小矢部・埴生護国八幡宮で浦安の舞の仕上げの稽古

富山県 元日の浦安の舞、仕上げの稽古 小矢部・埴生護国八幡宮|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  元日に小矢部市の埴生護国八幡宮で、「浦安の舞」を奉納する地元の女子児童が29日、同宮で仕上げの稽古を行った。  石動小学校の5、6年生の8人が来年の初詣で、舞を披露する。児童はこの日、本番同様に緋袴(ひばかま)を身に着けて練習に励んだ。 (中略)  浦安の舞は、元日の午…

続きを読む

春日大社「神楽始式」

奈良)春日大社で神楽始式 国の安泰願う:朝日新聞デジタル 神楽始式:優雅に みこが舞を奉納 奈良・春日大社 /奈良 - 毎日新聞 国家安泰願う巫女の舞 - 春日大社・神楽始式|奈良新聞デジタル  奈良市の春日大社で3日、年の初めに国の安泰と神楽の上達を祈願する神楽始式(はじめしき)があった。初詣に訪れた大勢の参拝客が足を止め、巫女(みこ)らが2曲を奉納する様子に見入っていた。  …

続きを読む

兵庫県多可町・糀屋稲荷神社で児童が浦安の舞奉納

神戸新聞NEXT|北播|児童8人が堂々「浦安の舞」 多可の神社  兵庫県多可町中区糀屋の糀屋稲荷神社で1日、中町南小学校(同町中区森本)の児童8人による浦安の舞が奉納された。午前と午後にそれぞれ4人ずつが舞い、舞殿を華やかに彩った。  浦安の舞は、毎年10月の同神社の秋祭りで奉納。けがをして舞台に立てなかった児童のため、2016年元日に披露の機会を設けたところ好評で、年始恒例の催しに…

続きを読む

洲本・河上神社天満宮で合格祈願祭

神戸新聞NEXT|淡路|学問の神様に合格祈願 受験生40人参列 洲本・河上神社  学問の神様・菅原道真公をまつる兵庫県洲本市五色町鮎原南谷、河上神社天満宮で2日、恒例の合格祈願祭があった。高校や大学などの受験を間近に控えた40人と保護者らが志望校合格を願い祈りをささげた。  同神社が毎年実施する神事。祈願祭では、山口千秋宮司の祝詞奏上に続き、地元の小学生がみこを務め神楽を奉納。受験生…

続きを読む

スタンプラリー「芦屋睦の宮詣で」始まる

本年もよろしくお願いいたします。 神戸新聞NEXT|阪神|六つのお宮で仲睦まじく 芦屋でスタンプラリー  兵庫県芦屋市内の6神社を回るスタンプラリー「芦屋睦の宮詣で-六つのお宮で仲睦まじく-」が1月1日から始まる。15日までにすべての神社に参拝すると、特製のお守りがもらえる。  同市神社総代会などが2016年から毎年開催している。芦屋(東芦屋町)▽阿保天(上宮川町)▽岩園天(岩…

続きを読む

我孫子・香取神社で初詣に「浦安の舞」「朝日の舞」

東京新聞:住民有志 初詣おもてなし 我孫子の香取神社:千葉(TOKYO Web)  大みそかの深夜から正月三が日にかけ、我孫子市緑一の香取神社で、近隣の住民有志が手作りイベントを開き、初詣客らをもてなす。少女たちの神楽舞奉納や、来年の干支(えと)のイノシシやブタの置物の展示即売などが予定されている。  同神社は神主が常駐しておらず、地元の「二丁目町内会」が境内を管理している。イベント…

続きを読む

四万十・一條神社の看板猫

捨て猫のチビ、初詣客お出迎え いまや神社の看板猫:朝日新聞デジタル  新年の初詣客を看板娘の「チビ」が出迎える。「土佐の小京都」と呼ばれる高知県四万十市の一條神社で、首に「あけましておめでとう チビ」と書かれた札をつけたネコがいる。 (中略)  正月は、チビの首に「あけましておめでとう チビ」の札を付けた。今は大きくなったチビは人気者だ。チビに会いにやって来るファンもいる。巫女(みこ)…

続きを読む

田川・風治八幡宮で巫女の奉告祭

迎春準備、巫女さんも万端 田川市の風治八幡宮で奉告祭 [福岡県]|【西日本新聞】  田川市魚町の風治八幡宮(宇都宮誠宮司)で30日、正月の縁起物の準備作業が大詰めに入り、三が日にアルバイトの巫女(みこ)を務める高校生や社会人の奉仕奉告祭があった。  奉告祭は期間中の奉仕を神前に報告する神事。13人の巫女たちは拝殿でおはらいを受けた後、代表の2人が玉串を奉納した。  その後は縁起…

続きを読む

小松・安宅住吉神社で神楽舞の練習納め

みこ 神楽舞総仕上げ 安宅住吉神社:石川:中日新聞(CHUNICHI Web) 初詣に向けて「神楽舞」稽古納め|NNNニュース  小松市安宅町の安宅住吉神社で三十日、正月に奉納する神楽舞の練習納めがあり、みこが新年に向けて総仕上げをした。  みこの中村美月さん(23)と埴崎(はにざき)未緒さん(22)の二人は、十二月上旬からほぼ毎日練習に励んできた。この日は、楽太鼓と琴、笛の音に合…

続きを読む

祐徳稲荷神社ですす払い

祐徳稲荷ですす払い みこ10人 初詣に備え [佐賀県]|【西日本新聞】  鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で28日、年末恒例のすす払いがあった。時折小雪が舞う寒さの中、10人のみこが、境内の山から切り出した約5メートルの竹を使い、楼門や神楽殿のほこりを落とした。  みこ見習いの鹿島高3年、鳥越麻友(まゆ)さん(18)は「初詣の人たちが気持ちよく参拝できるようにと思いを込めました」と語った。初…

続きを読む

真岡・大前恵比寿神社で元日に「笠井神楽」初奉納

元日に「笠井神楽」初奉納 真岡・創建30周年迎え大前恵比寿神社|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【真岡】来年創建30年を迎える東郷の大前恵比寿神社は、奉祝行事として来月1日に同神社で初めて神楽を奉納する。神楽は関東では珍しい「吉田流笠井神楽」。舞手を務める姉妹も同神楽発祥の地を訪れて稽古を積むなど、節目の年を迎える奉納の準備が整いつつある…

続きを読む

鳥取・宇部神社で破魔矢作り

迎春準備 着々と 宇部神社で破魔矢作り | 日本海新聞 Net Nihonkai 宇倍神社でみこが破魔矢準備 日本海新聞 「因幡国一の宮」として知られる鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)では、みこらが開運や魔よけの御利益があるとされる破魔矢の準備に追われた。  白衣と緋(ひ)ばかまを身に着けた10人が、来年の干支(えと)のイノシシを描いた絵馬や鈴を取り付け、袋詰めした。初めて巫女…

続きを読む

登米・津島神社で縁起物づくり

幸せ射止めて 登米・津島神社で縁起物づくり | 河北新報オンラインニュース  登米市迫町の津島神社で、初詣用の破魔矢など縁起物の製作が最盛期を迎えている。  28日は神職やみこ姿の女性ら7人が社務所内で来年の干支(えと)である「亥(い)」を表すイノシシが描かれた絵馬を矢に結び付ける作業に追われた。破魔矢は年内に約1000本作る予定。正月三が日の参拝者を約1万人と見込んでいます 初詣…

続きを読む

長崎・諏訪神社で臨時巫女さんの講習会

KTNテレビ長崎 臨時の巫女さん講習会 諏訪神社で臨時の巫女さん講習|NNNニュース 長崎市の諏訪神社で、28日、お正月の初詣客を迎える臨時の巫女さんの講習会が行われました。 講習会には県内の大学生などおよそ50人の女性たちが参加しました。そしてあいさつや言葉遣いから、お札やお守りの渡し方や種類などに加えて、白衣と袴の着付け方も教わりました。 専門学生は「はじめて着るので緊張…

続きを読む

高岡・射水神社で「破魔矢神楽」の所作稽古

富山県 「破魔矢神楽」の所作稽古 射水神社臨時みこ|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  射水神社(高岡市古城、松本正昭宮司)で臨時みこを務める女性たちは、来年の新春特別祈願で、手に破魔矢を持って舞う「破魔矢神楽」を奉納する。27日は同神社で仕上げの練習に取り組み、所作を確認した。元日から2月3日の厄除祈願大祭までの間に行うおはらいで奉納する。  関西地方に伝わる「浪速神楽」の「…

続きを読む

神戸・生田神社で「杉盛」作り

生田神社の伝統 杉を使った迎春準備が整う | サンテレビニュース 神戸の生田神社で正月の縁起物「杉盛」作り(朝日放送) 神戸市中央区の生田神社では、杉を使った伝統の正月飾りの「杉盛」が作られ、迎春の準備が進められました。 生田神社には、水害で境内の松の木が倒れ社殿が損壊したという言い伝えがあり、現在も境内に松の木は植えられておらず、正月飾りも杉の木を使うのが習わしです。 作業…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

今年の汚れ一掃 : 北海道発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) <北海道>北海道神宮で1年の汚れを落とす「すす払い」(HTB北海道テレビ放送) - Yahoo!ニュース 北海道神宮ですす払い 今年のほこりを払い落とし 新年すぐそこに… 札幌市(北海道ニュースUHB) - Yahoo!ニュース  札幌市中央区の北海道神宮で26日、年末恒例のすす払いが行われた。  神事…

続きを読む

鳴門・大麻比古神社で巫女の研修会

初詣へ巫女の所作学ぶ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 正月前に「巫女」の礼儀作法学ぶ 大麻比古神社|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞  鳴門市の大麻比古神社で26日、初詣の参拝者らを迎える巫女の研修会が開かれ、女性たちが基本の所作や仕事の内容を教わった=写真=。  参加した約40人は白衣と朱色の袴姿になり、神社の職員から礼儀作法を教わったあと、本殿で実際に…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で巫女研修会

周南・遠石八幡宮で巫女研修会 学生巫女ら、心構え・作法を習い迎春の準備 - 周南経済新聞 山口)高校生ら巫女さんに 遠石八幡宮で研修会:朝日新聞デジタル  山口県周南市の遠石八幡宮で25日、初詣客を迎える臨時の巫女(みこ)たちの研修会があり、高校生や大学生ら12人が作法や着付けを学んだ。  八幡宮では三が日だけで約20万人の参拝が見込まれ、職員の巫女だけでは対応できない。12人は2…

続きを読む

住吉大社で縁起物「住吉踊」作り

住吉大社で迎春準備、神楽女が縁起物を作製 - 産経ニュース 初詣客に人気の「住吉おどり」作り始まる : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  毎年約230万人の初詣客でにぎわう大阪市住吉区の住吉大社で、神楽女(かぐらめ)らが参拝者に授与する縁起物「住吉踊(おどり)」を作り始め、迎春準備を進めている。  「住吉踊」は、同社の神事で行われる踊りをわら細工で表現した民…

続きを読む