北野天満宮で大福梅の土用干し

猛暑に負けず梅土用干し 京都・北野天満宮 : 京都新聞  正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」の土用干しが10日、京都市上京区の北野天満宮で始まった。市内が今年初の猛暑日となった炎天の下、緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)らが汗をぬぐいつつ、ウメの実をむしろに並べた。この日の最高気温は35・9度 可憐な笑顔境内に溢れる 亀ヶ池八幡宮 | さがみはら中央区 | タウンニュース  亀ヶ池八幡宮(根岸信行宮司)で1日、子どもたちが今後の健やかな成長と幸福を願って、境内を練り歩く「お稚児さん行列」と伝統行事「夏越大祓式」が催された。  午前中に行われた「お稚児さん行列」では、古式ゆかしい華やかな衣装を身にまとった子どもたちが、境内を周回。様子を見守る家族らに可憐な笑顔を見せていた。相模原市。いい天気ですね 暑さに負けず健康に - 古歌唱え 茅の輪くぐり/大神神社で「夏越の大祓」|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社で30日、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」の神事が営まれ、数百人の参拝者が神職らとともに茅(ち)の輪をくぐり、夏や今年残り半分の健康を祈った。  祈祷(きとう)殿前に直径約3・6メートルの茅の輪が据えられ、同神社の神職が祝詞を奏上。神職と参拝者は人形(ひとがた)で自身の体をなで、罪やけがれを託した。巫女さんも

続きを読む

祇園祭・長刀鉾稚児「太平の舞」

長刀鉾稚児、優雅に舞披露 祇園祭の吉符入に合わせ - フォトジャーナル - 産経フォト 京都)祇園祭 長刀鉾稚児が太平の舞:朝日新聞デジタル 祇園祭:長刀鉾「吉符入」 本番へ、稚児が太平の舞 /京都 - 毎日新聞  祇園祭の前祭(さきまつり)・山鉾(ほこ)巡行で先頭を進む長刀(なぎなた)鉾の神事始め「吉符入(きっぷいり)」が5日、京都市下京区の長刀鉾会所であった。稚児の小林勇太朗さん(8)が2階の窓から身を乗り出し、巡行時に鉾の上で舞う「太平の舞」を初披露した。白塗り化粧に薄紫色の振り袖と若草色の裃姿 京都・祇園祭が幕開け 長刀鉾の稚児ら「お千度の儀」 - フォトジャーナル - 産経フォト 京都)八坂神社で「お千度の儀」、祇園祭始まる:朝日新聞デジタル  日本三大祭りの一つ、祇園祭が1日、幕を開けた。八坂神社(京都市東山区)では、17日の前祭(さきまつり)で山鉾(やまほこ)巡行の先頭を進む長刀鉾(なぎなたほこ)に乗る稚児や禿(かむろ)らが「お千度の儀」に臨み、祭りの無事を祈願した。この日の京都市の気温は34度超え 舞妓さん浴衣姿で芸の上達祈願 京都・八坂神社「お千度」(1/2ページ) - 産経WEST 京都・お千度:芸舞妓、そろいの浴衣で芸の上達祈願 - 毎日新聞  京都五花街の一つ、祇園甲部の芸舞妓(げいまいこ)が芸の上達を祈願する「お千度」が4日あった。あいにくの雨の中、約80人が京都市東山区の八坂神社を参拝した。  京舞井上流の門下生でつくる「みや…

続きを読む

北野天満宮で梅の実の収穫

京都)縁起物「大福梅」の梅、収穫始まる 北野天満宮:朝日新聞デジタル 梅の実、巫女たち収穫 京都・北野天満宮 : 京都新聞  梅の名所として知られる北野天満宮(京都市上京区)で31日、正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」を作るための梅の収穫が始まった。境内に約1500本ある梅の木から、神職や巫女(みこ)、氏子ら約50人が実を摘んだ。巫女さん(21)「本殿前のすだれに干すまで、梅の実を傷つけないようきれいな状態に保ちたい」 新緑に映えるショウブ 宮地嶽神社で初刈り神事|【西日本新聞】  福岡県福津市の宮地嶽神社で初夏を告げる江戸ショウブが見頃を迎え、31日、初刈り神事が行われた。青々とした葉の間に白と紫のショウブが映え、大勢の観光客がおごそかな神事を見守った。  同神社の江戸ショウブは1965年に明治神宮(東京)から株分けされたもので、現在は菖蒲(しょうぶ)園のほか境内に約100種10万株が咲くという。神事では祝詞奏上のあと、神職が鎌で花を刈り取り、みこが花を手に榊舞(さかきまい)を奉納した。6月10日まで菖蒲まつりを開催 李参平の功績に感謝 陶山神社で「陶祖祭」 有田焼のさらなる発展誓う|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  泉山陶石を発見し、日本で初めて白磁焼成に成功した陶祖・李参平の偉業に感謝する「陶祖祭」が4日、有田町大樽の陶山神社山頂にある陶祖の碑前であった。関係者が陶祖に、有田焼のさらなる発展を誓った。先月の記事。写真【陶祖の碑を前に、…

続きを読む

京都・葵祭

【葵祭】平成最後の斎王代・坂下さん、母は昭和最後の斎王代…大役果たし「京都はすばらしい所と誇り」(1/2ページ) - 産経WEST 葵祭:華麗に きらびやか平安装束 強い日差し、太陽も演出 /京都 - 毎日新聞  15日に開催された葵祭。京都市内の最高気温が30・4度という真夏日の中、沿道には約5万1千人(府警調べ)が詰め掛け、古都を彩る平安絵巻に魅了された。行列では、斎王代が「平成最後」の大役を務め、念願かなった最年少参加者や姉妹の女官役らが花を添えた。  ヒロインの第63代斎王代を務めた京都市左京区の会社員、坂下志保さん(23)。「天候にも恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で語り、腰輿(およよ)に乗り込んだ。 真夏日の葵祭、行列最年少の7歳童女「暑かったけど、歩けた」 : 京都新聞 葵祭 親子・姉妹はんなり:朝日新聞デジタル  京都市内で15日行われた葵祭、日中の最高気温は30・4度を記録する真夏日となった。行列の最年少で、童女を務めた小野小2年の平野聖(たから)さん(7)=山科区=は「暑かったけど、楽しく歩けた」とはにかんだ。  聖さんはこの日の朝、祖母晴美さん(67)が握ったおにぎりを2個ほおばり、好きな桃色の衣装を身にまとって参加した。斎王代の腰輿(およよ)に付き添う愛らしい様子に、沿道からは「かわいい」と声援が絶えなかった。約8キロを歩ききりました 新緑の境内、神たたえる舞楽披露 京都で御蔭祭:朝日新聞デジタル 木漏れ日の糺の森で優雅な舞…

続きを読む

京都・御蔭祭で中高生が神楽舞初披露へ

神霊歓迎の舞、中高生披露へ 京都・御蔭祭 : 京都新聞  葵祭(15日)に先だって12日に京都市左京区で行われる御蔭(みかげ)祭で、下鴨神社への行列が立ち寄る洛北高の女子生徒らが、一行を歓迎する神楽舞を初めて披露する。生徒は伝統ある祭りに新風を吹き込もうと、巫女(みこ)装束に身を包み毎日神社で練習に励んでいる。高1と中3の二人が「浦安の舞」を舞う予定 フタバアオイ 祭り飾って : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  上賀茂神社(北区)と下鴨神社(左京区)の例祭、葵祭(15日)を控え、行列や関連行事で神職の冠や参列者の衣装を飾るフタバアオイの準備が進んでいる。10日には福井県鯖江市で育成に取り組む市民グループが上賀茂神社に約1万本を届け、下鴨神社では市立下鴨、葵両小学校(左京区)の児童らが校内で栽培したものを奉納した。写真「フタバアオイを運び込む吉江あおい会のメンバーら(北区で)」 舞楽奉納で参拝者魅了 住吉大社「卯之葉神事」 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で11日、祭神・住吉大神の鎮座を記念する祝祭行事「卯(う)之葉神事」が盛大に執り行われた。さわやかな日差しの中、訪日外国人客を含む多くの参拝者が舞楽などに見入った。  毎年、卯の花(ウツギ)が咲く5月最初の「卯」の日に斎行する。境内第一本宮での本殿祭では、神職や神楽女が頭にウツギを装飾して参進。玉串拝礼もウツギの玉串を神前にささげる作法が披露された。「振鉾(えんぶ)…

続きを読む

京都・葵祭「御禊の儀」

斎王代が十二単で「御禊の儀」 身清め、葵祭の無事祈願 - フォトジャーナル - 産経フォト 京都・葵祭:ヒロイン斎王代「御禊の儀」 上賀茂神社 - 毎日新聞 「伝統の重さを感じた」 京都・葵祭のヒロインが禊の儀:朝日新聞デジタル  京都三大祭りの一つ「葵祭」(15日)の前儀にあたる「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市北区の上賀茂神社で行われた。ヒロインの斎王代を務める会社員、坂下志保さん(23)が十二単姿で身を清めた。  雅楽の調べが響く新緑の境内で大勢の参拝客らが見守るなか、坂下さんは静かに御手洗川に手を浸した後、けがれを託した形代を流し、葵祭の無事を祈願した。「水がとても冷たく、神聖な気持ちになった。集中してご奉仕できるように頑張りたい」 鍋釜乙女ら琵琶湖岸を行列 滋賀で奇祭「鍋冠祭」 : 京都新聞  滋賀県米原市の無形民俗文化財に指定されている「鍋冠祭」が3日、米原市朝妻筑摩の筑摩神社周辺で行われた。張り子の鍋や釜をかぶった8人の鍋冠乙女のほか、獅子、猿田彦ら約200人の行列が御旅所から同神社まで琵琶湖岸を渡御(とぎょ)した。  同神社の春の大祭。筑摩には、奈良時代に内裏大膳職の筑摩御厨(みくりや)が置かれていたほか、祭神が食物をつかさどっていることにちなみ、供物を鍋に入れて頭上にささげたのが祭りの由来とされる。鍋冠乙女はこんな感じです

続きを読む

京都・大原で小中学生の巫女が活躍

サンバきっかけ、小中学生が巫女 京都・大原で活躍 : 京都新聞  京都市左京区大原で小中学生3人の巫女(みこ)が活躍し、少子高齢化が進む里を活気づけている。ブラジルの大衆音楽サンバで踊る楽しさを覚えたのを機に、伝統行事の担い手に成長した。5月に行われる江文神社の例祭ではそろって舞を奉納する。 (中略)  大原では巫女は「イチカカ」と呼ばれ、関本弘子さん(74)が40年近く役を担ってきた。孫や地域の子どもに手伝ってもらうなど継承に苦心してきたが、昨年、小学生2人がデビュー。5月4日に江文神社などで神楽舞を披露 築山の前 みこが「末広の舞」 高岡・二上射水神社で神事:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  高岡市の二上射水神社で二十三日、春季例大祭があり、県無形民俗文化財に指定されている築山行事が行われた。古代信仰の形式と高岡御車山の原初形態を残しているとされる儀式に多くの見物人が集まり、氏子らと五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。  築山は、境内の三本杉の前に、天上の神を迎える臨時の祭壇を設ける。簡素なほこらが置かれ、斧(おの)を振りかぶった天狗(てんぐ)が鎮座。持国天、増長天、広目天、多聞天の四天王のわら人形が守護した。  本殿で春季大祭が終わった後、源太夫獅子を露払いにし、院内社、二上大神、日吉社の舟形のみこし三基が境内を巡行。築山の前に並び、祝詞奏上、みこによる神楽「末広の舞」が奉奏され、本殿に戻り、儀式を終えた。築山の飾りは、この日のうちに解体 …

続きを読む

京都・随心院「はねず踊り」

小野小町しのび、はねず踊り華やかに 京都・隨心院 : 京都新聞  小野小町の伝説にちなむ「はねず踊り」が25日、京都市山科区の隨心院で行われた。穏やかな日差しの中、薄紅色を表すはねず色の衣装を身につけた子どもたちが舞った。  小野小町のもとへ深草少将が百夜通いしたエピソードに基づく踊り。大正時代に途絶えたが、1973年に住民らが復活させた。毎年、地元の小学4~6年が踊りに出演している。3年連続で出演した子(12)「最後の年でちゃんと踊ることができてよかった」 彼岸法要で児童らが雅楽奉納 大田原・正浄寺|下野新聞「SOON」  【大田原】春の彼岸中日の21日、佐久山の正浄寺で佐久山小雅楽部が参加して県無形民俗文化財の「正浄寺の雅楽」が奉納された。  雅楽は少なくとも江戸時代末期には存在したとされる。現在は檀徒(だんと)有志12人でつくる保存会(山口芳史(やまぐちよしふみ)楽長)が継承している。保存会員8人と児童12人が「越天楽」を演奏 神戸新聞NEXT|神戸|卒業式で行う習慣ありますか? ツイッターでアンケート 小学卒業式、はかま姿の子じわり増 高知県内で5年前から|高知新聞 「卒業式で必ず行う習慣ってありますか?」 神戸新聞NEXTの公式ツイッターで尋ねたところ、3月12日からの1週間で1273票の投票があった。  最も多かったのはサイン・プロフィール帳の交換で801票(約63%)。続いて、ランドセルへの寄せ書きが127票(10%)、名札のやり取り…

続きを読む

伏見稲荷大社で初午大祭

しるしの杉に繁盛願う 京都・伏見稲荷で初午大祭 : 京都新聞 京都・伏見稲荷で初午大祭 家内安全と商売繁盛を願う - 産経WEST  商売繁盛や五穀豊穣の神様で知られる伏見稲荷大社(京都市伏見区)で7日、初午(はつうま)大祭が営まれ、境内は早朝から多くの参拝者でにぎわった。  祭神の稲荷大神が2月最初の午の日に稲荷山に鎮座したという故事にちなんだ祭典。境内では、家内安全や商売繁盛のお守りとして、ご神木の杉を使った縁起物「しるしの杉」が授与され、参拝者らが次々と買い求めていた。複数の縁起物を束ねた「福かさね」も 石川県 輪島で豊作祈りぞんべら祭り 鏡餅で田起こし|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  県無形民俗文化財の田遊び神事「ぞんべら祭り」は6日、輪島市門前町鬼屋の鬼屋神明宮で行われ、氏子が拝殿の一角を田に見立てて田起こしから田植えまでの農作業を演じ、豊作と地域の繁栄を祈った。親子3代を含む5人が早乙女役に (みちのものがたり)宮地嶽神社の参道 福岡県 あかね色に染まる「光の道」:朝日新聞デジタル  1年のうちたった2度だけ、ここには「光の道」が現れる。日没間近の真っ赤な陽光が海上から参道、そして神域へと差し込む瞬間。それは神々の世界へ通じる懸け橋か、それとも異界への入り口なのか。  福岡市と北九州市の中ほどに位置する福岡県福津市の宮地嶽(みやじだけ)神社。太さ2・6メートル、重さ3トンの大しログイン前の続きめ縄や開運のご利益で知られる古社である。…

続きを読む

石清水八幡宮「鬼やらい神事」

豆投げ鬼退散 京都・石清水八幡宮の「鬼やらい神事」:朝日新聞デジタル 節分神事:福豆で鬼たち退散 石清水八幡宮 /京都 - 毎日新聞  京都府八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮で28日、節分行事「鬼やらい神事」があり、多くの親子らでにぎわった。  鬼を追い払う「鬼やらい人」が、邪気をはらうとされる桃の枝で作った剣を振り下ろすと、赤鬼と青鬼が登場。怖がる子どもが泣き出すなか、こん棒を手に本殿に突進したが、年男や年女たちに豆を投げられて退散した。子供めっちゃ泣いてる 宗像大社:節分に向け豆の袋詰め作業進む 5000袋用意 - 毎日新聞  福岡県宗像市の宗像大社で節分用の豆の袋詰め作業が進んでいる。巫女(みこ)たちが地元産の煎った大豆を小袋に一つ一つ丁寧に詰め、約5000袋を用意する。  2月3日の節分祭では、午前11時から本殿で神事をした後、斎館前の特設舞台で豆まきがある。数限定で、大社の福みくじ無料券や道の駅むなかたで使える商品券などが当たる袋も含まれている。先着500人に観光協会がおしるこをふるまうそうです 文化財防火デー:巫女らバケツリレー 宗像大社で防火訓練 120人参加 /福岡 - 毎日新聞  文化財防火デーの26日、世界遺産になった宗像大社(宗像市)で、自衛消防団や宗像地区消防本部などの約120人が参加して大がかりな防火訓練があった。  午前9時50分、神宝館近くの森から出火との想定で訓練を開始。神職や巫女(みこ)、市女性消防団員らがバケツ…

続きを読む

京都・三十三間堂「大的全国大会」

晴れ着姿の新成人ら、弓の引き初め 京都・三十三間堂で「通し矢」 - フォトジャーナル - 産経フォト 新成人ら2千人、矢を放つ 京都で「大的全国大会」:朝日新聞デジタル 京都・三十三間堂:「通し矢」に新成人ら2000人 - 毎日新聞 未来に的 新成人ら2000人 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 新成人が着物姿で通し矢 京都・三十三間堂 : 京都新聞 新成人が弓の腕前を披露:時事ドットコム 京都三十三間堂 「通し矢」|MBS 関西のニュース 新成人ら「通し矢」披露 雪舞う三十三間堂  京都市東山区の三十三間堂で14日、新成人が弓を引く大的(おおまと)全国大会があった。  江戸時代、お堂の軒下の端から端まで一昼夜に何本の矢を射通せたかを競う「通し矢」に由来する伝統行事。全国から集まった晴れ着姿の新成人ら約2千人が、60メートル先にある直径1メートルの的をめがけて次々と矢を放った。大学生(19)「成人式より楽しみにしていた憧れの大会に出て、やっと成人になったと実感できた」 弓道 村上(高校男子)・尾崎(同女子)V| スポーツ記事詳細(高校野球、FC今治、地域スポーツ、高校総体、スポーツ国内海外)|愛媛新聞ONLINE  弓道のダイキ杯県ジュニア新人選抜大会がこのほど、県総合運動公園弓道場で行われた。県内23校の高校1……続きは会員限定

続きを読む

上賀茂神社「白馬奏覧神事」

京都)一年の邪気はらう白馬奏覧神事 上賀茂神社で:朝日新聞デジタル  世界遺産の上賀茂神社(北区)で7日、一年の邪気をはらう「白馬奏覧神事」があった。参拝者に、七草がゆも振る舞われた。  年の始めに白馬を見ると、その年の邪気がはらわれるという故事にちなんだ神事。神職が神前に七草がゆを供え、祝詞(のりと)を奏上。白い神馬(しんめ)「神山(こうやま)号」を神前にひいて大豆を食べさせ、一年の無事や春の到来を願った。写真【本殿前で巫女(みこ)から与えられた大豆を食べる神馬=北区の上賀茂神社】 振り袖姿の164人が弓始め 名古屋・愛知県護国神社:朝日新聞デジタル  新年の弓道の稽古始めにあたる「弓始(ゆみはじめ)奉射会」が4日、名古屋市中区の愛知県護国神社であった。色鮮やかな振り袖姿の女性たちが28メートル先の的を狙って矢を放ち、会場は華やかな雰囲気に包まれた。高校2年生(16)「今年が良い一年になり、楽しく弓が引けるようになることを願いました」 繁盛、安全の札を求め列 恵那・市神神社で七日福市:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)  商売繁盛や家内安全のお札を頒布する新春恒例の「七日福市」が七日、恵那市大井町の市神神社であり、県内外からの参拝客で行列ができた。  午前二時すぎから神事があり、三時から頒布が始まった。日の出前に買い求めて帰ると特に御利益があるとされ、開始時には五十人ほどが並んだ。お札一枚ごとにくじ引きがあり、家電製品や地元企業からの協賛品などが…

続きを読む

京都・八坂神社「かるた始め」

小雪舞う「かるた始め式」 平安装束で、八坂神社 - 読んで見フォト - 産経フォト 平安装束姿で「かるた始め式」 京都・八坂神社:朝日新聞デジタル 京都・八坂神社:優雅に百人一首の札を…「かるた始め式」 - 毎日新聞 かるた始め優雅に…八坂神社 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 華やか平安装束で「かるた始め」 京都・八坂神社 : 京都新聞 小雪舞う「かるた始め式」 平安装束で 八坂神社  平安装束姿で百人一首の手合わせをする新春恒例の「かるた始め式」が3日、京都市東山区の八坂神社であった。全日本かるた協会近畿支部の6~27歳の男女計14人が、能舞台で優雅な手さばきを披露。競技かるたの公開演技もあった。  和歌を初めて詠んだとされる素戔嗚尊(すさのおのみこと)が同神社にまつられていることにちなみ毎年開かれ、48回目。大学1年生(19)「緊張しましたが、平安貴族のように優雅でしとやかな動作を心がけました」 袖を翻し かるた始め 小浜市協会の児童や生徒:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  小浜市かるた協会「沖の石」のかるた始めが三日、同市川崎三丁目の市食文化館で開かれ、着物やはかまで着飾った児童、生徒たちが腕前を競った。  協会に所属する小浜市やおおい町、高浜町の小学二年生から高校一年生までの十一人が参加した。二人一組となり、札を並べて暗記。歌が詠まれると、着物の袖を翻らせて勢いよく札を取り合い…

続きを読む

石清水八幡宮で巫女体験を初企画

京都・八幡の5社寺が観光連携 11月に合同イベント : 京都新聞  京都府八幡市内の5社寺が「八幡市社寺等観光施設連絡会」(会長・田中恆清石清水八幡宮宮司)を設立し、共同行事の開催などの連携を進めている。11月25、26日には「お茶の京都 紅葉満喫 秋の文化財一斉公開」と題して各社寺が特別公開や茶席、体験イベントを催す。初の企画も多く、来訪者に一帯の周遊を呼び掛けている。  連絡会に参加したのは、いずれも同市八幡の石清水八幡宮、飛行神社、神應(じんのう)寺、善法律(ぜんぽうりつ)寺、正法(しょうぼう)寺。神仏習合で歴史的につながりの深い八幡の社寺の歴史と文化をアピールしようと、市を事務局に今夏発足した。  11月の一斉公開では、本尊などの文化財公開だけでなく、参加型企画を各社寺が行う。石清水八幡宮は、巫女(みこ)の作法実習や舞の練習と奉納をする「巫女体験」(事前申し込み制)を初めて企画した。詳細は→イベント情報 - 一般社団法人 八幡市観光協会 開催日時:11月25日(土)、26日(日) 申し込み期間:10月21日(土)~11月20日(月) 七五三の袋詰め作業大詰め 大阪・住吉大社 - フォトジャーナル - 産経フォト 成長祈り 心込め 七五三「おさがり」袋詰め - 大阪日日新聞  子どもの健やかな成長を祈願する七五三参りのピークを目前に控え、大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で、参拝の子どもたちに渡す撤下(てっか)(おさがり)の袋詰め作業が大詰めを迎えた。…

続きを読む

石清水八幡宮で勅祭・石清水祭

京都)真夜中に500人が行列 勅祭・石清水祭:朝日新聞デジタル ハトや魚放ち、平安願う 石清水八幡宮で放生行事 : 京都新聞  石清水(いわしみず)八幡宮(八幡市)で15日、石清水祭があった。天皇の勅使(使い)を迎える「勅祭」の中で、京都の賀茂祭(葵祭)、奈良の春日祭とともに、三大勅祭とされる。  午前3時ごろ、雅楽の音とともに、祭神の八幡大神を乗せた3基の御鳳輦(ごほうれん、みこし)が男山の山上にある本殿を出た。南総門をくぐり、お供をするためにちょうちんなどを持って待機していた「神人」と呼ばれる約500人とともに、ふもとにある頓宮に向かった。真夜中にもかかわらず多くの人が訪れ、参道わきで見守った。稚児さんらしき姿が お稚児さん華やかに 盛岡、子どもら参拝(岩手日報)  盛岡市八幡町の盛岡八幡宮の例大祭行事「お稚児さん参り」は15日行われ、華やかに着飾った子どもたちがにぎやかに参拝した。  2歳から10歳まで約60人が参加。朱色や緑の衣装に身を包み、金色の烏帽子(えぼし)や冠を着けた。同市松尾町の盛岡劇場を出発し、八幡町通りの入り口で4列に整列し直して行進。家族らと手をつないで晴れやかに歩く子どもたちの姿に、沿道の市民らは目を細めた。ニコニコ 発展祈り優雅な舞 小豆島 阿豆枳島神社で例大祭 - 香川のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース) 小豆島の繁栄願い舞奉納 阿豆枳島神社で例大祭 - 産経ニュース  小豆島(香川県)の秋祭り…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の土用干し

京都「大福梅」の土用干し| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー ABC WEBNEWS|【京都】北野天満宮 大福梅の土用干し 京都・北野天満宮「大福梅」土用干し始まる 京都の北野天満宮では、境内でとれた梅を天日干しする「大福梅」の土用干しが始まりました。 梅雨が明け、青空が広がる京都の北野天満宮では、塩漬けされた梅およそ2.2トンを神職や巫女らが、すのこに並べていきます。これから4週間かけて梅がカラカラになるまで天日干しにし、無病息災の祈りを込めて飲む「大福梅」として年末、参拝客に配られます。動画は産経ニュースより 浴衣。 岐阜)郡上おどりPR、中学生が「浴衣デー」:朝日新聞デジタル 涼やか浴衣で炭坑節 京の文化で盆踊り体験 (京都福祉専門学校) – 城南新報 ON WEB  郡上市立八幡中学の生徒たちが浴衣姿で郡上おどりを披露する催し「浴衣デー」が14日、同市の旧庁舎記念館前の広場であった。観光客にPRしようと生徒が企画。初めて行った昨年は学校の敷地で全校生徒が踊ったが、今年は町の中心部で浴衣を着た約250人が踊りの輪を作った。3年生らのおはやしに合わせて「かわさき」や「春駒」など10曲を披露 京都・峰山高分校:涼しげに浴衣姿で授業 - 毎日新聞 着付け体験:「浴衣で涼しく」鹿沼商工高生15人 /栃木 - 毎日新聞  京都府京丹後市の府立峰山高弥栄分校の家政科3年生7人は19日、浴衣を着て授業を受けた。  毎年「浴衣の日」として実施しており、生…

続きを読む

京都・葵祭

京都三大祭り、葵祭始まる 王朝絵巻さながら優雅な行列:朝日新聞デジタル 葵祭:宮廷装束の500人練り歩く 沿道から歓声 京都 - 毎日新聞 【動画】葵祭で斎王代を務めた富田紗代さん「平安時代のお姫様のよう。多くの人を笑顔にしたい」新緑の京都を - 産経WEST 【動画】葵祭で双子の姉妹参列 6年前にも参列 - 産経WEST 【動画】葵祭で親子4世代に渡る参列かなう - 産経WEST 新緑の中の雅、約500人の平安絵巻 葵祭 2017 斎王代、支える姉と笑顔で 京都・葵祭に三姉妹参列 : 京都新聞 88歳八瀬童子、葵祭に60年以上参加|MBS 関西のニュース  15日に開催された葵祭。天候に恵まれた中、沿道には約5万人(府警調べ)が詰めかけ、初夏の京都を彩る平安絵巻に酔いしれた。行列では、斎王代が女人列に参列した2人の姉に支えられながら主役を務め、4世代にわたる参加者や双子の姉妹の女官役らが花を添えた。3姉妹での参列は初めてでは、との話

続きを読む

下鴨神社で御蔭祭

新たな神霊に雅やかな舞 京都・下鴨神社で御蔭祭 : 京都新聞 葵祭を前に御蔭祭 京都 - 産経WEST  葵祭に先立ち、比叡山ふもとの御蔭(みかげ)神社(京都市左京区)から、新しく生まれた祭神の神霊を迎える御蔭祭が12日、左京区の下鴨神社などで行われた。糺の森では雅楽や歌に乗せて舞う「東游(あずまあそび)」が披露された。 (中略)  糺の森に設けられた「切芝」と呼ばれる祭場では、和琴(わごん)やひちりきなどの演奏に合わせ、おおらかな古代歌謡が歌われた。神霊を運ぶ神馬(しんめ)の前で、舞人(まいびと)6人がゆったりと舞った。葵祭の3日前に行われます 伊勢神宮の専用水田で田植え 大雨と大風の中でも古式ゆかしく - 伊勢志摩経済新聞 伊勢神宮で「御田植初」、御料米の豊作を祈願 TBS NEWS  伊勢神宮の専用水田「神宮神田」(伊勢市楠部町)で5月13日、大雨と大風の中「神田御田植初(しんでんおたうえはじめ)」が行われた。 (中略)  神田御田植初は、2人の奉仕員が早苗を3列植え、子持帷子(かたびら)に烏帽子、青いたすき姿の男10人と、菅笠に白衣、赤いたすきをかけた女10人が交互に並び、早苗を手で植えていく。その間、笛や太鼓で田楽を演奏する。悪天候でも行うんですね 青葉まつり:「笑顔で頑張る」 青葉娘らお披露目 高野 /和歌山 - 毎日新聞 稚児大師&青葉娘が決定♪6月の空海降誕会で散華 | 高野山麓 橋本新聞 世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の開祖・弘法大…

続きを読む

京都・貴船神社で菖蒲神事

菖蒲神事:子の邪気払う巫女の舞 端午の節句「発祥地」貴船神社で 左京 /京都 - 毎日新聞  端午の節句の発祥地とも言われる貴船神社(京都市左京区)で5日、邪気を払い子どもの健やかな成長を祈る菖蒲(しょうぶ)神事があった。新緑の鮮やかな境内に子ども連れなど多くの参拝客が訪れ、伝統儀式に見入っていた。  神社は、京都御所から見て、邪気が入るとされる鬼門の方角にあるため「御所の守り神」としてまつられ、端午の節句など年の節々を祝う「五節句」の発祥の地ともされる。鴨川の水源地に位置し、水の供給をつかさどる神をまつっており、雨乞いや晴乞いなどで天皇のお使いが数百度来た記録があるという。  菖蒲神事では、鬼の角として菖蒲、鬼の髻(もとどり)としてちまきなどを神前に供えた後、菖蒲やヨモギの葉を持った巫女(みこ)が舞を奉納した。数百度とはすごいですね みなべの鹿島で明神祭 - 日高新報 Web Hidaka  みなべ町埴田、鹿島神社の明神祭が3日に行われた。江戸時代の津波被害を最小限に抑えてくれた鹿島に感謝し、毎年開催。ことしも関係者らが南部湾に浮かぶ鹿島に渡り、神事が営まれた。  言い伝えによると、鹿島に鎮座する大明神が江戸時代の1707年の宝永の大地震と1855年の安政の大地震で発生した大津波を2つに分けて被害を抑えたという。14~17歳の巫女さん5人が豊栄の舞を奉納 華やかに神輿巡行や稚児行列 京都・生身天満宮春祭り : 京都新聞  京都府南丹市園部町美園町の…

続きを読む

京都・葵祭「御禊の儀」

ヒロイン、身清め「葵祭」の無事願う 斎王代が御禊の儀 - フォトジャーナル - 産経フォト 京都・下鴨神社:「御禊の儀」斎王代の19歳、心身清める - 毎日新聞 十二単の斎王代、御手川で身清め 京都・葵祭「御禊の儀」 : 京都新聞  京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭(15日)を前に、ヒロインの「斎王代(さいおうだい)」が身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社であった。第62代斎王代を務める同志社大2年、富田紗代さん(19)が川に両手を浸して心身を清めた。「平安時代にタイムスリップしたような気持ち。水は冷たく、心がひきしまりました」 城下町で江戸行列、6日は松平健さんも 大分・杵築:朝日新聞デジタル  大分県杵築市の城下町で5日、きつきお城まつりが始まった。公募などで集まった約100人が2日間、「江戸行列」と銘打ち侍姿や着物姿で練り歩く。  今回で祭りが30回目を迎えた記念に、6日はゲストに俳優の松平健さんが将軍役で登場する。5日はその「予行演習」も兼ねており、1時間ほど行進した。ちょっぴり緊張気味 高円宮家の根付一堂 森町・小国神社で30日から展示|静岡新聞アットエス  高円宮家所蔵の約200点が並ぶ「高円宮家根付コレクション展」(小国神社主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30日、森町一宮の同神社で開幕する。29日には高円宮妃久子さまによる記念講演と式典が開かれた。巫女さんも興味津々

続きを読む