大神神社・狭井神社「鎮花祭」

医療発展、疫病収束を - 大神神社・狭井神社 巫女ら舞奉納/鎮花祭|奈良新聞デジタル  古くから疫病を鎮(しず)め、国内外の人々の無病息災や医療・製薬業界の事業安全と発展を祈る鎮花祭(はなしずめのまつり)が18日、桜井市三輪の大神神社と、摂社の狭井神社で営まれた。  今年は、新型コロナウイルス感染症の拡大で参列者を例年の10分の1ほどに縮小。同神社の薬神講会長で塩野義製薬の塩野元三会長など講を代表して15人だけが参列した。紹介済みです 終息祈り粛々と舞奉納 亀岡出雲大神宮「鎮花祭」関連行事は戦後初の中止 (京都新聞) - Yahoo!ニュース  疫病や干ばつを鎮めることを祈る「鎮花祭(はなしずめのまつり)」がこのほど、京都府亀岡市千歳町の出雲大神宮で営まれた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、府無形民俗文化財の「出雲風流花踊り」などの関連行事は戦後初めて中止となったが、神事のみ粛々と行い、コロナウイルスの終息を祈った。例年は境内は約千人規模でにぎわいますが、今年は氏子代表ら約20人のみが参列 コロナ終息祈願の串 南砺の髙瀬神社 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  南砺市の越中一宮髙瀬神社は10日から、参拝客が新型コロナウイルス感染症の終息を願って名前と住所を書き記す木札「疫病終息祈願串(ぐし)」の受け付けを開始する。祈願料は無料とし、賽銭箱の横に受付場所を設ける。  木札は縦24センチ、横3センチ。毎日早朝に営まれる御日供祭(おにっくさい)で木札…

続きを読む

熊野那智大社「桜花祭」

五穀豊穣 桜花に祈る 熊野那智大社 : ニュース : 和歌山 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 桜ささげ自然に感謝 熊野那智大社で桜花祭:紀伊民報AGARA 那智の滝前で優雅な舞、和歌山 五穀豊穣祈る「桜花祭」 | 共同通信 熊野那智大社で「桜花祭」|読売テレビニュース 春の訪れを報告 熊野那智大社で「桜花祭」(ABCテレビ) - Yahoo!ニュース  和歌山県那智勝浦町にある世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)は14日、大社と別宮・飛瀧神社で「桜花祭」を営んだ。サクラに自然の恵みへの感謝を託し五穀豊穣(ほうじょう)を祈る祭典。飛瀧神社では、日本一の落差(133メートル)を誇る那智の滝を前にして、みこが優雅な舞を奉納した。巫女さん二人が浦安の舞を 新型コロナの「終息祈願串」設置 南砺・高瀬神社、10日から|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  南砺市高瀬(井波)の高瀬神社は、新型コロナウイルスの終息を祈る「疫病終息祈願串」を作った。同神社の春季祭が行われる10日から拝殿のさい銭箱横に設置する。  氏子や参拝者から、神様に祈るだけでなく、言葉を書き記し、終息を願う気持ちを伝えたいとの要望が多く寄せられたことから用意した。  祈願串は縦24センチ、幅3センチ。「疫病終息祈願」の文字と住所、氏名を記入する。記入された串は同神社で毎朝行われている儀式「御日供祭(おにっくさい)」で供えられる。記入は無料、ウイルスが終息するまで設置

続きを読む

橿原神宮「御鎮座百三十年記念奉祝祭」

凛然と神楽奉納 - 御鎮座130年記念奉祝祭/橿原神宮|奈良新聞デジタル  創建から130年の節目を迎える、橿原市久米町の橿原神宮(久保田昌孝宮司)で1日、「御鎮座130年記念奉祝祭」が行われた。きょう2日には記念大祭が斎行される。  同神宮は明治23(1890)年4月2日に創建。今年で御鎮座130年を迎え、奉祝記念として境内の鳥居全4基の改修工事を実施。車いす用通路の整備や神宮史続編編さんなどの事業も進めてきた。  例年は2日に「御鎮座記念祭」を営んでいるが、今年は「御鎮座130年記念大祭」を執行。1日は記念大祭に先駆けて祝う奉祝祭があり、久保田宮司の祝詞奏上に続き、巫女(みこ)4人が神楽「扇舞」を奉納した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、奉祝祭は参列者なしで実施 音無茶の発展願い新茶祭 田辺市の熊野本宮大社:紀伊民報AGARA 新茶 色鮮やかに…熊野本宮大社 : ニュース : 和歌山 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン  和歌山県田辺市本宮町特産の「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に、本宮町の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で7日、音無茶の品質向上や産業の発展を願う「新茶祭」が営まれた=写真。みこらが新芽を摘み取り、神前に供えた。  本宮町では平安時代、京都から殿上人が持ってきた茶の実を植えたのが茶の栽培の始まりとされる。  この日は本宮大社の茶畑(広さ約10アール)で、新型コロナウイルスの感染予防対策として神事用の覆面(マス…

続きを読む

春日大社摂社・水谷神社「鎮花祭」

「疫病退散」願い届け - 巫女ら神楽舞う/水谷神社「鎮花祭」|奈良新聞デジタル 世界の安泰祈り 「コロナ退散」 水谷神社鎮花祭 /奈良 - 毎日新聞  奈良市春日野町の春日大社の摂社、水谷神社で5日、疫病を封じを願う「鎮花祭」が営まれた。花山院弘匡宮司が新型コロナウイルス感染拡大阻止の祈念も込めた祝詞を奏上し、神楽の奉納が行われた。  鎌倉時代の正応元(1288)年、神前にサクラの花を供えて疫病の流行を封じたのが始まり。今年は室町時代から春日大社の神職が続け、奉納されてきた「水谷狂言」が新型コロナウイルス感染拡大防止で中止された。巫女さんが「神のます」「宮人」「千歳」の神楽を舞いました hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 【水谷神社鎮花祭(みずやじんじゃちんかさい)】本日10時より、#春日大社 の摂社水谷神社で夏期に多い疫病の流行を鎮める祭りが執り行なわれました。水谷神社は難病・疫病を封じ、地相・家相・方位・日柄などから現れる災難を取り除き福徳円満をも… at 04/06 20:22 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: (続き)古くより祇園精舎の守護神で医薬の神として尊崇され「牛頭天王(ごずてんのう)」とされていました。本年の鎮花祭は、特に #新型コロナウイルス 蔓延阻止を含む悪疫退散の祈念を込めたご奉仕となりました。 https://t.co/7Lsp… at 04/06 20:22 健やかな成長…

続きを読む

大神神社末社・成願稲荷神社「初午祭」

五穀豊穣祈り お供え - 「旗飴」やお神酒振る舞いも/大神神社末社、成願稲荷神社で「初午祭」|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社末社、成願稲荷神社で4日、五穀豊穣や商売繁盛を祈る「初午(はつうま)祭」があり、地元商店の関係者ら約70人が参列した。  初午祭は和銅4(711)年旧暦2月の最初の午の日に、伏見稲荷神社(京都市)が鎮座したことに由来。成願稲荷神社では3月の最初の午の日に例祭として営まれている。雨の中 家内安全、商売繫盛を祈願 亀ヶ池で初午祭 | さがみはら中央区 | タウンニュース  上溝の亀ヶ池八幡宮(根岸信行宮司)の境内にある亀八招福稲荷神社で2月23日、「初午祭」が行われた。  商売繫盛の守り神としても知られるお稲荷様が、2月最初の午の日に鎮座したという言い伝えにちなみ、全国の稲荷神社でこの時季に斎行される初午祭。同神社では、二の午に近い日曜日にあたる23日に実施された。「豊栄の舞」を奉納 「神武天皇即位」祝う神楽 白山比●神社で紀元祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  建国記念の日の十一日、初代天皇とされる神武天皇の即位を祝う紀元祭が白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で営まれた。  村山和臣宮司が拝殿で祝詞を奏上した後、菊の花を持った四人の舞女(まいひめ)が神楽「悠久の舞」を披露した。参拝者二十二人が君が代を斉唱し、玉串をささげた。紹介していなかったようなので…

続きを読む

住吉大社で必勝祈願

オリックス、住吉大社で必勝祈願!西村監督「絶対勝利」だ - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)  オリックスは27日、住吉大社で必勝祈願を行った。絵馬に「変革の年 絶対勝利」をしたためた西村監督はキャンプに向けて「今年も競争ですが、競争に勝った選手がシーズンでも結果を出さないといけない」と求めた。ニュースがないのでひと月前の話題から… 広島・佐々岡監督が鵜戸神宮で必勝祈願「V奪還、日本一をお願いした」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)  広島・佐々岡真司監督(52)と選手会長の田中広輔内野手(30)が4日、宮崎・日南市の鵜戸神宮で必勝祈願を行った。佐々岡監督は全国的にも珍しい名物の「運玉投げ」で運試し 初の「浅草廿日戎」相殿神の神徳宣揚を 東京・浅草神社 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【東京】台東区の浅草神社(土師幸士宮司)では一月十九・二十の両日、「浅草廿日戎」を初めて開催し、氏子・崇敬者など約八千人が訪れた。  この催しは、同神社の「えびす神」を広く知ってもらはうと、関西のえびす信仰縁の社寺で一月十日におこなはれてゐる「十日戎」に因み、かつて関東でおこなはれてゐた「廿日戎」を同神社で復活させたもの。紹介済みです

続きを読む

神戸・諏訪山稲荷神社「湯立神事」

神戸・諏訪神社で厄除初午大祭 伝統行事厄よけ湯立神事も - 神戸経済新聞 熱湯を浴びて厄払い 神戸の神社で「湯立神事」/兵庫県(サンテレビ) - Yahoo!ニュース  神戸の諏訪山稲荷神社(神戸市中央区諏訪山町)で2月9日、厄除初午(はつうま)大祭が行われた。  節分後最初の午(うま)の日に商売繁盛と家内安全を祈願する同祭では、釜で沸かした湯のしぶきを浴びて厄をはらう伝統行事「古式湯立神事」が執り行われた。  神事では、安部初男宮司がおはらいし、白装束姿のみこが釜に塩、米、酒を入れて湯を清めた後、ササの束を湯に漬けて勢いよく振りまくと、参拝者らが滴を浴びて身を清め、今年一年の健康や開運厄よけを祈願した。紅白福餅、福豆、ちくわ、子ども用お菓子袋など2000個近くがまかれる「福餅まき」も 五穀豊穣と商売繁盛祈る 富山の日枝神社で初午祭|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  初午(はつうま)祭が9日、富山市山王町の日枝神社で行われ、関係者が五穀豊穣(ほうじょう)と商売繁盛を祈った。  初午は2月最初の午の日で、全国的に稲荷神社で祭事がある。日枝神社の境内にある神社「末社」の一つ、稲荷社でも毎年行っている。  神職がそろい、平尾旨明宮司が祝詞を奏上した。扇と鈴を手にした2人の巫女さんが、厳かに「乙女の舞」を奉納 古式ゆかしい節分祭 高知・南国市(テレビ高知) - Yahoo!ニュース 高知県南国市の神社で古式ゆかしい節分祭が行われ、園児が参加…

続きを読む

大神神社で三輪素麺の「ト定祭」

神様が決める三輪そうめんの値段 今年は「1万1000円」で関係者は安ど | 日本食糧新聞電子版 日本三大そうめんの一つで、そうめん発祥の地・奈良県桜井市で作られる「三輪素麺」。その値段が「ご神託で決まっている」と聞くとびっくりする人も多い。そうめんの価格は、アダム・スミスの「神の見えざる手」ならぬ、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)の「見えざる手」によって定められているのだ。 三輪素麺の今年の卸値を占いで決める「ト定祭(ぼくじょうさい)」が5日、三輸明神大神神社(奈良県桜井市)で行われた。斎主が素麺業界の繁栄を祈る祝詞を奏上、みこが神楽「浦安の舞」を奉奏したのち神職が神前に進み「ト定の儀」を行う。「平成の30年間で10回の安値が出ている」とのこと 商売繁盛願う「八日戎」始まる 名張の蛭子神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】 福娘、笑顔で吉兆を授与 名張・蛭子神社で「八日戎」:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  名張市鍛冶町の蛭子(えびす)神社で7日始まった祭り「八日戎(えびす)」で、福娘の3人が縁起物の「吉兆(けっきょ)」を参拝客に授けた。多くの人でにぎわう境内に、3人の「ようお参りー」という明るい声が響いた。祭りは8日まで。  今年の福娘はいずれも市内在住の岩本璃音さん(20)、山村菜摘さん(18)、塩谷ひらりさん(18)。薄緑や桃色、赤の着物に白いはっぴをまとい、人出が増え始めた午後一時半ごろから社務所で吉兆や熊手を参拝客に手渡した。塩谷さんは「去年…

続きを読む

神戸・生田神社で節分準備

生田神社で節分準備 みこが豆600キロを袋詰め | サンテレビニュース 2月3日の令和初の節分を前に31日、神戸の生田神社では朝からみこさんたちが参拝客に振舞う福豆の袋詰め作業に追われています。2月3日の節分祭は、落語家や元タカラジェンヌなどをゲストに招き、午後2時から 健康願い「福豆」作り 節分大祭で配布 宇部・琴崎八幡宮 /山口 - 毎日新聞 節分大祭に向け準備 琴崎八幡宮【宇部】|宇部日報 このまちメディアWeb  節分(2月3日)を前に宇部市の琴崎八幡宮で30日、大祭で参拝者に配る福豆の準備が始まった。  琴崎八幡宮では季節が変わる立春前の節分の日に、前年の邪気や災難をはらって新年に福を呼ぶ節分大祭を開き、縁起物の福豆を作って無料で配布している。tysニュースではなぜか「琴芝八幡宮」に(字幕は合ってる) 20200130 宇部・琴芝八幡宮で節分大祭の福豆づくり 招福 とりどり…熊野速玉大社 : ニュース : 和歌山 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 熊野速玉大社 節分の縁起物「吉兆」作り(読売テレビ) - Yahoo!ニュース  新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、商売繁盛や家内安全の願いを込めた節分(2月3日)の縁起物「吉兆」計約1000本が完成した。  境内で切り出した柳の小枝に、巫女や職員らがピンクや黄、緑などカラフルな球状の「もち花」をつけ、大判や大福帳、タイ、サイコロなど約10種類の飾りをつり下げて仕上げた。紹介済みです…

続きを読む

春日大社の感染対策

「マスクするしか…」 国内感染、観光地の戸惑いと対策:朝日新聞デジタル  中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に、奈良県に住むバス運転手の男性(60代)が感染していたことを受け、同県は29日午前、知事をトップとする対策会議を開いた。国内で日本人の感染が初めて確認されたことに関西の観光地では驚きが広がり、対策を強める動きも出ている。写真「マスク姿で参拝者に対応する巫女(みこ)=2020年1月29日午前、奈良市の春日大社」本文には出てこない… 三重)節分の福ます作り 1500個用意 二見興玉神社:朝日新聞デジタル  2月3日の節分を前に、三重県伊勢市の二見興玉神社で、縁起物の「福ます」作りが進んでいる。17センチ四方、深さ9センチの木製のますに巫女(みこ)が今年の干支(えと)の「庚子(かのえね)」の印を押して、丁寧に荷造りをしている。既出です View+:令和の御神馬 つぶやき発信で人気 /大阪 - 毎日新聞 「カメラ向けられるとにっこり顔してしまうねん」とツイッターで発信する御神馬「いづめ」。宮司の久次米もとみさん(右から2人目)、御巫女(みかんこ)の長女(同3人目)とともに毎日通う能勢電鉄妙見口駅では、子どもたちに囲まれ大人気ツイッターは2万人近いフォロワー(読者)を獲得

続きを読む

熊野速玉大社で「吉兆」作り

節分の縁起物作り最盛期 世界遺産・熊野速玉大社 - 読んで見フォト - 産経フォト 節分の縁起物作り最盛期、和歌山 世界遺産・熊野速玉大社(共同通信) - Yahoo!ニュース 節分の縁起物で色鮮やかな「吉兆」作り 熊野速玉大社 - FNN.jpプライムオンライン  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、柳の枝を色とりどりに装飾して2月3日の節分に飾る縁起物「吉兆」作りが、最盛期を迎えている。  吉兆は「良いことの兆し」の意味。福の神が境内の柳の木に迎えられ、節分の日に枝を家に飾ると幸福が訪れるとの信仰が古くからあるという。  みこ3人が24日、「もち花」と呼ばれるピンクや黄、白などの小さな球のほか、紙製の小判やさいころなどを柳の枝に飾り付けて仕上げた。大小2種類で計約千本を用意。大は3千円、小は1800円 JAL、太宰府天満宮「梅の親善使節」による梅鉢の輸送サポート。北海道へひと足早い春を運ぶ - トラベル Watch 太宰府天満宮の梅の花100鉢 北海道へ|NNNニュース  JAL(日本航空)は例年、福岡県にある太宰府天満宮より、北海道へ春の訪れをつげる使者「梅の親善使節」を輸送するサポートを行なっている。  この時期、太宰府天満宮の境内で咲く梅の鉢植えを、使節団が道内の各所を回り、ひと足早い春を感じてもらうための取組みとして、JALがサポートして今回で64回目を迎えた。使節団は新千歳空港に到着後、23日より26日まで滞在 福娘、笑顔の舞台裏…

続きを読む

串本・木葉神社「ねんねこ祭り」

おひつ頭に練り歩き 和歌山で「ねんねこ祭り」 - 読んで見フォト - 産経フォト 和歌山)そろりそろりと繁栄願う 串本でねんねこ祭り:朝日新聞デジタル  和歌山県指定無形民俗文化財の「ねんねこ祭り」が1日朝、串本町田原の木葉(このは)神社であった。おひつを頭に載せた巫女(みこ)や神職らの行列が境内を練り歩く「朝日遥拝(ようはい)行列」や「子守神事」などを通して、地域の子孫繁栄や五穀豊穣(ほうじょう)を願った。御飯持ち巫女さん(8)「同じ巫女を経験したお母さんから『疲れた』と聞いたけど、頑張る」 【動画あり】令和最初の福娘決まる 大阪・今宮戎 - 産経ニュース 福娘の代表4人決まる 今宮戎神社十日戎 - 大阪日日新聞  「えべっさん」で知られる今宮戎神社(大阪市浪速区)で毎年1月9~11日に行われる新春行事「十日戎」に花を添える福娘の発表会が30日、大阪市内で開かれた。令和最初の福娘50人がお披露目され、4人の代表が選ばれた。  第68代となる今回は、関西を中心に留学生を含め大学生ら2637人が応募し、書類審査や面接などを経て50人を選出した。来年の十日戎で参拝客に商売繁盛を願う福ざさを手渡すほか、企業訪問や関連の神事に参加する。福娘代表(21)「新たな始まりと今までの歴史に感謝しながら、来られた方が彩り豊かな1年となるよう福を届けたい」 ◆上田市の生島足島神社が「大嘗祭(にいなめ祭)」を行う!「神楽奉納」は、地元の東塩田小学校6年生が「浦安の舞」を舞う! 長野県 …

続きを読む

大神神社「醸造安全祈願祭」

醸造の安全祈り舞 - 神事や酒振る舞い/大神神社で17日まで酒まつり|奈良新聞デジタル  新酒づくりの安全や業界の発展を願う醸造安全祈願祭(酒まつり)が14日、桜井市三輪の大神神社で酒造関係者ら100人が参列して営まれた。  拝殿で神事の後、4人の巫女(みこ)が神酒の入った瓶子(へいし)を供え、神杉の枝を手に「うま酒みわの舞」を披露した。…息ぴったり LAの映画祭で神事と舞 相次ぐ自然災害の鎮静を祈願(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース  アメリカ・ロサンゼルスの映画祭に日本の神社から宮司と巫女(みこ)が招かれ、相次ぐ自然災害が鎮まるよう神事と舞を奉納しました。  神事の奉納は、アジア世界映画祭で新海誠監督のアニメ映画「天気の子」が上映されるのに合わせて行われました。宮崎県高千穂神社の後藤俊彦宮司(73)と巫女の安在菜央さん(22)が会場に設置された祭壇の前で舞などを披露しました。ロサンゼルス周辺の山火事や日本の水害などが鎮まるよう 【動画あり】「北野くんち」舞奉納 稚児ら参道練り歩く|【西日本新聞ニュース】  久留米市北野町の北野天満宮で20日、例大祭「北野くんち」が開かれた。天満宮は菅原道真が祭神で、毎年10月第3日曜に催す例大祭の神幸行事は県無形民俗文化財に指定されている。  かねや太鼓を打ち鳴らし「ヤーハイ、イーヤーハイ」と声をかけながら舞を境内で奉納した。その後約1・6キロ先の下宮までの参道を河童の化身「風流師」、稚児な…

続きを読む

熊野那智大社で紅葉祭

モミジの枝、ご神体「那智の滝」に…熊野那智大社・紅葉祭 - 産経ニュース 和歌山)自然の恵みに感謝 熊野那智大社で紅葉祭:朝日新聞デジタル 自然の恵みに感謝 熊野那智大社で紅葉祭(紀伊民報) - Yahoo!ニュース  紅葉の季節にあわせ自然の恵みに感謝する祭事「紅葉(もみじ)祭(まつり)」が14日、和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社と別宮・飛瀧神社であった。  平安時代の986年に花山法皇が那智山で千日行をしたとき、秋の陽光に映える紅葉をめでて歌を詠んだことにちなむ。神職や巫女(みこ)は烏帽子(えぼし)や髪飾りに紅葉をあしらい、那智の滝前で神事に臨んだ。巫女さん2人は紅葉の小枝を手に「豊栄舞」を奉納 雅やかな舞、観客魅了 ひめじ雅楽公演 - 産経ニュース  日本の伝統芸能「雅楽」に親しんでもらう「ひめじ雅楽公演」が、姫路市の播磨国総社・長生殿で行われ、観客は雅やかな旋律や舞を堪能した。  地元関係者で組織する実行委員会が初めて開催。日本雅楽協会のメンバーらが出演し、管絃(かんげん)「五常楽(ごしょうらく)」の「急」や「君が代」などを演奏した。神楽や舞楽も上演され、巫女が披露する優雅な「豊栄(とよさか)の舞」や、赤い面を着けた舞人が力強い動きで演じる「抜頭(ばとう)」に観客がじっくり見入り、幽玄の世界に浸っていた。装束が独特のようです 伊勢 園児ら健康と安全を祈願 二見興玉神社で七五三行事 三重 - 伊勢新聞 【伊勢】三重県伊勢市二見町江の二見興玉…

続きを読む

大神神社で大杉玉掛け替え

酒の神まつる神社で200キロの大杉玉掛け替え 奈良・桜井 - 毎日新聞 近づく酒まつり - 大杉玉掛け替え/大神神社|奈良新聞デジタル  酒造りの守り神としても知られる奈良県桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で8日、拝殿などにつるしている二つの「大杉玉」が掛け替えられた。14日には新酒醸造の無事を祈る「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が行われる。  大杉玉は直径約1・5メートル、重さ約200キロで、神社の職員たちが三輪山の杉で作った。職員たちが古い大杉玉をワイヤで下ろし、緑の新しい玉を固定。最後に巫女(みこ)が「志るしの杉玉」などと書かれた木札を付けて作業が完了した。巫女さん「今年もおいしい酒が造られることを祈りました」 栃木)二荒山神社中宮祠で落ち葉焚き 奥日光:朝日新聞デジタル 奥日光に冬到来 二荒山神社で落ち葉たき /栃木 - 毎日新聞  奥日光の二荒山神社中宮祠で、立冬の8日、恒例の落ち葉焚(た)きがあった。境内の紅葉が遅れ気味だったため、カエデやカラマツ、ヤシオツツジなどの落ち葉は例年より少なめだった。  落ち葉焚きは神職や巫女(みこ)が竹ぼうきでかき集めて山をつくり燃やすもの。集まったカメラマンたちは時折、風にあおられて落ち葉が舞う光景にシャッターを切っていた。初体験という巫女さん(21)は「風流で気分がいい。落ち葉の中に置いた焼き芋が楽しみです」 熱海高3年がガイド練習 来宮神社でOB指導 生徒考案ツアー向け / 伊豆新聞デジタル  熱海高ビジ…

続きを読む

明石・御厨神社で七五三の準備

神戸新聞NEXT|明石|健やかな成長へ願い込め 七五三の準備着々 明石・御厨神社  子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」のシーズン到来に合わせ、兵庫県明石市二見町東二見の御厨神社(中嶋邦弘宮司)では、巫女らが参拝者に手渡す千歳あめやお守りなどの準備を始めている。 (中略)  はかま姿で本殿に集まった巫女らは、長寿を願う千歳あめやお守り、おもちゃ、文具などを袋詰めし、男児用と女児用に分けて作業していった。高校3年から巫女役を務める明石市の大学生(21)「子どもたちには健やかに育ってほしい。神様の儀式を受けてもらって、家族ともども健康になってもらえれば」 千歳あめやお守り袋詰め 鈴鹿の椿大神社 七五三祭に向け準備 三重 | 伊勢新聞  【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、子どもの健やかな成長を祈念する11月15日の「七五三祭」に向け、参拝者らに授与する千歳あめやお守りなど3200袋の袋詰め作業がみこらの手で進んでいる。  13人のみこが交代で、祝い袋に千歳あめや菓子7種を詰め、七五三お守りや同神社オリジナルの「天孫降臨」絵本などを準備している。月末まで、県内外から3千人以上が七五三参りに訪れるとのこと 大学倶楽部・園田学園女子大:留学生がみこ体験! in尼崎えびす神社 - 毎日新聞  園田学園女子大学では短期留学生が日本文化への理解を深めることを目的に、10月4日、尼崎えびす神社(兵庫県尼崎市神田中通3)で太田垣亘世宮司からの講義…

続きを読む

兵庫県上郡町の神社で「浦安の舞」復活

神戸新聞NEXT|西播|「浦安の舞」60年ぶり復活へ 小中学生4人稽古に励む  兵庫県上郡町の奥、与井両地区にそれぞれ鎮座する八幡神社で今月中旬に行われる秋祭りで、巫女が鈴や扇を手に舞う「浦安の舞」が約60年ぶりに復活する。両神社の宮司を務める大年陵真さん(30)が令和への改元を祝して衣装や小道具を新調し、地元の女子小中学生から舞姫4人が選ばれた。本番に向けて稽古に励み「復活の舞をしっかりやり切りたい」と意気込む。 浦安の舞が披露されるのは、奥地区は宵宮の12日午後7時20分ごろと、本宮の13日午後0時50分ごろから。与井地区は宵宮の19日午後3時20分ごろと、本宮の20日午後0時50分ごろから 七五三の千歳あめ、みこがせっせと1万本の袋詰め作業 兵庫・西宮神社(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 毎年5000組が参拝 西宮神社で七五三の準備始まる | サンテレビニュース 西宮神社で早くも七五三準備!呉服店や写真館の混雑避けて多くの人が早めに参拝 | MBS 関西のニュース  11月の「七五三」を前に、兵庫県西宮市社家町の西宮神社では、千歳あめ約1万本の袋詰め作業が本格化している。  七五三の風習は江戸中期に広まったとされ、西宮神社では今年、親子連れら5千組以上のお参りを見込んでいるという。  本殿そばの脇殿などでは連日、緋袴姿のみこら7人が交代で、紅白の千歳あめとお守りを丁寧に袋に詰めている。巫女の女性(22)=西宮市=は「自分も、妹と千歳あめを分け合…

続きを読む

伊弉諾神宮「淡路伝統芸能祭」

神戸新聞NEXT|淡路|剣の舞からフラダンスまで多彩に 淡路伝統芸能祭  兵庫県淡路島内外に伝わる文化や芸能を奉納する「淡路伝統芸能祭」が22日、淡路市の伊弉諾神宮で開かれた。21日に始まった「淡路島くにうみ神話祭」の関連行事で、7個人・団体がフラダンスや吹奏楽など多彩なパフォーマンスを披露した。  「阿州柳生神影流兵法剣術」では、参拝客が見守る中、徳島県の久武館道場で技を磨く約30人が華麗な神楽舞や力強い剣の舞を奉納。出演した女児は「ドキドキしたけどうまくできた。楽しかった」と笑顔 この投稿をInstagramで見る #剣術#武道#古武道#居合#柳生新陰流#伝統#文化#徳島#久武館#柳生神影流#習い事#巫女#浦安の舞#剣舞#神楽舞#刀剣乱舞#武道女子#快刀乱麻#刀剣女子#千早#徳島県古武道協会#YouTube#淡路#淡路伝統芸能祭#伊奘諾神宮#淡路島くにうみ神話祭#神戸新聞#美人#美少女#兵庫 NPO法人 徳島県古武道協会さん(@nposinkage1905)がシェアした投稿 - 2019年 9月月23日午後5時58分PDT 大嘗祭へ敦賀で抜穂式:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  皇位継承に伴い11月に計画された祭事「大嘗祭(だいじょうさい)」に供えられる県ブランド米「いちほまれ」の抜穂式が20日、敦賀市山泉であった。  JA敦賀美方や県、市の関係者ら約70人が参加。奉耕者の中川洋治さん(77)の田で、中川さんや編…

続きを読む

田辺・闘雞神社で暁の祭典

厳かに舞を披露 闘雞神社で暁の祭典:紀伊民報AGARA 息合わせ、たおやかに 「舞姫」稽古続く:紀伊民報AGARA  闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)の例大祭「田辺祭」の本祭は25日、早朝に神社で暁の祭典が営まれた。夜明けとともに舞姫が厳かに舞を披露し、見物人が見守った。  舞姫は宵宮と本祭の2日間で、小学4年生から専門学校1年生までの15人が参加。今月初めからは毎日練習してきた。  午前4時半ごろから、境内で神事が営まれた。空が明けゆく中、本殿には純白の「本装束」を着た1人と、境内に設けられた舞台に4人の舞姫が登場し、桧扇(ひおうぎ)や鈴が付いた剣「剣先鈴」を手に「浦安の舞」を舞った。「豊栄の舞」の披露も 阿治古神社例大祭 網代の街に活気—熱海 - フォトサービス / 伊豆新聞デジタル 優雅に浦安の舞を奉納する網代、多賀小の6の女子児童4人=熱海市網代の阿治古神社記事は会員限定… ◆上田市の生島足島神社「祇園祭」へ向け女子児童が練習に励む!「浦安の舞」28日に開く! 長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  上田市下之郷の生島足島神社(松澤繁樹総代長)は恒例の「祇園祭」を28日開く。 午前11時15分ころから同神社神楽殿で「浦安の舞」が奉納される。舞姫は小学6年生3人

続きを読む

大神神社で巫女の神楽舞講習会

神楽舞講習会:新人巫女ら学ぶ きょう成果を披露 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で19日、神楽舞講習会があり、新人2人を含む巫女(みこ)16人が、稽古(けいこ)に励んだ。  講習会は春と夏の2回開いており、祭典などで奉納する「浦安の舞」など5種類の神楽舞に取り組んでいる。今回は16~20日 神戸新聞NEXT|阪神|しぶき浴びて息災祈願 西宮神社で「湯立神楽」  暑気払いと無病息災を願う西宮神社(兵庫県西宮市社家町)の夏祭りが20日、開かれた。江戸前期から続く「湯立神楽」では、巫女がササを使って湯を振りまき、参拝客約90人がそれぞれの願いを胸に、しぶきを浴びていた。  宮司による神事の後、五つの釜で煮立てて塩や神酒などで清めた熱湯に、白装束姿の巫女が2本のササをくぐらせた。巫女が両腕を大きく振り上げると、しぶきが周囲に飛び散り、参拝した親子連れらは歓声を上げながら写真に収めるなどしていた。夕方には「えびす万燈籠祭」も開かれました 古式にのっとり 両宮丸に神霊を「御遷座」阿治古神社・御神幸行列 | 熱海ネット新聞 熱海市網代の阿治古神社(杉嵜賢宮司)例大祭・本祭りが7月20日、厳かに斎行された。本殿での神事では杉嵜賢宮司が祝詞を奏上し、護持会(森野千明会長)、祭典実行委員(杉野廣太郎祭典委員長)、氏子、齊藤栄市長、竹部隆市議会議長、川口健網代温泉観光協会会長らが参列し、網代の様々な生業の繁栄や豊漁を祈願した。 市立…

続きを読む