口偏に羊)巫女さんを舞女さんと呼ぶのは伊勢神宮と同じですね獅子座 宝物殿に「巳」の大絵馬(読売新聞)  那智勝浦町の熊野那智大社で30日、宝物殿に掲げられている大絵馬が今年の干支(えと)の「辰(たつ)」から来年の「巳(み)」に掛け替えられた。  大絵馬は縦3メートル、横4.2メートル。朝日芳英宮司が1か月かけて仕上げた。とぐろを巻いて舌を出したヘビに、ピンクのしま模様が彩りを添えている。朝日宮司は「巳は商売の守り神。穏やかで心も満つる1年にと、願いを込めた」という。小絵馬(縦0.9メートル、横1.2メートル)2枚もJR紀伊勝浦駅と新宮駅に贈りました水瓶座 善知鳥神社 破魔矢づくり始まる(青森朝日放送) あすから師走、2012年も残すところ1カ月。青森市の神社では正月の縁起物、破魔矢(はまや)づくりが始まりました。青森市の善知鳥神社では、3人のみこが長さおよそ9…

続きを読む

鶴岡八幡宮で破魔矢作り

鶴岡八幡宮で破魔矢仕上げ、佳境を迎える/鎌倉(神奈川新聞) 鎌倉・鶴岡八幡宮で破魔矢作り(NHK) 正月の三が日におよそ250万人が初詣に訪れる鶴岡八幡宮では、縁起物の破魔矢を毎年24万5000本用意します。 2月から始めた破魔矢作りは、この時期、仕上げの段階に入り、本宮の脇にある神楽殿では、神職やみこたちが、矢の先に木で出来た「かぶら」を取り付けています。そして、和紙を貼ってから、紅白のひもがついた金と銀の鈴を飾りつけていました。神楽殿の中には、かぶらを取り付けるときのトントンという音や、鈴の音が響いていました。作業は十二月末まで続けられます蟹座 弥彦神社で正月の縁起物づくり進む(テレビ新潟)  社務所では30日、巫女が参拝客に配布する縁起物づくりに追われていた。熊手に添えられるのは、「懸税」と呼ばれる県内の農家からお供えされた稲穂だ。弥彦神社には、この小さな熊手だけでも3万体、ほかにも破魔矢や絵馬などもあり、夏ごろから準備が進められてきた。縁起物の準備は12月中頃まで続くとのこと魚座 来年はミ~の年 太宰府天満宮で迎春準備(朝日新聞)  九州最多の初詣客が訪れる福岡県太宰府市の太宰府天満宮で29日、開運の矢や来年の干支(えと)・巳(み)の絵馬など正月の縁起物の飾り付け作業が始まった。  縁起物は8種類。6人の巫女(みこ)たちが参加した。干支の置物と鈴、絵馬は福岡市の博多人形師中村信喬さん(55)がデザインした。既出。絵馬は4万5千枚、開運の矢は3万600本用意さ…

続きを読む

太宰府天満宮で正月の縁起物づくり始まる

“新春の縁起物” 準備始まる(RKB) 太宰府天満宮 正月の縁起物作り(NHK) 福を袋詰め 太宰府天満宮で迎春準備始まる(西日本新聞) 太宰府天満宮:正月準備始まる…福岡(毎日新聞) ヘビ図柄の縁起物作り、太宰府天満宮で始まる(読売新聞) 学問の神様、菅原道真が祭られている太宰府天満宮には、毎年正月三が日に200万人が初詣に訪れます。 ことしも正月を迎える準備が始まり、天満宮の敷地内にある大広間では、はかま姿の6人のみこが縁起物作りを進めています。 みこたちは、開運を祈願する矢に、来年のえとの「へび」が描かれた絵馬や、太宰府天満宮の象徴となっている梅の花の飾りなどを付ける作業に追われています。巫女さん「来年も皆さんが健やかに過ごせるよう、願いを込めて作っています」ハートたち(複数ハート) 高千穂の夜神楽にぎわう(同)  国の重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」が、週末を中心に高千穂町内で奉納され、多くの見物客でにぎわっている。  日本神話で、天岩戸に隠れた天照大神(あまてらすおおみかみ)を外に誘い出すため、天鈿女命(あまのうずめのみこと)がユーモラスに舞ったことが神楽の由来とされる。夜神楽では天鈿女命が優雅に舞う「鈿女(うずめ)」など33番の演目が夜通しで奉納される。獅子が見事にかぶりついていますドコモポイント

続きを読む