京都で葵祭

京都)令和最初の葵祭 平和の願い込め:朝日新聞デジタル 都大路に華やかな絵巻 京都・葵祭始まる - 毎日新聞 令和で初「葵祭」 新緑の都大路、優雅に平安絵巻 - 産経ニュース 「一緒で心強い」 そろって葵祭に参加した篠尾3姉妹  - 産経ニュース  京都三大祭のトップを飾る葵祭が15日、京都市内で行われた。令和最初となる今回は、祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)をはじめ近衛…

続きを読む

下鴨神社で葵祭「御禊の儀」

《京都》「葵祭」のヒロイン、斎王代が下鴨神社で御禊の儀 | metropolitana.tokyo [メトロポリターナトーキョー] 葵祭ヒロイン、十二単まとい「禊の儀」 京都・下鴨神社:朝日新聞デジタル 葵祭を前に…斎王代が「御禊の儀」 京都・下鴨神社 | MBS 関西のニュース 京都三大祭りの一つ葵祭を前に「御禊の議」 - FNN.jpプライムオンライン 令和最初の斎王代が御禊の儀…

続きを読む

平安神宮「例祭」

例祭:平安神宮で巫女の舞 国民の安寧願う /京都 - 毎日新聞  都を平安京に移した桓武天皇が即位したとされる15日、平安神宮(京都市左京区)で、年中行事で最も重要な祭儀「例祭」があった。天皇のお使い(勅使(ちょくし))を迎える勅祭と位置付けられており、天皇陛下からの御幣物(ごへいもつ)(五色の布など)を神前に供えて国民の安寧を願った。写真「平安の舞を披露する巫女ら」 京都)三船祭の…

続きを読む

木津川・涌出宮「いごもり祭」

田植え所作で今年の豊作祈る 京都・木津川で「いごもり祭」 : 京都新聞  京都府木津川市山城町平尾の涌出宮(わきでのみや)で17日、一年の豊作を祈る「いごもり祭」の「饗応(あえ)の儀」や「お田植祭」が営まれた。 (中略)  お田植祭では、男児、巫女(みこ)の一人「そのいち」の女性(21)、冠を着けた「とも」の女児(6)が松の枝を苗に見立てた「松苗」を拝殿の床に植える所作をした。その後、…

続きを読む

上賀茂神社でワークショップ「ようこそ、『装束』の世界へ」

日本伝統の装束学ぶ 上賀茂神社でワークショップ 三笠宮彬子さまもご参加 - 産経ニュース 皇室:本物の日本文化、触れて 彬子さま企画の催し 上賀茂神社 /京都 - 毎日新聞  子供たちに日本の伝統文化に触れてもらおうと、世界遺産の上賀茂神社(京都市北区)で26日、三笠宮彬子さまによるワークショップ「ようこそ、『装束』の世界へ~即位の礼に向けて~」が開かれた。府内外の小中学生12人が十二単…

続きを読む

伏見・城南宮「湯立神楽」

沸き立つ湯散らし邪気払う 京都で「湯立神楽」 : 京都新聞  一年で寒さが最も厳しいとされる「大寒」の20日、沸き立つ湯を散らして邪気を払う「湯立(ゆたて)神楽」が京都市伏見区の城南宮で営まれた。巫女(みこ)が熱湯に浸したササの葉を振り、参拝者が飛び散る滴や湯気を浴びて無病息災を祈った。  冷たい小雨が降る中、拝殿で扇や鈴を手にした4人の巫女が神楽を舞った。煮立った大釜のふたを開け、…

続きを読む

京都・三十三間堂「大的全国大会」

三十三間堂で大的全国大会 新成人が弓道の腕前披露:朝日新聞デジタル 晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で「通し矢」 - 読んで見フォト - 産経フォト 晴れ着姿の新成人、きりりとした表情で矢を放ち 三十三間堂・通し矢 - 毎日新聞 新成人、決意新たに 各地で式典開催:写真 :日本経済新聞 京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人が弓の腕前競う - FNN.jpプライムオンライン …

続きを読む

石清水八幡宮で橘摘み

香り爽やかタチバナ摘み 巫女が橘酒の迎春準備  : 京都新聞  石清水八幡宮(京都府八幡市)は22日、新年に参拝者へ授与するお神酒「橘酒(たちばなしゅ)」に用いるタチバナの実を本殿内で採取した。同宮にとって最初の迎春準備で、さわやかに香るだいだい色の実を巫女(みこ)が丁寧に摘み取った。  タチバナの実は昔から長寿の薬と伝わる。同宮は、社紋にタチバナが使われ、江戸時代は宮中や将軍家に実…

続きを読む

京都・時代祭

京都時代祭、花売り白川女参列から半世紀 親子三代で伝え(1/2ページ) - 産経ニュース  姉さんかぶりの白い手ぬぐいに、絣(かすり)の着物の裾をからめた衣装の白川女(しらかわめ)が2基の輿「鳳輦(ほうれん)」のお供をする白川女献花列は、昭和43年の参列開始から今年で50年の節目を迎えた。「白川女風俗保存会」会長を務める着付け師、細川寿美枝さん(70)=京都市左京区=は、長女の稚代さん(4…

続きを読む

宮津・和貴宮神社で秋祭り

巫女舞と舞楽、初の奉納 京都・和貴宮神社 : 京都新聞  京都府宮津市宮本の和貴宮神社で15日夜、地域の平安を祈願する秋祭りが営まれた。今年は巫女(みこ)舞や近江神宮(大津市)の神職による舞楽を初めて奉納。境内には夜店も並び、大勢の家族連れなどでにぎわった。  同神社の秋祭りは、江戸時代から行われていた記録があり、昭和20~30年代まで続いていたという。そんな中、禰宜(ねぎ)の嶋谷知…

続きを読む

嵯峨嵐山「斎宮行列」斎宮代の衣装合わせ

斎宮代に女子大1年中西紗菜さん 京都・嵯峨嵐山の行列 : 京都新聞 今年の斎宮代に中西さん「名に恥じぬよう」 京都・斎宮行列のヒロイン - 産経WEST 斎宮行列:初めての十二単に「緊張」 斎宮代に中西さん 10月21日、嵯峨・嵐山で /京都 - 毎日新聞 斎宮代に中西さん 野宮神社で衣装合わせ:朝日新聞デジタル  秋の嵯峨嵐山地域で平安絵巻を再現する「斎宮行列」の斎宮代に、京都ノー…

続きを読む

与謝野・加悦天満宮で夏越の大祓

夏越の大祓:無病息災祈る 与謝野・加悦天満宮 /京都 - 毎日新聞  与謝野町の加悦天満宮で29日、無病息災を祈る夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)が営まれた。4年前に始めた行事。鳥居にはカヤで作った茅(ち)の輪が準備され、訪れた家族はそれをくぐって健康を願った。日暮れには巫女舞や神楽が奉納されました 華麗な衣装でそぞろ歩き 「住吉祭」夏越祓神事 - 大阪日日新聞  住吉大社(…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の土用干し

猛暑に負けず梅土用干し 京都・北野天満宮 : 京都新聞  正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」の土用干しが10日、京都市上京区の北野天満宮で始まった。市内が今年初の猛暑日となった炎天の下、緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)らが汗をぬぐいつつ、ウメの実をむしろに並べた。この日の最高気温は35・9度 可憐な笑顔境内に溢れる 亀ヶ池八幡宮 | さがみはら中央区 | タウンニュース  …

続きを読む

祇園祭・長刀鉾稚児「太平の舞」

長刀鉾稚児、優雅に舞披露 祇園祭の吉符入に合わせ - フォトジャーナル - 産経フォト 京都)祇園祭 長刀鉾稚児が太平の舞:朝日新聞デジタル 祇園祭:長刀鉾「吉符入」 本番へ、稚児が太平の舞 /京都 - 毎日新聞  祇園祭の前祭(さきまつり)・山鉾(ほこ)巡行で先頭を進む長刀(なぎなた)鉾の神事始め「吉符入(きっぷいり)」が5日、京都市下京区の長刀鉾会所であった。稚児の小林勇太朗さん(…

続きを読む

北野天満宮で梅の実の収穫

京都)縁起物「大福梅」の梅、収穫始まる 北野天満宮:朝日新聞デジタル 梅の実、巫女たち収穫 京都・北野天満宮 : 京都新聞  梅の名所として知られる北野天満宮(京都市上京区)で31日、正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」を作るための梅の収穫が始まった。境内に約1500本ある梅の木から、神職や巫女(みこ)、氏子ら約50人が実を摘んだ。巫女さん(21)「本殿前のすだれに干すまで、梅の実を傷…

続きを読む

京都・葵祭

【葵祭】平成最後の斎王代・坂下さん、母は昭和最後の斎王代…大役果たし「京都はすばらしい所と誇り」(1/2ページ) - 産経WEST 葵祭:華麗に きらびやか平安装束 強い日差し、太陽も演出 /京都 - 毎日新聞  15日に開催された葵祭。京都市内の最高気温が30・4度という真夏日の中、沿道には約5万1千人(府警調べ)が詰め掛け、古都を彩る平安絵巻に魅了された。行列では、斎王代が「平成最…

続きを読む

京都・御蔭祭で中高生が神楽舞初披露へ

神霊歓迎の舞、中高生披露へ 京都・御蔭祭 : 京都新聞  葵祭(15日)に先だって12日に京都市左京区で行われる御蔭(みかげ)祭で、下鴨神社への行列が立ち寄る洛北高の女子生徒らが、一行を歓迎する神楽舞を初めて披露する。生徒は伝統ある祭りに新風を吹き込もうと、巫女(みこ)装束に身を包み毎日神社で練習に励んでいる。高1と中3の二人が「浦安の舞」を舞う予定 フタバアオイ 祭り飾って : 地…

続きを読む

京都・葵祭「御禊の儀」

斎王代が十二単で「御禊の儀」 身清め、葵祭の無事祈願 - フォトジャーナル - 産経フォト 京都・葵祭:ヒロイン斎王代「御禊の儀」 上賀茂神社 - 毎日新聞 「伝統の重さを感じた」 京都・葵祭のヒロインが禊の儀:朝日新聞デジタル  京都三大祭りの一つ「葵祭」(15日)の前儀にあたる「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市北区の上賀茂神社で行われた。ヒロインの斎王代を務める会社員、坂下志保…

続きを読む

京都・大原で小中学生の巫女が活躍

サンバきっかけ、小中学生が巫女 京都・大原で活躍 : 京都新聞  京都市左京区大原で小中学生3人の巫女(みこ)が活躍し、少子高齢化が進む里を活気づけている。ブラジルの大衆音楽サンバで踊る楽しさを覚えたのを機に、伝統行事の担い手に成長した。5月に行われる江文神社の例祭ではそろって舞を奉納する。 (中略)  大原では巫女は「イチカカ」と呼ばれ、関本弘子さん(74)が40年近く役を担…

続きを読む

京都・随心院「はねず踊り」

小野小町しのび、はねず踊り華やかに 京都・隨心院 : 京都新聞  小野小町の伝説にちなむ「はねず踊り」が25日、京都市山科区の隨心院で行われた。穏やかな日差しの中、薄紅色を表すはねず色の衣装を身につけた子どもたちが舞った。  小野小町のもとへ深草少将が百夜通いしたエピソードに基づく踊り。大正時代に途絶えたが、1973年に住民らが復活させた。毎年、地元の小学4~6年が踊りに出演している…

続きを読む