石清水八幡宮で勅祭・石清水祭

京都)真夜中に500人が行列 勅祭・石清水祭:朝日新聞デジタル ハトや魚放ち、平安願う 石清水八幡宮で放生行事 : 京都新聞  石清水(いわしみず)八幡宮(八幡市)で15日、石清水祭があった。天皇の勅使(使い)を迎える「勅祭」の中で、京都の賀茂祭(葵祭)、奈良の春日祭とともに、三大勅祭とされる。  午前3時ごろ、雅楽の音とともに、祭神の八幡大神を乗せた3基の御鳳輦(ごほうれん、みこし)が男山の山上にある本殿を出た。南総門をくぐり、お供をするためにちょうちんなどを持って待機していた「神人」と呼ばれる約500人とともに、ふもとにある頓宮に向かった。真夜中にもかかわらず多くの人が訪れ、参道わきで見守った。稚児さんらしき姿が お稚児さん華やかに 盛岡、子どもら参拝(岩手日報)  盛岡市八幡町の盛岡八幡宮の例大祭行事「お稚児さん参り」は15日行われ、華やかに着飾った子どもたちがにぎやかに参拝した。  2歳から10歳まで約60人が参加。朱色や緑の衣装に身を包み、金色の烏帽子(えぼし)や冠を着けた。同市松尾町の盛岡劇場を出発し、八幡町通りの入り口で4列に整列し直して行進。家族らと手をつないで晴れやかに歩く子どもたちの姿に、沿道の市民らは目を細めた。ニコニコ 発展祈り優雅な舞 小豆島 阿豆枳島神社で例大祭 - 香川のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース) 小豆島の繁栄願い舞奉納 阿豆枳島神社で例大祭 - 産経ニュース  小豆島(香川県)の秋祭り…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の土用干し

京都「大福梅」の土用干し| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー ABC WEBNEWS|【京都】北野天満宮 大福梅の土用干し 京都・北野天満宮「大福梅」土用干し始まる 京都の北野天満宮では、境内でとれた梅を天日干しする「大福梅」の土用干しが始まりました。 梅雨が明け、青空が広がる京都の北野天満宮では、塩漬けされた梅およそ2.2トンを神職や巫女らが、すのこに並べていきます。これから4週間かけて梅がカラカラになるまで天日干しにし、無病息災の祈りを込めて飲む「大福梅」として年末、参拝客に配られます。動画は産経ニュースより 浴衣。 岐阜)郡上おどりPR、中学生が「浴衣デー」:朝日新聞デジタル 涼やか浴衣で炭坑節 京の文化で盆踊り体験 (京都福祉専門学校) – 城南新報 ON WEB  郡上市立八幡中学の生徒たちが浴衣姿で郡上おどりを披露する催し「浴衣デー」が14日、同市の旧庁舎記念館前の広場であった。観光客にPRしようと生徒が企画。初めて行った昨年は学校の敷地で全校生徒が踊ったが、今年は町の中心部で浴衣を着た約250人が踊りの輪を作った。3年生らのおはやしに合わせて「かわさき」や「春駒」など10曲を披露 京都・峰山高分校:涼しげに浴衣姿で授業 - 毎日新聞 着付け体験:「浴衣で涼しく」鹿沼商工高生15人 /栃木 - 毎日新聞  京都府京丹後市の府立峰山高弥栄分校の家政科3年生7人は19日、浴衣を着て授業を受けた。  毎年「浴衣の日」として実施しており、生…

続きを読む

京都・葵祭

京都三大祭り、葵祭始まる 王朝絵巻さながら優雅な行列:朝日新聞デジタル 葵祭:宮廷装束の500人練り歩く 沿道から歓声 京都 - 毎日新聞 【動画】葵祭で斎王代を務めた富田紗代さん「平安時代のお姫様のよう。多くの人を笑顔にしたい」新緑の京都を - 産経WEST 【動画】葵祭で双子の姉妹参列 6年前にも参列 - 産経WEST 【動画】葵祭で親子4世代に渡る参列かなう - 産経WEST 新緑の中の雅、約500人の平安絵巻 葵祭 2017 斎王代、支える姉と笑顔で 京都・葵祭に三姉妹参列 : 京都新聞 88歳八瀬童子、葵祭に60年以上参加|MBS 関西のニュース  15日に開催された葵祭。天候に恵まれた中、沿道には約5万人(府警調べ)が詰めかけ、初夏の京都を彩る平安絵巻に酔いしれた。行列では、斎王代が女人列に参列した2人の姉に支えられながら主役を務め、4世代にわたる参加者や双子の姉妹の女官役らが花を添えた。3姉妹での参列は初めてでは、との話

続きを読む

下鴨神社で御蔭祭

新たな神霊に雅やかな舞 京都・下鴨神社で御蔭祭 : 京都新聞 葵祭を前に御蔭祭 京都 - 産経WEST  葵祭に先立ち、比叡山ふもとの御蔭(みかげ)神社(京都市左京区)から、新しく生まれた祭神の神霊を迎える御蔭祭が12日、左京区の下鴨神社などで行われた。糺の森では雅楽や歌に乗せて舞う「東游(あずまあそび)」が披露された。 (中略)  糺の森に設けられた「切芝」と呼ばれる祭場では、和琴(わごん)やひちりきなどの演奏に合わせ、おおらかな古代歌謡が歌われた。神霊を運ぶ神馬(しんめ)の前で、舞人(まいびと)6人がゆったりと舞った。葵祭の3日前に行われます 伊勢神宮の専用水田で田植え 大雨と大風の中でも古式ゆかしく - 伊勢志摩経済新聞 伊勢神宮で「御田植初」、御料米の豊作を祈願 TBS NEWS  伊勢神宮の専用水田「神宮神田」(伊勢市楠部町)で5月13日、大雨と大風の中「神田御田植初(しんでんおたうえはじめ)」が行われた。 (中略)  神田御田植初は、2人の奉仕員が早苗を3列植え、子持帷子(かたびら)に烏帽子、青いたすき姿の男10人と、菅笠に白衣、赤いたすきをかけた女10人が交互に並び、早苗を手で植えていく。その間、笛や太鼓で田楽を演奏する。悪天候でも行うんですね 青葉まつり:「笑顔で頑張る」 青葉娘らお披露目 高野 /和歌山 - 毎日新聞 稚児大師&青葉娘が決定♪6月の空海降誕会で散華 | 高野山麓 橋本新聞 世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の開祖・弘法大…

続きを読む

京都・貴船神社で菖蒲神事

菖蒲神事:子の邪気払う巫女の舞 端午の節句「発祥地」貴船神社で 左京 /京都 - 毎日新聞  端午の節句の発祥地とも言われる貴船神社(京都市左京区)で5日、邪気を払い子どもの健やかな成長を祈る菖蒲(しょうぶ)神事があった。新緑の鮮やかな境内に子ども連れなど多くの参拝客が訪れ、伝統儀式に見入っていた。  神社は、京都御所から見て、邪気が入るとされる鬼門の方角にあるため「御所の守り神」としてまつられ、端午の節句など年の節々を祝う「五節句」の発祥の地ともされる。鴨川の水源地に位置し、水の供給をつかさどる神をまつっており、雨乞いや晴乞いなどで天皇のお使いが数百度来た記録があるという。  菖蒲神事では、鬼の角として菖蒲、鬼の髻(もとどり)としてちまきなどを神前に供えた後、菖蒲やヨモギの葉を持った巫女(みこ)が舞を奉納した。数百度とはすごいですね みなべの鹿島で明神祭 - 日高新報 Web Hidaka  みなべ町埴田、鹿島神社の明神祭が3日に行われた。江戸時代の津波被害を最小限に抑えてくれた鹿島に感謝し、毎年開催。ことしも関係者らが南部湾に浮かぶ鹿島に渡り、神事が営まれた。  言い伝えによると、鹿島に鎮座する大明神が江戸時代の1707年の宝永の大地震と1855年の安政の大地震で発生した大津波を2つに分けて被害を抑えたという。14~17歳の巫女さん5人が豊栄の舞を奉納 華やかに神輿巡行や稚児行列 京都・生身天満宮春祭り : 京都新聞  京都府南丹市園部町美園町の…

続きを読む

京都・葵祭「御禊の儀」

ヒロイン、身清め「葵祭」の無事願う 斎王代が御禊の儀 - フォトジャーナル - 産経フォト 京都・下鴨神社:「御禊の儀」斎王代の19歳、心身清める - 毎日新聞 十二単の斎王代、御手川で身清め 京都・葵祭「御禊の儀」 : 京都新聞  京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭(15日)を前に、ヒロインの「斎王代(さいおうだい)」が身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社であった。第62代斎王代を務める同志社大2年、富田紗代さん(19)が川に両手を浸して心身を清めた。「平安時代にタイムスリップしたような気持ち。水は冷たく、心がひきしまりました」 城下町で江戸行列、6日は松平健さんも 大分・杵築:朝日新聞デジタル  大分県杵築市の城下町で5日、きつきお城まつりが始まった。公募などで集まった約100人が2日間、「江戸行列」と銘打ち侍姿や着物姿で練り歩く。  今回で祭りが30回目を迎えた記念に、6日はゲストに俳優の松平健さんが将軍役で登場する。5日はその「予行演習」も兼ねており、1時間ほど行進した。ちょっぴり緊張気味 高円宮家の根付一堂 森町・小国神社で30日から展示|静岡新聞アットエス  高円宮家所蔵の約200点が並ぶ「高円宮家根付コレクション展」(小国神社主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30日、森町一宮の同神社で開幕する。29日には高円宮妃久子さまによる記念講演と式典が開かれた。巫女さんも興味津々

続きを読む

京丹波・猿田彦神社で太々神楽

伝統の神楽、子どもたち優雅に舞う 京都・猿田彦神社 : 京都新聞  京都府京丹波町水原の猿田彦神社で9日、春季大祭が営まれた。みこに扮(ふん)した地元の子どもたちが和太鼓の響きに合わせ、伝統の「太々(だいだい)神楽」を優雅に舞った。  同神社は1326年の創建とされ、家内安全や交通安全、雷除けの守り神として信仰されている。毎年4月の春季大祭で奉納される神楽は1889(明治22)年に始まり、1938(昭和13)年からは地元の児童が奉納している。中学2年生と1年生「鈴が重たく、傾かないように持つのが大変でしたが、伝統の神楽を披露できてうれしい。こうした舞が残る地元を誇りに思う」 豊作祈り神田にもみまく 京都・伏見稲荷で水口播種祭 : 京都新聞  豊作を祈る水口播種(みなくちはしゅ)祭が12日、伏見稲荷大社(京都市伏見区)で行われた。すげがさにあかねだすきの早乙女姿の人たちが、神田に種もみをまいた。  境内北側にある広さ約330平方メートルの神田の一角で行われた。大阪府摂津市の信者らでつくる「三島初穂講」の男女15人が、神楽の演奏される中、桜の花びらが浮かぶ水面に種もみをまいていった。6月の田植祭で植え、10月の抜穂祭では約150キロのコメの収穫を見込んでいます しぶき浴び無病祈る 大麻比古神社で「湯立神楽」【徳島ニュース】- 徳島新聞社  神前で沸かした湯をササの葉で振りまいて厄をはらう神事「湯立神楽(ゆだてかぐら)」が8日、鳴門市大麻町の大麻比古神社であり、…

続きを読む

京都・随心院「はねず踊り」

京都)小野小町しのび「はねず踊り」 梅園も見頃:朝日新聞デジタル 悲恋の物語、あでやかに舞う 京都、隨心院で「はねず踊り」 : 京都新聞  小野小町を巡る悲恋の物語を主題にした「はねず踊り」が26日、京都市山科区の隨心院であった。薄紅色を表す「はねず色」の小袖に身を包んだ女児たちが舞を披露し、訪れた多くの市民が見入った。  はねず踊りは、小野小町のもとに通い続けた深草少将の「百夜(ももよ)通い」の伝説を基にしたわらべ唄に合わせて、子どもたちが踊る。大正時代に一時途絶えたが、地元有志が1973年に復興させて以来毎年、小町ゆかりの同院で行われている。  この日は、花がさを身に付けた地元の小学4~6年生18人が、境内の特設舞台に登場。小町と少将の役に分かれ、曲に合わせてあでやかな舞を披露した。小学6年生「人がいっぱいいて最初は緊張したけど、前に立って踊るのが段々楽しくなった」 京都・晴明神社で162年ぶり、二の鳥居社号額復元 「最後の陰陽頭」の揮毫 - 烏丸経済新聞  晴明神社(京都市上京区堀川通一条上る)で3月22日、二の鳥居の社号額が新調され、設置奉告祭が営まれた。  平安時代の陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明を祭る同神社ではこれまで、安倍晴明の直系子孫で「最後の陰陽頭」にあたる土御門晴雄(つちみかどはれたけ)が揮毫(きごう)したという「晴明社」の社号額を掲げていたが、「晴明神社」と称するようになったことから1978(昭和53)年に額を掛け替え、「晴明社」の社号…

続きを読む

北野天満宮「飛び梅」のクローンに成功

北野天満宮「飛び梅」にクローン苗木…病気備え : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 御神木の梅:増殖苗木里帰り 世界初、住友林業が成功 北野天満宮 /京都 - 毎日新聞 京都)北野天満宮の御神木の紅梅、接ぎ木と判明:朝日新聞デジタル 京都・北野天満宮の御神木の梅 約350年前に接ぎ木か - 産経WEST 「飛び梅」伝説の神木、江戸前期に接ぎ木 京都・北野天満宮 : 京都新聞  京都市上京区の北野天満宮は9日、本殿前にあるご神木の梅が、350年以上前の江戸時代前期に接ぎ木されていたことが分かった、と発表した。祭神の菅原道真が平安時代に左遷された大宰府(現在の福岡県太宰府市)に向け、京都から梅が飛んでいったという「飛び梅」伝説ゆかりと伝わる木で、同天満宮は「接ぎ木し、大切にしてきたことが、科学的に裏付けられた」としている。以前にもニュースになっていた気がします 古民家に厳かな音色 伊那・旧井沢家住宅で雅楽:長野:中日新聞(CHUNICHI Web)  伊那市西町の旧伊那部宿にある旧井沢家住宅(市有形文化財)で五日、雅楽演奏会が開かれた。古民家に響く穏やかな音色を、約八十人が楽しんだ。  この日は、しょう、しちりき、龍笛(りゅうてき)などを五人が演奏した。二部構成で第一部は「平調音取(ひょうじょうのねとり)」「越殿楽(えてんらく)」などを演奏、第二部では雅楽や楽器の解説があった。  着物姿で訪れる人もいて、演奏とあいまって、会場は柔ら…

続きを読む

京都府精華町・武内神社で百年ぶりに湯立神事

100年ぶり湯立神事、創建700年祝う 京都・精華の武内神社 : 京都新聞  武内神社(京都府精華町北稲八間)が鎌倉時代の創建から700年を迎えたことを祝う式年大祭が18日、同社で開かれた。氏子や地域住民が、神事や記念植樹を行った。  拝殿には子ども会が描いた700年を祝う花やアニメのキャラクターなどの絵が飾られ、神楽が奉納された。600年祭の記録をもとに、100年ぶりに無病息災を願う湯立(ゆたて)神事が行われた。巫女(みこ)がササで勢いよく釜の湯を周囲に振りまくと、境内に湯気が上がった。奉納されたまぐろを振る舞う「まぐろ開き」も 神戸新聞NEXT|東播|加古川・八幡神社厄除大祭 祈祷受けに参拝客が列  「宗佐の厄神さん」として親しまれている兵庫県加古川市八幡町野村の八幡神社で18日、「厄除(やくよけ)大祭」が始まった。祈祷(きとう)などを受けようと、市内外から訪れた大勢の参拝客が参道に列をつくり、無病息災を祈った。19日まで。2日間で約4万人の人出を見込んでいる。 (中略)  この日、神楽殿では厄払いの祈祷が繰り返し行われ、厄年の男女らが参拝した。神職の男性が祝詞を奏上し、鈴を持った巫女(みこ)が舞を披露した。浪速神楽でしょうか…

続きを読む

上賀茂神社で巫女さんが消防訓練

京都)巫女さんも消防訓練 上賀茂神社:朝日新聞デジタル  文化財防火デー(26日)を前に、世界遺産の上賀茂神社(北区)で23日、消防訓練があった。国の重要文化財の細殿(ほそどの)から出火したと想定。北消防署員や上賀茂神社文化財市民レスキュー隊、神社の巫女(みこ)ら約50人が参加した。  訓練では、巫女らが消火器で初期消火をし、文化財市民レスキュー隊員らが重要物品を搬出。その後、北消防署員らが放水した。木造建築が多いだけに真剣です 湊川神社で節分準備 幸福訪れるように「福豆」袋詰め - 産経ニュース  2月3日の節分を前に、神戸市中央区の湊川神社で23日、豆まきに使用する福豆の袋詰め作業が始まった。25日までの3日間で計2万3千袋を詰めるという。  この日、豆の香ばしいにおいがする中で、集まった巫女(みこ)ら30人が器に入った煎り豆と五色豆を手際よく袋に入れていった。巫女さん(27)「みなさんにたくさん幸福が訪れるように、心を込めて詰めました。豆まきを楽しんだ後は家族でおいしくいただいてください」

続きを読む

京都・城南宮の「湯立神楽」

湯立神事、邪気振り払う 大寒の京都・城南宮 : 京都新聞 【動画】伝統の湯立神楽 巫女が湯を散らし邪気払う「健康第一で過ごしたい」 京都・城南宮 - 産経WEST 京都・城南宮の「湯立神楽」  一年で寒さが最も厳しいとされる二十四節気の大寒にあたる20日、無病息災を祈願する「湯立(ゆたて)神事」が京都市伏見区の城南宮で営まれた。巫女(みこ)が熱湯にひたしたササの葉を振り、参拝者が飛び散る滴や湯気を浴びた。  神事の後、拝殿で4人の巫女が扇や鈴を手に神楽を舞った。続いて大釜の湯に清めの塩や供物の米、酒を注ぎ、巫女がササを釜に入れて、熱い湯を勢いよく左右に振りまいた。湯を浴びると邪気が払われ、神事で使われた「福笹(ざさ)」を持ち帰ると幸運に恵まれるという。いいなー。待ってる間寒そうですが 節分へ「福豆」袋詰め 浜松・井伊谷宮|静岡新聞アットエス  浜松市北区引佐町井伊谷の井伊谷宮で19日、2月3日の節分祭でまかれる福豆の袋詰め作業が行われた。  作業は井伊谷宮敬神婦人会(山下房代会長)の会員13人が行った。約45キロの豆をさじですくって黄色い小袋に詰め、6000袋を準備した。山下会長は「大河ドラマ効果で井伊谷に注目が集まっている。多くの人をお迎えしたい」と話した。節分祭は午後3時から。同4時から年男と年女が豆をまきます 初えびす 福娘が踊り奉納 伊賀市の恵美須神社 - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース  今年1年の商売繁盛や家運隆昌を願う「初えびす」の本祭が1…

続きを読む

石清水八幡宮で橘の実の摘み取り

京都)黄金色の実、3年後はお神酒に 石清水八幡宮:朝日新聞デジタル お神酒「橘酒」に、タチバナの実収穫 京都・石清水八幡宮 : 京都新聞  八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮で22日、お神酒「橘(たちばな)」づくりに使うタチバナの実の摘み取りがあった。  同八幡宮には、本殿の手前に東西1本ずつタチバナの木が植えられている。毎年この時期に実を摘み、23日の新嘗(にいなめ)祭で供えた後、城陽酒造(城陽市)で3年漬け込まれて橘酒ができる。  今年は東側のタチバナだけが実をつけたが、実は昨年より大きめ。巫女(みこ)たちが、黄金色の実を摘んでいった。巫女さんも笑顔 椎葉平家まつり:観光客ら「大和絵巻行列」見入る /宮崎 - 毎日新聞 平家の姫君、観光客魅了 椎葉で武者行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 大和絵巻を再現 椎葉平家まつり [宮崎県] - 西日本新聞  平家落人伝説が残る宮崎県椎葉村の初冬を彩る風物詩「椎葉平家まつり」が12日、同村中心部の上椎葉街道で始まった。13日まで。  村には、源平合戦に敗れて逃げ延びた平家の鶴富姫と、平家追討を命じられた源氏の那須大八郎との悲恋物語が伝わる。まつりの呼び物「大和絵巻武者行列」は、十二単(ひとえ)のお姫さまや甲冑(かっちゅう)姿の武者たち約350人が約800メートルの街道を練り歩き、鶴富姫と大八郎の逢瀬(おうせ)を再現。見物客から大きな拍手が送られた。壇ノ浦の戦いから800年を記念して198…

続きを読む

北野天満宮で「大福梅」の袋詰め

正月縁起物「大福梅」の袋詰め始まる 北野天満宮 - 産経WEST 新春の香り、「大福梅」袋詰め 京都・北野天満宮 : 京都新聞  正月の縁起物「大福(おおふく)梅」の袋詰めが22日、北野天満宮(京都市上京区)で行われた。巫女(みこ)たちが、参拝者の来年の幸福を祈りながら、梅の実を丁寧に袋に入れていった。  大福梅は、平安中期に起源を持つとされる。元旦にさゆに入れて飲み、1年の無病息災や長寿を祈る。毎年6月に実を採取し、夏の土用干しを経て12月に参拝者に授与される。12月13日から25日ごろまで、3万袋を授与する予定。1袋700円 神戸新聞NEXT|阪神|孝徳天皇の行幸再現 雅楽で祝いの舞披露 西宮  地域が舞台となった故事にちなみ、白鳳時代の孝徳天皇の行幸を再現した時代行列が19日、西宮市山口町下山口4の山口センターであった。みやびな衣装を着た住民ら約40人がステージに立ち、祝いの舞などを披露した。  住民らでつくる「にぎわいネットやまぐち」が主催。日本書紀には、孝徳天皇が647(大化3)年に有馬温泉に滞在した記述があるという。時代行列は2013年、山口町と有馬温泉をつなぐ県道バイパスが完成したことを記念し、有志らが始めた。雨のため公智神社から会場変更。胡蝶? みなとフェスタ:宮子姫行列、華やかに 河南中生徒らと 御坊 /和歌山 - 毎日新聞 宮子姫みなとフェスタ大にぎわい - 日高新報 Web Hidaka  御坊市と御坊市観光協会主催の宮子姫みなと…

続きを読む

京都・向日「大極殿祭」

長岡京の歴史後世につなげ 大極殿祭雅楽や舞奉納 : 京都新聞  平城京から長岡京に遷都された日を記念した「大極殿祭」が11日、京都府向日市鶏冠井町の大極殿公園で開かれた。地元の有志でつくる大極殿遺蹟(いせき)保存協賛会のメンバーや行政関係者ら約100人が集まり、神事を執り行って歴史を後世に伝えることを誓った。  同祭は、明治時代中期の1895年から続く伝統の行事。神職が供物を献上し、祝詞を読み上げた。雅楽の演奏や舞の奉納もあり、参列者が厳かな儀式を見守った。784年11月11日から10年間 健やかな成長願う 平安神宮で「七五三詣り」 : 京都新聞  子どもたちの健やかな成長と家族の幸せを願う「七五三詣(まい)り」(京都織物卸商業組合、京都新聞主催)が12日、京都市左京区の平安神宮で行われた。秋空の下、華やかな晴れ着姿の子どもたち約300人が保護者と一緒に参拝した。  数え年で3、5歳の男児、3、7歳の女児が無料招待された。参加した子どもたちは内拝殿で祈とうを受けた後、代表の4人が玉串をささげた。小学1年生「きれいな着物が着られてうれしかった。勉強ができるようになるようお願いしました」 七五三、家族連れが晴れ着で参拝 名古屋の熱田神宮:朝日新聞デジタル 成長・復興、七五三の願い 熊本・阿蘇神社:朝日新聞デジタル  熊本地震で被災した熊本県阿蘇市の阿蘇神社に、七五三の子ども連れの家族らが参拝に訪れている。例年、おはらいや祝詞(のりと)を受ける拝殿は全壊して…

続きを読む

北野天満宮で曲水の宴

曲水の宴:和歌の響き1100年超え 北野天満宮で再現 /京都 - 毎日新聞 平安朝にタイムスリップ 京都・北野天満宮で初の曲水の宴 : 京都新聞  杯の流れる小川のほとりで漢詩や和歌を詠む「曲水の宴」が3日、京都市上京区の北野天満宮で初めて催された。境内西側に設けられた「別離の庭」で、きらびやかな平安装束に身を包んだ男女8人が風情あふれる詩歌をしたため、大勢の観客を楽しませた。  宇多天皇主催の宴に招かれるなど、文才が高く評価された祭神菅原道真をしのび、天満宮が企画した。  華道未生流笹岡の笹岡隆甫家元や京都銀行の高﨑秀夫会長、歌人の竹中美加さんらが詠み手となり、緩やかに曲がる小川を杯が流れる中、紅葉と恋心を重ねた歌などを一心にしたためた。白拍子の舞もあったとのこと 神戸新聞NEXT|阪神|子どもらの成長祝う 西宮神社で七五三参り  七五三参りの時期を迎えた3日、兵庫県西宮市社家町の西宮神社では子どもの成長を祝う多くの家族連れでにぎわった。親や祖父母はほほ笑みながら、晴れ着姿の子どもたちを写真に収めていた。  七五三参りは子どもの成長に感謝する武家の文化で、江戸時代中頃から現在のように神社で祝う形になったといわれる。陰陽道(おんみょうどう)で最上の吉日とされる11月15日を中心に、10月から参拝客が増えるという。  秋空の下、手を引かれた子どもたちは同神社本殿に参拝。健やかな成長を願う祈祷(きとう)を受けた。巫女(みこ)から縁起物の千歳(ちとせ)あめを受…

続きを読む

伏見・城南宮で「菊の巫女神楽」始まる

京都・伏見の城南宮で「菊の巫女神楽」 重陽の節句を祝う - 伏見経済新聞  京都市伏見区の城南宮(伏見区中島鳥羽離宮町)で9月1日、「菊の巫女神楽(みこかぐら)」が始まった。 (中略)  「菊の巫女神楽」は五節句の一つ、重陽(ちょうよう)の節句にちなんで菊の花を手にした巫女が神楽を舞う。希望者には「美容健康と招福」を祈願した花守りを巫女が神楽鈴でおはらいをして手渡しする。  城南宮は梅の花が有名で、梅の季節には大勢の見物客が訪れる。10年ほど前からその季節に「梅の巫女神楽」を開催してきたが、2013年から「正月」「5月」「9月」にお参りする、正五九参り(しょうごくまいり)という習慣と季節の花を掛け合わせる形で2月、3月の「梅の巫女神楽」、5月の「藤の巫女神楽」、9月の「菊の巫女神楽」として定着した。今後は3日、4日、9日、10日、11日、17日、18日、19日、22日、24日、25日に開催 稚児の舞愛らしく|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  糸魚川市山寺集落に伝わる国の重要無形民俗文化財「根知山寺の延年(えんねん)」が1日、同所の日吉神社で行われた。地域住民や観光客らが見守る中、華やかな衣装をまとった地元の児童らが「おててこ舞」など計10曲を披露した。  根知山寺の延年の起源は定かではないが、地元では500年以上前から続いていると考えられている。糸魚川市教育委員会によると、芸能によって心を和らげ、長寿を願う県内唯一の延年芸能とされ、毎年9月1日の秋季大祭の…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の土用干し[2]

大福呼ぶ梅、天日の恩恵 北野天満宮:朝日新聞デジタル 北野天満宮で「大福梅」土用干し (関西テレビ) - Yahoo!ニュース  北野天満宮(上京区)で19日、境内で収穫した梅を天日干しする「大福梅(おおふくうめ)の土用干し」が始まった。梅雨が明け青空が広がる中、塩漬けされた約2・2トンの梅の実を、神職や巫女(みこ)らが本殿の前に広げたむしろに並べていた。12月13日の事始めの日から、1袋700円で参拝者に授与 京都・下京中、「ゆかた登校」 祇園祭に合わせ : 京都新聞 色とりどり、彦根の夏に涼呼ぶ浴衣 滋賀、まつりにぎわう : 京都新聞  祇園祭の鉾町が校区に含まれる下京中(京都市下京区)で15日、祇園祭に合わせた恒例の「ゆかた登校」が行われた。生徒たちは色とりどりの浴衣で登校し、特別な一日を過ごした。今年で10回目 着付けで学ぶ日本の文化 進む和装教育(1/3ページ) - 産経ニュース 神戸新聞NEXT|東播|加古川・鶴林寺で七夕祭 短冊に願い込め飾り付け  6月下旬、千葉県市川市立第一中学校で行われた浴衣の着付けを体験する家庭科の授業。参加した1年生約30人が、着付け教室の女性講師から指導を受けた。  「2回巻くのよ。あ、それでは巻きすぎね」。講師から指導を受けた生徒らは「こうですか?」と慣れない手つきで何度もやり直しながら帯を結んでいた。授業の後半には、浴衣姿で居住まいを正し、お辞儀の仕方など礼儀作法も学んだ。生徒(12)「手順が多くて着るのが難…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の土用干し

いっそう健康 さる年の梅 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 大福梅の土用干し 京都・北野天満宮|MBS 関西のニュース  北野天満宮(上京区)で19日、恒例の大福梅(おおふくうめ)の土用干しが始まった。  大福梅は正月の縁起物で、元日の朝に白湯に入れて飲むと健康に過ごせると伝わる。同宮には約50種類1500本の梅の木があり、6月に約2.2トンを収穫し、樽で塩漬けしていた。  前日に梅雨明けが発表されたこの日、本殿前にむしろが敷かれ、巫女らが大振りな梅の実を丁寧に並べていった。約1か月間天日干しし、再び塩をまぶして保存 勇壮に古都の華 山鉾巡行すがすがしく 祇園祭・前祭:朝日新聞デジタル 京都・祇園祭の山鉾巡行に19万人 - フォトジャーナル - 産経フォト  京都・祇園祭は17日、前祭の山鉾巡行が行われ、都大路を進む豪華な懸装品をまとった山鉾23基に、多くの観光客が見入った。  朝方に降っていた雨も巡行直前にやみ、観客の熱気に包まれる中、「エンヤラヤー」の掛け声で先頭の長刀鉾が四条烏丸を出発。交差点で進行方向を90度変える「辻回し」で観客を魅了し、四条通から河原町通、御池通へと進んだ。 京都府警によると、午後1時現在の人出は19万人

続きを読む

北野天満宮で梅の実の収穫

“梅の実” 収穫始まる 京都・北野天満宮 : 京都新聞  梅の名所として知られる北野天満宮(京都市上京区)で3日、梅の実の収穫作業が始まった。雲一つない青空の下、神職や巫女(みこ)がほのかに赤く色づいた実を採取した。  境内には50種約1500本の梅の木が植わる。梅の実は塩漬けや梅雨明けを待って行う土用干しを経て、無病息災を祈る正月の縁起物「大福梅」として参拝者に授与される。「今年は例年並みの2・2トンを収穫する見通し」 皇大神宮で例祭 | 中区・西区 | タウンニュース  西区の伊勢山皇大神宮(池田正宏宮司)で5月15日、例祭が行われた。  神社で行われる祭典の中で最も重要とされる例祭。神宮では創建翌年の1871(明治4)年から毎年行われ、戦前は市内の官公庁を始め、会社や学校全てが休日となって祝う盛大なものだった。今年は週末ということもあり例年よりも多くの人が参列。横浜。舞姫2人が扇と鈴を使った「浦安の舞」を優雅に奉納しました 早乙女姿で田植え体験 徳島・上勝「樫原の棚田」【徳島ニュース】- 徳島新聞社  「日本の棚田百選」に選ばれている上勝町生実の「樫原の棚田」で29日、着物にすげがさの早乙女姿で田植えを体験するイベントがあり、町外から訪れた大学生や社会人ら7人が楽しんだ。  紺色の着物に着替えた参加者は、米農家の新居奏さん(84)が所有する1アールほどの棚田に集合。小雨が降る中、田植え定規と呼ばれる木枠に沿って、ハナエチゼンの苗を植えていった。…

続きを読む