北野天満宮で大福梅の土用干し

無病息災願い、大福梅の「土用干し」 京都・北野天満宮:朝日新聞デジタル 猛暑に爽やかな梅の香り 「大福梅」土用干し始まる 京都・北野天満宮 - 毎日新聞 「梅の土用干し」今年はビニールで覆う 名所の京都・北野天満宮、コロナ対策で(京都新聞) - Yahoo!ニュース  北野天満宮(京都市上京区)で3日、正月の縁起物として授与される「大福(おおふく)梅」の土用干しが始まった。本殿前に設置…

続きを読む

京都・城南宮で「夏越の神楽」奉納

新型コロナ 無病息災願い「夏越の祓」 きょうから城南宮、神楽を初奉納 /京都 - 毎日新聞  新型コロナウイルスの早期終息を祈念し、京都市伏見区の城南宮は25日から、無病息災を願う「夏越(なごし)の祓(はらえ)」に合わせて初めて「夏越の神楽」を奉納する。7月7日まで。  期間中は巫女(みこ)が毎日午前10時、正午、午後2時の1日3回、「鉾祓(ほこはらい)の儀」で天地を清め、鈴を鳴らし…

続きを読む

京都・神泉苑で「祇園御霊会」

京都)コロナ終息願い神泉苑で特別神事:朝日新聞デジタル 退散祈る、神仏ともに…祇園御霊会 : ニュース : 関西発 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 【動画】京都・八坂神社が祇園御霊会 発祥の地、神泉苑と神仏合同でコロナ終息祈願 - 産経ニュース  新型コロナウイルスの感染終息を祈る八坂神社(京都市東山区)の特別神事「国家安寧祈願 祇園御霊会(ごりょうえ)」が14日、東寺…

続きを読む

北野天満宮で梅の実の収穫

神事用の「マスク」姿で梅採取 京都・北野天満宮|社会|地域のニュース|京都新聞 「大福梅」の梅の実収穫 京都・北野天満宮 無病息災を願い年末に参拝客に授けられる(読売テレビ) - Yahoo!ニュース お正月の縁起物 京都・北野天満宮「大福梅」の摘み取り(ABCニュース) - Yahoo!ニュース  京都市上京区の北野天満宮で5日、梅の実の採取が始まった。境内にはふっくらと育った梅がた…

続きを読む

京都・八坂神社「祇園御霊会」

新型コロナの早期収束を願う特別神事「祇園御霊会」 京都・八坂神社(読売テレビ) - Yahoo!ニュース コロナ払う祇園御霊会 みこ「浦安の舞」 八坂神社 /京都 - 毎日新聞  京都の八坂神社で20日、新型コロナウイルスの早期収束を願う特別神事が執り行われた。  八坂神社で執り行われた特別神事「祇園御霊会」には、宮司や京都市の門川大作市長らが出席し、邪気を払うとされる「をけら」が…

続きを読む

京都・貴船神社「菖蒲神事」

京都)疫病退散! ショウブの邪気払い 貴船神社:朝日新聞デジタル  端午の節句の5日、京都市左京区の貴船神社で、邪気払いの行事「菖蒲(しょうぶ)神事」があった。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、本殿には参列者を入れず、神職のみで疫病の退散や世界の平安を祈願した。  神前にはヒノキの皮やこもに挟んだ餅、ちまき、魚の干物といった神饌(しんせん)が供えられた。宮司が祝詞(のりと)を上げた…

続きを読む

伏見稲荷大社「居祭稲荷祭神幸祭」

伏見稲荷大社「稲荷祭」73年ぶり「居祭」で実施 コロナ感染防止、神輿渡御行わず|観光|地域のニュース|京都新聞  伏見稲荷大社(京都市伏見区)の例大祭「稲荷祭」がこのほど、新型コロナウイルスの影響で、中心行事の神輿(みこし)渡御を取りやめて「居祭(いまつり)稲荷祭神幸祭」として本殿で営まれた。  稲荷祭は平安時代に始まったとされ、同大社の最重要祭事。本来なら、豪華な神輿5基を10数台…

続きを読む

北野天満宮で「曲水の宴」

平安装束で優雅に歌遊び 北野天満宮で「曲水の宴」、高校生も詠み人に|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞  貴族の歌遊びを今に伝える「曲水の宴」が3日、京都市上京区の北野天満宮で催された。平安装束に身を包んだ男女が漢詩や和歌を詠(よ)み、優雅な雰囲気を漂わせた。  宇多天皇が催した曲水の宴に、文人として祭神の菅原道真が招かれた古事にちなんで2016年から開催している。今年は経営者や文筆…

続きを読む

京都・祇園祭「太平の舞」披露

【動画あり】長刀鉾稚児が太平の舞を披露 - 産経ニュース 京都)長刀鉾の稚児、太平の舞を披露:朝日新聞デジタル  祇園祭・前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行(17日)で先頭を進む長刀(なぎなた)鉾の稚児が5日、京都市下京区の町会所で「太平の舞」を披露した。クジャクの羽根飾りのある冠をつけ、2階から身を乗り出すように体を左右に動かして舞うと、観衆から拍手が起きた。「練習の時よりうまく…

続きを読む

宮津・籠神社で鎮座千三百年の式年大祭

天皇陛下よりの幣帛奉り 鎮座千三百年の式年大祭 籠神社 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  今年鎮座千三百年を迎へた京都府宮津市の籠神社(海部穀成宮司)では、五月十八日に畏き辺りよりの幣帛を奉って式年大祭を斎行し、祭典後には奉祝記念式典をおこなった。同神社の縁起を描く能「真名井原」も復曲し、当日、四百三十六年ぶりに演じられた。同神社では記念事業として、老朽化が進んでゐた奥宮・眞名井神社本…

続きを読む

北野天満宮で「大福梅」の梅の実収穫

「大福梅」の梅の実収穫 京都・北野天満宮(読売テレビ) - Yahoo!ニュース 令和初の正月に向け 「大福梅」の実の摘み取り 京都・北野天満宮(ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 京都の北野天満宮で、令和初めてのお正月に向け、縁起物「大福梅」にする梅の実の摘み取りが始まりました。 北野天満宮の境内には約1500本の梅の木があり、今年も大粒の梅を実らせました。この梅の実は、「…

続きを読む

京都で葵祭

京都)令和最初の葵祭 平和の願い込め:朝日新聞デジタル 都大路に華やかな絵巻 京都・葵祭始まる - 毎日新聞 令和で初「葵祭」 新緑の都大路、優雅に平安絵巻 - 産経ニュース 「一緒で心強い」 そろって葵祭に参加した篠尾3姉妹  - 産経ニュース  京都三大祭のトップを飾る葵祭が15日、京都市内で行われた。令和最初となる今回は、祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)をはじめ近衛…

続きを読む

下鴨神社で葵祭「御禊の儀」

《京都》「葵祭」のヒロイン、斎王代が下鴨神社で御禊の儀 | metropolitana.tokyo [メトロポリターナトーキョー] 葵祭ヒロイン、十二単まとい「禊の儀」 京都・下鴨神社:朝日新聞デジタル 葵祭を前に…斎王代が「御禊の儀」 京都・下鴨神社 | MBS 関西のニュース 京都三大祭りの一つ葵祭を前に「御禊の議」 - FNN.jpプライムオンライン 令和最初の斎王代が御禊の儀…

続きを読む

平安神宮「例祭」

例祭:平安神宮で巫女の舞 国民の安寧願う /京都 - 毎日新聞  都を平安京に移した桓武天皇が即位したとされる15日、平安神宮(京都市左京区)で、年中行事で最も重要な祭儀「例祭」があった。天皇のお使い(勅使(ちょくし))を迎える勅祭と位置付けられており、天皇陛下からの御幣物(ごへいもつ)(五色の布など)を神前に供えて国民の安寧を願った。写真「平安の舞を披露する巫女ら」 京都)三船祭の…

続きを読む

木津川・涌出宮「いごもり祭」

田植え所作で今年の豊作祈る 京都・木津川で「いごもり祭」 : 京都新聞  京都府木津川市山城町平尾の涌出宮(わきでのみや)で17日、一年の豊作を祈る「いごもり祭」の「饗応(あえ)の儀」や「お田植祭」が営まれた。 (中略)  お田植祭では、男児、巫女(みこ)の一人「そのいち」の女性(21)、冠を着けた「とも」の女児(6)が松の枝を苗に見立てた「松苗」を拝殿の床に植える所作をした。その後、…

続きを読む

上賀茂神社でワークショップ「ようこそ、『装束』の世界へ」

日本伝統の装束学ぶ 上賀茂神社でワークショップ 三笠宮彬子さまもご参加 - 産経ニュース 皇室:本物の日本文化、触れて 彬子さま企画の催し 上賀茂神社 /京都 - 毎日新聞  子供たちに日本の伝統文化に触れてもらおうと、世界遺産の上賀茂神社(京都市北区)で26日、三笠宮彬子さまによるワークショップ「ようこそ、『装束』の世界へ~即位の礼に向けて~」が開かれた。府内外の小中学生12人が十二単…

続きを読む

伏見・城南宮「湯立神楽」

沸き立つ湯散らし邪気払う 京都で「湯立神楽」 : 京都新聞  一年で寒さが最も厳しいとされる「大寒」の20日、沸き立つ湯を散らして邪気を払う「湯立(ゆたて)神楽」が京都市伏見区の城南宮で営まれた。巫女(みこ)が熱湯に浸したササの葉を振り、参拝者が飛び散る滴や湯気を浴びて無病息災を祈った。  冷たい小雨が降る中、拝殿で扇や鈴を手にした4人の巫女が神楽を舞った。煮立った大釜のふたを開け、…

続きを読む

京都・三十三間堂「大的全国大会」

三十三間堂で大的全国大会 新成人が弓道の腕前披露:朝日新聞デジタル 晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で「通し矢」 - 読んで見フォト - 産経フォト 晴れ着姿の新成人、きりりとした表情で矢を放ち 三十三間堂・通し矢 - 毎日新聞 新成人、決意新たに 各地で式典開催:写真 :日本経済新聞 京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人が弓の腕前競う - FNN.jpプライムオンライン …

続きを読む

石清水八幡宮で橘摘み

香り爽やかタチバナ摘み 巫女が橘酒の迎春準備  : 京都新聞  石清水八幡宮(京都府八幡市)は22日、新年に参拝者へ授与するお神酒「橘酒(たちばなしゅ)」に用いるタチバナの実を本殿内で採取した。同宮にとって最初の迎春準備で、さわやかに香るだいだい色の実を巫女(みこ)が丁寧に摘み取った。  タチバナの実は昔から長寿の薬と伝わる。同宮は、社紋にタチバナが使われ、江戸時代は宮中や将軍家に実…

続きを読む

京都・時代祭

京都時代祭、花売り白川女参列から半世紀 親子三代で伝え(1/2ページ) - 産経ニュース  姉さんかぶりの白い手ぬぐいに、絣(かすり)の着物の裾をからめた衣装の白川女(しらかわめ)が2基の輿「鳳輦(ほうれん)」のお供をする白川女献花列は、昭和43年の参列開始から今年で50年の節目を迎えた。「白川女風俗保存会」会長を務める着付け師、細川寿美枝さん(70)=京都市左京区=は、長女の稚代さん(4…

続きを読む