西宮神社で千歳飴の袋詰め

神戸新聞NEXT|阪神|七五三詣の季節到来 千歳あめ準備最盛期 西宮神社 兵庫)千歳飴の準備進む 西宮神社:朝日新聞デジタル 七五三用「千歳あめ」の袋詰め 西宮神社|MBS 関西のニュース  子どもの健やかな成長を願う七五三詣の季節を迎えた。西宮神社(兵庫県西宮市社家町)では、祈祷を受けた子どもたちに手渡す千歳あめを袋詰めする作業が最盛期を迎えている。 (中略)  千歳あめは子どもの健康や長寿を願う縁起物。巫女たちは、神事の合間に紅白のあめのほか、お守りや「えべっさん」をデザインしたメダル、塗り絵、クレヨンなどを袋に手際よく詰めていた。巫女の女性(21)「子どもたちが元気に育つよう祈りを込め、丁寧に気遣いながら作業しています」 五穀豊穣願い舞楽奉納…奈良・石上神宮で「ふるまつり」 - 産経WEST  「ふるまつり」の名で親しまれている石上(いそのかみ)神宮(奈良県天理市)の例祭が行われ、約300人の参拝客らが見守る中、五穀豊穣(ごこくほうじょう)と地域の平安を願った。  例祭は平安時代後期、白河天皇の勅使(天皇の使者)が石上神宮に走馬(そうめ)を奉納した故事に由来し、同神宮最大の祭礼に位置づけられている。馬にまたがった稚児や武者などが町を練り歩く渡御祭は、雨天中止となった。舞楽も奉納されました 火焚き乙女、大役終える 阿蘇市・霜神社-熊本のニュース│ くまにちコム  阿蘇市役犬原の霜神社で16日、農作物を早霜の害から守る火焚き神事の火を消す「乙女揚げ」が…

続きを読む

熊野那智大社 創建千七百年式年大祭

世界遺産・熊野那智大社、社殿創建1700年祝う 和歌山 - 産経ニュース 創建1700年祝う 熊野那智大社で式年大祭/AGARA 紀伊民報 創建1700年 熊野那智大社で記念式典(関西テレビ)  世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)で14日、創建1700年式年大祭が営まれた。約340人が参列し、記念の年を祝った。  午前10時から式年大祭が始まった。天皇陛下からの御幣帛(へいはく)が供えられ、男成宮司の祝詞に続き、献幣使として神社本庁の田中恆清総長が祭詞を奏上。みこ2人が浦安の舞を奉納したほか、国歌斉唱や玉串の奉てんなどがあった。午後から、雨のために内容や場所を変更して記念の催し「熊野の祈り」も 天皇皇后両陛下の長女・黒田清子さん、伊勢神宮祭主として「神嘗祭」を初奉仕 - 伊勢志摩経済新聞  五穀豊穣(ほうじょう)、国家繁栄、世界平和を願う「神嘗祭(かんなめさい)」が10月15日から25日まで、伊勢神宮の正宮、別宮、摂社、末社125社で執り行われる。10月15日外宮(げくう)で新祭主の黒田清子(さやこ)さんが初の祭典の奉仕を行った。黒田さんは17日まで奉仕 うっとり幻想的 首里城公園で「中秋の宴」開幕 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 中秋の宴、華やかな舞い 首里城公園きょうまで | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス  首里城公園「中秋の宴」が30日、首…

続きを読む

春日大社「旬祭」

900年欠かさず行われてきた春日大社「旬祭」神道の基本を凝縮した祭典を体験 | THE PAGE(ザ・ページ)  その後、2名の御巫によって社伝神楽が中門下で奉納されます。春日大社では巫女さんは御巫(みかんこ)と称され、紅白の襟を8枚交互に重ねた重厚な衣をまとい、額には春日大社のシンボルともいえる藤の花をあしらった簪を飾っています。扇を使った舞と、鈴を使った舞の2曲が神様に奉納されます。毎月21日のお祭りには一般参拝者も参列可(申し込み不要、先着100名) 柘植の斎王群行:華やか平安絵巻 伊賀 /三重 - 毎日新聞 平安絵巻あでやか再現 伊賀・柘植の斎王群行:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  平安時代初期に天皇の名代として京都から伊賀を経て伊勢神宮に赴いた未婚の皇女「斎王」の行列を再現する「柘植の斎王群行」が9日、伊賀市柘植地区であった。華やかな装束を身につけた約90人が斎王や従者に扮(ふん)し、優雅な平安絵巻を繰り広げた。禊の儀を披露する斎王と子供斎王さん 新嘗祭向け抜穂式 刈女ら献穀米収穫 高知県本山町|高知新聞  11月23日に皇居で行われる「新嘗祭(にいなめさい)」に向け、コメの献穀者に選ばれた高知長岡郡本山町下津野の川村隆重さん(56)の田んぼで5日、抜穂(ぬきほ)式が行われた。刈女を務めた町地域おこし協力隊の女性(23)「きれいに育ってうれしい。早く食べてみたい」

続きを読む

神戸・湊川神社で千歳飴の袋詰め

神戸新聞NEXT|社会|七五三シーズン控え千歳飴袋詰め 神戸・湊川神社  子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」シーズンを前に、神戸市中央区多聞通3の湊川神社で29日、参拝者に配る千歳飴(ちとせあめ)の袋詰めを行った。神社の巫女(みこ)や神職ら25人が2時間ほどかけ、約4千セットを用意した。  11月15日を中心に兵庫県内各地でも参拝がピークを迎える七五三。同神社では近年、参拝が始まる時期が早まっているといい、9月にも既に約30組の家族連れが訪れたという。巫女さん(20)「すくすく成長してほしいという祈りを込めました。晴れ着姿の子どもたちを笑顔で迎えたい」 髪型の時代行列、祇園練り歩く 京都で櫛まつり : 京都新聞  使い古した櫛(くし)に感謝し、供養する「櫛まつり」が25日、京都市東山区の安井金比羅宮で営まれた。境内で行われた神事の後、古墳時代から現代までの髪型に結い上げ、時代衣装をまとった女性たちが、祇園かいわいを練り歩いた。  時代ごとの髪型や着付けなどを研究、伝承する京都美容文化クラブなどが主催し、1961年から毎年開いており、今年で57回目。動画もあります 【戊辰150年・不朽の心】薙刀隊で力強さ表現、歴史を受け継ぐ:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  戊辰戦争に立ち向かった会津藩の女性は多い。  会津若松市で23日に行われる「会津藩公行列」には、会津若松市の「会津なぎなたスポ少」の女子中高生30人が「薙刀(なぎなた)隊」…

続きを読む

生田神社秋季大祭で「浦安の舞」奉納

神戸新聞NEXT|神戸|世の平穏願い「浦安の舞」奉納 生田神社秋季大祭  神戸市中央区の生田神社で20日、秋季大祭の「氏子奉幣祭」があった。氏子ら約70人が見守る厳かな雰囲気の中、巫女4人が神楽「浦安の舞」を奉納した。  奉幣祭は毎年春と秋にある恒例の祭りで、地域の安全と繁栄を願って執り行われる。「浦安の舞」は昭和天皇が詠んだ和歌が歌詞となっており、世の平穏無事などの願いが込められている。22日は午前10時から献茶祭、午後7時から雅楽の夕べ 例大祭:小豆島、豊かに 阿豆枳島神社で舞奉納 /香川 - 毎日新聞  小豆島の最高峰、星ケ城山(標高817メートル)にある阿豆枳島(あずきしま)神社の例大祭が16日あり、関係者ら約130人が島の繁栄や平安を祈願した。  東峰と西峰にそれぞれにある本殿を参拝後、寒霞渓山頂にある三笠拝殿で、小豆島雅楽会が奏でる古式ゆかしい調べが流れる中、島内の神職6人が神事を行い、みこの久綱彩友実さん(27)と日向優さん(22)が、昭和天皇が詠まれた和歌をもとに作られた「浦安の舞」を舞った。紹介済み。「四海水軍太鼓」を14人の会員が披露 <島原太夫>慰霊の舞 福島・南相馬で道中披露 | 河北新報オンラインニュース  芸妓(げいこ)の最高峰とされる京都の島原太夫の2人が18日、福島県南相馬市原町区の神社で道中と慰霊の舞を披露した。東日本大震災から6年半たったのを受け、地元関係者の招きで訪問した。24日までの間、被災3県の神社などを訪れて舞を…

続きを読む

春日大社で巫女さんデザインの特別御朱印

期間限定 ご朱印どうぞ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 巫女さんがデザイン 春日大社で人気の授与品とは!?/奈良 (奈良テレビ放送) - Yahoo!ニュース  春日大社の授与所で人気を集めているのは、来年の創建1250年を記念し、巫女さんがデザインした特別御朱印です。これまでの通常の御朱印は、春日大社の名前のみが記されたものでしたが、いま授与されている特別御朱印は、春日の神の使い=鹿とフジが初めてあしらわれました。けさもこの特別な御朱印を受けようと授与所には、大勢の参拝客が訪れていました。初穂料は300円で授与は来年12月31日まで 古式ゆかしく稚児舞 射水・下村加茂神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 下村加茂神社 古式ゆかしく稚児舞を奉納 | チューリップテレビニュース  射水市の下村(しもむら)加茂(かも)神社では国の重要無形民俗文化財に指定されている稚児舞(ちごまい)が奉納され、地元の子どもたちが古式ゆかしく美しい舞を披露しました。  下村加茂神社の稚児舞(ちごまい)は、収穫に感謝する秋の祭礼で、国の重要無形民族文化財に指定されています。4日

続きを読む

和歌山・丹生都比売神社で雅楽奉納

南都楽所 優雅な舞 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  世界遺産・丹生都比売(にうつひめ)神社(かつらぎ町上天野)に19日、奈良市の春日大社を拠点とする雅楽団体「南都楽所がくそ」の子供たちが訪れ、舞や演奏を奉納した=写真=。  同楽所は奈良の雅楽を担い、平安時代の1001年(長保3年)に始まった旧南都楽所の伝統を継承。2015年には「読売あをによし賞」の特別賞を受けている。江戸時代に同神社で雅楽を披露したとされ、今回の奉納が企画された。この日は小中学生や高校生、指導者ら約40人が参加し、極楽で舞う鳥を表現した「迦陵頻(かりょうびん)」などを披露 八幡宮本祭で浴衣姿の子どもたちが華やか踊りの輪【室蘭】|北海道ニュースリンク  室蘭八幡宮祭典は2日目の15日、本祭を迎え、室蘭市海岸町の境内「神楽殿」で恒例の神楽奉納が行われ、港まちのさらなる発展と活性化を願い、伝統の舞いが繰り広げられた。  33の演目からなる「室蘭神楽」は、新潟県無形文化財「三条神楽」を源流に、1901年(明治34年)から伝わる由緒ある民俗芸能として、室蘭市の民俗文化財に指定されている。  前日夜の宵宮祭に続く本祭では、13演目を上演。初お披露目となった「乙女舞」は、みこ姿の女性3人が榊(さかき)の枝と神楽鈴を手に厳かに舞った。紹介済みです

続きを読む

大神神社で神楽舞と雅楽の講習会

新人巫女らが“神社の華”に挑戦-奈良・大神神社で「神楽舞」と「雅楽」の講習会 - 産経WEST  奈良県桜井市の大神神社で、今年入社した新人の巫女や男性神職らも参加する神楽舞と雅楽の講習会が開かれ、計約50人の職員たちは講師の指導を受けながら、舞と楽器の練習に汗を流した。  神楽舞は巫女による舞で、祭典や結婚式などに欠かせない“神社の華”。同社には「浦安の舞」「磯城の舞」など5つの舞があり、先輩から後輩に受け継がれている。  講習会は今月17日から5日間行われ、神社音楽協会(東京)の先崎徑子(みちこ)さんが基本動作や神楽鈴の動かし方などを細かく指導。最終日には拝殿で新人巫女が舞を奉納した。新人巫女さん(18)「滑らかな動きをすることは難しい。教えられたことが身につくように練習していきたい」 かながわ経済:「大福岡展」PR 横浜・港南区の京急できょうから 「沖ノ島」世界文化遺産記念 /神奈川 - 毎日新聞  「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録決定を祝って27日~8月1日に京急百貨店(横浜市港南区)で開催される物産展「大福岡展」をPRするため、福岡親善大使の長冨彩女(あやめ)さん(21)らが毎日新聞横浜支局を訪れた。今日行けば宗像大社の巫女さんがいたのか… 7月27日(木)から『大福岡展』世界文化遺産登録決定!「宗像・沖ノ島と関連遺産群」パネル展や、福岡県より初出店店舗を含む計54店を出店! | 2017年度 | ニュースリリース | 企業・IR…

続きを読む

熊野本宮大社に八咫烏風鈴

和歌山)参拝者に涼を 熊野本宮大社に八咫烏風鈴:朝日新聞デジタル  田辺市本宮町の熊野本宮大社で21日、神職や巫女(みこ)、職員、本宮町商工会スタッフらが「八咫烏(やたがらす)風鈴」を参道などに飾り付けた。  2006年に大社が商工会の協力を得て始めた取り組みで、今年で12回目。高さ約5センチで南部鉄製の風鈴には地元の伝説「三体月」が、短冊には熊野三山の守り神の八咫烏が、それぞれ描かれている。参道や門前の街並みに盆過ぎまで約500個が並ぶ。参道に風鈴を飾り付ける巫女さん 鹿児島)おぎおんさぁ前に神事 1「神」10人りりしく:朝日新聞デジタル  鹿児島の夏を彩る伝統行事「おぎおんさぁ(祇園祭)」が22日に始まるのを前に、鹿児島市の八坂神社で12日、祭りに参列する幼児に「神」の位を授ける行事があった。きらびやかな冠や、りりしい衣装を身にまとった10人が、可愛らしい「神」になった。  祭りの無事などを祈願する神事に合わせて、「稚児御位奉戴(みくらいほうたい)祭」を開催。稚児がかごに乗って参列する「稚児花籠」に参加する2~5歳の幼児に、お守りや米とともに神の位「従五位の少将」が授けられた。5歳の子「神さまになれてうれしい。祭りが楽しみ」 宮崎)都萬神社の七夕更衣祭 西都市:朝日新聞デジタル 祭神の嫁入り再現 都萬神社で「更衣祭」 - Miyanichi e-press 都萬神社の更衣祭 宮崎県西都市  縁結びや安産などの御利益で知られる西都市の都萬神社(川越佑一宮…

続きを読む

大神神社で新人巫女さんが神楽舞の稽古

大神神社 新人の巫女が神楽舞稽古(奈良テレビ放送) 大神神社 新人の巫女が神楽舞稽古  大神神社には現在22人の巫女がいて、そのうち4人が今年3月に採用された新人です。きょうの講習会では「磯城(しき)の舞」などの練習が行われました。講師を務めたのは神社音楽協会の先崎徑子さんです。巫女たちは手の角度や榊(さかき)を上げ下げする位置、そしてほかの巫女と息を合わせることに気をつけながら、集中して練習に取り組んでいました。あす神前で神楽舞を奉納して練習の成果を披露し、9月には正式な巫女に 夏の日差しに梅香る 京都・北野天満宮 : 京都新聞 北野天満宮で大福梅の土用干し 梅雨明けの空に梅の香り - 烏丸経済新聞  京都市上京区の北野天満宮で20日、正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」の土用干しが始まった。夏空の下、緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)らが、わずかに赤みを帯びた梅の実を手際よくむしろの上に並べていった。  梅雨明け後の同天満宮の恒例行事。せみ時雨の中、神職らが塩漬けした梅の実を樽から取り出し、一つ一つに夏の日差しに当たるように置いていった。この日は午前9時に30度超え 百人一首の歌人体験=大津市〔地域〕:時事ドットコム 百人一首、詠み人や選手体験 滋賀・近江神宮で撮影会 : 京都新聞 かるたの姫になりきって 大津・近江神宮、衣装着て撮影体験:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) かるたなりきり体験:SNSで思わず発信 十二単など着て撮影 大津 /滋賀 -…

続きを読む

尼崎えびす神社の女性宮司さん

【24hours 私のタイムスケジュール】尼崎えびす神社宮司 太田垣亘世さん(47)「宗教は無償の愛情注ぐこと」 - 産経WEST  外資系航空会社の客室乗務員を経て、実家の尼崎えびす神社(兵庫県尼崎市)で宮司を務めています。参拝者の願い事を受け付けて祈祷(きとう)をしています。  願い事は、愛情や仕事、健康に関することにきれいに分類され、幸福になるには人間関係を円滑にすることが大切だと感じます。5時起床。宮司さんの朝は早い 浴衣。 七夕茶会:3年生「最後」のお点前 淡路三原高で /兵庫 - 毎日新聞 高知県四万十市の11団体が浴衣で小京都をPR|高知新聞  県立淡路三原高校(南あわじ市市円行寺)で11日、同校茶道部(森田新菜部長、23人)の「七夕茶会」があった。茶会を最後に部活動を終える3年生12人が浴衣姿でお茶をたて、生徒や教職員らをもてなした。「茶道を通じて礼儀作法などを学べました。高校生活最後の茶会なので心を込めてお茶をたて、最高の笑顔でもてなしをすることができました」 栃木)作新学院女子短大で七夕祭り、学生が浴衣に:朝日新聞デジタル 七夕を迎えた7日、日本文化の体験と継承を目的に…:キャンパスで楽しむ七夕:時事ドットコム テンション上がる「浴衣登校」、キャンパス華やかに 9割・1000人が浴衣・甚平姿 岡山・美作大 - 産経WEST  七夕を前に、宇都宮市竹下町の作新学院大学女子短期大学部で6日、浴衣を着て授業を受けたり、ササに短冊を飾ったりし…

続きを読む

熊野速玉大社で檜扇を蔵出し

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 - 産経WEST 和歌山)祭を前に華麗な「檜扇」蔵出し 熊野速玉大社:朝日新聞デジタル 檜扇:蔵出し 14日の「扇立祭」前に 新宮・熊野速玉大社 /和歌山 - 毎日新聞 檜扇を蔵出し 熊野速玉大社/AGARA 紀伊民報 夏の風物詩「扇立祭」控え国宝の檜扇を蔵出し熊野速玉大社 | 紀南新聞ONLINE  熊野速玉大社で14日(金)に行われる扇立祭(おうぎたてまつり)を前に、同社の境内にある双鶴殿で4日、彩絵檜扇(さいえひおうぎ)の蔵出しが行われた。虫干しを兼ねて、檜扇を収めている箱から7握を取り出し、巫女(みこ)が台座のほこりを払うなどした。檜扇は数日間、外気に当てた後、祭り当日まで再び箱にしまって保管される。  現在、日本には国宝の檜扇が18握あり、そのうち11握が同大社に伝わっている。檜の薄板の木目を生かして彩色・金銀の箔(はく)押しの施された美しい檜扇は熊野檜扇(くまのひおうぎ)と呼ばれ、室町時代に制作・奉納されたとみられる。祭りに使用される扇は昭和39年に作られたレプリカ 五穀豊穣願い「お田植祭り」 喜多方の慶徳稲荷神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  日本北限の田植え神事とされる「慶徳稲荷神社のお田植祭り」は2日、喜多方市慶徳町の同神社などで開かれ、地元の子どもたちが苗を植え、五穀豊穣(ほうじょう)を願った。  県指定重要無形民俗文化財で、伊佐須美神社(会津美里町)の御田植祭とともに文化庁の「記録作成等の措置…

続きを読む

奈良・率川神社「三枝祭」[2]

奈良)電車に揺られササユリ奉納 奈良・率川神社:朝日新聞デジタル  6月17日、ササユリで飾った酒だるを神前に供えて無病息災を祈る三枝祭(さいくさのまつり)があった。祭神・媛(ひめ)蹈鞴(たたら)五十鈴姫命(いすずひめのみこと)が住んでいた三輪山のふもとにササユリが咲いていたという故事にちなむ祭りで、1300年以上の歴史があるという。  ユリの花を手にした巫女(みこ)が雅楽に合わせて神楽を奉納した。ふだん静かな境内にあふれた参拝者が、モニターに映し出された映像を見つめた。電車で運ぶとは知りませんでした 稚児ら優雅に「太平の舞」 祇園祭・長刀鉾「吉符入り」 - 京都新聞 【動画】祇園祭・長刀鉾の10歳稚児が「太平の舞」披露 冠に裃姿、優雅に… - 産経WEST 京都・祇園祭「長刀鉾」吉符入り  京都・祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行(17日)で先頭を行く長刀鉾の稚児が5日、京都市下京区の町会所で、巡行の際に行う「太平の舞」を披露した。  長刀鉾町で神事が始まる「吉符(きっぷ)入り」にあわせて町内にお披露目する恒例行事。今年の稚児の林賢人君(10)が、クジャクの羽根を飾った蝶蜻蛉(ちょうとんぼ)の冠に、鶴が描かれた振り袖と裃(かみしも)を身につけて登場。補佐役の禿(かむろ)2人を従え、町会所の2階から身を乗り出して優雅に舞った。禿の衣装は今年新調 神戸新聞NEXT|社会|白鷺城下に夏の風 「姫路ゆかたまつり」始まる 姫路ゆかたまつり:浴衣の1万…

続きを読む

熊野那智大社で「大和舞」の練習始まる

那智の扇祭り:大和舞、気負わず 熊野那智大社で練習始まる 那智勝浦 /和歌山 - 毎日新聞  熊野那智大社(那智勝浦町那智山)で14日にある例大祭「那智の扇祭り」(国重要無形民俗文化財)で披露される稚児舞「大和舞」の練習が2日、同大社の斎館(さいかん)で始まった。  大和舞は、斎主舞、巫女(みこ)舞、沙庭(さにわ)舞の三つの舞で構成される。町立市野々小3~6年の男女計11人が、例大祭前日の13日の宵宮と14日に境内特設舞台で奉納する。6年生「最後の大和舞なので一生懸命頑張りたい」 浴衣。 豊前市みなと祭り:ポスターモデルに3姉妹 尾家愛佳、慈恩、架南さん /福岡 - 毎日新聞 モデルは3姉妹 豊前市・みなと祭りポスター [福岡県] - 西日本新聞  豊前市で7月22日に開かれる「第65回市みなと祭り」のポスターモデルに、同市荒堀の尾家愛佳(あいか)さん(18)=青豊高3年、慈恩(しおん)さん(15)=育徳館高1年、架南(かなん)さん(10)=千束小5年=の3姉妹が選ばれた。  市役所で5日夜、ポスターなどの写真撮影があり、浴衣姿の3人は「驚いたけど、いい思い出になる」などと笑顔を見せながら撮影に臨んだ。ポスター200枚とうちわ2千枚に写真が使われる。愛佳さんが進学で豊前から離れるのを機に、「記念になれば」と応募 とうかさん:浴衣でうきうき 中区で華やか /広島 - 毎日新聞 広島)浴衣で夏を呼び込む「とうかさん」始まる:朝日新聞デジタル  広島市の三…

続きを読む

和歌山・加太海水浴場で海開き

わかやま新報 » Blog Archive » 海の安全願い 加太海水浴場で海開き  和歌山市の加太海水浴場で6月30日、加太観光協会(利光伸彦会長)と加太まちづくり㈱(尾家賢司代表取締役社長)による海開きの安全祈願祭が行われた。  毎年祈願祭の後、地元小学校の児童らが初泳ぎを楽しむが、ことしは雨のため中止され、祈願祭の神事のみの開催となった。  加太春日神社の井関摩美子宮司が神事を執り行い、利光会長や尾家同地区連合自治会長の他、市産業観光国際部の澤本博行観光課長や南海電気鉄道㈱加太駅の草田守弘駅長ら約20人が参加した。同海水浴場は8月31日まで開設 海の安全 備え万全 浜黒崎など 海開き神事:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  県内の海水浴場で一日、海開きがあった。あいにくの雨となったが、富山市の浜黒崎海水浴場や高岡市の雨晴海岸などでは関係者らが神事を執り行い、今シーズンの安全を祈願した。主要八カ所の海水浴場では二十二日までに順次、海開きを迎える。  浜黒崎海水浴場の海開きには地元観光協会や防犯協会、市の関係者ら約十五人が出席。浜黒崎観光協会の石田茂会長(78)は「昨年からサービスを向上し、リピーターが増えている」と話し、運営に気を引き締めていた。こちらも女性の神職さんのようです 祇園祭、稚児ら無事祈る 「お千度の儀」 - 読んで見フォト - 産経フォト 京都の祇園祭始まる 稚児ら「お千度の儀」:朝日新聞デジタル  古都の夏を彩る京都・…

続きを読む

兵庫・多可町「ジュンサイまつり」

神戸新聞NEXT|北播|風情ひときわ早乙女姿 多可でジュンサイ採り  初夏を彩る風物詩の「ジュンサイまつり」が25日、兵庫県多可町中区曽我井の逆池一帯で開かれた。水面に浮かべたたらい舟では早乙女姿の高校生たちがジュンサイ採りを披露。ジュンサイ入りのそばなどの販売もあり、町内外から訪れた約400人で活気づいた。結構大変そう 健やかな成長を願って | さがみはら中央区 | タウンニュース  亀ヶ池八幡宮(上溝/根岸信行宮司)で25日、子どもたちがこれからの健やかな成長と幸福を願い、境内を練り歩く「お稚児さん行列」と恒例の伝統行事「夏越大祓式」が催された。  午前中に行われた「お稚児さん行列」では、男女それぞれに古式ゆかしい華やかな衣装を身にまとった子どもたちが、慣れない草履に苦戦する様子を見せながらも、厳かに境内を周回。「神様とのお散歩」を全うした。午後には「夏越大祓式」を斎行 山門再建祝い稚児行列 鳥取・興禅寺落慶法要 | 日本海新聞 Net Nihonkai  鳥取藩主池田家菩提(ぼだい)寺の興禅寺(鳥取市栗谷町、玉野稜幸住職)山門が約150年ぶりに再建され、24日、落慶法要が営まれた。麒麟(きりん)獅子舞の奉納や稚児行列があり、檀家(だんか)や地域住民約100人が山門の完成を祝った。動画もあります

続きを読む

奈良・率川神社「三枝祭」

ササユリ手に巫女の舞 - 率川神社で三枝祭 | 総合 | 奈良新聞WEB 三枝祭:鮮やか衣装で健康祈願 率川神社 /奈良 - 毎日新聞  奈良市本子守町の率川(いさがわ)神社で17日、約1300年前から続く疫病よけの例祭「三枝祭(さいくさのまつり)」が営まれた。訪れた大勢の参拝客が無病息災を祈願した。  神社に祭られている媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)がササユリの咲く三輪山のふもとに住んでいたという言い伝えにちなみ、神前にはササユリで飾った酒樽が供えられた。ササユリを手にしたみこが優雅に神楽を舞った。その後は「七媛女」や稚児の行列が 【関西プチ遺産】昔のやり方で「田植え」をしている最中に地域の芸能総出演…住吉大社の御田植神事 - 産経WEST  御祭神は海の神様なのだが、わが国の根幹となってきた農業・稲作にかかわる重要な神事も行われてきた。境内に水田・御田(おんだ)があり、ここで実際に田植えを行う御田植神事(おたうえしんじ)が行われる。  神伝では、神功皇后が長門国(現山口県)から田植女(たうえめ)を召して田植えをしたことに始まったとされる。  本当の牛が御田に入り、代掻(しろかき)を行う。その後に人の手による田植えが行われる。機械の力を用いない昔のやり方の田植えである。田植えをしている最中、御田の周りで次々と芸能が行われる。八乙女(やおとめ)による田舞、神田代舞(みとしろまい)、鎧兜(よろいかぶと)の武者による風流武者行事、男児による棒打…

続きを読む

熊野那智大社「紫陽花祭」

和歌山)紫陽花祭、鮮やかに 熊野那智大社:朝日新聞デジタル 熊野那智大社で紫陽花祭 花ささげ無病息災願う - サッと見ニュース - 産経フォト 熊野那智大社で紫陽花祭 無病息災願う/AGARA 紀伊民報 紫陽花祭:自然の恵みへ感謝込め 那智勝浦 /和歌山 - 毎日新聞 空梅雨だけど咲きそろう 熊野那智大社「紫陽花祭」、自然の恵みに感謝 - 産経WEST  アジサイの名所で知られる熊野那智大社(那智勝浦町那智山)で14日、神前にアジサイの花を供えて自然の恵みに感謝する「紫陽花(あじさい)祭」があった。  神職がアジサイの花を添えたお供え物を神前に並べたのち、青やピンクのアジサイの花を頭に飾り付けた巫女(みこ)2人が神楽「豊栄の舞」を奉納した。4年目の巫女さん(21)「今年は雨が少なくて心配していましたが、見事に咲きそろい、とても美しいと思います」 古式ゆかしく豊作願う 住吉大社で「御田植神事」 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で14日、初夏を彩る伝統行事「御田植(おたうえ)神事」が盛大に執り行われた。諸役の約400人が奉仕し、境内南側に広がる御田(おんだ)で豊作を祈願する舞・踊りの奉納や古式ゆかしく苗の手植えを行った。 (中略)  御田中央の舞台では、御稔女(みとしめ)による「神田代(みとしろ)舞」や、同大社神楽女が奉仕する八乙女の「田舞(たまい)」などを奉納。約3千人の参拝者がみやびやかな光景に見入って、カメラに収めるなどした。197…

続きを読む

近江神宮「漏刻祭」

先端の技、小宇宙に魅せられて 近江に流れる悠久の時間:朝日新聞デジタル ABC WEBNEWS|【滋賀】近江神宮「漏刻祭」 「時の記念日」に漏刻祭 大津・近江神宮 - 読んで見フォト - 産経フォト 時の記念日 漏刻祭(関西テレビ) 「時の記念日」の10日、日本で初めて水時計をつくったとされる天智天皇をまつる大津市の近江神宮で、恒例の「漏刻祭」が行われました。 「漏刻祭」はおよそ1340年前、天智天皇が当時の都があった大津に「漏刻」という水時計を設け、鐘や太鼓で初めて庶民に時刻を知らせたという古事にちなんだ行事です。10日は、全国から時計メーカーや業界関係者などおよそ300人が参列。宮司が神殿の扉を開くと、采女らが新作の時計を本殿に奉納しました。また、本殿前では女性たちが雅楽にあわせた舞楽を奉納し、家内安全や時計技術の発展を祈っていました。舞楽は『八仙』のようです 伏見稲荷大社で「田植祭」 好天に恵まれた多数の見物客が見守る - 伏見経済新聞  伏見稲荷大社(伏見区深草薮之内町)の神田で6月10日、田植祭が行われた。  田植祭はご神前に日々供饌されるご料米の稲苗を神田へ植え、五穀豊穣を祈願するお祭り。古くから行なわれていた記録も残っているが、いつしか途絶えていたものを、1930年(昭和5年)、昭和天皇即位記念事業の一つとして再び行うようになった。外国人観光客も多数

続きを読む

明石・岩屋神社で中学生が巫女舞に挑戦

神戸新聞NEXT|明石|「トライやる」で巫女舞に挑戦 衣川中の女子5人  兵庫県明石市の岩屋神社(材木町)で9日、「トライやる・ウィーク」で活動中の衣川中学校2年の女子生徒5人が巫女の舞に挑戦した。  (中略)6日から同神社で境内の清掃や礼儀作法の学習などに取り組んでおり、この日に向けて舞の練習にも汗を流してきた。  舞は毎年1月の「初戎祭」で奉納される「戎舞」。5人は巫女の衣装で拝殿に上がり、保護者や教諭らが見守る中、鈴や扇を動かしながら優雅に舞っていた。「動きを合わせるところが難しかったけど、いい経験ができた」 津波犠牲者供養し地域の安全を祈願 龍宮社で「郷中施」 伊勢・二見興玉神社 - 伊勢新聞 【伊勢】伊勢市二見町江の二見興玉神社境内にある龍宮社で九日、江戸時代に起きた大津波の犠牲者を供養し、地域の安全を祈願する例祭「郷中施(ごじゅうせ)」が営まれた。 同地区は一七九二(寛政四)年、大津波で大きな被害を受けた。郷中施は、村民たちが村中(郷中)で施し合い、助け合って大災害から立ち直ったことに由来し、かつての教訓を伝えようと、津波のあった旧暦の五月十五日に毎年行われている。【キュウリなどの供え物を載せた木船を海へ流す舞女ら=伊勢市二見町江の龍宮社付近で】 お田植え祭:復活20年、後世に伝えたい 霧島 /鹿児島 - 毎日新聞  霧島市の狭名田(さなだ)地区に伝わるお田植え祭が4日あった。祭りの担い手不足などでいったん姿を消したが「伝統を引き継ごう」…

続きを読む