伊勢・猿田彦神社で「七五三お守り笹」作り

「お守り笹」準備進む 伊勢の猿田彦神社 七五三前に5000本 三重 - 伊勢新聞 「七五三お守り笹」作り:あめや短冊付け5000本 伊勢・猿田彦神社でピーク /三重 - 毎日新聞 【伊勢】七五三を前に、三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、参拝に訪れた子どもたちに授与する「お守り笹」の準備が進んでいる。 和紙でできた長さ30センチほどのササに、神社のお守りと千歳飴、張り子の犬の飾りが付いた縁起物。ササは「真っすぐ育つ」、犬は「元気で活発」などと子どもの健やかな成長への願いが込められている。 先月から、みこたちがササに飾りを取り付ける作業を進めていて、今月下旬までに5千本を仕上げる。参拝のピークは、11月15日前後の週末になりそう 茨城)水戸八幡宮で七五三参りの準備進む:朝日新聞デジタル  子どもの成長を祝う七五三参りを来月に控え、水戸市の水戸八幡宮では縁起物の準備が進んでいる。  境内の神楽殿では16日、巫女(みこ)たちが千歳あめの袋詰め作業や、八幡宮に昔から伝わり、子どもが竹のように素直で元気に成長するようにとの願いが込められた「子育て笹」作りに追われていた。来月末まで、七五三のお参りで訪れた子どもたちに手渡される予定。巫女さん(22)「子供たちがすくすく成長しますように願っている」 地元女児が浦安の舞 22日、日枝神社例大祭で奉納―伊豆の国 - 伊豆新聞  伊豆の国市長岡の日枝神社で22日、例大祭が行われる。神事で浦安の舞を奉納する地元の小学生5…

続きを読む

熱海・来宮神社「仲秋管絃祭」

「中秋の名月」見上げ催し 熱海市内2神社 - 伊豆新聞 【社寺】来宮神社で「仲秋観月祭」 風流な舞、雅の音色で「十五夜」出現 | 熱海ネット新聞  西山町の来宮神社では「中秋観月祭」の演奏会が行われた。社殿前に約100人が集まり、優雅な舞や調べを楽しんだ。  開演前、同神社の雨宮盛克宮司は最初の演目「悠久の舞」について「私の大好きな巫女(みこ)舞の曲で、昔は男舞だったらしい。とてもリズムのいい曲」と紹介した。巫女4人が、同神社の神職が奏でる笛、琴、笙(しょう)などの音色に合わせて舞い、厳かな雰囲気を醸し出した。伊豆山神社十五夜祭では「実朝の舞」を奉納 【動画】中秋の名月、雅やかに采女祭 奈良・猿沢池周辺 - 産経WEST 名月の下采女鎮魂 郡山市親善使節団が奈良の祭り参加 | 県内ニュース | 福島民報  姉妹都市の奈良市を訪れている郡山市親善使節団は4日、奈良市の采女(うねめ)神社周辺で執り行われた奈良采女祭に参加した。華やかな天平衣装をまとった団員が花扇奉納行列、管絃船の儀などに臨んだ。  花扇奉納行列に加わった使節団は、品川萬里郡山市長と仲川げん奈良市長を先頭にJR奈良駅前を出発。采女神社までの約1キロの道のりを練り歩いた。采女神社では品川市長、佐藤政喜郡山市議会議長、滝田康雄郡山商工会議所会頭らが玉串をささげた。そんなつながりがあったとは 東京新聞:まんが絵行灯が彩る鎌倉の夜 荏柄天神社で8日「絵筆塚祭」:神奈川(TOKYO Web)  学問の神様の…

続きを読む

三嶋大社で千歳飴の袋詰め

成長願い千歳飴袋詰め 三嶋大社、1万袋を用意|静岡新聞アットエス 千歳あめ:七五三前に袋詰め - 毎日新聞 11月の七五三を前に 千歳飴の袋詰め作業 (静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース 来月の七五三に向け 千歳飴の袋詰め(テレしず)  七五三詣でが本格化するのを前に、三島市の三嶋大社内にある伊豆魂神社で2日、祈とう者らの健康を祈願する千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が行われた。  大社の敬神婦人会の会員や神職、みこ25人が参加。色鮮やかな袋に紅白の棒あめを1本ずつ詰め込み、1万袋を用意した。参拝のピークは10月下旬から七五三祝祭が開かれる11月15日にかけての土日の見込み 太宰府天満宮:七五三準備始まる 早めの参拝増え - 毎日新聞 健やかな成長願い 太宰府天満宮で七五三準備 - 西日本新聞  太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で28日、七五三祝い袋の袋詰め作業が始まった。みこ4人と男性神職2人がお守りや千歳飴(ちとせあめ)、昔遊びセットなど計13点を丁寧に袋に入れた。今年は新たに福岡市在住のアーティスト、鹿児島睦(まこと)さんデザインのコットンバッグも加わった。10月末ごろまでに計8千袋を用意する。祝い袋は祈願料を含めて1人分5千円、2人分8千円、3人分1万円 すくすく育て 千歳飴、絵馬、お守り 七五三の準備着々:朝日新聞デジタル  七五三を前に、福岡市西区の愛宕神社で、子どもたちに渡す千歳飴(ちとせあめ)や絵馬、お守りの準備が進んでいる。社務所…

続きを読む

伊勢神宮秋季神楽祭

伊勢神宮で神楽祭‥秋雨の影響も | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ 伊勢神宮で神楽祭、15年ぶりに「八仙」披露 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  伊勢神宮(三重県伊勢市)の秋季神楽祭が22日始まり、内宮(ないくう)神苑の特設舞台で公開された舞楽に多くの参拝者が見入った。  舞台を清める「振鉾(えんぶ)」で始まり、続いて極楽にすむ鳥が舞い遊ぶ様子を表した「迦陵頻(かりょうびん)」。鳥の顔を模した独特の面をつけた4人舞「八仙」が15年ぶりに披露されたが、雨あしが強まり、舞を伴わずに演奏する「長慶子(ちょうげいし)」は中止となった。残念…今日まで 秋の華 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  別府市鉄輪地区の恒例行事「第58回鉄輪湯あみ祭り」は最終日の23日、鉄輪温泉を開いたとされる一遍上人に感謝する「湯あみ法要」や稚児行列があり、多くの人でにぎわった。  温泉山永福寺での法要後、きれいな衣装を身にまとった稚児31人の先導で、お室に乗った一遍上人像が出発。  念仏が唱えられる中、渋の湯、鉄輪むし湯の湯で上人像を清めた。むし湯広場では稚児らがひしゃくを使って上人像に優しく湯を掛け、手を合わせて無病息災などを祈った。お稚児さん(5)は「飾りがちょっと重かったけど、楽しかった」と笑顔で 東京)牛嶋神社、5年に1度の大祭 牛車が練り歩き:朝日新聞デジタル  墨田区の牛嶋神社(向島1丁目)で5…

続きを読む

熱田神宮で七五三の福笹飴づくり

七五三の福笹飴づくり、巫女さん大忙し 熱田神宮:朝日新聞デジタル 七五三のお楽しみ 熱田で「福笹飴」準備:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)  名古屋市熱田区の熱田神宮で14日、七五三の縁起物「福笹飴(ふくささあめ)」づくりの仕上げ作業があった。一般には千歳飴(ちとせあめ)と呼ばれ、今年は2万1千セット作るという。神職やみこら約100人が、絵馬や鈴がつけられた笹の小枝に飴が入った袋をくくりつけた。九~十一月に二十八万人の参拝者が訪れる見込み <竹駒神社>実りに感謝、抜穂祭 | 河北新報オンラインニュース  宮城県岩沼市の竹駒神社で13日、神田の「穂徳田(すいとくでん)」から初穂を収穫する抜穂(ぬきほ)祭があった。8月の記録的な長雨と日照不足で稲の成長が遅れており、収量の落ち込みが予想される。あらら…

続きを読む

伊勢で日米学生会議始まる

日米学生会議始まる…伊勢で県内プログラム : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  日本と米国の学生が世界の諸問題について議論する「第69回日米学生会議」(一般財団法人国際教育振興会主催)の県内プログラムが18日、伊勢市で始まった。計67人の参加者が皇学館大学や伊勢神宮内宮などを訪れ、地元の大学生らと交流を深めた。 (中略)  この日は、皇学館大学で「神道的な考え方」について学び、同大雅楽部の学生による「浦安の舞」を鑑賞した。米国人で国際教養大学に留学中のリー・ロイさん(21)は雅楽について、「神の世界を思わせる不思議な感覚を味わった」と話していた。19日は鳥羽市で現役の海女らと交流 京都・野宮神社:斎宮代に吉岡さん 十二単で衣装合わせ - 毎日新聞 斎宮代に吉岡美保さん 京都、10月「行列」の主役 : 京都新聞  伊勢神宮に向かう皇女らの行列を再現する「第19回斎宮行列」(10月15日)の主役となる斎宮代に、京都市北区の会社員、吉岡美保さん(25)が選ばれ、右京区の野宮(ののみや)神社で20日、色鮮やかな十二単(ひとえ)の衣装合わせに臨んだ。  斎宮は古代、天皇の代替わりごとに伊勢神宮に遣わされて神事に奉仕した未婚の皇女。天武天皇の時代には既に制度として確立していたとされ、南北朝時代まで続いた。当時の行列は官人や女官らを合わせて数百人規模に上ったという。野宮神社は斎宮が伊勢に向かう前に身を清めるために籠もった宮の跡地で、1999年から行列を再…

続きを読む

浜松・東美薗八幡宮で浦安の舞奉納

地元小学生が舞奉納 浜松・浜北区の神社で宵宮祭り|静岡新聞アットエス  夏の例大祭を15日に控えた浜松市浜北区の神社で14日、宵宮が行われた。若衆によるおはやしや地元小学生の舞の奉納などが繰り広げられた。  東美薗八幡宮では氏子や神職が神事を執り行った後、地元の女児4人が浦安の舞を奉納。厳かな雰囲気の中、扇や鈴を手に優雅な舞を披露した。境内には焼きそばや綿菓子などを販売する露店が並び、浴衣姿の家族連れでにぎわった。小松八幡神社には氏子7町の豪華絢爛な祭り屋台が集結 「天王祭舞楽」厳かに奉納 森町・山名神社|静岡新聞アットエス  国の重要無形民俗文化財に指定されている森町の舞楽の一つ「天王祭舞楽」が15日、同町飯田の山名神社で行われた。地元の小中学生らが八つの演目を厳かに舞い、地域の安泰を願った。  同神社の舞楽は動物のかぶり物を着けて舞うのが特徴。清めの舞「八初児(やつはち)」に始まり、境内中央の舞台で「獅子」「龍」「蟷螂(とうろう)」などの舞が奉納された。「鶴」の舞では、笛や太鼓の調べに合わせ、背中に羽根飾りを着けた児童2人が両手を広げたり片足を上げたりして巧みに鶴を演じた。ひと月前の記事ですが… 伊勢山皇大神宮で神殿竣功祭 書家が作品を奉納 - 産経ニュース  横浜市西区宮崎町の「伊勢山皇大神宮」で9日、新設された屋内神殿の竣功祭が行われ、巫女(みこ)による舞の奉納などが行われた。  同神宮は明治3年創建。平成32年の創建150年を控え、30年から建て替…

続きを読む

熱海・来宮神社例大祭

【来宮神社】厳かに例大祭神事、熱海の繁栄と恒久の平和を祈願 | 熱海ネット新聞 山車コン開幕、泉都熱気 装飾、木彫り33台アピール―熱海 - 伊豆新聞 来宮神社神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭奉幣の神事が厳かに執り行われた。秋葉山本宮秋葉神社(浜松市)の河村基夫宮司が神社本庁から来宮神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を務め、雨宮宮司が拝殿に備え、熱海の繁栄と恒久の平和を祈願した。 神事には神社役員や厄年奉賛会「跳昇伍團壱會」(としょうごうまるいちかい)鈴木宜志会長ら約150人が参列。雨宮盛克宮司の祝詞奏上に続き、斉藤栄市長、渡辺周衆院議員、藤曲敬宏県議、川口健市議会議長、櫻井豊彦静岡浅間神社宮司、落合偉洲久能山東照宮権宮司らが玉ぐしを捧げた。 その後、神女神楽、浦安の舞、鹿島踊、熱海芸妓衆の舞が奉納され、「来の宮参り」「など2演目を披露した。16日は御神幸行列が市内を巡るほか、各所で鹿島踊り、神女神楽、浦安の舞が奉納 【来宮神社】奉納へ総仕上げ、「神女神楽」と「浦安の舞」通し稽古 | 熱海ネット新聞 来宮神社例大祭へ稽古大詰め 神女神楽と浦安の舞―熱海 - 伊豆新聞  熱海市西山町の来宮神社の例大祭(14~16日)が間近に迫り、同神社で「神女神楽(みこがぐら)」と「浦安の舞」の稽古が大詰めを迎えている。神女、舞姫いずれも責任当番町の西山町内会の女児・生徒で、関係者や住民らが見守る中で、所作の一つ一つを確認している。13日に総練習を行い、…

続きを読む

浜松・八阪神社で豊栄の舞奉納

女児が豊栄の舞 西区・八阪神社で例大祭:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)  浜松市西区篠原町の八阪神社で二日、例大祭が営まれ、氏子の女児が地域の繁栄を願う豊栄の舞を披露した。  白衣に緋袴(ひばかま)を着た小学四~六年の女児九人が手にサカキを持ち、雅楽の音色に合わせてゆったりとした動作で舞った。舞は神前で奉納されたほか、拝殿前、参道でも披露され、参拝者を魅了した。昨年も舞った六年生「神様の前で舞うのは、やっぱり神聖な感じがした。少し緊張したけど、なかなかできない経験なので舞えて良かった」 五穀豊穣祈願し「お田植え祭り」 喜多方の慶徳稲荷神社 | 県内ニュース | 福島民報  喜多方市慶徳町の慶徳稲荷神社の「お田植え祭り」は半夏生の2日、会津三大御田植祭りのトップを切り神社近くの神田で執り行われ、地域住民らが五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。  神事に続き氏子や青年団などが地区内をにぎやかに練り歩いた。神田では、地元の慶徳小の男児が白狐や露払いなど、女児はかすりの着物に赤じゅばん、すげがさの早乙女姿になり丁寧に苗を植えた。大勢の地域住民やカメラマンらが訪れ、練習を重ねた子どもたちが演じる伝統行事を見守った。文化庁の「国が記録すべき無形民俗文化財」 新田義貞の遺徳しのぶ 坂井、六百八十回忌で行列:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  南北朝時代の武将、新田義貞の六百八十回忌法要が二日、菩提(ぼだい)所の称念寺(坂井市丸岡町長崎)で厳かに営まれた。…

続きを読む

伊勢神宮祭主に黒田清子さん

伊勢神宮祭主に黒田清子さん 最初のご奉仕は10月の神嘗祭を予定 - 伊勢志摩経済新聞  神宮司庁広報室(伊勢市宇治館町)が6月20日、池田厚子さんに代わって黒田清子さんが神宮祭主に就任したと発表した。  天皇陛下の姉の池田さんは1988(昭和63)年10月28日、神宮祭主に就任し、19日付けで退任した。天皇皇后両陛下の長女・黒田さんは2012年4月26日から2013年10月6日まで、臨時祭主として第62回神宮式年遷宮で池田さんを補佐し祭典を奉仕した。(写真は初の祭典奉仕「神御衣祭」2012年05月14日) 水田に早乙女姿 伊予市でお田植え祭| 愛媛新聞ONLINE  宮中行事の「新嘗祭(にいなめさい)」に献上するコメのお田植え祭が19日、愛媛県伊予市上三谷の水田であり、かすりの着物に赤いたすきを掛けた早乙女姿の女性が苗を植え付けた。早乙女はJAえひめ中央の職員 主基斎田お田植まつり:古式の田植え再現 高校生が早乙女姿で 綾川 /香川 - 毎日新聞  夏の風物詩として知られる「主基斎田(すきさいでん)お田植まつり」が18日、綾川町山田上の田んぼであった。農業経営高校(同町北)の女子生徒たちが艶やかな衣装を身にまとい、早乙女として古式の田植えを披露した。 (中略)  この日のまつりには、浜田恵造知事や藤井賢町長らが参加。綾上小学校の児童らが歌う「田植歌」と太鼓の音に合わせ、農業経営高校の女子生徒22人が県開発品種「おいでまい」の苗を丁寧に植えていった。その後、…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社「藻刈神事」

伊勢・二見興玉神社 神職らアマモ刈る 沖合で「藻刈神事」 - 伊勢新聞 神聖な藻、採取…二見興玉神社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 伊勢市の夫婦岩沖合の海藻刈り取る神事 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  夫婦岩で知られる伊勢市の二見興玉神社で毎年5月に行われる「藻刈神事」は、夫婦岩の沖合に沈む巨大なご神体の岩から海草のアマモを刈り取る行事です。  神職や巫女が特製の鎌を海の中に入れて、船の上からゆっくりと刈り取っていきました。不浄をはらうお守り「無垢塩草」として授与 愛らしい早乙女姿 児童らお田植え祭| 愛媛新聞ONLINE  松山市上難波の愛媛県農林水産研究所で23日、伝統行事の「お田植え祭」があった。地元小学生や農業関係者ら計約90人が実り豊かな秋になることを祈った。動画もあります かわいい行列 東妙寺740年祝う|佐賀新聞LiVE  吉野ケ里町の東妙寺(早田法玄住職)が21日、開創740年大祭を開いた。子どもたち20人が華やかな衣装を身につけて歩く稚児行列などで、10年に一度の節目を祝った。  東妙寺は弘安年間(1278~1288年)、後宇多天皇と亀山上皇が元寇から日本を守る祈願所として創建された。  稚児行列は、町内外の園児や小学生が白衣と袴(はかま)に男児は烏帽子(えぼし)、女児は王冠を身につけた。小学1年生(6)「(王冠が)重かったけれど、着物を着られて楽しかった」

続きを読む

飛騨一宮水無神社「式年大祭」

57年ぶり「式年大祭」 飛騨一宮水無神社:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web) 時を超え神々集結 57年ぶり、飛騨の大祭開幕 - 岐阜新聞 Web 飛騨一宮水無神社で式年大祭 57年ぶり、飛騨一円から300社超6800人が参向行列 - 飛騨経済新聞 57年ぶりの式年大祭 高山 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ 【CBC News】57年ぶりの式年大祭 高山  岐阜県高山市一之宮町の飛騨一宮(いちのみや)水無(みなし)神社で3日、飛騨地域一円の神社が集う式年大祭「飛騨の大祭(おおまつり)」が始まった。57年ぶり、11回目の開催。各神社の氏子らがみこしを担いで町内を練り集結、それぞれに伝わる神事芸能が奉納された。6日まで。境内では闘鶏楽や獅子舞、浦安の舞など各神社で守り継がれる神事芸能が披露 寺泊・白山媛神社の春の大祭で大名行列や大神楽(ケンオー・ドットコム) 寺泊の白山媛神社の春の大祭で大名行列や大神楽 長岡市寺泊大町、白山媛神社の春の大祭が3、4の2日間行われており、3日は大名行列や大神楽が行われた。 さわやかな青空に恵まれ、旧北国街道には約150メートルにわたってぎっしりと露店が並んだ。毎年3、4日の日にち固定の祭りで、県内では大型連休中の祭りが少ないこともあって露店が多いらしい。賑やかです 早乙女一列で手植え 伊勢・高羽江社で御田植祭 112年余続く伝統行事 - 伊勢新聞 【伊勢】伊勢市東豊浜町の高羽江社(河俣克孜宮司)で…

続きを読む

熱海・伊豆山神社例大祭

【社寺】桜満開の837石段で神輿下り、厳かに伊豆山神社例大祭 | 熱海ネット新聞 熱海市に春本番を告げる伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日、同神社で斎行された。例大祭神事は午前10時から本殿であり、静岡県神社庁副庁長で伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんじゃ=下田・白浜神社)の原嘉孝宮司が神社本庁から伊豆山神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を、中田雅三氏が氏子幣帛使を務め、原口尚文宮司が拝殿に備えて熱海の繁栄と恒久の平和を祈願した。 神事では原口宮司の祝詞奏上に続き、神女舞と実朝の舞を奉納。 (中略) 837階段の664段まで下った広場で下宮祭が斎行された。特設舞台で氏子の小中学生たちが伝統の「神子舞」と「実朝の舞」を奉納した。大勢の市民や観光客が訪れ、家内安全や国の繁栄を祈願。その後、神社に戻り、還御祭が厳かに執り行われた。神女舞は小学1,2年生、実朝の舞は中学2年生 高祖神楽:園児も奉納 糸島 /福岡 - 毎日新聞  糸島市高祖(たかす)の高祖神社で26日、高祖神楽が奉納された。約550年の歴史のある県指定の無形民俗文化財。神楽師に交じって地元の保育園児たちも可愛らしい舞を披露した。  高祖神楽は面を付けず鈴や剣などを手にして舞う舞神楽と、面を付けて神話の物語を表現する面神楽がある。境内の神楽殿で高祖神楽保存会のメンバーが舞を披露。時にはユーモラスに、時には力強く舞って、雨の中詰めかけた見物人を魅了した。  怡土中央台保育園…

続きを読む

飛騨神岡祭

飛騨神岡祭、舞姫華々しく:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web) 飛騨神岡祭:満開サクラ、行列に彩り 華麗な装束姿に酔いしれ /岐阜 - 毎日新聞 hibakama / 緋袴白書RT @kimihida: 飛騨神岡祭、舞姫の演技です。天気が良くてとってもきれいやお^^#きみひだ #飛騨市 https://t.co/6p4zl5Ytwd at 04/22 22:30浦安の舞と豊栄の舞が奉納されるそう 秀歌の数々 家持に感謝 高岡で顕彰会が献花祭:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 家持の遺徳しのび献花 伏木の大伴神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  越中を題材にした歌を多く詠んだ万葉歌人、大伴家持に感謝する献花祭が二十二日、高岡市伏木一宮の気多神社の境内にある大伴神社であった。  家持が春に秀歌を多く残したことから、大伴家持卿顕彰会が毎年この時期に開いている。地元の関係者ら六十人が出席。万葉の衣装を身に着けた会社員、金森千春さん(26)ら三人が神前に花を供え、同市伏木小学校四年の森本結月さんら三人が赤米を献上した。同市の声楽家が家持が越中で残した和歌など三曲を独唱 桜彩る 平安の春遊び 各願寺で曲水の宴:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  水の流れに杯を浮かべ、和歌を詠み合う平安時代の宮中行事を再現した「ふちゅう曲水の宴(えん)」が十六日、富山市婦中町長沢の各願寺で開かれた。桜が舞い散る中、来場者は平安絵巻さながらのみや…

続きを読む

稲沢・屯倉社「御贄祭り」

御贄祭りで祈りの舞奉納 稲沢・三宅小児童:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)  稲沢市平和町下三宅の屯倉(とんそう)社で二十六日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する御贄(おにえ)祭りがあり、地域住民ら約二十五人が参加した。  大鹿吉明宮司(69)や三宅地区の代表者らが地域を数百メートル練り歩き、屯倉社で神事。近くの三宅小学校の児童四人が扇子や鈴を手に舞を奉納した。  屯倉社は津島神社(津島市神明町)に深い縁があるとされ、一行は神事の後、津島神社で野菜や赤飯などを奉納した。「祭り囃子を受け継ぐ保存会が指導者の高齢化などを理由に二年前に解散」 門前仲町エリア、東京マラソンで盛況 富岡八幡宮では神輿で応援 - 江東経済新聞  「東京マラソン2017」が行われた2月26日、門前仲町周辺も盛り上がりを見せた。  10時9分、先頭ランナーの姿を確認するかのように富岡八幡宮前(江東区富岡1)で同神社の巫女(みこ)による「富岡の舞」「浦安の舞」が行われ、ランナーの安全と健闘が祈願された。その後、「深川囃子(ばやし)」、太鼓の演奏の後、同神社神輿(みこし)総代連合会300人が神輿を担ぎ、応援した。神輿は宮本である「富岡一丁目」と「門前仲町一丁目」の2基。コースが変わって八幡様の前を通ることに 長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】早春の城下町「人間ひな」 (2月27日)  ひな人形に扮(ふん)した市民ら約40人が島原市中心部を練り歩く「人間ひな行列」が26日あ…

続きを読む

熱海・湯前神社で湯くみ神事

【社寺】沸出する泉脈に感謝、湯前神社で湯くみ神事 | 熱海ネット新聞 繁栄、健康長寿祈る 熱海発展の起源に感謝―湯前神社例大祭 - 伊豆新聞 間欠泉の湯奉納 熱海発展を願う 湯前神社|静岡新聞アットエス  熱海温泉の守り神として知られる熱海市上宿町、湯前神社(雨宮盛克宮司)の春季例大祭で10日、湯くみ式と献湯祭が行われた。参列者が大湯間欠泉でくんだ温泉を神前にささげ、温泉の恵みに感謝するとともに、熱海温泉の発展と市民の健康長寿を祈った。  同神社奉賛会をはじめ市、市議会、地元町内会、熱海温泉ホテル旅館協同組合婦人部の関係者と熱海芸妓(ぎ)ら約40人が参列した。  大湯間欠泉から湧出した温泉を参列者が順にひしゃくでくみ、湯おけに移すと、雨宮宮司が白磁の瓶子(へいし)につぎ入れた。この後、雨宮宮司の先導で神社に運び、神前にささげた。奈良時代の749年が起源とされる神社 華やかな稚児行列 | 小田原 | タウンニュース  小田原市仏教会では、4月2日(日)に開催する花まつり稚児行列の参加者を募集している。3〜10歳ぐらいの男女が対象。  当日は午前11時に小田原スポーツ会館に集合。記念撮影の後、午後1時に出発し、お堀端通りや銅門特設ステージなど、小田原城周辺を練り歩く(雨天時はコース変更あり)。参加費は一人3千円

続きを読む

伊勢神宮で全国の巫女さんが研修会

全国のみこ「神宮」学ぶ 参拝や講義、研修会開始(伊勢新聞) 【伊勢】全国各地の神社に奉仕するみこたちが神宮について学ぶ研修会が六日、伊勢市の伊勢神宮などで始まった。  全国の神社の若手神職でつくる神道青年全国協議会が、神宮に関わる見識を深めてもらおうと実施。  北海道から宮崎県まで全国の三十四社から、五十四人のみこが参加した。研修は二日間 亀山 みこ姿で児童ら舞奉納 川俣神社で「厄除・長寿祈願祭」(伊勢新聞) 【亀山】亀山市加太板屋の川俣神社(中村嘉孝宮司)は五日、同神社で「厄除・長寿祈願祭」を開いた。  同祭は、古く平安時代から受け継がれている。今年の厄、還暦、古希、喜寿や米寿の人たち約六十人が、昆布、ミカン、スルメ、コメを神に供え、一年の無病息災を祈願した。  中村宮司の献遷の儀で始まり、同市立加太小六年生五人が、緋色袴のみこ装束で、サカキを手に「豊栄の舞」を奉納した。「神殿での舞に緊張したけど、間違えずにうまくできた」 太宰府天満宮巫女ら福岡物産展「来てね」 きょうから東武船橋店 | 千葉日報オンライン  東武百貨店船橋店の40周年記念で開く福岡物産展(8~14日)のPRで、福岡親善大使・岡部のぞみさん(20)と太宰府天満宮巫女(みこ)の横山実優さん(23)が7日、船橋市役所を訪れた。岡部さんは ・・・続きが気になりますが会員限定

続きを読む

伊勢・二見興玉神社で福升の準備

福升:準備、最盛期 伊勢・二見興玉神社 /三重 - 毎日新聞 伊勢・二見興玉神社 福升準備に大忙し 節分祭に向け(伊勢新聞) 【伊勢】二月三日の節分祭に向け、伊勢市二見町江の二見興玉神社で、神職らが福升の準備に追われている。参拝者への授与は節分祭まで。  福枡は、十七センチ四方、深さ九センチ。側面に同神社のシンボル・夫婦岩、縁起物の小づちや赤鬼のほか「家運隆昌 商売繁盛」の文字がある。底にはお多福が描かれている。今月末までに千五百個用意し、五千円で授与 【大槌】安渡公民館再建祝う 町民らが落成式(岩手日報)  震災の津波で全壊した大槌町安渡の町中央公民館(通称・安渡公民館)の落成式は15日、現地で開かれた。住民や内陸避難者約300人が出席し、地域の拠点となる施設の完成を喜び合った。  同公民館運営委員会の岩崎松生実行委員長(70)が「地域の核となる施設が誕生したことは大変喜ばしい。内陸に避難した人たちにも公民館を利用してもらい、情報共有する場所にしてほしい」とあいさつした。【写真=踊りで公民館の落成に花を添える子どもたち】 元旦の神社は大変だったという話 - デイリーポータルZ:@nifty 元旦には神社で初詣をするという人も多いのではないだろうか。 そしてそんな神社の業務、大変そうだとは思うが具体的にどのようなことをしてるか具体的に思い浮かばないという人もいるのではないだろうか。 今回、そんな元旦の神社の巫女さんのお手伝い(アルバイト)を体験す…

続きを読む

伊勢・栄野神社「湯立神事」

伊勢で熱湯を浴びる「湯立神事」 出川哲朗さんやダチョウ倶楽部もびっくり - 伊勢志摩経済新聞 熱湯しぶきで健康祈願 栄野神社で「湯立神事」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  二見興玉神社(伊勢市二見町)の摂社「栄野(えいの)神社」(同)で1月14日、例大祭と「湯立(ゆたて)神事」が行われた。 (中略)  神事が始まると神職らが、束ねたクマザサを煮えたぎる湯の中に入れ、勢いよく左右左に振り上げ、続いて巫女(みこ)が「煮えたぎる 湯玉の露を自らに 受けて清めよ 身の禍事(まがごと)を」の和歌に合わせ、クマザサを振りながら大釜の周りを2周する「湯立舞」を行った。  住民や氏子たちが軽く頭を垂れると、巫女が湯に浸したクマザサを勢いよく振ると、白い湯気が弧を描き境内に参列する人たちの頭や顔に熱湯が直撃する。熱湯を受けた人の中には大きな声を上げる人は誰もいなかった。「熱湯は、熱湯風呂に入ったりするタレントの出川哲朗さんやダチョウ倶楽部メンバーもびっくりするほどの熱さだ。」このくだり必要だったのか… 伊勢神宮の神々が一堂に集まり新年の大宴会を行う祭典「一月十一日御饌」 - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮内宮(ないくう)で1月11日、伊勢神宮の別宮や摂社、末社、所管社の計125社の神々が一堂に集い「新年の大宴会」をするとされる祭典「一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)」が行われた。 (中略)  「小忌衣(おみごろも)」といわれる平安時代の衣装を着け、…

続きを読む

本巣・徳山神社で旧徳山村の元服式

元服式:15歳、気持ち新たに 本巣・徳山神社 /岐阜 - 毎日新聞 15歳りりしく、大人への一歩 岐阜・本巣:一面:中日新聞(CHUNICHI Web) 15歳誇り高く 徳山神社で元服式 - 岐阜新聞 Web 旧徳山村に伝わる伝統の元服式 - NHK 東海 NEWS WEB 岐阜県の旧徳山村では古くから15歳の子どもが大人としての門出を祝う元服式が行われ、昭和62年に廃村になったあとも住民の多くが移り住んだ本巣市の神社で、成人の日にあわせたこの時期に儀式が行われています。 9日は、住民の孫にあたる3人の中学3年生の男女が装束を着て参加し、宮司が祝詞をあげたあとくしやカミソリなどで髪を整える「理髪の儀」と男性にえぼし、女性に冠をかぶせる「加冠の儀」が行われました。 そして最後に笛や太鼓にあわせて獅子が舞う「徳山神楽」を奉納して3人の元服を祝いました。巫女さんが浦安の舞でお祝い 【茨城新聞】1年の招福祈願 水戸八幡宮はねつき神事 水戸八幡宮ではねつき・破魔弓神事 今年1年の除災招福を祈願する新春恒例の「はねつき・破魔弓神事」が9日、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清孝宮司)で開かれた。参拝者らが見守る中、稲の豊凶を占う羽根突きや天下太平を祈り的を射抜く古式礼射などが行われた。同宮、水戸人形組合主催、茨城新聞社後援。 宮司が邪気払いの矢を放った後、かすみがうら市在住の日本画家、飛澤龍神さん揮毫(きごう)の大羽子板を新成人が奉納した。女性神職や巫女(みこ)による羽根突きで稲…

続きを読む