熱田神宮で破魔矢作り大詰め

<熱田神宮>破魔矢作りピーク(毎日新聞) 正月に向けて破魔矢作り 熱田神宮(中日新聞) 熱田神宮で、正月の縁起物「破魔矢」づくり(中京テレビ)  名古屋市熱田区の熱田神宮で、初詣客向けの縁起物・破魔矢作りがピークを迎えている。  境内の文化殿講堂で作業が行われており、7日は神職やみこ、同神宮の婦人会員ら約90人が、色鮮やかな矢に来年の干支(えと)「巳(み)」にちなんでヘビを描いた…

続きを読む

静岡浅間神社で福矢作り始まる

無病息災、家内安全 福矢作り始まる 静岡(静岡新聞)  静岡市葵区宮ケ崎町の静岡浅間神社で4日、新年の無病息災や家内安全などを祈願する福矢作りが始まった。  巫女(みこ)と敬神婦人会のメンバー計11人が境内の北回廊に集まり、来年の干支(えと)の「巳(み)」とヤマユリが描かれた絵馬を丁寧に矢に結び付けた。巫女さん(23)「参拝者の皆さんの願いがかないますように」わーい(嬉しい顔) 「三嶋駒」作り最盛…

続きを読む

盛岡八幡宮で縁起物づくり

[師走点描]縁起物 心込め(読売新聞) 盛岡八幡宮で破魔矢づくり(テレビ岩手) 盛岡八幡宮は県内で最も多くの初詣客が訪れる所で、今年の3が日は24万2000人が訪れた。このため盛岡八幡宮では、急ピッチで破魔矢とごぼう注連縄作りを行っている。3日は6人の巫女(みこ)さんが破魔矢に開運を祈願する短冊や干支が描かれた絵馬などを丁寧に飾り付けていた。この春高校を卒業した2人の新人巫女(みこ)さん…

続きを読む

日光二荒山神社で幣束づくり

新年前に幣束作り 日光二荒山神社(下野新聞) 日光二荒山神社 家内安全祈り 幣束づくり(とちテレ) 「家内安全」願って幣束づくり(読売新聞)  【日光】師走に入った1日、山内の日光二荒山神社で、八乙女(みこ)らによる恒例の幣束作りが始まった。  同神社では新年を迎えるに当たって、神棚などに供え「家内安全」「無病息災」を願う幣束を手作りする。  色は3色。白は神棚や部屋に、青…

続きを読む

伏見稲荷大社で「福かさね」の仕上げ

新春へ着々 「福かさね」 伏見稲荷(京都新聞) 福かさねて迎春準備 伏見稲荷大社で縁起物づくり 京都(産経新聞)  京都市伏見区の伏見稲荷大社で3日、迎春準備が始まった。神楽女(かぐらめ)が、えとをあしらった絵馬や稲穂などを組み合わせ、初詣の人たちに授与する「福かさね」を仕上げていった。  福かさねは、朱塗りの守矢(まもりや)に「しるしの杉」と呼ばれる境内のスギの葉や短冊などを結わ…

続きを読む

気多大社「みくじ合わせ」

おみくじ20万枚乱舞 石川・気多大社(読売新聞) 気多大社でみくじ合わせ みこ姿の中学生 放り投げ交ぜる(中日新聞)  石川県羽咋市の気多大社で2日、初詣のおみくじを混ぜ合わせる恒例の「みくじ合わせ」が行われた。  50種類あるおみくじの運勢が偏らないようにするために行われるもの。巫女(みこ)の姿になった市内の羽咋中、邑知(おうち)中の女子生徒21人が参加。車座になり、約20万枚の…

続きを読む

祐徳稲荷神社で御神矢づくり

神事の合間に御神矢づくり 佐賀・祐徳稲荷神社(朝日新聞) 正月準備、はや追い込み? 祐徳稲荷神社で御神矢作り(西日本新聞)  みこと神職の60人が11月上旬から、交代で朱色の矢に来年の干支(えと)であるヘビが描かれた絵馬や鈴を取り付けている。御神矢は長さ30~150センチの5種類あり価格は千円~1万円。「金運をかき集める」という熊手も6種類作っており、御神矢と同じ価格帯。御神矢については…

続きを読む

鹿島神宮ですす払い

新年向け「すす払い」 鹿島神宮(茨城新聞) 新年向け「すす払い」 鹿島神宮 師走に入った1日、鹿嶋市宮中の鹿島神宮で、年末恒例の神事「すす払い」が行われた。本殿、幣殿、拝殿が屋根の改修工事のため、今年は楼門だけの実施で、神職と巫女(みこ)が1年間のほこりを丹念に払い落とした。来年は71万人の参拝客を見込んでいるそうです山羊座 来年の福のため準備着々 滋賀・多賀大社(朝日新聞)  多賀…

続きを読む

白山比咩神社で初詣の準備本格化

初詣の準備本格化 白山比め神社(北國新聞) 来る年の邪気払う“山” 白山比め神社で初詣準備(北陸中日新聞)  石川県白山市三宮町の白山比●(ひめ)神社で迎春準備が進んでいる。師走間近の三十日には、初詣の参拝者に授与する約八十種の縁起物の一つ、破魔矢を作る作業を公開した。  白衣に赤い袴(はかま)姿の舞女(まいひめ)四人が、長さ六十センチの矢に、来年のえと「癸巳(みずのとみ)」にちなんで…

続きを読む

鶴岡八幡宮で破魔矢作り

鶴岡八幡宮で破魔矢仕上げ、佳境を迎える/鎌倉(神奈川新聞) 鎌倉・鶴岡八幡宮で破魔矢作り(NHK) 正月の三が日におよそ250万人が初詣に訪れる鶴岡八幡宮では、縁起物の破魔矢を毎年24万5000本用意します。 2月から始めた破魔矢作りは、この時期、仕上げの段階に入り、本宮の脇にある神楽殿では、神職やみこたちが、矢の先に木で出来た「かぶら」を取り付けています。そして、和紙を貼ってから、紅…

続きを読む

太宰府天満宮で正月の縁起物づくり始まる

“新春の縁起物” 準備始まる(RKB) 太宰府天満宮 正月の縁起物作り(NHK) 福を袋詰め 太宰府天満宮で迎春準備始まる(西日本新聞) 太宰府天満宮:正月準備始まる…福岡(毎日新聞) ヘビ図柄の縁起物作り、太宰府天満宮で始まる(読売新聞) 学問の神様、菅原道真が祭られている太宰府天満宮には、毎年正月三が日に200万人が初詣に訪れます。 ことしも正月を迎える準備が始まり、天満…

続きを読む