神戸・生田神社の初詣

Getty Images JP: JPN: Japan celebrates New Year A Miko (shrine Maiden) performs ritual mark to New Year's day during the celebration of 'Year of the Horse' at Ikuta Shrine on January 1, 2014 in Ko…

続きを読む

佐賀・佐嘉神社で破魔矢の準備

去年の補完。 三が日の人出、祐徳稲荷神社が最多 佐賀県警が予想(朝日新聞)  県警は、正月三が日に初もうで客などで混雑が見込まれる県内の神社など5カ所の人出予想をまとめた。  最も多いのは祐徳稲荷神社(鹿島市)の65万人で、前年並み、次いで佐嘉・松原神社(佐賀市)は前年より1万人少ない35万人とみられる。写真は「破魔矢の準備をする巫女(みこ)さんたち=佐賀市の佐嘉神社」蟹座 歳…

続きを読む

横浜・本牧神社で馬のお守りと破魔矢

お馬に乗せて今年の厄払い 横浜・本牧神社(朝日新聞)  今年は午(うま)年。400年以上前から伝わる厄よけの神事「お馬流し」で知られる本牧神社(横浜市中区)では、馬にちなんだお守りや破魔矢を準備している。  正月用の破魔矢(5千円)には絵馬と、稲わらを編んでつくった馬がついている。厄払いや病気平癒の御利益があると言われる「お馬の御守り」(1千円)も。笑顔がいいですねわーい(嬉しい顔) 巫女ら3…

続きを読む

岐阜・金神社で注連縄の張り替え

今年も宜しくお願い致します。 初詣へ装い改め 岐阜の2神社(中日新聞) 幸ある年へ、締めくくり 金神社で大しめ縄張り替え(岐阜新聞)  金運、招福の神様で知られる岐阜市金町の金神社(本郷啓介宮司)で30日、社殿の聖域を示すしめ縄を真新しいものに張り替える作業が行われた。  新年を迎える準備の締めくくりとして毎年この日に実施している。しめ縄は大小合わせて計30本。同神社と親交の…

続きを読む

博多・櫛田神社で臨時巫女の辞令交付式

アルバイトみこさんに辞令 博多・櫛田神社(西日本新聞) 臨時の巫女に辞令交付(RKB) 福岡・櫛田神社、巫女に辞令交付(TBS) 福岡・櫛田神社、巫女に辞令交付  正月を前に、福岡市博多区の櫛田神社で30日、臨時アルバイトのみこたちへの辞令交付式があった。高校生や大学生を含む16~27歳の28人が、朱色のはかまに身を包み、辞令を受け取り、神職や本職のみこから境内の説明を受けたり、祭具…

続きを読む

多治見・新羅神社で巫女さんの研修

巫女さん、初詣へ準備 多治見市の神社、言葉遣いなど学ぶ(岐阜新聞)  多治見市御幸町の新羅神社で29日、初詣と1月5日の初恵比寿(えびす)に向けて、参拝者を迎える巫女(みこ)の研修が始まった。  同神社には毎年三が日に約1万人、初恵比寿には約5千人が参拝に訪れる。今年は市重要文化財の社殿の本格的な修復工事が10月に完了、社殿西隣の恵比寿社前に恵比寿・大国の石像が設置され、例年以上の人…

続きを読む

栃木・安住神社にジャンボ鏡餅奉納

重さ500キロ!巨大鏡餅を奉納 栃木(日本テレビ) 総重量500キロ、ジャンボ鏡餅奉納(TBS) 各地で正月を迎える準備 栃木・安住神社で「ジャンボ鏡餅」奉納(フジテレビ) 重さ500キロ以上!日本一大きい鏡餅が奉納 栃木(テレビ朝日) 各地で正月を迎える準備 栃木・安住神社で「ジャンボ鏡餅」奉納(13/12/30) 安住神社で恒例の大鏡餅奉納 高根沢(下野新聞)  高根沢町上高…

続きを読む

高岡関野神社で子供巫女の認証式

迎春準備できた(中日新聞) 子供みこの認証式 高岡関野神社、小中学生が舞い奉納(北日本新聞)  高岡市末広町の高岡関野神社=酒井晶正禰宜(ねぎ)=で29日、子供みこの認証式とお守り・縁起物の入魂式が行われ、小中学生が舞を奉納した。  正月に同神社で手伝いをする小中学生のみこの認証式には、小学生5人、中学生2人が出席した。小学生が豊栄舞、中学生が浦安の舞を優雅に披露した。イルカを描…

続きを読む

青森・善知鳥神社で臨時巫女の講習会

バイト巫女、正月に向け修行中 青森・善知鳥神社(朝日新聞) 高校・大学生、巫女の作法学ぶ(東奥日報) 初詣客迎えるアルバイト巫女が講習会/善知鳥神社(陸奥新報)  青森市安方2丁目の善知鳥(うとう)神社で29日、正月にアルバイトで巫女(みこ)になる女性らの講習会があった。  参加したのは高校生や大学生ら17人。約45人の応募があり、面接で選ばれた。  白衣に赤い袴姿に正装し…

続きを読む

福山八幡宮で臨時巫女の研修

巫女たるもの…広島・福山八幡宮で研修(朝日新聞) 福山市北吉津町1丁目の福山八幡宮で28日、正月にアルバイトで巫女(みこ)を務める高校生や大学生らが研修を受けた。18~25歳の約40人がお礼やあいさつなどの言葉遣いや振る舞い方、緋袴(ひばかま)の着付けなどを学んだ。  吉川通泰宮司は「神様と参拝者の間に立つ者として、気持ちを込めてやってほしい」と心構えを説いた。大学生(22)「1年を…

続きを読む

住吉大社で縁起物「住吉をどり」飾り付け

心を込めて 縁起物「住吉おどり」飾り付け(読売新聞)  大阪市住吉区の住吉大社で、正月の初詣で人気を集める縁起物「住吉おどり」の飾り付けが行われた。わら細工の編みがさで、商売繁盛や家内安全などに御利益があるとされる。26日から、赤いはかま姿の神楽女(かぐらめ)が手際よくササを取り付け、年内に約3000点を準備する。ご神矢やお守りなどもそろえ、新年に備える。  住吉大社は、正月三が日の…

続きを読む

太宰府天満宮で臨時巫女の着付け指導

太宰府天満宮 臨時の巫女さんに着付け指導(RKB) 太宰府天満宮 臨時の巫女さんに着付け指導 福岡・太宰府天満宮、臨時の巫女さん着付け指導(TBS) 来春、本職の巫女になる大学4年生(23)「初めて着ました。いつか教える側になれるよう頑張ります」ハートたち(複数ハート) 諏訪神社で巫女さん説明会(長崎新聞)  長崎市上西山町の諏訪神社で28日、初詣の参拝客に応対するアルバイトの女子学生を対象とし…

続きを読む

鳥取・宇倍神社で巫女さん研修

みこさん「研修」、破魔矢づくりも 鳥取の宇倍神社(朝日新聞) 迎春準備にみこさん大忙し 宇倍神社で研修(日本海新聞)  正月を控え、各地の神社やお寺で迎春準備が進められている。因幡一ノ宮として知られ、京阪神からも参拝者が訪れる鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)では27日、初詣客を迎えるみこの研修が行われ、みこたちが縁起物の準備に追われた。  本殿で行われた研修では、金田宮司が…

続きを読む

伊勢神宮で初神楽「斎庭舞」の練習

息ぴったり「初神楽」練習 伊勢神宮(読売新聞) 伊勢神宮 新曲「斎庭舞」披露へ 新年の初神楽向け練習(伊勢新聞) 【伊勢】伊勢神宮の新年の初神楽に向けた練習が二十六日、伊勢市宇治館町の内宮神楽殿で報道関係者に公開された。第六十二回神宮式年遷宮を記念した新曲「斎庭舞(ゆにわまい)」を、舞女四人が本番の衣装で演じた。  神宮祭主だった故鷹司和子さん作の歌と、楽師らによる笛や琴の演奏に合…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

1年分のほこりスッキリ…北海道神宮(読売新聞) “すす払い”で新年準備(札幌テレビ)  札幌市中央区の北海道神宮で26日、年末恒例のすす払いが行われた。  神事を行った後、白装束の神職や巫女(みこ)ら約10人が、先端にササの葉を付けた長さ約4メートルの竹の棒を使って、本殿の天井や神門などにたまった1年分のほこりを丁寧に払い落とした。巫女さんが二人一組で揺れるハート 初詣祈とう 舞けいこ…

続きを読む

神戸・生田神社に「杉盛り」お目見え

生田神社に「杉盛り」   神戸(産経フォト) 正月飾りは2千本の杉の枝 神戸・生田神社(産経west)  約150万人の初詣客が予想される神戸市中央区の生田神社で27日、五穀豊穣(ほうじょう)と繁栄を願う正月飾り「杉盛り」がお目見えした。  同神社では、かつて水害で倒れた松の木が社殿を壊したという言い伝えが残されており、正月飾りにも門松ではなく、杉を用いている。宮司さん「青々とした…

続きを読む

鳴門・大麻比古神社で巫女さん研修会

お辞儀・柏手… 新春へ巫女研修 徳島・大麻比古神社(朝日新聞) みこ作法学び、お・も・て・な・し 大麻比古神社(徳島新聞) 大麻比古神社で巫女さんの研修会(四国放送)  鳴門市大麻町板東の大麻比古神社で26日、正月にみこを務める女性の研修会があり、市内外の高校生ら31人が礼儀作法などを学んだ。  松永辰男禰宜(ねぎ)が、みこの心構えを説明した後、神職が実演を交えながら参拝の仕方や…

続きを読む

高岡・射水神社で浪速神楽の最終稽古

舞いの仕上がりを確認 射水神社・浪速神楽(北日本新聞)  射水神社(高岡市古城)の臨時みこが26日、初詣で神前奉納する神楽の最終稽古を行い、舞いの仕上がりを確認した。  今回披露するのは関西地方に伝わる「浪速(なにわ)神楽」の「早神楽」という曲目。白衣と緋袴(ひばかま)を着たみこは、右手に神楽鈴、左手に扇を持ち、早いテンポに合わせて一つ一つの動きを丁寧に確認した。今回初めて挑戦すると…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で臨時巫女研修会

巫女の心構え学ぶ遠石八幡宮(読売新聞) 臨時みこに着付けなど指導 周南の遠石八幡宮(山口新聞) 初詣客応対へみこ研修 周南(中国新聞) 巫女の研修会(山口放送)  周南市の遠石八幡宮で年末年始に巫女(みこ)を務める女性たちの研修会が25日、境内の儀式殿で行われ、神職から心得を学んだ。  本職の巫女とは別に、この期間務めるのは高校生や大学生ら約30人。正月にかけて、参拝者にお守…

続きを読む

宇佐神宮で破魔矢作り

【宇佐新聞】正月は宇佐神宮へ(大分合同新聞) 破魔矢作り急ピッチ 明るい新年に 大分・宇佐八幡(朝日新聞)  「破魔矢」は参拝客に人気の高い土産品の一つ。毎年、宇佐神宮のみこたちが新年の福を祈りながら一本ずつ丁寧に仕上げている。  破魔矢の準備は11月から開始。矢に来年のえと午(うま)の絵馬や鈴、五色を飾り付けた後、袋詰めしている。  破魔矢は汚れをはらうとされ、同神宮では大中小の…

続きを読む