加西・住吉神社「北条節句祭り」

神戸新聞NEXT|北播|900年続く祭囃子、街に響く 北条節句祭り宵宮  播州を代表する春祭り「北条節句祭り」の宵宮が6日、兵庫県加西市北条町北条の住吉神社やその周辺であった。今年は、屋台に「宮前地区」の1台が加わり、豪華絢爛な14台が勇壮な練りを披露。着物姿の氏子らは屋台と共に街へ繰り出し、太鼓や笛の音が辺りに響いた。(森 信弘)  祭りは約900年の歴史があるとされ、五穀豊穣を祈…

続きを読む

桜井・玉列神社「椿まつり」

花まとい優雅に奉納 - 巫女が浦安の舞/桜井・玉列神社「椿まつり」|奈良新聞デジタル  桜井市慈恩寺の玉列神社で31日、春恒例の「椿まつり」が営まれた。髪に赤や白のツバキの花をつけた巫女(みこ)が浦安の舞を奉納し、神徳の高揚を祈念した。  同神社は大神神社の摂社で、万葉集では玉椿の名所として詠われた。  平成10年9月の台風で境内の神木が倒れるなどの被害が出た際、地元の慈恩寺自…

続きを読む

大神神社末社・成願稲荷神社で初午

旗飴配り商売繁盛祈願 - 成願稲荷神社で初午|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社の末社、成願稲荷神社で10日、五穀豊じょうや商売繁盛を祈願する「初午(うま)祭」が営まれ、約100人が参拝した。  旧暦2月の最初の午の日に営まれている例祭。祭典では祝詞の後、巫女(みこ)らによる神楽「浦安の舞」が奉納された。  また神前には、長さ約30センチの竹の棒に色とりどりの錦旗と砂糖飴…

続きを読む

大神神社「天皇陛下御即位三十年奉祝奉告祭」

在位30年 奉祝奉告祭 : 地域 : 読売新聞オンライン 華麗に「浦安の舞」 - 奉祝奉告祭 皇室参拝時の写真展も/大神神社|奈良新聞デジタル  天皇陛下御即位30年奉祝奉告祭が24日、皇室ゆかりの桜井市三輪の大神神社(鈴木寛治宮司)で開かれた。一般の参拝者約80人が参列し、陛下が即位されて30年を迎えたことを祝った。  祭典では、鈴木宮司が祝詞を奏上。巫女(みこ)4人は神楽「浦安…

続きを読む

兵庫・斑鳩寺「太子春会式」

神戸新聞NEXT|西播|にこにこ笑顔で稚児行列 太子・斑鳩寺で太子春会式  聖徳太子の命日に当たる22日、ゆかりの斑鳩寺(兵庫県太子町鵤)で「太子春会式」が始まった。没後1400年となる2022年に向け、地域を挙げた顕彰ムードが高まる中、愛らしい稚児行列をはじめ、植木市や金物市などに境内は大勢の人であふれた。23日まで。  聖徳太子をしのぶ縁日法要として毎年営まれ、8月の夏会式ととも…

続きを読む

姫路・広峯神社で官兵衛神社の地鎮祭

神戸新聞NEXT|姫路|官兵衛神社建立へ地鎮祭 8月の完成目指す 姫路 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人 - 毎日新聞  兵庫県姫路市広嶺山の広峯神社が建立を目指す「官兵衛神社」の地鎮祭が16日、同神社の境内であった。地鎮祭は昨年1月にも開かれたが、計画地を変更したため再び行われた。神社総代や地元の歴史を顕彰する各市民グループの代表者ら約100人が参列し、無事の完成を…

続きを読む

和歌山・淡嶋神社「針祭り」

加太淡嶋神社で「針祭り」、5万本供養(写真付) | WBS和歌山放送ニュース わかやま新報 » Blog Archive » 裁縫上達願い6万本供養 淡嶋神社の針祭り 和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社(前田智子宮司)で8日、古い針を供養して裁縫上達を祈る神事「針祭り」が行われた。 裁縫の技術を人に伝えたとされる同神社の祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)に古い針を返し、供養する祭事…

続きを読む

神戸・湊川神社で豆まき神事

兵庫)湊川神社や生田神社で豆まき神事:朝日新聞デジタル  神戸市中央区の湊川神社では、本殿前に特設舞台が設けられ、かみしも姿の福男や金色のえぼしをかぶった福娘ら約50人が「鬼は外、福は内」の威勢のいいかけ声とともに、舞台上から2回に分けて約2万袋の豆をまいた。数千人の参拝客が集まり、手を上げて「こっち、ちょーだーい」と大声で催促する人の姿も見られた。2万袋の中にはお神酒やジュース、調味料な…

続きを読む

熊野速玉大社で節分の吉兆作り

華やか「吉兆」 節分前に制作大詰め/AGARA 紀伊民報 鯛や大福帳など色鮮やかな縁起物 節分の「吉兆」作り 熊野速玉大社(ABCテレビ) - Yahoo!ニュース  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)で、節分(2月3日)の縁起物である華やかな「吉兆」作りが大詰めを迎えている。25日から社頭で授与を始めた。  速玉大社によると、吉兆とは「良いことの兆し」という意味…

続きを読む

神戸・湊川神社で福豆の袋詰め

湊川神社で「福豆」袋詰め 節分の準備進む - 産経ニュース 神戸新聞NEXT|神戸|節分祭へ巫女らが福豆袋詰め 神戸・湊川神社  2月3日の節分に向けて、湊川神社(神戸市中央区)で23日、豆まき神事で使用される福豆を袋に詰める作業が始まった。巫女(みこ)や同神社婦人会の女性らが参加し、25日までの3日間で400キロ余りの豆を約2万6千袋に詰める。  この日は、香ばしい豆の香りが漂う…

続きを読む

熊野那智大社で節分の「鬼面札」作り

節分控え「鬼面札」「祝枡」製作急ピッチ、和歌山 - 産経ニュース  節分(2月3日)を控え、和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社と那智山青岸渡寺で「鬼面札(きめんふだ)」や「祝枡(いわいます)」の製作が急ピッチで進められている。  熊野那智大社が作っている鬼面札は、しめ縄の内側に赤鬼と青鬼を閉じ込めた絵を版画にした災難除けのお札。  3代前の篠原四郎・元宮司が昭和44年に…

続きを読む

神戸・湊川神社「氏子崇敬者繁栄祈願祭」

兵庫・湊川神社で一年の平穏祈願 巫女や能楽師、舞奉納 - 産経ニュース  今年一年の家業繁栄と平穏無事を祈る「氏子崇敬者繁栄祈願祭(うじこすうけいしゃはんえいきがんさい)」が7日、神戸市中央区の湊川神社で営まれた。本殿では巫女(みこ)や能楽師による舞が奉納され、境内は大勢の参拝客でにぎわった。  同祭は一年の平穏を祈願して毎年1月に開催される。この日は神職によるおはらいや祝詞奏上に続…

続きを読む

春日若宮おん祭「お渡り式」「お旅所祭」

奈良)春日若宮おん祭 創建1250年 華やかに:朝日新聞デジタル 奈良・春日若宮おん祭 古典芸能の数々奉納 - 産経ニュース 闇夜の儀 荘厳 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  春日大社摂社・若宮神社(奈良市)の例祭「春日若宮おん祭」は17日、時代行列の「お渡り式」や中心神事の「お旅所祭」が行われた。古典芸能の数々が奉納され、観光客や市民らは「生きた芸能史」とた…

続きを読む

生田神社に鳥居奉納

世界一のクリスマスツリーで鳥居製作 兵庫・生田神社に奉納 - 産経ニュース  昨年12月にメリケンパーク(神戸市中央区)で展示された「世界一のクリスマスツリー」の木を再利用して製作された鳥居が7日、同区の生田神社に奉納され、通り初め式などが営まれた。展示後のツリーの使い道に関しては議論となったが、同神社の日置春文宮司(68)は「生田神社の新たな象徴になってほしい」と話している。  奉…

続きを読む

大神神社「醸造安全祈願祭」

醸造安全祈願祭:酒造り、安全を祈願 たる酒振る舞いも 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で14日、新酒醸造の無事と酒造業界の発展を祈る「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が営まれ、全国から約150人が参列した。  祈願祭では、巫女(みこ)4人が、神楽「うま酒みわの舞」を奉納した。拝殿前の特設テントでは、たる酒が振る舞われ、多くの参拝者らでにぎわった。初…

続きを読む

熊野那智大社で紅葉祭

モミジの舞、厳かに 熊野那智大社で紅葉祭 - 読んで見フォト - 産経フォト 熊野那智大社で紅葉祭|読売テレビニュース 和歌山県の熊野那智大社では自然の恵みに感謝を捧げる伝統行事、 紅葉祭が行なわれた。紅葉祭は、平安時代に花山法皇が、那智の滝の近くで修行を行なった際に、紅葉の美しさを詩に詠み短冊に書いて滝に流したという故事にちなんだ祭り。那智の滝の前に設けられた祭壇には紅葉の葉が飾られ、…

続きを読む

大神神社で大杉玉の掛け替え

青々とした杉玉に掛け替え 酒まつり前に、奈良 - サッと見ニュース - 産経フォト  酒造りの神様として知られる奈良県桜井市の大神神社で13日、拝殿などに飾られた大杉玉が青々とした新しいものに掛け替えられた。全国の杜氏らが醸造の安全を祈る「酒まつり」が14日に開かれる。  新しい大杉玉は直径約1・5メートル、重さ約250キロ。竹で編んだ籠に、ご神木の杉の枝葉を放射状に差し込んで作る。…

続きを読む

兵庫・佐用都比売神社で秋季例大祭

神戸新聞NEXT|西播|華麗に浦安の舞奉納 佐用都比売神社で秋季例大祭  兵庫県佐用町本位田甲の佐用都比売神社(見村吉久宮司)で30日、秋季例大祭があった。佐用郡内一の古社とされて親しまれてきた「さよひめさん」に町内外から多くの参拝客が訪れ、地元の女子小中学生による「浦安の舞」などを堪能した。  同神社は、地名の由来にもなったとされる「狭依毘売命」という神がまつられ、播磨国風土記にも…

続きを読む

住吉大社で七五三の祝い袋の袋詰め

【動画あり】七五三シーズン、住吉大社で祝い袋の袋詰め作業 - 産経ニュース 大阪・住吉大社で七五三の千歳飴袋詰め進む  子供の健やかな成長を祈願する「七五三」シーズンを迎え、大阪市住吉区の住吉大社では、祈祷(きとう)に訪れた子供に渡す千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が大詰めを迎えている。  31日も社務所では、神楽女(かぐらめ)の女性6人が千歳飴やお守りを丁寧に袋に詰めた。神楽女の…

続きを読む

大神神社・秋の大神祭

実りに感謝、祈る安泰 - 秋の大神祭|奈良新聞デジタル  秋の大神祭(おおみわさい)が行われている桜井市三輪の大神神社で24日、巫女(みこ)による神楽(かぐら)「うま酒みわの舞」が奉納され、氏子ら約300人が参列した。同祭は23日の宵宮祭から25日の後宴祭まで3日間、行われる。  崇神天皇8年12月乙卯の日に、大物主神を大田田根子に祭らせると国内が平穏になったという。2000年以上続…

続きを読む