神田明神で商売繁盛祈願

多くの企業で仕事始めとなった4日、商…:にっぽんの巫女(みこ)さん 写真特集:時事ドットコム  多くの企業で仕事始めとなった4日、商売繁盛の祈願で神田明神(東京都千代田区)を参拝する会社員らと巫女(みこ)。早朝から多くの人が訪れた(2017年01月04日) 写真7枚 神戸新聞NEXT|三木|神矢や御神影…えびす祭へ準備進む 三木・戎神社  兵庫県三木市大塚2、戎神社で9~11日に開かれる「十日えびす祭」に向け、準備作業が本格化している。4日は境内にある大塚町公民館で福娘約20人が、参拝客への授与品の準備に取り組んだ。  福娘たちは神矢(破魔矢)約2千本に絵馬やお札を付けたほか、えびす神や大黒天を描いた「御神影(おみえ)」約4500枚を袋に入れたり、神前に供えた「御饌米(おせんまい)」約8千袋を詰めたりした。「宵えびすの9日は午後7時から神事と舞楽、本えびすの10日は午前11時と午後3時から神事と地元の女児による浦安の舞、同3時半から餅まき」 生田神社で「神戸・清盛隊」新年祈願 神戸港開港150年の意気込み語る - 神戸経済新聞  生田神社(神戸市中央区下山手通1)境内で1月3日、神戸を中心に活動している結成6年目の武将隊「神戸・清盛隊」が新年祈願を行った。  正月三が日に多くの参拝客が訪れた平家ゆかりの同神社。同隊の平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛の平家ファミリーと謎の人物・GIONの7人は年頭にあたり神事に参加し、その様子を見ようと多くのファンが境内…

続きを読む

新城・竹生神社で「浦安の舞」奉納

竹生神社「浦安の舞」奉納 | 東日新聞  新城市杉山の竹生神社で1日、地元の千郷中学1年生4人による「浦安の舞」が奉納された。  浦安の舞は、地域の平安を祈る巫女(みこ)による舞で、紀元2600年奉祝が行われた1940年に全国の神社で奉納されたのが始まり。  同神社では、この舞を小学6年生が毎年3月の春祭りに奉納しているが、氏子総代の宮本正隆代表の思いと子どもたちの希望により一昨年から元旦にも奉納している。「平和を願って舞うことができた」(ミラー・ケイトさん) 今年も商売繁盛を 本覚寺で初えびす|カナロコ|神奈川新聞ニュース 商売繁盛など祈る「鎌倉えびす」 本覚寺 | NHKニュース 鎌倉市の本覚寺には、七福神のえびす様が祭られていて、毎年正月の三が日に、商売繁盛や家内安全を祈願する「鎌倉えびす」が開かれています。 境内は、笹の葉に宝船や、米俵などの飾り物をつけた縁起物の福笹を買い求める参拝者でにぎわい、金色のえぼしをかぶった着物姿の福娘たちが「商売繁盛、家内安全、お祈り申し上げます」と、威勢のよい声をかけて、福笹を手渡していました。関東では珍しいえびす祭り

続きを読む

熱海・来宮神社の繭玉が材料不足

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 伝統継承、縁起物も悩み=正月の繭玉、材料ハギ減少-静岡・熱海の神社:時事ドットコム  正月の縁起物、繭玉。静岡県熱海市の来宮神社は、神職や巫女(みこ)が色鮮やかな繭玉を作り、正月三が日に参拝客に授けている。しかし近年は材料のハギが減っているといい、宮司の雨宮盛克さん(48)は「別の植物の枝にするか、やりたくはないがプラスチック製にするか…」と伝統継承に頭を悩ませている。「大正時代に始まり、当初はクワの枝に白い餅を飾り付けた簡素な物だった」とのこと お寺と神社のおみくじの違い 寺院は漢文で神社は和歌 | ガジェット通信  ちなみに、お寺と神社のおみくじの違いは? 大野さんはこう語る。 「ご託宣の文章形式が違います。基本的に寺院が漢文なのに対し、神社のおみくじには和歌が書かれています。おみくじは武士や僧侶が占うもので、彼らは漢文をたしなんでいました。江戸時代までは寺・神社ともに同じものを使っていたのですが、明治時代、神仏分離が政府から言い渡され、神社は寺と違うものを扱うようになりました。  神社で和歌が載せられるようになったのは明治中期。女性解放運動を推進していた、山口県の二所山田神社の宮司が、『女子道』という機関誌を創刊するための資金源として、和歌を載せたおみくじを出したことが始まりです」写真が何処の巫女さんか気になります 三重県明和町観光大使がSMAPの創生期を下支え 音楽家の長岡成貢さん …

続きを読む

秋田・彌高神社で迎春準備

秋田)迎春準備、着々と 秋田、彌高神社:朝日新聞デジタル  秋田市千秋公園の彌高神社で、初詣の参拝客を迎える準備が着々と進んでいる。30日は準備も大詰め。巫女(みこ)さんらが、50種類以上あるお守りやお札、破魔矢などを、授与所に一つ一つ、丁寧に並べていた。  12月に入ってから、合わせると2万点以上になるというお守りやおみくじなどの確認を進めてきた。授与所には、大みそかの夜に間に合うよう、29日から並べ始めたという。巫女さん(26)「参拝される方に気持ちよくお参りしていただけるよう、準備をしています」 初詣に向け、縁起物の確認 山形・鳥海月山両所宮|山形新聞  初詣を前に山形市の鳥海月山両所宮(中野俊助宮司)で29日、みこ8人が破魔矢や板矢、熊手などの縁起物の最終確認をした。  境内に設置したテントには、来年の干支(えと)・酉の絵馬が飾られた破魔矢、えびす様や大黒様があしらわれた熊手のほか、交通安全や金運を願うお守りなど約60種類が並ぶ。みこたちは縁起物を一つ一つ手に取りながら、丁寧に配置を確認していた。巫女を務める大学院1年生(23)「参拝者がいい気持ちで新年を迎えられるように笑顔で接したい」 初詣へ準備万端 元日から混雑見込み【帯広】|北海道ニュースリンク  正月三が日に毎年約5万人が参拝する帯広市の帯廣神社(東3南2、大野清徳宮司)では、初詣客を迎える準備が進んでいる。  さい銭箱4台を設置したほか、駐車場や境内の雪かき、滑り止めの砂をまく作業…

続きを読む

博多・櫛田神社で臨時巫女の辞令交付式

櫛田神社で巫女に辞令 「初詣客に気持ちよく新年を」 [福岡県] - 西日本新聞 巫女たちに辞令を交付 福岡・櫛田神社| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー  新年を目前に控え、初詣の参拝客に対応するアルバイトの巫女(みこ)と出仕(しゅっし)への辞令交付式が30日、福岡市博多区の櫛田神社であった。1月7日まで境内でお札やお守りを手渡したり、駐車場整理や清掃に当たったりする。  同神社は三が日で15万人の人出を見込む。この日は白石祐一権祢宜(ごんねぎ)(42)がはかまや法被姿の男女34人に辞令を渡し「櫛田神社の職員として恥ずかしくない行動を」と訓示。それぞれ仕事について説明を受けた。おみくじを担当する同区の高校3年生(18)「社会勉強も兼ねて参加した。皆さんが新年を気持ちよく迎えられるようお手伝いしたい」 お守りや絵馬準備 周南・遠石八幡宮 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 迎春準備 木箱にお守り詰め-周南・遠石八幡宮(山口新聞)  周南市の遠石八幡宮で30日、初詣の参拝客を迎えるため、神職や巫女(みこ)らがお守りや絵馬を社務所に並べたり、テントを設営したりした。  社務所ではこの日、巫女たちが交通安全や安産など約60種類のお守りを一つずつ丁寧に並べる作業を行った。境内には、破魔矢や熊手を扱うテントも設けた。31日~1月3日、約20万人の参拝客を見込んでいるとのこと 愛媛)初詣客迎える準備進む 椿神社:朝日新聞デジタル  松山市居…

続きを読む

栃木県高根沢町・安住神社で巨大鏡餅奉納

700キロの大鏡餅、安住神社で「奉納式」 高根沢|下野新聞「SOON」 安住神社で、重さ約700kgのジャンボ鏡餅を奉納 栃木・高根沢町(FNN) 重さ700キロの鏡餅、栃木の神社で奉納式 News i - TBSの動画ニュースサイト 重さ700キロの巨大鏡餅 神社に奉納 栃木 | NHKニュース  高根沢町上高根沢の安住神社で30日、年末恒例の「大鏡餅奉納式」が行われ、総重量約700キロの巨大な鏡餅が拝殿前に供えられた。  1年の五穀豊穣(ほうじょう)に感謝するため、1982年から続く神事。御神田で氏子らが育てたもち米8俵をつき、下段直径110センチ、中段80センチ、上段60センチ、高さ90センチの3段重ねに仕上げた。  下、中段は荒井清律禰宜(あらいきよのりねぎ)(39)が専用のフォークリフトで移動。上段は巫女(みこ)12人が雅楽の調べとともに担ぎ運び、しめ縄を結んで完成させた。仕上げに神職と巫女さんが豊栄舞(とよさかまい)を奉納 酉年の願い“カラス”に託そう 神戸・弓弦羽神社 | おでかけトピック | 兵庫おでかけプラス | 神戸新聞NEXT  弓弦羽神社(神戸市東灘区御影郡家2)が、カラスの形の張り子に、願い事を記した紙を入れて奉納する授与品「ゆづ丸」を作った。酉(とり)年の話題にと企画し、元旦から頒布する。「絵馬の代わりに願い事をゆづ丸に託してみて」としている。  同神社は、導きの神の使いとされる「八咫烏(やたがらす)」をシンボルにしている。「絵馬に…

続きを読む

高岡・射水神社で臨時巫女の神楽の練習会

臨時みこ、神楽の舞仕上がり確認 高岡射水神社 - 富山のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース)  初詣シーズンに高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)で臨時みこを務める女性たちは28日、祈祷(きとう)の際に奉納する神楽の最後の練習会を行った。  臨時みこは43人で、9人が祈祷を担当。関西地方に伝わる「浪速神楽」のうち、1分程度の「早神楽」を披露する。元旦から5日までは二人一組で行い、6日から9日までは一人で神楽を踊る。高校3年生の二人「緊張するけど、より良い祈祷になるように頑張りたい」「神様に楽しんでいただくための舞なので、自信を持って本番に臨みたい」 富山)初詣の準備進む 高岡・射水神社:朝日新聞デジタル  高岡市古城の射水神社で、神職らが初詣の準備を進めている。  29日は巫女(みこ)と権禰宜(ごんねぎ)の計3人が、来年の干支「酉(とり)」の置物やお守り、熊手や破魔矢、おみくじなど計約10万体の縁起物を境内で整えていた。20日から始め、多い時にはアルバイトの巫女も一緒に10人ほどで準備してきた。「近年は、正月三が日を中心に約6万人の参拝者が訪れる」とのこと 師走点描:新春へ準備 巫女アルバイト、神社で講習会 /青森 - 毎日新聞  新年を控え、青森市安方の善知鳥(うとう)神社で29日、初詣客を迎える巫女(みこ)のアルバイトを対象にした講習会があった。白や朱色の巫女装束を着た参加者たちは、熊手や破魔矢などの縁起物や初穂料についてノー…

続きを読む

佐賀・佐嘉神社で臨時巫女の研修

佐嘉神社のバイト巫女さん、迎春の準備着々|佐賀新聞LiVE 佐嘉神社 臨時“巫女さん”研修始まる(RKB)  正月三が日で約35万人が参拝する佐賀市の佐嘉神社で、お守りや破魔矢などが並べられ、新年を迎える準備が着々と進んでいる。29日は巫女(みこ)を務めるアルバイト90人に、初詣客を迎える心構えや作法を説明した。  高校生や大学生のアルバイトは「助勤」と呼ばれ、お守りの授与などの奉務にあたる。この日、集まった巫女は白衣と緋袴(ひばかま)の衣装で境内を掃いたり、破魔矢や熊手を並べたりした。高校1年生(16)「めったにできない経験。お正月からの5日間、奉仕の気持ちを忘れないように取り組みたい」 破魔矢や熊手 岩国で初詣の準備 | 中国新聞アルファ  年の瀬を迎え、岩国市内の神社で初詣客を迎える準備が進んでいる。写真「熊手やお守りを確認して準備を整える白崎八幡宮のみこ」 岡山県内の寺社で迎春準備着々 初詣客迎え無病息災など願う: 山陽新聞デジタル|さんデジ ■吉備津神社(岡山市北区吉備津)  1日午前9時から一年の吉凶を占う初釜の神事。3日午前9時から無病息災を祈り、四方に矢を射る矢立の神事。三が日は氏子が三味線餅つき(午前9時~午後2時半)をする。写真「拝殿前を掃き清め、迎春準備を進めるみこ=吉備津神社」

続きを読む

長崎・諏訪神社で迎春準備

諏訪神社で大鏡餅つき(NBC) KTNテレビ長崎 諏訪神社で恒例の大鏡餅つき 諏訪神社で大鏡餅つき 年の瀬の境内に、威勢のいい氏子たちの掛け声が響きます。長崎市の諏訪神社の恒例行事、大鏡餅つきです。餅つきに使われるもち米は、毎年、諫早市の小川充弘さん(81)が奉納していて、今年は120キロのもち米が使われました。餅つきには巫女さんたちも登場し、一生懸命、杵を振るいました。巫女 源城みさきさん「美味しいお餅になればと思ってつきました。公私共に充実した年だったので、来年はもっといい年になるように頑張ります」巫女さんも大変です 長崎)迎春準備、着々と 諏訪神社すす払い:朝日新聞デジタル 諏訪神社でアルバイトの巫女の説明会 長崎|日テレNEWS24  今年も残りわずかとなり、長崎市の諏訪神社では28日、アルバイトの巫女(みこ)の説明会が開かれた。  諏訪神社では毎年、初詣客を迎えるためにアルバイトの巫女を募集し、説明会を開いている。今年は120人の応募の中から大学生や専門学校生ら70人が選ばれ、挨拶の仕方や勤務時の心構え、着付けなどを学んだ。  巫女は、大みそかから来年1月7日にかけて参拝客を迎える。正月三が日で20万人の人出を見込んでいます 福岡)正月へ向け巫女研修 行橋の正八幡宮:朝日新聞デジタル  行橋市神田町の正八幡宮で29日、臨時の巫女(みこ)の研修があった。高校生や専門学校生、短大生ら16人が参加し、奉仕者を務める男性4人とともに初詣の参拝客らを迎え…

続きを読む

豊岡・出石神社で迎春準備

神戸新聞NEXT|但馬|豊岡・出石神社で迎春準備 神職や巫女ら大忙し  今年も残りわずかとなり、各地で迎春準備が大詰めを迎えている。兵庫県の但馬五社の一つとされる出石神社(豊岡市出石町宮内)では、初詣に向けて神職や巫女(みこ)を務める高校生らがお札やおみくじの準備に追われている。  毎年三が日に2万人以上が参拝するという同神社。今年も氏子らがしめ縄を新調して奉納するなど境内の整備も進んでおり、破魔矢や熊手などの縁起物も約1万点用意した。  2017年の初詣には、地元地区や周辺の高校生7人が交代で巫女を務める。29日には、今回初めて装束に身を包んだ3人が準備作業に精を出した。高校1年生(15)「参拝してくださる皆さんが良い1年を過ごせるよう、笑顔でお迎えしたい」 わかやま新報 » Blog Archive » 新春の縁起物「福枝」 伊太祁曽神社で準備  和歌山市の伊太祁曽神社(奥重視宮司)で29日、初詣の参拝者に授与する縁起物「福枝(ふくえだ)」と破魔矢の奉製作業が行われた。  福枝は同神社独特の新春縁起物で、梅の若枝に開運厄よけを祈る短冊や来年のえと「酉(とり)」の絵馬などが結び付けられている。  五つの飾りが結ばれた五福枝、家内安全を祈る短冊とまりを加えた七つの飾りが結ばれた七福枝の2種類があり、ともにえとの土鈴が入った福袋もつり下げられている。  五福枝は60本、七福枝は50本を奉製する予定。この日は新春の奉仕に当たる巫女(みこ)たちが一つひとつ…

続きを読む

直方・多賀神社で巫女奉仕始祭

2016歳末点描:心構えや立ち居振る舞い学ぶ 直方・多賀神社で巫女奉仕始祭 /福岡 - 毎日新聞  直方市の多賀神社で27日、巫女(みこ)奉仕始祭があった。初詣客を迎えるにあたり、巫女たちが無事務めができ、巫女たちにとって来年がよい年となるよう願って、毎年実施している。  神社は、高校生や大学生ら25人のアルバイト巫女で新年を迎える。この日、神事の後、白衣、緋袴(ひばかま)姿の巫女たちは、心構えや姿勢、お辞儀の仕方、歩き方など立ち居振る舞いを学んだ。大学1年生(18)「貴重な体験と思って、応募した。(装束に)早く慣れたい」 新年へ「すす払い」 鹿島・祐徳稲荷神社 [佐賀県] - 西日本新聞 祐徳稲荷神社ですす払い - NHK佐賀県のニュース 鹿島市の祐徳稲荷神社では、午前中、新人のみこを中心に9人が、長さが4メートルほどのささを手に1列に並び、楼門や神楽殿のはりや天井にたまったほこりを新年への思いを込めながら丁寧に払っていました。 「すすはらい」を行ったみこは、「皆様にとって良い1年になるように思いを込めました」と話していました。最近では中国やタイなどから海外の観光客が初詣に訪れることも 初詣備え福山八幡宮で巫女研修会 衣装の着付け、礼儀作法学ぶ: 備後: 地域: 山陽新聞デジタル|さんデジ  福山市北吉津町の福山八幡宮で28日、初詣の参拝者を迎える巫女(みこ)の研修会が開かれた。市内を中心に募集した高校生、大学生ら約50人が参加し、衣装の着付けや礼儀作法な…

続きを読む

水戸八幡宮で破魔矢の準備

年の瀬スケッチ:縁起物「破魔矢」 みこが準備作業 水戸八幡宮 /茨城 - 毎日新聞  厄よけや子育てに御利益があるとされる水戸八幡宮(水戸市八幡町)では、正月に提供する縁起物「破魔矢」を大量に準備している。  竹などで作られた70センチと90センチの矢を計1万本用意。みこが来年のえと、酉(とり)の描かれた絵馬を丁寧にくくりつけていた。巫女さん(21)「『皆さんが健康な1年になりますように』と思いを込めています」 福娘が笑顔で練習「たくさんの福を」奈良・春日大社 - 産経WEST  来年1月10日に春日大社(奈良市)の末社・佐良気(さらけ)神社で行われる「十日えびす」で、参拝者に吉兆笹や縁起物を授ける「福娘」に巫女(みこ)装束を手渡す「福娘装束賜(たばり)式」が春日大社で行われた。  福娘を務めるのは「日立造船」(大阪市)の25~29歳の女性社員9人。西村泰宏禰宜(ねぎ)が「参拝者に元気よく福を授けるよう、がんばってください」と激励し、衣装の「千早(ちはや)」や「金烏帽子(きんえぼし)」を手渡した。「装束を着ると身が引き締まる思い。たくさんの参拝者に福を授けられるよう、元気にがんばりたい」 ジャンボ破魔矢お目見え 京都・宮津、籠神社の参道に一対 : 京都新聞  年の瀬を迎え、京都府宮津市大垣の籠神社に、高さ約8・5メートルのジャンボ破魔矢がお目見えし、境内には迎春ムードが高まっている。  破魔矢は正月の縁起物。災いを取り払い、新たな1年の無病息災、心身…

続きを読む

鳥取・宇倍神社で巫女さん研修

迎春準備慌ただしく 宇倍神社でみこ研修 | 日本海新聞 Net Nihonkai 鳥取)巫女さんが「研修」 鳥取市の宇倍神社:朝日新聞デジタル 宇倍神社で縁起物準備 日本海新聞  宇倍神社(鳥取市国府町宮下)で27日、巫女(みこ)18人と奉仕者らが「研修」を受け、大勢の参拝者を迎える新年に備えた。  巫女たちは白衣と緋袴(ひばかま)に身を包み、拝殿で金田誠宮司から、祈禱(きとう)を受ける作法や神社の祭神について教わった。縁起物の破魔矢づくりやお守りの準備もした。大学1年生「これまで、宇倍神社には何度かお参りした。参拝した方に、いい年を迎えられそうだな、と思ってもらえるようにしたい」 住吉神社:初詣準備大わらわ /広島 - 毎日新聞  新年を前に、中区の住吉神社(森脇宗彦宮司)が初詣客を迎える準備に追われている。26日は、破魔矢や熊手に傷や文字のかすれなどがないか、巫女(みこ)4人が1本ずつ丁寧に確認していた。  元日から1月3日には、鶏や姫の格好をした福娘が登場し、祈とうした卵を参拝者に授ける「たまご詣で」も行われる。面白そう 年の瀬の大忙し、縁起物の準備 長浜八幡宮の巫女ら:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  長浜市宮前町の長浜八幡宮で、新年の初詣客らを迎える準備が進んでいる。  社務所では巫女(みこ)らが連日、破魔矢にとりの絵が描かれた絵馬を取り付けたり、お札やお守りを作ったりと縁起物の準備に忙しく手を動かしている。  初めて巫女…

続きを読む

生田神社で「杉盛り」作り

生田神社に正月の「杉盛り」お目見え - 産経ニュース  毎年約150万人の参拝客が訪れる生田神社(神戸市中央区)で27日、正月飾りの「杉盛り」づくりが行われ、神職や巫女(みこ)らが高さ約3.5メートルの支柱に約2千本の杉の枝を差し込んで完成させた。来年1月15日まで楼門前に飾られる。  杉盛りは、五穀豊穣(ほうじょう)や地域の繁栄などを願う正月飾り。同神社には水害で倒れた松が社殿を壊したとの言い伝えがあり、門松の代わりとしている。権禰宜さん「立派な杉盛りにあやかり、みなさんにとって新年が飛躍の一年になれば」 姫路護国神社で「新年万燈祭」試験点灯 - 産経WEST 神戸新聞NEXT|姫路|「万燈祭」へ2千個の提灯試験点灯 姫路護国神社  兵庫県姫路市の姫路護国神社で27日、新年の訪れとともに約2千個のちょうちんに明かりをともす「新年万燈祭」の試験点灯が行われた。  同祭は「新年に希望の光をともし、よい年になれば」との願いを込め、昭和53年から1月1日午前0時に点灯している。  境内には、先の大戦の戦没者遺族や地元企業などから奉納されたちょうちんが3メートルほどの高さに1列約90個、計23列並べられた。午後5時に試験点灯が始まると、淡い光が周囲を包んだ。正月三が日は午後8時まで、4~10日は同7時まで点灯 巫女さんもお正月の準備=兵庫 巫女さんもお正月の準備=兵庫 商売繁盛の神様・えびす様を祭る総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)で23日、正月の初詣や十日え…

続きを読む

鳴門・大麻比古神社で巫女の研修

徳島)作法学んで巫女さんに 大麻比古神社で正月準備:朝日新聞デジタル 大麻比古神社で巫女さん研修 | NNNニュース  正月準備に追われる大麻比古神社(鳴門市大麻町)で26日、巫女(みこ)役を務める女性の研修があった。今年は、39人が参加、うち20人が初めてだ。  参集殿で神職らにお辞儀や柏手(かしわで)の打ち方などの基本を学び、先輩たちの動きを見ながら立ち居振る舞いを覚えた。正月3が日で約26万人の人出を見込んでいます 迎春準備 急ピッチ 住吉大社 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)は26日、本格的な正月準備に入った。わら細工の縁起物「住吉踊(おどり)」の仕上げ作業では、奉仕した神楽女(かぐらめ)が青いササを手際よく取り付けていった。  縁起物は同大社の諸行事で奉納される「住吉踊」(重要無形民俗文化財)のかさなどをわら細工で表現。かつては周辺の農家の副業として盛んに作られたと伝わるが、現在は1軒のみが手掛けている。サイズ別に4種類あり、正月までに約3千個が仕上げられる予定。この日は5人の神楽女が奉仕し、作業場となった連歌所で初詣の企業向けの約600個を完成させた。神楽女さん「参拝される多くの方々に気持ちよく新年を迎えていただけるよう、一つ一つ心を込めました」 願い込め福笹づくり 護国神社、新年用の縁起物準備 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース  県護国神社(那覇市奥武山)は26日、新年の縁起物「福笹」と「破魔矢」を製作…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

北海道神宮で1年の汚れを落とすすす払い(HTB) "すす払い"して待っています 新年を前に 北海道神宮(UHB) 北海道神宮 新年を前にすす払い | 道内ニュース | ニュース | STV 北海道神宮で「すす払い」 - NHK 北海道 NEWS WEB 【HTBニュース】北海道神宮で師走のすす払い 札幌市中央区の北海道神宮では、本殿などを清めて新しい年を迎えようと、毎年12月26日にすす払いが行われています。 26日午前9時すぎから神職が祝詞をあげてすす払いをする10人の神職やみこのお清めをしました。 このあと神職やみこは長さおよそ4メートルの竹の棒に神社の周辺でとれたささの葉をつけた「忌竹」と呼ばれるはたきを使って、本殿の天井などに積もったほこりを落としていきました。巫女さん二人がかり 新年へ準備着々 大しめ縄飾り付け 浜松・五社神社|静岡新聞アットエス  新年を前に、浜松市中区利町の五社神社で26日、拝殿に大しめ縄を取り付ける作業が行われた。  しめ縄は長さ6メートル、重さ45キロで、西区入野町のしめ縄職人袴田不二夫さん(82)が製作した。早朝から神職やみこら9人が梁(はり)にたまった1年のほこりをササで払い落とし、脚立に上って高さ約3メートルの位置に大しめ縄をくくりつけた。作業後は境内を丁寧に掃き掃除した。正月の三が日には、計10万人の初詣参拝者を見込んでいます 富山県 初詣にステンドグラス模様のお守り 射水・櫛田神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で臨時巫女の研修会

山口)臨時の巫女さん研修会 周南・遠石八幡宮:朝日新聞デジタル 臨時みこが研修 周南・遠石八幡宮(山口新聞)  周南市の遠石八幡宮で25日、初詣客を迎える臨時の巫女(みこ)たちの研修会があり、高校生や大学生ら15人が白衣、緋袴(ひばかま)の着付けや神社独特の言葉遣いなどを学んだ。  遠石八幡宮では三が日だけで約20万人の参拝が見込まれ、職員の巫女だけでは対応できない。臨時の巫女たちは26日からさっそく縁起物の袋詰めなどの作業に入るという。高校2年生「初詣にいらっしゃる方々にとって、すてきな1年になるよう、明るい気持ちで接したい」 巫女「つつましい心で」 穂高神社でアルバイト研修:長野:中日新聞(CHUNICHI Web)  安曇野市穂高の穂高神社で25日、年末年始に巫女(みこ)を務めるアルバイトの研修会があった。  同神社では31日から来年1月15日まで、同市や松本市などの高校生や大学生、社会人の計25人が巫女を務める。研修会には、巫女を初めて経験する20人が白衣と緋袴(ひばかま)姿で参加した。  本殿に参拝し、社務所などで「つつましい心で勤める」などの心得を学んだ後、計約70種類あるお札やお守りなどを、参拝者に手渡す際の手順や言葉遣いなどを確認した。高校3年生初めてで緊張するが、参拝者が気持ち良く新年をスタートできるよう頑張りたい」

続きを読む

郡山・安積国造神社で破魔矢作りが本格化

『幸』多き新年へ「破魔矢」作りが本格化 郡山・安積国造神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  郡山市の安積国造(くにつこ)神社で年末恒例の破魔矢作りが本格化している。24日は、神殿に集まった巫女(みこ)らが新年の幸せを祈りながら一本一本丁寧に仕上げるなど初詣の参拝客を迎える準備に当たった。  破魔矢は、家内安全や商売繁盛に御利益があるとされる。同神社では、破魔矢に子宝や五穀豊穣(ほうじょう)などの願いを込めたひょうたんのほか、来年の干支(えと)の酉(とり)の張り子などを取り付ける。27日まで行われ、約5000本を用意 いい年祈り縁起物準備 釧路・鳥取神社 | どうしんウェブ/電子版(道東)  お正月に向けて、釧路市鳥取大通の鳥取神社で、破魔矢や熊手など縁起物の準備が大詰めを迎えている。  同神社では、破魔矢約3千本、熊手1千本のほか、お守りやおみくじを用意。今年の作業は11月上旬から始まり、巫女(みこ)たちが熊手や破魔矢に取り付けた鈴やえびすなどの飾りが正しく付いているかなどを1本ずつ確認しているほか、企業向けの祈願に使うおみくじや厄払いの札をそれぞれ袋に詰めるなどして準備を進めている。寒そうです… 巫女助勤奉仕者 120人に説明会 三嶋大社|静岡新聞アットエス  多くの初詣客が見込まれる三島市大宮町の三嶋大社で24日、年末年始に従事する巫女(みこ)助勤奉仕者の説明会が開かれた。  高校生と大学生ら約120人が白衣と緋袴(ひばかま)姿で…

続きを読む

伊弉諾神宮で臨時巫女が神楽舞の練習

臨時みこさん:神楽舞を特訓 淡路・伊弉諾神宮 /兵庫 - 毎日新聞  淡路市多賀の伊弉諾(いざなぎ)神宮で、正月三が日に臨時みこを務める高校生と大学生が神楽舞の練習に励んでいる。24日は、高校生8人が白衣と緋袴(ひばかま)のみこ装束姿で舞の所作を特訓した。  筆記試験や面接で選ばれた高校生と大学生26人が、神宮みこの池本早希さん(22)と中尾桐子さん(23)の指導で、「扇鈴の舞」と「御幣の舞」を繰り返し練習した。高校生らはそれぞれ鈴と扇、御幣を持ち、手拍子に合わせて足の運び方や鈴の鳴らし方、扇や御幣の振り方などを約5時間反復練習した。高校1年生「興味があったので応募した。みこ衣装を着ると気持ちが引き締まった。所作や動きが難しいが、しっかり練習して本番では立派に舞を披露したい」 阿蘇神社で巫女研修会 高校生ら心構え学ぶ-熊本のニュース│ くまにちコム  阿蘇市一の宮町の阿蘇神社で23日、正月三が日に神社の巫女[みこ]を務める高校生らの研修会があり、心構えや対応法を学んだ。  神社によると、臨時の巫女は例年約30人だが、熊本地震の影響もあって応募が少なく20人。地元や熊本市の高校生らが務め、お守りやお札、初穂料の受け渡しをする。  参加者は権禰宜[ごんねぎ]の矢田幸貴さん(35)から神社の歴史やお守りの種類、言葉遣いなどの説明を受け、白衣と緋袴[ひばかま]の着付けも学んだ。地震で約1カ月、車中泊をしたという17歳「被災者も大勢訪れると思う。少しでも気持ちが楽になって…

続きを読む

阿蘇神社で臨時巫女の研修

熊本)阿蘇神社、臨時巫女の高校生らが研修:朝日新聞デジタル 阿蘇神社で臨時の巫女さん研修 - NHK熊本県のニュース 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県の阿蘇神社で、年末年始に巫女を務めるアルバイトの説明会が開かれ、参加者は衣装合わせなどをして本番に備えました。 阿蘇神社では正月の三が日にはおよそ10万人が初詣に訪れるため、例年、大みそかから新年にかけて、本職とは別のアルバイトの巫女を採用しています。 23日の説明会には、今回採用された阿蘇市と熊本市の高校生6人が参加し、神社職員の説明を受けたり、実際に巫女の業務を見学したりして、参拝者への対応方法を学びました。 そして最後に参加者たちは、巫女が身にまとう、白衣と緋ばかまの着付けやたたみ方を本職の巫女から教わり、本番に備えていました。高校1年生「巫女さんの装束の着付けは初めてで、思っていたよりも難しかったです。ことしは地震があって大変な年でしたが、来年はいい年になることを願って、神社に参拝する方をお迎えしたいです」 「福を届けたい」福娘9人に装束 春日大社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 奈良)福娘、シャキッ 春日大社で研修:朝日新聞デジタル  奈良市の春日大社で23日、福娘の研修があった。 境内の末社・佐良気(さらけ)神社で1月10日にある「十日えびす」に備え、福娘らは巫女(みこ)装束と金烏帽子(えぼし)を身につけ、参拝者への対応を学んだ。  今回の福娘は日立造船(大阪市)の女性…

続きを読む