北野天満宮で大福梅の土用干し

京都「大福梅」の土用干し| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー ABC WEBNEWS|【京都】北野天満宮 大福梅の土用干し 京都・北野天満宮「大福梅」土用干し始まる 京都の北野天満宮では、境内でとれた梅を天日干しする「大福梅」の土用干しが始まりました。 梅雨が明け、青空が広がる京都の北野天満宮では、塩漬けされた梅およそ2.2トンを神職や巫女らが、すのこに並べていきます。これから…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・葵祭

京都三大祭り、葵祭始まる 王朝絵巻さながら優雅な行列:朝日新聞デジタル 葵祭:宮廷装束の500人練り歩く 沿道から歓声 京都 - 毎日新聞 【動画】葵祭で斎王代を務めた富田紗代さん「平安時代のお姫様のよう。多くの人を笑顔にしたい」新緑の京都を - 産経WEST 【動画】葵祭で双子の姉妹参列 6年前にも参列 - 産経WEST 【動画】葵祭で親子4世代に渡る参列かなう - 産経WEST…

続きを読む

京都Comment (0)

下鴨神社で御蔭祭

新たな神霊に雅やかな舞 京都・下鴨神社で御蔭祭 : 京都新聞 葵祭を前に御蔭祭 京都 - 産経WEST  葵祭に先立ち、比叡山ふもとの御蔭(みかげ)神社(京都市左京区)から、新しく生まれた祭神の神霊を迎える御蔭祭が12日、左京区の下鴨神社などで行われた。糺の森では雅楽や歌に乗せて舞う「東游(あずまあそび)」が披露された。 (中略)  糺の森に設けられた「切芝」と呼ばれる祭場では、和琴…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・貴船神社で菖蒲神事

菖蒲神事:子の邪気払う巫女の舞 端午の節句「発祥地」貴船神社で 左京 /京都 - 毎日新聞  端午の節句の発祥地とも言われる貴船神社(京都市左京区)で5日、邪気を払い子どもの健やかな成長を祈る菖蒲(しょうぶ)神事があった。新緑の鮮やかな境内に子ども連れなど多くの参拝客が訪れ、伝統儀式に見入っていた。  神社は、京都御所から見て、邪気が入るとされる鬼門の方角にあるため「御所の守り神」と…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・葵祭「御禊の儀」

ヒロイン、身清め「葵祭」の無事願う 斎王代が御禊の儀 - フォトジャーナル - 産経フォト 京都・下鴨神社:「御禊の儀」斎王代の19歳、心身清める - 毎日新聞 十二単の斎王代、御手川で身清め 京都・葵祭「御禊の儀」 : 京都新聞  京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭(15日)を前に、ヒロインの「斎王代(さいおうだい)」が身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の世界遺産…

続きを読む

京都Comment (0)

京丹波・猿田彦神社で太々神楽

伝統の神楽、子どもたち優雅に舞う 京都・猿田彦神社 : 京都新聞  京都府京丹波町水原の猿田彦神社で9日、春季大祭が営まれた。みこに扮(ふん)した地元の子どもたちが和太鼓の響きに合わせ、伝統の「太々(だいだい)神楽」を優雅に舞った。  同神社は1326年の創建とされ、家内安全や交通安全、雷除けの守り神として信仰されている。毎年4月の春季大祭で奉納される神楽は1889(明治22)年に始…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・随心院「はねず踊り」

京都)小野小町しのび「はねず踊り」 梅園も見頃:朝日新聞デジタル 悲恋の物語、あでやかに舞う 京都、隨心院で「はねず踊り」 : 京都新聞  小野小町を巡る悲恋の物語を主題にした「はねず踊り」が26日、京都市山科区の隨心院であった。薄紅色を表す「はねず色」の小袖に身を包んだ女児たちが舞を披露し、訪れた多くの市民が見入った。  はねず踊りは、小野小町のもとに通い続けた深草少将の「百夜(…

続きを読む

京都Comment (0)

北野天満宮「飛び梅」のクローンに成功

北野天満宮「飛び梅」にクローン苗木…病気備え : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 御神木の梅:増殖苗木里帰り 世界初、住友林業が成功 北野天満宮 /京都 - 毎日新聞 京都)北野天満宮の御神木の紅梅、接ぎ木と判明:朝日新聞デジタル 京都・北野天満宮の御神木の梅 約350年前に接ぎ木か - 産経WEST 「飛び梅」伝説の神木、江戸前期に接ぎ木 京都・北野天満…

続きを読む

京都Comment (0)

京都府精華町・武内神社で百年ぶりに湯立神事

100年ぶり湯立神事、創建700年祝う 京都・精華の武内神社 : 京都新聞  武内神社(京都府精華町北稲八間)が鎌倉時代の創建から700年を迎えたことを祝う式年大祭が18日、同社で開かれた。氏子や地域住民が、神事や記念植樹を行った。  拝殿には子ども会が描いた700年を祝う花やアニメのキャラクターなどの絵が飾られ、神楽が奉納された。600年祭の記録をもとに、100年ぶりに無病息災を願…

続きを読む

京都Comment (0)

上賀茂神社で巫女さんが消防訓練

京都)巫女さんも消防訓練 上賀茂神社:朝日新聞デジタル  文化財防火デー(26日)を前に、世界遺産の上賀茂神社(北区)で23日、消防訓練があった。国の重要文化財の細殿(ほそどの)から出火したと想定。北消防署員や上賀茂神社文化財市民レスキュー隊、神社の巫女(みこ)ら約50人が参加した。  訓練では、巫女らが消火器で初期消火をし、文化財市民レスキュー隊員らが重要物品を搬出。その後、北消防…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・城南宮の「湯立神楽」

湯立神事、邪気振り払う 大寒の京都・城南宮 : 京都新聞 【動画】伝統の湯立神楽 巫女が湯を散らし邪気払う「健康第一で過ごしたい」 京都・城南宮 - 産経WEST 京都・城南宮の「湯立神楽」  一年で寒さが最も厳しいとされる二十四節気の大寒にあたる20日、無病息災を祈願する「湯立(ゆたて)神事」が京都市伏見区の城南宮で営まれた。巫女(みこ)が熱湯にひたしたササの葉を振り、参拝者が飛び散る滴…

続きを読む

京都Comment (0)

石清水八幡宮で橘の実の摘み取り

京都)黄金色の実、3年後はお神酒に 石清水八幡宮:朝日新聞デジタル お神酒「橘酒」に、タチバナの実収穫 京都・石清水八幡宮 : 京都新聞  八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮で22日、お神酒「橘(たちばな)」づくりに使うタチバナの実の摘み取りがあった。  同八幡宮には、本殿の手前に東西1本ずつタチバナの木が植えられている。毎年この時期に実を摘み、23日の新嘗(にいなめ)祭で供えた後…

続きを読む

京都Comment (0)

北野天満宮で「大福梅」の袋詰め

正月縁起物「大福梅」の袋詰め始まる 北野天満宮 - 産経WEST 新春の香り、「大福梅」袋詰め 京都・北野天満宮 : 京都新聞  正月の縁起物「大福(おおふく)梅」の袋詰めが22日、北野天満宮(京都市上京区)で行われた。巫女(みこ)たちが、参拝者の来年の幸福を祈りながら、梅の実を丁寧に袋に入れていった。  大福梅は、平安中期に起源を持つとされる。元旦にさゆに入れて飲み、1年の無病息…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・向日「大極殿祭」

長岡京の歴史後世につなげ 大極殿祭雅楽や舞奉納 : 京都新聞  平城京から長岡京に遷都された日を記念した「大極殿祭」が11日、京都府向日市鶏冠井町の大極殿公園で開かれた。地元の有志でつくる大極殿遺蹟(いせき)保存協賛会のメンバーや行政関係者ら約100人が集まり、神事を執り行って歴史を後世に伝えることを誓った。  同祭は、明治時代中期の1895年から続く伝統の行事。神職が供物を献上し、…

続きを読む

京都Comment (0)

北野天満宮で曲水の宴

曲水の宴:和歌の響き1100年超え 北野天満宮で再現 /京都 - 毎日新聞 平安朝にタイムスリップ 京都・北野天満宮で初の曲水の宴 : 京都新聞  杯の流れる小川のほとりで漢詩や和歌を詠む「曲水の宴」が3日、京都市上京区の北野天満宮で初めて催された。境内西側に設けられた「別離の庭」で、きらびやかな平安装束に身を包んだ男女8人が風情あふれる詩歌をしたため、大勢の観客を楽しませた。  …

続きを読む

京都Comment (0)

伏見・城南宮で「菊の巫女神楽」始まる

京都・伏見の城南宮で「菊の巫女神楽」 重陽の節句を祝う - 伏見経済新聞  京都市伏見区の城南宮(伏見区中島鳥羽離宮町)で9月1日、「菊の巫女神楽(みこかぐら)」が始まった。 (中略)  「菊の巫女神楽」は五節句の一つ、重陽(ちょうよう)の節句にちなんで菊の花を手にした巫女が神楽を舞う。希望者には「美容健康と招福」を祈願した花守りを巫女が神楽鈴でおはらいをして手渡しする。  城南…

続きを読む

京都Comment (0)

北野天満宮で大福梅の土用干し[2]

大福呼ぶ梅、天日の恩恵 北野天満宮:朝日新聞デジタル 北野天満宮で「大福梅」土用干し (関西テレビ) - Yahoo!ニュース  北野天満宮(上京区)で19日、境内で収穫した梅を天日干しする「大福梅(おおふくうめ)の土用干し」が始まった。梅雨が明け青空が広がる中、塩漬けされた約2・2トンの梅の実を、神職や巫女(みこ)らが本殿の前に広げたむしろに並べていた。12月13日の事始めの日から、…

続きを読む

京都Comment (0)

北野天満宮で大福梅の土用干し

いっそう健康 さる年の梅 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 大福梅の土用干し 京都・北野天満宮|MBS 関西のニュース  北野天満宮(上京区)で19日、恒例の大福梅(おおふくうめ)の土用干しが始まった。  大福梅は正月の縁起物で、元日の朝に白湯に入れて飲むと健康に過ごせると伝わる。同宮には約50種類1500本の梅の木があり、6月に約2.2トンを収穫し、樽で塩…

続きを読む

京都Comment (0)

北野天満宮で梅の実の収穫

“梅の実” 収穫始まる 京都・北野天満宮 : 京都新聞  梅の名所として知られる北野天満宮(京都市上京区)で3日、梅の実の収穫作業が始まった。雲一つない青空の下、神職や巫女(みこ)がほのかに赤く色づいた実を採取した。  境内には50種約1500本の梅の木が植わる。梅の実は塩漬けや梅雨明けを待って行う土用干しを経て、無病息災を祈る正月の縁起物「大福梅」として参拝者に授与される。「今年は…

続きを読む

京都Comment (0)

京都・葵祭

【動画あり】新緑の都大路で優雅に葵祭 ヒロイン「斎王代」母も叔母2人も過去に… - 産経WEST 京都・葵祭  京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市で催され、平安装束に身を包んだ優雅な行列が、新緑の都大路を練り歩いた。多くの観光客が沿道で見入った。  約700メートルに及ぶ行列は午前10時半すぎ、京都御所を出発。フタバアオイの葉を飾った武官や女官役の男女約500人、牛や馬約40頭、…

続きを読む

京都Comment (0)