諏訪大社下社秋宮で縁起物作り

長野)巫女さん大忙し 諏訪大社で縁起物づくり(朝日新聞) 縁起物:巫女さん新年の準備着々と 長野・諏訪大社(毎日新聞)  長野県の諏訪大社で、破魔矢や熊手など新年用の縁起物の準備が最盛期を迎えた。  下社秋宮(下諏訪町)では、巫女(みこ)がかぶら矢などに絵馬を結びつけたり数を確認したりする作業に追われている。来年のえと・申(さる)にちなんだ絵馬や魔よけ、福をかき取る熊手など15種類…

続きを読む

神田明神の新年参拝

時事ドットコム:にっぽんの巫女(みこ)さん 写真特集 今年は特に混雑したようですねビル 平和で幸せな年に - 奈良・南市恵比寿神社で初えびす(奈良新聞)  奈良市南市町の南市恵比寿神社で5日、商売繁盛や五穀豊穣(ほうじょう)を願う初えびすが営まれ、大勢の参拝者でにぎわった。吉兆笹を授与する福娘さん黒ハート 家康四百年行事の成功祈願 葵区でお練り行列や神事(中日新聞)  久能…

続きを読む

高岡・関野神社で豊栄舞を奉納

本年もよろしくお願いいたします。 豊栄舞 息合わせ優美に 高岡の神社で児童が奉納(中日新聞)  高岡市末広町の関野神社で三十一日、地元の児童たちが四季の神々に感謝する豊栄舞(とよさかまい)を奉納した。  一年の終わりに身を清める大祓(おおはらい)式の後、地元の児童六人が神前で舞を披露した。装束姿の児童たちは、桜や菊などの季節の花をあしらった冠をかぶり、サカキを手に踊った。雅楽の…

続きを読む

北口本宮浅間神社で新年へ準備

新年へ準備 「福」並ぶ(山梨日日新聞)  富士吉田市上吉田の北口本宮冨士浅間神社境内の授与所に、お守りや縁起物などが数多く並び、新年の初詣客を迎える準備が整った。  同神社では本殿などのすす払いや掃除、正月用のしめ縄や松などの飾り付けが終わり、30日には摂社・末社に鏡餅が供えられた。境内の授与所には熊手や破魔矢、来年のえと「未」にちなんだ縁起物などが並んだ。来年は世界文化遺産登録から3年…

続きを読む

広島護国神社で破魔矢点検

巫女ら破魔矢点検 広島護国神社(読売新聞)  広島市中区基町の広島護国神社(藤本武則宮司)の境内では参拝客に破魔矢や熊手などの縁起物を授ける仮設の授与所が設営された。儀式殿では巫女らが2015年の干支・未の絵馬がついた破魔矢を手に取り、数がそろっているか、汚れがないかなどを1本ずつ丁寧に確認していた。破魔矢は8種類約4万本が用意され、境内で1000~5000円で授与されます次項有 初詣客…

続きを読む

博多・櫛田神社で巫女に辞令

博多の櫛田神社で巫女に辞令、初詣客15万人見込む(TBS)  博多の総鎮守として知られる福岡市博多区の櫛田神社では、30日午前、正月期間中に臨時で巫女を務める人たちに辞令が交付されました。神職から心構えなどの説明を受けた後、巫女たちは早速、境内の掃除に取り掛かっていました。「来た人が気持ちよく帰れるように奉仕をしていきたいです」(臨時の巫女さん)キスマーク 巫女さんらスタンバイ 佐嘉神社、迎…

続きを読む

安宅住吉神社の神楽舞稽古納め

初詣の神楽舞へ準備万端 小松の安宅住吉神社(北國新聞)  安宅住吉神社の神楽舞稽(けい)古(こ)納めは30日、小松市の同神社で行われ、巫女(みこ)2人が新年に奉納する舞の所作を確認した。  舞を担当するのは金沢工大3年の田淵結里香さん(21)と、同神社で巫女として働く中村美月さん(19)で、今月上旬から練習を積んできた。2人は足運びや動作をそろえる練習に取り組み、本番へ気持ちを新たにした…

続きを読む

青森・善知鳥神社で巫女の研修

青森)アルバイト巫女が研修 善知鳥神社(朝日新聞)  毎年約16万人が初詣に訪れる善知鳥(うとう)神社(青森市)で29日、アルバイト巫女(みこ)の研修会があった。白衣と赤い袴に身を包んだ高校生ら15人が、緊張した面持ちで参加した。  参加者は、同神社の沼田真規権禰宜(ごんねぎ)から、巫女としての立ち居振る舞いや、お守りなどの受け渡し方法の指導を受けた。初めて応募した高校1年生(16)…

続きを読む

小矢部・埴生護国八幡宮で「浦安の舞」の仕上げ

「浦安の舞」元日奉納へ仕上げ 小矢部・石動小の7人(中日新聞) 浦安の舞、児童が仕上げの稽古 小矢部・埴生護国八幡宮(北日本新聞)  小矢部市の埴生護国八幡宮で二十九日、石動小の児童が、元日に奉納する「浦安の舞」の仕上げ練習に励んだ。  出演するのは、五年生四人と六年生三人。秋祭り前の夏休みと、今月二十四日から氏子の宗田孝子さんと宗田純子さんが指導してきた。奉納は元日の午前九時半、…

続きを読む

山陽小野田・熊野神社で迎春準備

迎春準備、山陽小野田市の熊野神社でも急ピッチ(宇部日報)  押し迫る年の瀬を前に、神社では1年間で最も多忙な時期を迎えている。初詣に多くの市民が訪れる山陽小野田市菩提寺山の熊野神社(松田千代子宮司)でも神職らが破魔矢をはじめとする縁起物の整理などといった迎春準備に追われている。  同神社では正月三が日の初詣に例年通り、8万人の人出を予想。多くの市民が求める縁起物は破魔矢、鏑(かぶら)矢、…

続きを読む

多治見・新羅神社で巫女研修

初詣向け、巫女さん特訓 多治見市の新羅神社 お守りの種類確認(岐阜新聞)  岐阜県多治見市御幸町の新羅神社で27日、初詣と1月5日の初恵比寿(はつえびす)で参拝者らを迎える巫女(みこ)の研修が始まった。  社殿が市有形文化財に指定されている同神社には毎年、三が日に約1万人、5日の初恵比寿には約5000人の参拝客が訪れる。社殿の修復が完了した昨年は例年以上の人でにぎわった。巫女はお守り…

続きを読む

長崎・諏訪神社で臨時巫女の研修

「心清らかに」巫女の研修(長崎新聞) みこ見習い中 諏訪神社、初詣に向け学生ら講習(西日本新聞) 長崎)アルバイトの巫女さん、心得や作法学ぶ 諏訪神社(朝日新聞)  長崎市の諏訪神社では大みそかの31日から1月7日まで、臨時巫女(みこ)らも初詣客に応対する。28日は同神社で説明会があり、107人の応募から選ばれた20~25歳の学生ら約70人が巫女としての心構えなどを学んだ。  説…

続きを読む

太宰府天満宮で臨時巫女に着付け指導

各地で新年迎える準備 一方、北日本に加え関東でも雪に警戒(フジテレビ) 臨時の巫女さんに作法の研修 太宰府天満宮(日本テレビ) 臨時の巫女さんに着付け指導、太宰府天満宮(TBS)  福岡県太宰府市の太宰府天満宮では、巫女(みこ)さんたちが初詣客を迎えるための研修を受けた。  太宰府市の太宰府天満宮では、巫女さんとして臨時採用された大学生や高校生たち約90人が研修に参加した。研修で…

続きを読む

上賀茂神社で巫女さんがAED講習

巫女ら初詣に備えAED講習「自信つきました」(読売新聞)  京都市の上賀茂神社(北区)の神職や巫女みこらが初詣の参拝客らが倒れた場合などに備え、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の使い方を学んだ。  同神社は正月三が日で約7~10万人が訪れるため、年末に京都市消防局の救急救命士らを招き、講習会を開いている。  今年は22日に行われ、巫女や神職ら10人が参加。受講した巫女さ…

続きを読む

高岡・射水神社で巫女の舞の総仕上げ

巫女の舞 総仕上げ 射水神社で初詣へ準備(中日新聞)  初詣に向けて、厄払いや家内安全など祈とうの舞を奉納する臨時巫女(みこ)たちの最終練習会が二十七日、高岡市古城の射水神社であった。  今月中旬から、十~二十代の九人が、一分間の二人舞「早神楽(はやかぐら)」の練習を続けてきた。初めて臨時巫女となった高校一年生は「自分に大丈夫だ、と言い聞かせて一生懸命に舞いたい」と笑顔をわーい(嬉しい顔) 破…

続きを読む

直方・多賀神社で臨時巫女の研修

巫女さんがおじぎや歩き方学ぶ 直方・多賀神社(西日本新聞)  大勢の初詣客が訪れる正月を前に、直方市の多賀神社で27日、巫女(みこ)を務めるアルバイトの高校生や大学生が、おじぎの仕方や歩き方を学んだ。  赤いはかまを身に着けた21人は、青山和史宮司(49)に「歩幅はできるだけ小さく」「おじぎするときは背中をまっすぐに」などと教わりながら、所作を確認。最後に「明けましておめでとうございます…

続きを読む

生田神社に「杉盛り」お目見え

「来年は穏やかな年に…」 生田神社に正月飾りの杉盛りがお目見え(産経WEST)  毎年約150万人の参拝客らでにぎわう神戸市中央区の生田神社に27日、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や地域の繁栄などを願う正月飾りの「杉盛り」がお目見えした。来年1月15日まで設置され、参拝客を出迎える。  生田神社では、水害で倒れた松の木が社殿を壊したという古くからの言い伝えがあり、正月飾りにも一般的な門…

続きを読む

防府天満宮で絵馬焼納神事

山口)防府天満宮で絵馬焼納神事(朝日新聞)  「学問の神様」として知られる菅原道真公をまつる防府市の防府天満宮で25日、受験生らが合格祈願で奉納した絵馬を焼く「絵馬焼納神事」があった。  天満宮では昨年1年間に奉納された約3万5千枚の絵馬を取り外し、境内で保管していた。楼門前の広場で高さ約1・5メートルに積み上げられた絵馬に、神職2人がろうそくで火をつけると、5~6メートルの炎が一気…

続きを読む

鳴門・大麻比古神社で巫女の研修

徳島)正月行事に備え巫女の研修 大麻比古神社(朝日新聞) みこの心得学ぶ 大麻比古神社(徳島新聞)  鳴門市大麻町板東の大麻比古神社で26日、正月にみこ役を務める女性の研修会があり、県内外の高校生と大学生ら36人が奉仕の心得や礼儀作法を学んだ。  圓藤恭久宮司が「みこは神様と参拝者の仲介役ということを理解し、ご奉仕していただきたい」とみことしての心得を説明。鮮やかな緋袴に身を包み、…

続きを読む

成田山仙台分院「大仏すす払い」

宮城)迎春準備、各地で進む(朝日新聞) 不動明王の加護に感謝 成田山仙台分院(河北新報)  ことし1年の加護に感謝し、新たな気持ちで新年を迎えようと、仙台市青葉区の成田山仙台分院で25日、不動明王像(成田山大仏)のすす払いが行われた。  読経に続き、巫女(みこ)や参拝者ら14人がササのほうきでほこりを払ったり、布で像を拭いたりした。冷たい強風の中、約1時間かけて丁寧に1年の汚れを落…

続きを読む