熱海・来宮神社例大祭

令和初の来宮神社例大祭 神女舞、浦安の舞、鹿島踊り奉納 熱海の繁栄と安寧祈る | 熱海ネット新聞 来宮神社神社例大祭 「神女神楽」「浦安の舞」総仕上げ 伝統の引き継ぎ式 | 熱海ネット新聞 来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭奉幣の神事が厳かに執り行われ、神社役員や祭典委員、厄年奉賛会、熱海市幹部、観光関係者ら150人が参列し、熱海の繁栄と安寧を祈願した。 (中略) 奉祝神賑行事として、桃山小2年の関戸春羽(せきど・すわ)さんが、同神社の神女神楽保存会の演奏に合わせて神女神楽を奉納。鈴の音を響かせた。 続いて、熱海中2年の飯山陽南乃(いいやま・ひなの)さん、同1年の鈴木彩華(すずき・あやか)さん、徳用千羽哉(とくよう・ちはや)さん、渡邉葉音(わたなべ・はのん)さんの4人が艶やかな十二単をまとい、剣や扇を手に浦安の舞を奉納した。13日夜には通し稽古と引き継ぎ式が 軽巡洋艦「神通」に祈り 高岡の射水神社で慰霊顕彰祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社  神通川にちなんで命名され、太平洋戦争中に米軍の攻撃によって南太平洋・ソロモン諸島のコロンバンガラ島沖で沈没した旧日本海軍の軽巡洋艦「神通」の慰霊顕彰祭は14日、高岡市の射水神社で行われた。今年は、同島沖の海底で神通の船体の一部が見つかったことを報告する「発見奉告の儀」を兼ねた。関係者が最前線で戦い抜いた神通をたたえ、戦没者の冥福と平和を祈った。巫女さんが神楽「末広の舞」を奉納

続きを読む

熱海・来宮神社で神女神楽と浦安の舞の稽古

令和最初の御神女・関戸春羽さん、「神女神楽」奉納へ総仕上げ | 熱海ネット新聞 浦安の舞、舞姫4人が公開稽古 来宮神社例大祭へ仕上がりは上々 | 熱海ネット新聞 来宮例大祭へ稽古に熱 神女神楽と浦安の舞―熱海 / 伊豆新聞デジタル  熱海市西山町の来宮神社の例大祭(14~16日)が間近に迫り同神社で、「神女神楽(みこかぐら)」と「浦安の舞」の稽古が大詰めを迎えている。神女1人、舞姫4人はそれぞれ、関係者が見守る中、所作一つ一つを確認している。15、16日に同神社などで奉納する。神女は小学2年生、浦安の舞の舞姫は中学1、2年生 徳島)徳島駅前専門店街で七夕祭 射的や千本つり楽しむ:朝日新聞デジタル  七夕の7日、JR徳島駅前のアミコ専門店街で「アミコ七夕祭」が開かれ、浴衣を着た小学生らが射的や千本つりを楽しんだ。  専門店街の店主会主催で、今年で2回目。小学生らは、目を細めて景品のお菓子を狙い撃ち。千本つりではシャボン玉や紙風船などの景品を引き当てていた。真剣な面持ち

続きを読む

久能山東照宮で園児が七夕の飾り付け

園児、短冊に願い 久能山東照宮で飾り付け 静岡|静岡新聞アットエス  静岡市駿河区の久能山東照宮の拝殿で3日、地元園児による七夕の飾り付けが行われた。子どもたちは短冊を高さ約3メートルのササに取り付け、それぞれの願いがかなうよう祈った。  東照宮を訪れたのは市立久能こども園の年長児7人。「元気で過ごせるように」「走るのが速くなりますように」などの思いを込めた短冊を、家族や同園職員が書いた短冊とともに結び付けた。右は巫女さん…のはず 富山県 園児が練習成果披露 戸出七夕まつり|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  高岡市戸出地区の「第56回戸出七夕まつり」は3日目の5日、同まつり会場の高岡市商高会館前広場で地元の保育園児による民謡踊りが行われた。色とりどりの浴衣を着た子どもたちが練習の成果を披露し、観客を楽しませた。  戸出北部、戸出、市野瀬、戸出東部、戸出西部の5つの保育園の年長児約100人が参加し、ご当地ソング「戸出音頭」を輪になって踊った。保護者は、真剣な顔つきで踊るわが子に声を掛けたり、写真を撮ったりして見守った。6日は午後7時からまつりのメインイベント「民謡踊り街流し」 JAL、少し早い七夕 羽田で園児が合唱披露(Aviation Wire)  七夕を2日後に控えた7月5日、日本航空(JAL/JL、9201)は羽田空港第1ターミナルで七夕イベントを開催した。地上係員が浴衣を着用して出迎え、利用客が願いごとをしたためた短冊を、ターミナル内に設置された…

続きを読む

静岡・下川原天満宮で児童が巫女舞奉納

華やかな巫女舞奉納 静岡・下川原天満宮|静岡新聞アットエス  静岡市駿河区の下川原天満宮で22日、春の例祭「祇園祭り」が開かれ、地元の市立川原小の児童が巫女舞を奉納した。  5年生の女子児童10人が、そろいの衣装と黄色の花飾りを身に着け華やかな舞を舞った。児童は護国神社の神職稲葉悦子さんから指導を受け、放課後に10日間練習を重ねた。豊栄の舞でしょうか 茅の輪くぐり 夏を元気に 小松・串八幡神社:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  小松市串町の串八幡神社で二十三日、暑い夏を乗り越えようと無病息災を祈って茅(ち)の輪をくぐる「夏越(なごし)の大祓(おおはら)い」があった。  地元住民五十人が、8の字を描くように直径約二・五メートルの茅の輪をくぐった。串町町内会の会員が串川でカヤを刈り取って作った。茅の輪くぐりに先立ち、同神社内で生水の神を祭っている薬師神社の神事もあった。串小学校六年生の児童がみこの舞を披露した。茅の輪は三十日朝まで設置 花まつり華やか、園児練り歩く 秋田市河辺の和田幼稚園|秋田魁新報電子版  秋田市河辺の和田幼稚園(佐々木優心園長)は15日、釈迦(しゃか)の生誕を祝う「花まつり」を行った。園児25人が稚児行列に参加し、幼稚園周辺を華やかに練り歩いた。  花まつりは、佐々木園長が住職を務める陽田寺に同園が隣接し、教育活動に仏教の教えを取り入れていることから、毎年行っている。  稚児行列では園児が鼻筋におしろいを塗り、紫やピンク…

続きを読む

三重県明和町「斎王まつり」

明和町で「斎王まつり」 王朝絵巻再現、令和元年御代替わりに新斎王さま - 伊勢志摩経済新聞 令和に続く華やか群行 明和で斎王まつり:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 明和町 平安絵巻の斎王群行 雨降り途中で中止 三重 | 伊勢新聞 平安絵巻さながらの大行列 斎王まつり賑わう 三重・明和町 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  新しく天皇が即位する際に、天皇に代わって伊勢神宮に仕えた未婚の皇族女性「斎王」を顕彰する「斎王まつり」が2日、明和町の国史跡・斎宮跡で開かれた。令和初の開催となった今回で37回目。色鮮やかな平安装束を身にまとった斎王らの姿を写真に収めようと、多くの来場者がカメラを構えた。  斎王らが都から斎宮へ向かった行列を再現する「斎王群行」の出発式がさいくう平安の杜(もり)の正殿であり、斎王役の愛知県立大四年、橋本茉奈さん(22)=大紀町出身=や、子ども斎王役の松阪市大宮田町の朝見小学校五年、飛矢地愛結(ひやちあゆ)さん(10)らが順に紫色のノハナショウブを献花した。斎王群行は雨のため途中で中止 新緑の温泉街、華やかに 平家大祭で絵巻行列 日光【動画】|県内主要,地域の話題,社会,動画|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 平家大祭:武将ら優雅に平家絵巻行列 日光・湯西川温泉 /栃木 - 毎日新聞  平家落人の里として知られる日光市湯西川温泉で2日、平家大祭(同実行委員会主催)のハイライトとなる「平家絵…

続きを読む

二見興玉神社「藻刈神事」

二見興玉神社夫婦岩沖合の岩に生えるアマモを刈り取る「藻刈神事」 - 伊勢志摩経済新聞  二見興玉神社(伊勢市二見町江)の夫婦(めおと)岩の沖合で5月26日、海中の藻を刈る「藻刈神事(もかりしんじ)」が行われた。  藻刈神事は、夫婦岩の沖合700メートル先の海中に鎮座する猿田彦大神ゆかりの興玉神石(おきたましんせき)に生える無垢塩草(むくしおぐさ、アマモ)を刈り取る神事。刈り取ったアマモを後日、天日干しし乾燥させ、同神社のおはらい時に使う祓具(はらいのぐ)「無垢塩大麻」や授与品の不浄祓(ふじょうはらい)守り「無垢塩草」(200円)にする。本来5月21日に予定していた同神事ですが、強風と高潮のため延期 気仙沼市の羽田神社でお田植祭 五穀豊穣を願う | 株式会社 三陸新報社  気仙沼市赤岩上羽田の羽田神社(尾形公夫宮司)の氏子崇敬会による「お田植祭」が26日、赤岩四十二地内の御神田で行われた。  地元の小学生らが白装束をまとった「早乙女(さおとめ)」「早乙男(さおとこ)」に扮(ふん)し、古式に習って苗を手で植え、五穀豊穣(ほうじょう)などを願った。4年の女子児童は「初めて参加して、尻もちをついちゃったけど楽しかった。おいしいお米に育ってほしい」と笑顔で 小学生とミス日本酒らが田植祭 群馬・川場村  - 産経ニュース  美味で知られる特産米「雪ほたか」の産地・群馬県川場村で27日、豊作を祈願する「令和元年田植祭」が開催され、地元の川場小の5年生にまじってミス日本酒や地…

続きを読む

伊勢神宮「延寿大々神楽」

伊勢神宮 長寿願う「延寿大々神楽」 お守りや延寿杖など手渡す 三重 | 伊勢新聞 80歳の伊勢市民にヒノキの杖1500本 伊勢神宮から長寿の祝い - 伊勢志摩経済新聞  高齢者の長寿と健康を祈願する「延寿大々神楽(えんじゅだいだいかぐら)」が22日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮で始まった。  数え年で80歳以上の市民を招待して毎年開いている。お年寄りらは、神楽殿で長寿を祝う神楽を鑑賞し、長寿のお守りや記念品の湯飲みなどを受け取った。今年で80歳を迎える人たちには、神宮林のヒノキで作られた長さ1.2メートルの「延寿杖」も手渡された。今年の招待対象者は、昨年より332人多い1万6321人 稚児大師と青葉娘お披露目 高野山の青葉まつり - 読んで見フォト - 産経フォト 稚児大師と青葉娘決まる♪6月・空海の降誕会で散華 | 高野山麓 橋本新聞 世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の開祖・弘法大師・空海の降誕会(ごうたんえ)「青葉まつり」=6月15日(土)=を控えて、幼少期の空海「稚児大師」と、祭典を古式豊かに彩る「青葉娘」4人が決まり、5月22日、高野山真言宗総本山・金剛峯寺で報道陣にお披露目された。既出。高野山のマスコットキャラクター「こうやくん」も 令和改元を機に日本の伝統文化を知って 宮廷衣装「十二単」の着付け披露 高松市 | ニュース | KSB瀬戸内海放送 令和改元を機に日本の伝統文化を知って 宮廷衣装「十二単」の着付け披露 高松市  「令和」への改元を機に、…

続きを読む

熱海・来宮神社で大楠祭

樹齢2100年 ご神木「大楠」に感謝、長寿願う/来宮神社・大楠祭 | 熱海ネット新聞 樹齢2100年、神木に感謝 来宮神社で大楠まつり―熱海 - 伊豆新聞  熱海市西山町の来宮神社は5日、樹齢およそ2100年の神木で国指定天然記念物の「大楠」に感謝する「大楠まつり」を行い、神事、みこによる「大楠の舞」などを厳かに繰り広げた。  新緑美しい大楠を見上げる境内の「五色の杜(もり)」で行われた祭典には総代会、御鳳輦(ごほうれん)世話人会、厄年奉賛会の役員ら約70人が参加して神事を執り行い、玉串をささげた。この後、みこ2組4人が熱海ゆかりの歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢2千年の大楠のもと御国の栄え祈りまつらむ」にちなんだ「大楠の舞」と、「早神楽」を華麗に披露した。大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ歌にちなん30年ほど前につくられたとのこと お稚児さん170人形列 津観音周辺で花祭り、家族ら晴れ姿撮影 三重 - 伊勢新聞 【津】「花祭り稚児行列」が4日、三重県津市大門の津観音周辺であった。約170人の子どもが参加し、家族らを含め約600人が津観音からリージョンプラザまでを練り歩いた。 津市仏教会が主催し、毎年子どもの日前後に開催している。昭和30年代に始まり約60年の歴史を持つ。令和元年の今年は子どもの参加者が例年の100人前後から大きく増えた。 子どもたちは華やかな稚児衣装に身を包み、男の子は烏帽子(えぼし)を、女の子は冠をかぶった。やはり今年は多いようですね …

続きを読む

熱海・伊豆山神社例大祭で「神女舞・実朝の舞」奉納

特設舞台で伝統の「神女・実朝の舞」厳かに 伊豆山神社例大祭・下宮祭 | 熱海ネット新聞 優雅に「神女・実朝の舞」 神事で小中学生奉納―熱海伊豆山神社 - 伊豆新聞 伊豆山神社例大祭の「神輿下り」があった神幸祭では、837階段の664段まで下った広場で下宮祭が斎行された。特設舞台で氏子の小中学生たちが伝統の「神女(しんにょ)舞」と「実朝の舞」を奉納した。大勢の市民や観光客が訪れ、家内安全や国の繁栄を祈願。その後、神社に戻り、還御祭が厳かに執り行われた。「神女舞」は伊豆山小2年の二人、「実朝の舞」の奉仕者は熱海中1年の五人 鎌倉から現代、豊穣祈る旅路 滋賀・多賀まつり:一面:中日新聞(CHUNICHI Web) 多賀まつり:時代装束で練り歩く 観客1万2000人 /滋賀 - 毎日新聞  滋賀県多賀町の多賀大社一帯で二十二日、鎌倉時代から続く古例大祭「多賀まつり」があり、公家の装束をまとった五百人の時代行列が町内を練り歩いた。五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う祭りで、みこしや四十頭の騎馬などが五百メートル以上、華やかに列を連ねた。  本殿での神事後、一行は四キロ離れた調宮(ととのみや)神社へ。町では古くから農耕に馬を使う伝統があり、午後には馬の上から指揮を執る「馬頭人(ばとうにん)」が合流し、大社から一キロ離れた「お旅所(たびしょ)」までを往復した。右写真「よろいを着け、白馬に乗って多賀大社の参道を歩く女性」

続きを読む

菰野・廣幡神社で女児が舞を披露

菰野町 女児ら舞を披露 廣幡神社で春まつり 三重 - 伊勢新聞 【三重郡】三重県菰野町菰野の廣幡神社(横山重明宮司)の春まつりが14日、同神社で開かれた。本殿で神事が厳かに執り行われ、午後から境内であった催しでは、小学生の女児が舞を披露した。 同神社楽人(がくにん)が演奏する雅楽の音色に合わせて4人が「胡蝶」を、別の2人が「納曽利(なそり)」を舞った。このほかにも菰野高校書道部員による書道パフォーマンスやバンド演奏もあり、地元のスポーツクラブに通う子どもたちは、元気いっぱいにエアロ体操を披露した。小学生が納曽利を舞うのは珍しいのでは みこらが新芽摘む 熊野本宮大社で新茶祭:紀伊民報AGARA 新茶を神殿に…お茶作りの発展祈る「新茶祭」 和歌山県・熊野本宮大社 - FNN.jpプライムオンライン  和歌山県田辺市本宮町特産の「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に、地元の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で16日、音無茶の品質向上や産業の発展を願う「新茶祭」が営まれた。みこらが柔らかい新芽を摘み取り、神前に供えた。  音無茶は平安時代、京都から殿上人が持ってきた茶の実を植えたのが始まりとされる。  この日は大社の茶畑(広さ約10アール)で、赤いたすき姿のみこや大社敬神婦人会役員ら6人が新芽を摘み取った後、本殿前に移動し、関係者で神事をした。巫女さんが舞を奉納 花に感謝、稚児ら愛らしく行列 京都の中心部練り歩く : 京都新聞  大作のいけばなを搭載した…

続きを読む

高山・飛騨一宮水無神社「生きびな祭」

岐阜)雪舞う中の歴史絵巻 内裏や后ら「生きびな」行列:朝日新聞デジタル 飛騨生きびな祭 平安絵巻の行列 : 地域 : 読売新聞オンライン 飛騨路彩る時代絵巻 高山で生きびな祭 | 岐阜新聞Web 飛騨生きびな祭:華麗に平安装束の9人中心に120人練り歩き 高山・飛騨一宮水無神社 /岐阜 - 毎日新聞 平安絵巻さながら、「生きびな祭」 岐阜・高山市 : 中京テレビNEWS “平安絵巻”さながら…『飛騨生きびな祭』 女性9人がお雛様の衣装で練り歩く 飛騨一宮水無神社(東海テレビ) 平安時代の衣裳で女性らが街を練り歩き遅いひな祭り祝う 生きびな祭 岐阜・高山市- 名古屋テレビ【メ~テレ】 飛騨路彩る時代絵巻 高山で生きびな祭 高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で3日、「飛騨生きびな祭」の行列が練り歩いた。  春の訪れが遅い飛騨地方では、1か月遅れでひな祭りを祝う風習がある。生きびな祭は農業の振興や養蚕の発展を願って1952年に始まり、現在は五穀豊穣と女性の健康を祈る祭りとして行われている。  この日は飛騨地域から選ばれた9人の女性が十二単などに着飾り、お内裏さま、右大臣・左大臣、五人官女に扮ふんし、神職や氏子、稚児らも加わった約150人の行列で約1キロを練り歩いて平安絵巻を繰り広げた。時折降った雪も行列が出発する頃にはやんだとのこと 稚児行列「かわいい」 宇佐美仏教会が「花まつり」―伊東 - 伊豆新聞  伊東市の宇佐美仏教会(会長・山居晃明花岳院住職)は31日…

続きを読む

伊勢神宮で新人舞女が「倭舞」稽古

新人舞女ら「倭舞」稽古 伊勢神宮、楽師らに学ぶ 三重 - 伊勢新聞 練習を重ねる新採用の舞女 伊勢神宮:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 高校を卒業したばかりの女性6人が舞女に  三重・伊勢神宮(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース  伊勢市の伊勢神宮で、新たに採用される舞女(まいひめ)たちが、神楽殿での奉仕に向けて舞の練習を重ねている。  四月に採用予定の舞女は、県内出身で、高校を卒業したばかりの六人。二十五日から五日間かけて研修があり、神楽の基本となる「倭舞(やまとまい)」や祭式の作法などを楽師や神職から学んできた。  最終日の二十九日は、実際の神楽で使う紅梅を挿した天冠をかぶり、緋色(ひいろ)の長ばかま、白の千早をはおった姿で倭舞を披露。手に五色絹を飾ったサカキを持ち、曲に合わせて振りを確認した。「舞女は五年間務めることができ、現在は約三十人いる」とのこと 神戸新聞NEXT|姫路|健やかな小学校生活願う初の勧学祭 姫路・播磨国総社  今春、小学校入学の子どもが健やかな毎日を過ごせるよう願う「勧学祭」が31日、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で初めて開かれた。氏子5校区の親子ら約100人がおはらいを受け、新生活に希望を膨らませた。  この日は、赤や黒のランドセルを背負った子どもたちが本殿に並んで正座。西本和俊宮司は祝詞を唱えた後、一人一人の名前が書かれた名簿を掲げた。巫女は舞を披露し、鈴を振っておはらいをして回った。盛況ですね 武蔵…

続きを読む

伊勢神宮で「退位及びその期日奉告祭」

伊勢神宮に天皇陛下の退位とその期日を奉告 神宮2000年史上初の祭典 - 伊勢志摩経済新聞 両陛下、来月17日に伊勢 「神宮に親謁の儀」日程発表 勅使ら陛下退位を報告 三重 - 伊勢新聞  天皇陛下が退位することを皇祖神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)に奉告(ほうこく)するための臨時祭「退位及びその期日奉告祭」が3月15日、伊勢神宮の外宮(げくう)と内宮(ないくう)で行われた。  臨時祭は、外宮・豊受大神宮(とようけだいじんぐう)で神饌(しんせん)を奉納する「大御饌(おおみけ)」が早朝4時から、天皇陛下から送られた5色の絹や数種の織物「幣帛(へいはく)」を奉納する「奉幣(ほうへい)」が7時から、同様に内宮・皇大神宮(こうたいじんぐう)で11時から「大御饌」、14時から「奉幣」が、それぞれ執り行われ、両宮に天皇陛下の退位とその期日を奉告した。  「奉幣の儀」では、「幣帛」の入った辛櫃(からひつ)の後を黒の平安衣装をまとった天皇陛下の命を伝える使者「勅使」が続き、緋(ひ)色の浅沓(あさぐつ)、白衣・緋袴(ひばかま)の装束の黒田清子祭主、小松揮世久(きよひさ)神宮大宮司らが第二鳥居前でおはらいを受けると、そのまま玉砂利を踏みしめ参進の列を作って正宮(しょうぐう)まで進んだ。「非常に重い役目なので今回は勅使が参向され、『五大祭』の一つ『祈年祭(きねんさい)』に準ずる祭典に則った。」とのこと 春日大社で御田植神事 五穀豊穣願う - 産経ニュース  五穀豊穣(ごこくほうじょ…

続きを読む

熱田神宮で消防訓練

「文化財消防デー」前に熱田神宮で消防訓練 初期消火や巫女の応急手当てなど 名古屋(東海テレビ) - Yahoo!ニュース  26日の「文化財防火デー」を前に、名古屋の熱田神宮で消防訓練が行われました。  消防訓練には熱田神宮の職員などおよそ80人が参加。神宮の境内にある上知麻神社から火が出たという想定で始まり、職員は初期消火を行ったあと、怪我をした巫女を運びだし応急手当てなどを行いました。国宝を含むおよそ6000点の文化財が保管されています あすは文化財防火デー宗像大社で防火訓練(RKB) あすの「文化財防火デー」を前に福岡県の宗像大社で火事から文化財を守るための防火訓練が行われました。 宗像大社の防火訓練は、きょう午前10時前に始まり、神職や巫女、それに消防や地域住民などおよそ130人が参加しました。 世界遺産にも登録された本殿付近から出火したという想定で、巫女がバケツリレーを行ったあと神職らがホースを使って消火にあたりました。本殿付近で大規模な訓練が行われるのは今回が初めて 1月26日は文化財防火デー | OAB 大分朝日放送  1月26日の文化財防火デーに合わせ、本殿が国宝に指定されている宇佐神宮で訓練がありました。訓練には宮司や巫女ら約40人が参加しました。参拝者のたばこの不始末によって本殿裏の森林から出火した想定で、消火器や林野火災用の放水器を使って初期消火の手順を確認しました。権禰宣さん「多くの方が参拝に来られるので危険が及ばないよう防火…

続きを読む

二見興玉神社で巫女さんが「福ます」づくり

節分を前に巫女さんが「福ます」づくり 三重・二見興玉神社 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  夫婦岩で有名な三重県伊勢市の二見興玉神社で、巫女さんたちが、2月の節分祭に向け、「福ます」づくりに取り組んでいます。  福ますは、白木の一升ますで、底にはおたふく、側面には赤オニなどが描かれ、今年の干支「己亥」の印を押し、豆とお札を入れ、紙で包みます。例年通り1500個が用意され、すでに1000個が予約済み 福井)「花換まつり」の福娘を募集 敦賀観光協会:朝日新聞デジタル  桜の名所、福井県敦賀市金ケ崎町の金崎宮で4月1~15日に開かれる「花換(はなかえ)まつり」の福娘を敦賀観光協会が募っている。  福娘は、神と参拝者との間を取り持つ巫女(みこ)。福娘と「花換えましょう」と声を掛けあって桜の小枝を交換すると、願いがかなうとされている。  福娘の募集は3人程度で、高校生を除く18歳以上の女性が対象。詳細は 【敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀/平成31年度敦賀花換まつり『福娘』募集!】一般社団法人 敦賀観光協会 「福あるように…」心込め節分準備 日光山輪王寺|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 栃木)春を呼ぶ節分の準備始まる 日光山輪王寺:朝日新聞デジタル 世界遺産の日光山・輪王寺で節分の準備(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース  春を呼ぶ節分の準備が栃木県日光市山内の世界文化遺…

続きを読む

熊野・産田神社で豊栄の舞奉納

例大祭:巫女役が豊栄の舞 熊野・産田神社 /三重 - 毎日新聞  安産や五穀豊穣などに御利益があるという、産田(うぶた)神社(熊野市有馬町)の例大祭が10日あった。巫女(みこ)役の有馬小5年、溝口日向子さん(11)と浜地あずささん(11)が豊栄の舞を奉納。社務所では親子連れや妊婦らが骨付きサンマずしなどが乗った膳「奉飯」を食べ、子どもらの健やかな成長を願った。  安産成就で奉納された白石が敷かれた拝所…続きは有料 伊勢・二見「栄野神社」で湯立神事 煮えたぎる湯を全身で受け - 伊勢志摩経済新聞 熱湯を頭から‥無病息災を願う「湯立神事」 三重・伊勢市の栄野神社 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  二見興玉神社(伊勢市二見町)の飛地・境内社「栄野(えいの)神社」(同)で1月14日、例大祭と「湯立(ゆたて)神事」が行われた。 (中略)  湯立神事は、氏子らが前日から神事用に切りそろえたクマザサを50本を束ね、24束にし、直径約1メートルの大釜に、井戸からくみ上げた水を移し、まきで火を沸かし煮立てた湯を準備する。煮えたぎる湯を全身で浴びると、罪けがれがはらい清められ、1年間無病息災で過ごせるとされる。約200年前から伝わるが、文献などが災害で喪失し詳しい起源はわからない。  神事が始まると神職らが、束ねたクマザサを煮えたぎる湯の中に入れ、勢いよく左右左に振り上げ、続いてみこが「煮えたぎる 湯玉の露を自らに 受けて清めよ 身の禍事(まがごと…

続きを読む

熱海・来宮神社で新嘗祭

稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社 | 熱海ネット新聞 来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典委員、本年度責任当番町・中央渚町(芥川暉祭典委員長)、来年度責任当番町・咲見町(岸秀明祭典委員長)関係者、本年度および次年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕者ら約50人が参列。地元で収穫された新米や野菜などを神前に供えた後、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、みこが今年収穫した稲穂を手に神楽「豊栄の舞」(とよさかのまい)を奉納し、自然の恵みに感謝した。豊栄の舞の動画も 今年の祭りも最終盤 | 紀南新聞ONLINE  紀宝町の神内神社で23日、例大祭が営まれた。朝から神社で神事が行われ、宮地秀直宮司の祝詞奏上、子ども巫女による浦安の舞が奉納され、参列者が玉串をささげた。その後、2台の山車(だし=だんじり)が神内構造改造センターを出発、町内を巡った。小学6年生「神さまの前で踊るのは緊張した。今は踊り終えてほっとしている。小学校最後の思い出となり、楽しかった」 色鮮やかな衣装で準備万全 奈良・春日若宮おん祭前に「装束賜式」 - 産経ニュース 装束まとい参拝 - おん祭り 装束賜式|奈良新聞デジタル  古都の冬の風物詩、「春日若宮おん祭」を前に、「お渡り式」(12月17日)に参加する稚児や神子(みこ)に衣装を授与する「装束賜式(しょうぞくたばりしき)」が25日、奈良市春日野町の春日大社で行われた。小学生から社会人までの約…

続きを読む

伊勢神宮で新嘗祭

伊勢神宮で平成最後の新嘗祭 木々が色づき始めた神域の中で  - 伊勢志摩経済新聞  農作物の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、伊勢神宮で執り行われた。五十鈴川の御手洗(みたらし)前の木々は美しく色づき始めていた。  新嘗祭は、その年に収穫された新穀を神様に奉納し、その恵みに感謝し、国家安泰、国民の繁栄を祈る祭典。宮中では天皇陛下が神嘉殿(しんかでん)で新穀を皇祖はじめ神々に供え、日本中に新米が行き渡り国民一人ひとりが口にしたころ、一番最後に天皇陛下自身が召し上がる。 (中略)  この日は、早朝4時から神饌(しんせん)を神様にお供えする「大御饌(おおみけ)の儀」が、7時から天皇陛下より贈られた幣帛(へいはく)を奉献する「奉幣の儀」が外宮(げくう)で、続いて内宮(ないくう)で11時と14時にそれぞれ同様の祭典が行われた。平成最後となる新嘗祭を黒田清子神宮祭主を始めとする神職らは粛々と奉仕した。11月29日まで、伊勢神宮125社全ての宮で執り行われます 農作物の実りに感謝 湊川神社で新嘗祭、巫女が神楽「浦安舞」奉納 - 産経ニュース  神戸市中央区の湊川神社で23日、農作物の収穫を感謝する神事「新嘗祭(にいなめさい)」が厳かに営まれた。祝詞の奏上や巫女(みこ)による舞が奉納され、参列した氏子らは祈りをささげた。  新嘗祭はその年に収穫された穀物を神様に供え、農作物の実りに感謝する祭り。戦後は「勤労感謝の日」と名前が変わり、農業だけでなく産業全般の繁…

続きを読む

静岡・下川原天満宮で児童が巫女舞奉納

児童が巫女舞、息ぴったり 静岡・下川原天満宮|静岡新聞アットエス  静岡市駿河区の下川原天満宮で27日、秋の例祭が行われ、市立川原小の5年生10人が「巫女舞(みこまい)」を奉納した。  児童らは菊の花を手に、紅白の巫女装束を身にまとって華やかな舞を披露。保護者や地域住民が見守る中、6月から重ねてきた練習の成果を発揮し、息ぴったりに表現した。豊栄の舞でしょうか 厳粛に「本殿大前ノ儀」熊野速玉大社例大祭始まる国家繁栄、世界平和など祈願 | 紀南新聞ONLINE  熊野速玉大社例大祭が15日、「本殿大前ノ儀」(ほんでんおおまえのぎ)で開幕した。上野顯宮司が祝詞(のりと)をささげ、国家の繁栄や崇敬者の幸福、世界の平和などを祈願。この後、同日は「神馬渡御式」と「御旅所神事」、翌16日は午後2時から「神輿渡御式」、同4時30分から「御船祭」、同5時から「御旅所神事」が営まれる。巫女さんが神楽「神なぎの舞」を奉納 獅子舞や舞楽を披露 宮津・和貴宮神社:朝日新聞デジタル  京都府宮津市宮本の和貴宮神社で15日、秋祭りがあり、獅子舞や舞楽が披露された。今年は舞鶴市の大川神社と和貴宮神社の女性神職が「扇舞」を初めて奉納した。家族連れや若い世代にも親しみを持ってもらおうと、市内のスイーツやたこ焼きの4店舗も参加。買い求める長い列ができていた。既出。他紙は「浦安の舞」と書いてましたが…

続きを読む

熱海・今宮神社例大祭で女児が「豊栄の舞」奉納

神々をお出迎え、女児9人が「豊栄の舞い」奉納/今宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 例大祭へ「豊栄の舞」稽古 女児9人―熱海・今宮神社 - 伊豆新聞 今宮神社で10月19日夕、例大祭・宵宮祭があり、地元の熱海の女児9人が本殿で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。小嵐、MOAあたみ幼児学園、富士保育園の園児と第二小の児童で今年9月から稽古に励んできた。稚児舞育成会の藤間浩さんが泉明寺みずほ宮司ととも指導してきた。 「豊栄の舞」は、太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞で稚児たちは厳かな雰囲気の中、雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅な舞いを披露。参拝者から拍手を浴びた。19日の宵宮祭で午後5時半から、20日の例大祭で4時から 感謝込め神田の稲収穫 京都・伏見稲荷大社で抜穂祭 : 京都新聞 伏見稲荷大社抜穂祭(2018年10月25日、京都市伏見区) ニュース動画 - 京都新聞  京都市伏見区の伏見稲荷大社で25日、神田の稲を収穫する「抜穂(ぬきほ)祭」が営まれた。神楽女が舞う中、すげがさにたすき姿の信者が、豊かな実りへの感謝を込めて稲を刈り取った。  本殿での神事の後、大阪府摂津市の信者でつくる「三島初穂講」の男女16人が境内北側の神田に入った。  神楽女4人が木製の鎌を手に「抜穂舞」と呼ばれる神楽を披露。信者たちは清められた鎌を手に、こうべを垂れる稲を手際よく刈り、束ねていった。動画では本殿での抜穂舞が見られます 「湯の恵み、末永く」…

続きを読む