伊勢・猿田彦神社で七五三の準備

子どもの健やかな成長を願って七五三の準備大忙し  三重・猿田彦神社(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース 七五三に向け「お守り笹」準備 伊勢の猿田彦神社 - 伊勢新聞 【伊勢】七五三参りの季節を迎え、伊勢市宇治浦田二丁目の猿田彦神社では、祈祷を受けた子どもらに授与する「お守り笹」の奉製作業が進んでいる。 和紙でできたササは長さ約30センチで、張り子の犬の飾りと千歳あめの袋のほか、男児用に紫、女児用に赤色のお守りを付けている。ササには「真っすぐ育つ」、千歳あめは「長く伸びる」、犬は「元気で活発」と、子どもの健やかな成長への願いが込められている。 先月中旬から、みこたちがササにお守りや千歳あめなどを取り付ける作業を行っていて、今月末までに5千本を準備する。11月15日午前9時からは七五三祭が開かれ、祈祷を受けた子供は福引に参加できるそう 華やか平安装束の女人ら観衆を魅了 嵯峨嵐山で斎宮行列 : 京都新聞 秋空の下 斎宮行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  伊勢神宮へ向かう皇女の道中を再現する「斎宮行列」が21日、京都市右京区の嵯峨嵐山地域であった。地元保存会が毎年催して20回目の節目に、華やかな平安装束に身を包んだ約100人の行列が竹林や渡月橋を歩いた。  斎宮は伊勢神宮へ派遣されて仕えた未婚の皇女。旅立つ前に身を清める潔斎所(けっさいじょ)が野宮神社の近くにあったとされることから、地元の斎宮行事保存会が1999年から実施している…

続きを読む

鈴鹿・椿大神社で七五三祭の準備

七五三祭に向け準備着々 鈴鹿の椿大神社 千歳あめやお守り袋詰め 三重 | 伊勢新聞 - This kiji is  【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、子どもの健やかな成長を祈念する11月15日の「七五三祭」に向け、参拝者らに授与する千歳あめやお守りなど3200袋の袋詰め作業がみこらの手で進んでいる。  13人のみこが交代で、祝い袋に千歳あめや人気キャラクターが描かれた菓子7種を詰め、七五三お守りや同神社オリジナルの「天孫降臨」絵本などの準備をしている。写真【祝い袋に千歳あめなどを詰めるみこら=鈴鹿市山本町の椿大神社で】 崋山神社大祭 | 東愛知新聞  田原市田原町の崋山神社で11日、田原藩家老・渡辺崋山(1793-1841)の遺徳をしのぶ秋の大祭が開かれた。崋山の命日にあたる10月11日に行う行事で、今年生誕225年、没後177年を迎えた。  同町内の城宝寺での墓前祭に続き、同神社で神事が行われた。拝殿では、地元の西﨑里奈さん(25)と加藤史奈さん(24)が平穏を祈る「浦和の舞」を奉納した。浦安の舞のはず…田原市博物館では特別展「渡辺崋山の神髄」が21日まで 【茨城新聞】水戸八幡宮 七五三、総出で準備 「子育て笹」や「千歳飴」 七五三の時節を前に、水戸市八幡町の水戸八幡宮で、子どもたちの無事成長を祈る「子育て笹」と「千歳飴(ちとせあめ)」の準備が進められている。31日までに作業を終える予定で、みこや神職が総出で各2千個の用意に追われている…

続きを読む

静岡・川根本町「徳山神楽」

小中学生、豊穣願う舞 川根本町で「徳山神楽」|静岡新聞アットエス  川根本町の徳山神社で7日、江戸時代から伝わる県指定無形民俗文化財「徳山神楽」が奉納された。徳山古典芸能保存会と徳山区の小中学生13人が、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願い15の舞を披露した。  地元住民が見守る中、衣装に身を包んだ小中学生や保存会員が太鼓や笛の音に合わせて舞った。女子小学生が鈴を手に舞う「四座の舞」では、8人が輪になったり列になったり 伊東市内秋祭り本番 神輿海上渡御 - 伊豆新聞  伊東の秋祭りは7日、市内の多くの地区で本祭りが行われた。呼び物である神輿(みこし)の海上渡御も伊東オレンジビーチで繰り広げられた。夜には、中心市街地で山車が集まり太鼓演奏を競う「伊東温泉さんやれ祭り」が催された。 (中略)  湯川・鹿島神社の秋祭りでは、今年も「浦安の舞」が奉納された。本祭りの7日には、伊東オレンジビーチの特設舞台で舞姫たちが舞い、見物客の注目を浴びた。  今年の舞姫を務めたのは7人の小中学生。7月から稽古を重ねて秋祭りの2日間を交代で舞った。本祭りでの奉納は、神輿の海上渡御の合間に行った。朱色のはかま姿の舞姫たちが、扇舞と鈴舞を優雅に披露した。中学3年生「5年続けて今年が最後。多くの人の支えがあったからできた。達成感があり、舞がとても好きになった」 写真特集|掛川大祭2018(1枚目)|静岡新聞アットエス 優雅に踊りを披露した「浦安の舞」=掛川市街地写真68枚

続きを読む

熱海・湯前神社例大祭

温泉に感謝、 熱海の繁栄願う JR熱海駅前で湯汲み神事/ 湯前神社 | 熱海ネット新聞 盛大に「湯汲み道中」 湯前神社湯まつり―熱海 - 伊豆新聞 繁栄祈り「湯汲み道中」 熱海・湯前神社例大祭|静岡新聞アットエス  熱海温泉の守り神として信仰を集めている熱海市の湯前神社の秋季例大祭が6日、始まった。江戸城へ同温泉の湯を運んだ故事を再現した「湯汲(く)み道中」のパレードや神事を行い、温泉の永続と繁栄を祈った。  JR熱海駅前広場で湯をたるにくみ、道中奉行に扮(ふん)した関係者やみこ姿のミス熱海、献湯みこしを担いだ若衆、熱海芸妓(げいぎ)衆ら計約100人が神社へ向かい、市街地を威勢良く練り歩いた。沿道では多くの観光客や市民が、華やかな行列を見守った。熱海ネット新聞は写真多数 迫力!伝統の流鏑馬 女児の舞も 高知県東洋町の秋祭り|高知新聞  高知県安芸郡東洋町が秋祭りのシーズンを迎えた。先月下旬は甲浦八幡宮で女子児童による浦安の舞、10月7日には野根八幡宮で流鏑馬(やぶさめ)と、恒例の神事がそれぞれ奉納された。  浦安の舞は東洋町甲浦地区の神社の祭りで奉納され、昨年から甲浦小学校の女児5人が踊り手を務める。  甲浦八幡宮では9月29日の宵宮で披露。みこ姿の女児たちは扇子を振るなどして優雅な踊りを舞った。今月20、21日に熊野神社でも奉納 福士蒼汰「自分の映画を見てボロボロ泣いたのは初めて」 ツンデレ猫とヒット祈願:イザ! 福士蒼汰、猫と一緒にご祈祷を受けてヒッ…

続きを読む

掛川大祭で「浦安の舞」奉納

掛川大祭、浦安の舞で開幕 鈴の音響かせ児童が奉納|静岡新聞アットエス  3年に1度の掛川大祭が5日、掛川市中心部で開幕した。7神社の氏子41町の合同例祭で、各町自慢の屋台引き回しや三大余興が繰り広げられ旧掛川城下を祭り一色に染める。  初日は各神社で大祭開幕を告げる神事が行われた。同市下西郷の龍尾神社では、19町の氏子総代や青年役員ら約100人が見守る中、平和を祈る「浦安の舞」が奉納された。  舞ったのは緑町、中町、肴町の3町から集まった小学5年生計8人。7月下旬の夏休みから練習を重ねてきたという。装束に身を包んだ児童は「シャリン、シャリン」と鈴の音を響かせた。午後6時ごろから引き回しに出発 舞姫、祈り込め奉納 藤枝・飽波神社で例祭|静岡新聞アットエス  志太平野最古の社とされる飽波神社(藤枝市藤枝)の例祭の式典が6日、神社で行われた。例祭では浦安の舞や担ぎ神輿(みこし)などが披露され、神社周辺は祭りムードに包まれた。  式典では小学生の女の子たち約20人が舞姫となり、浦安の舞を奉納した。地元の青年たちによる担ぎ神輿も神社を出発し、威勢のよい掛け声とともに地区を勇壮に練り歩いた。7日は神輿渡御が予定されています 浦安の舞継承“4人娘”奮闘 14日小城・牛尾神社で奉納|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  小城市小城町の牛尾(うしのお)神社で14日、秋季大祭(おくんち)が開かれる。6年前に半世紀ぶりに奉納された浦安の舞を継承しようと、地域の小学生たちが…

続きを読む

浜松・五社神社で千歳飴の袋詰め

千歳飴袋詰め本格化 浜松・中区の五社神社|静岡新聞アットエス  11月15日の「七五三」に向けて、浜松市中区の五社神社で千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が本格化している。  5日も朝から巫女(みこ)や神職ら7人が社務所に集まり、縁起物の鶴と亀などがデザインされた袋に紅白の飴を丁寧に詰めた。作業は10月に入ってから始まり、今月中旬までに4千袋が準備される。おはらいを受けた後、販売される。巫女の女性(22)は「健やかな健康を願いながら詰めています。もらった子に喜んでもらいたい」と笑顔を 稲穂の実りに感謝 静岡浅間神社で抜穂祭 静岡・葵区|静岡新聞アットエス  静岡浅間神社は4日、静岡市葵区の神饌田(しんせんでん)で6月に御田植祭で植えた「イセヒカリ」を収穫する「抜穂祭(ぬきほさい)」を行った。  田長を務めた海野定雄さんと刈女役の巫女が小雨の中、こうべを垂らした黄金色の稲穂を丁寧に刈り取った。同神社の神職らが神事を行い、実りに感謝した。稲穂は伊勢神宮に納め、11月の新嘗祭にも奉納する予定。抜穂祭は同区の県護国神社でも行われました 「元気に育て」千歳飴に願い 三嶋大社、七五三向け袋詰め|静岡新聞アットエス  七五三詣でが本格化するのを前に、三島市大宮町の三嶋大社で1日、祈とう者に贈る千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が行われた。  敬神婦人会のメンバーやみこ、神職ら30人が子供たちの健やかな成長に願いを込め、紅白の棒あめを1本ずつ色鮮やかな袋に詰めていった。例年通り1万…

続きを読む

伊豆山神社「十五夜祭」来宮神社「中秋観月祭演奏会」

2神社で中秋の名月行事 中学生が「実朝の舞」―熱海 - 伊豆新聞 伝統行事、献歌と舞で源実朝をしのぶ/伊豆山神社「十五夜祭」 | 熱海ネット新聞 月明かりの下 雅の音色で「十五夜」/来宮神社「仲秋観月祭」 | 熱海ネット新聞  「中秋の名月」の24日夜、熱海市内の伊豆山、来宮両神社で、観月行事が催された。さえざえとした月の明かりの下で市民らが舞や演奏を楽しんだ。  伊豆山神社では同市と伊豆山温泉観光協会が「十五夜祭」を開いた。「第67回源実朝をしのぶ中秋の名月伊豆山歌会」の一環で、本殿前の特設舞台で出席歌人による献歌、地元中学生による「実朝の舞」の奉納などを繰り広げた。 (中略)  西山町の来宮神社では「中秋観月祭演奏会」が社殿前で行われ、幽玄な舞楽や雅楽が詰め掛けた約150人の観衆を魅了した。  中秋の名月に合わせた恒例の祭事。神事を執り行った後、巫女(みこ)と同神社を拠点に活動する大仁雅楽会、地元の琴、尺八奏者らが巫女舞「悠久の舞」、箏曲「遠砧(とおきぬた)」、管弦の「蘇莫者(そまくしゃ)」、舞楽「陵王」などを奉納、披露した。「実朝の舞」は熱海中3年の5人が奉納しました 小豆島の繁栄や平和願い舞奉納 阿豆枳島神社で例大祭 | 香川のニュース | 四国新聞社  小豆島の国魂神(くにたまがみ)を祭る阿豆枳島(あずきしま)神社(小豆島町、森潤宮司)の例大祭が厳かに営まれた。巫女(みこ)の舞や郷土芸能が奉納され、約200人の参拝者が島の繁栄や平和を祈願し…

続きを読む

熱田神宮で七五三の「福笹飴」作り

七五三の「福笹飴」づくり 熱田神宮で2万1千本仕上げ:朝日新聞デジタル 健やかに 願い福笹飴…熱田神宮 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) “七五三”シーズン前に…『福笹飴』づくり 絵馬などついた笹の葉に飴の袋 名古屋・熱田神宮(東海テレビ) 健やか成長願い、七五三の「福笹飴」づくり急ピッチ 熱田神宮 : 中京テレビNEWS  名古屋市熱田区の熱田神宮で11日、七五三用の「福笹飴(ふくささあめ)」作りが行われ、巫女や敬神婦人会の会員ら約100人が、紅白飴の袋に紙製の笹や絵馬をくくりつける仕上げ作業に精を出した。  福笹飴は子どもの健康と成長を願う縁起物。いわゆる千歳飴で今年は計2万1000本を用意するという。11月末までの七五三の参拝者を約28万人と見込んでいます 伊那・吉祥寺で34年ぶり「晋山式」 新しい住職お披露目 | 信濃毎日新聞[信毎web]  伊那市美篶の吉祥寺で9日、新しい住職をお披露目する「晋山(しんさん)式」が34年ぶりにあった。2015年に先代から受け継ぎ、住職となった坂田徹応(てつお)さん(62)が檀家(だんか)や僧侶らを前に式を行った。稚児行列もあり、近くに住む3歳から小学5年生までの43人が鮮やかな衣装で練り歩いた。子供たちは集落を抜けて寺まで500メートルほどを歩きました 優美な演奏や舞披露 富山で雅音楽祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社 優雅な音色にうっとり 県神社庁で音楽祭(北日本新聞)  県神社庁…

続きを読む

静岡県川根本町・藤川大井神社例大祭

地域の平穏祈り「浦安の舞」奉納 川根本町|静岡新聞アットエス  川根本町元藤川の藤川大井神社の例大祭が9日、同所で開かれた。中川根一小の女子児童5人が「浦安の舞」を奉納し、地域の平穏を祈った。  夏休み中から練習に励んできた5人はおしろいを塗ったり、衣装を着込んだりして美しい巫女(みこ)となり、伝統の「扇の舞」と「鈴の舞」を披露。大勢の地元住民が見守る中、優雅に舞った。初めて巫女を務めた2人の女子児童(ともに5年)は「緊張したけれど、うまくできた」と 女子児童が巫女舞奉納 喜多方・三島神社「秋季例大祭」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  喜多方市上三宮町の三島神社秋季例大祭は9日、同神社などで行われた。地元住民が代々守り続けている太々神楽を奉納し、女子児童が巫女舞を演じた。  同神社で神事を行った後、住民が神輿(みこし)を担いで地区内を練り歩き、太鼓台が運行した。夜に同神社の神楽殿で行う「上三宮三島神社の太々神楽」は県指定無形民俗文化財で、江戸時代の古い囃子(はやし)の形を残している貴重な民俗芸能。「岩戸開き」など12座を約2時間かけて奉納

続きを読む

静岡駅で中学生が「羽衣の舞」披露

中学生巫女「羽衣」舞う 静岡、秋のイベントをPR|静岡新聞アットエス  羽衣の舞保存会(桜田芳宏会長)は29日、10月6日に行われる「羽衣まつり」のPRイベントをJR静岡駅北口広場で開いた。同会会員の静岡市立清水第五中の1年生4人が巫女(みこ)舞「羽衣の舞」を披露した。  4人は楽人の演奏に合わせ、扇や鈴を使い優雅に舞った。生徒の一人「緊張したが、拍手をもらえてうれしかった。祭り当日も、受け継がれてきた伝統を感じてほしい」 釜の湯振りまき、無病息災祈る 大津・唐崎神社「みたらし祭」 : 京都新聞  半年間のけがれを払い、健康を願う「みたらし祭」が28日、大津市唐崎1丁目の唐崎神社であった。台風12号の接近により、湖上焚き上げ神事など夜の行事は中止となったが、日中の湯立神楽神事や茅の輪くぐりは無病息災を願う参拝者でにぎわった。  「夏越(なごし)の祓(はらえ)」とも呼ばれる風物詩で、琵琶湖沿いの境内に設けられた茅の輪を地元の家族連れやお年寄りがくぐり抜けた。【写真】みたらし祭の湯立神楽で釜の湯をササで振りまく巫女 温泉街で伝統の舞披露 鹿角市、湯瀬神明社例祭【動画】|秋田魁新報電子版  温泉郷として知られる秋田県鹿角市八幡平の湯瀬地区で15、16日、湯瀬神明社の例祭が行われ、地元の子どもたちが先祓舞(さきばらいまい)を披露した。  16日は午後2時ごろ、華やかな衣装に身を包んだ小学生から高校生までの踊り手14人が、みこしを先導する形で神明社を出発。太鼓、か…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社で毎月23日限定の特別朱印

伊勢・二見興玉神社で毎月23日限定の朱印 昭和初期のものを復刻 - 伊勢志摩経済新聞  二見興玉神社(伊勢市二見町)が7月23日から、毎月23日限定の特別朱印を授与する。  伊勢神宮を創建した倭姫命(やまとひめのみこと)が、あまりの景色の美しさに2度見をしたから「二見(ふたみ)」と地名が付けられたと言い伝えられている同地。同神社では、同地の地名にあやかり、毎月23日を「ふたみの日」と位置づけている。  23日限定の朱印は、同神社が昭和初期まで使用していた朱印の復刻版。2016年に社務所を建て替えた際に、当時授与していた朱印を押した古い紙が偶然見つかり、それを元に忠実に再現して復刻させた。同神社の猿田彦大神の使いとされるカエルなど 古式ゆかしく稚児田楽 御宝殿熊野神社の例祭 | 県内ニュース | 福島民報 五穀豊穣願い「稚児田楽・風流」奉納 いわき・御宝殿熊野神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  いわき市錦町の御宝殿(ごほうでん)熊野神社の例祭は16日、同神社境内などで行われ、国指定重要無形民俗文化財「稚児田楽・風流(ふりゅう)」が奉納された。  稚児田楽は五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えから収穫までの農耕神事を儀式化したもので、子どもによる田楽は全国でも珍しいという。児童8人が舞いました 山口祇園祭始まる | 宇部日報社 このまちメディアWeb 山口市上竪小路の八坂神社(小方礼次宮司)で20日、山口祇園祭が始まった。境内では…

続きを読む

熱海・来宮神社例大祭

宮神輿威勢よく練る 来宮神社例大祭2日目―熱海 - 伊豆新聞 御旅所で「浦安の舞」 熱海市民の健康祈願/来宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 平成最後の神女神楽 優雅な舞、市民に披露/来宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 奉納へ総仕上げ、「神女神楽」「浦安の舞」通し稽古/来宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 来宮神社例大祭で熱海の平穏を祈る「浦安の舞」を奉納する4人が7月16日、渚小公園に設けられた御旅所で、女子児童4人市民に舞を披露した。舞を披露したのは、いずれも第一小学校6年の荒牧ありすさん、市来さくらさん、藤間彩羽さん、森田葉名さん。紅白のみこの衣装に身を包み、扇子や鈴を手にい息を合わせ、優雅に舞った。猛暑の中お疲れ様でした 装束華やか 笑顔の稚児行列 深浦・円覚寺:どうしん電子版(北海道新聞) 円覚寺の本尊開帳告げる稚児行列/深浦 by 陸奥新報  33年に1度の本尊ご開帳を17日に控える青森県深浦町の春光山円覚寺で16日、伝統行事の「稚児行列お練り供養」が行われた。古式ゆかしい装束の子どもたちや保護者、僧侶ら約300人が町中心部を練り歩いた。  円覚寺は807年に建立され、北前船の船主らの信仰を集めた県内屈指の古刹(こさつ)。無病息災や子どもの健やかな成長を願う稚児行列は、本尊ご開帳に先立ち6年ぶりに開催された。優美な衣装に身を包んだ園児や児童ら約100人が町内外から参加。僧侶たちがホラ貝を吹きながら行列を先導し町役場前から円覚寺までの約1.2キロを進み、沿道…

続きを読む

熱海・来宮神社で「神女神楽」「浦安の舞」の稽古

来宮神社例大祭へ稽古大詰め 「神女神楽」「浦安の舞」―熱海 - 伊豆新聞  熱海市西山町の来宮神社の例大祭(14~16日)が間近に迫り、同神社で「神女神楽(みこかぐら)」と「浦安の舞」の稽古が大詰めを迎えている。神女、舞姫はそれぞれ、関係者が見守る中で、所作の一つ一つを確認している。13日に総練習を行い、15、16日に同神社などで奉納する。神女神楽の奉仕者は小学1年生、舞姫はいずれも6年生 会津農林高生ら五穀豊穣祈る「早乙女踊り」 会津坂下で御田植祭:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  会津三大御田植祭の一つ会津坂下町の栗村稲荷神社御田植祭は7日、町中心部で行われた。会津農林高の生徒らが田植え姿で「早乙女踊り」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願した。  早乙女踊りは後継者不足で一時中断したが、2005(平成17)年に町内の女性たちの手で復活。現在は町の保存会と会津農林高の女子生徒による早乙女踊り保存クラブが伝統を継承している。生徒25人と保存会の女性が5カ所を巡り、踊りを披露 【祇園祭】綾傘鉾の稚児6人が社参の儀 八坂神社 「かっこよく歩きたい」 - 産経WEST  祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行を17日に控え、綾傘(あやかさ)鉾の主役ともいえる稚児6人が、京都市東山区の八坂神社で「社参の儀」に臨み、祭りの無事を祈願した。紹介済みです

続きを読む

亀山・川俣神社例祭で「豊栄の舞」奉納

例祭で安全祈願 亀山の川俣神社 小6女児が舞奉納 三重 - 伊勢新聞 【亀山】三重県亀山市加太板屋の川俣神社(中村嘉孝宮司)は1日、同神社で夏の神事「例祭」を実施した。氏子総代や地域住民ら20人が五穀豊穣、家内安全を祈願した。 夏の同祭は昔、麦の収穫を祝う神事として盛大に開いていたが、近年は、地元の市立加太小学校の6年生女子が緋色袴のみこ装束で「浦安の舞」と「豊栄の舞」を奉納するようになった。 この日は、6年生女子6人がサカキを手に「豊栄の舞」を奉納した。「緊張したが最後まで踊れてよかった」 茅の輪くぐり息災祈る 常陸太田・若宮八幡宮 「鶴子舞」も披露 - 茨城新聞クロスアイ 常陸太田市宮本町の若宮八幡宮(和田忠彦宮司)で6月30日、伝統的な神事「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)式」が行われ、氏子など地域の人々が、無病息災などを願った。 氏子らは、紙の人形(ひとがた)に息を吹け掛けるなどしてけがれを移し、境内に設けられた直径約2メートルの茅(ち)の輪を8の字に回りながらくぐり抜け、身をはらい清めた。また、古式ゆかしい巫女(みこ)姿の小学生と高校生計4人が、約600年前に鶴岡八幡宮から伝わったとされる「鶴子舞(つるこまい)」を奉納した。茅の輪は7月8日まで設置 「早乙女」姿で田植え 喜多方の慶徳稲荷神社 | 県内ニュース | 福島民報  喜多方市慶徳町の慶徳稲荷神社「お田植え祭り」は半夏生(はんげしょう)の二日、会津三大御田植祭りのトップを切って同神…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社「郷中施」

二見興玉神社で「津波の教訓」後世に なぜキュウリ、ミル、ナス、マツナ供えるのか - 伊勢志摩経済新聞 津波の教訓を伝える「郷中施(ごじゅうせ)神事」 三重・伊勢市 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  二見興玉神社(伊勢市二見町)の境内社「竜宮社」で6月28日、津波の教訓を後世に伝える祭典「郷中施(ごじゅうせ)」が執り行われた。  旧暦の5月15日に毎年行われる「郷中施」は、1792年5月15日にこの地区を大津波が襲い、民家約20戸が流されるなど大きな被害を受け、同神社の氏子らが隣人同士助け合い施し合って水難を克服したことから、過去の大災害の教訓をいつまでも忘れないように、犠牲者の供養と再び災害が起こらないよう祈るもの。綿津見大神(わたつみのおおかみ)を祭る竜宮社の例祭でもある。「(大津波を)急に(キュウリ)、見る(ミル)な(ナス)、待つな(マツナ)」の語呂合わせ ホタル舞う伊勢神宮で「月次祭」 黒田清子神宮祭主、五穀豊穣祈る - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮125社で6月15日から、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「月次祭(つきなみさい)」が執り行われている。25日まで。  毎年6月と12月の「月次祭」と10月の「神嘗祭(かんなめさい)」を合わせて「三節祭(さんせつさい)」とよぶ。伊勢神宮の年間1500以上の祭典の中で最も重要な祭典と位置付けている。15日の外宮の由貴夕大御饌では雨が降りました 東京・文京区あじさい祭り 白山神社で女学生の筝…

続きを読む

伊勢神宮「延寿大々神楽」

長寿祈願で杖贈式 伊勢神宮で延寿大々神楽 三重 - 伊勢新聞 伊勢神宮から120センチのヒノキの杖 今年80歳になった高齢者1362人に - 伊勢志摩経済新聞 伊勢神宮でお年寄りの長寿と健康を祈願する「延寿大々神楽」 神宮林の檜製の杖も贈呈 - FNN.jpプライムオンライン  伊勢神宮は5月30日・31日の2日間、伊勢市内に住む数え歳で80歳以上の高齢者(対象者=1万5989人)を招待し、長寿と健康を祈願する「延寿大々神楽(えんじゅだいだいかぐら)」を行った。 (中略)  初日の30日は、あいにくの雨にもかかわらず約300人の高齢者が伊勢神宮を訪れた。神楽殿では「倭舞(やまとまい)」「人長舞(にんじょうまい)」「蘭陵王(らんりょうおう)」の神楽を奉奏し長寿を祈願した。対象の高齢者にはその後、お守り、紋菓、湯飲みの記念品が贈られ、さらに今年80歳を迎える1940(昭和15)年生まれの高齢者(対象者=1362人)には、御用材のヒノキでできた延寿杖(えんじゅつえ)も贈られる。今年でちょうど70回目を迎えます 日田の本格復興に弾みを 「川開き観光祭」開幕 安全とにぎわい祈念 多彩なイベントで「水郷」満喫 [大分県]|【西日本新聞】 日田川開き観光祭開幕 「復興」願い込め - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  水郷に夏の訪れを告げる「第71回日田川開き観光祭」が26日、日田市中心部や三隈川河畔で始まった。27日まで。昨年7月の福岡・大分…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社「藻刈神事」

神石の霊草刈り取る 伊勢の二見興玉神社で「藻刈神事」 三重 - 伊勢新聞 伊勢・二見興玉神社の夫婦岩沖合で神事 宮司が船に乗り藻を刈る - 伊勢志摩経済新聞 不浄はらうアマモ刈る 二見興玉神社が藻刈神事:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 三重)伊勢・二見浦沖で藻刈神事:朝日新聞デジタル 夫婦岩沖合のご神体で藻刈神事 三重県伊勢市 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ 神主らが船に乗り込み…お守りにする“アマモ”を刈る『藻刈神事』 三重・伊勢市 夫婦岩沖(東海テレビ)  二見興玉神社(伊勢市二見町江)の夫婦(めおと)岩の沖合で5月21日、海中のアマモを刈り取る特殊神事「藻刈神事(もかりしんじ)」が行われた。  藻刈神事とは、夫婦岩の沖合約770メートル先の海中に鎮座する猿田彦大神ゆかりの興玉神石(おきたましんせき)に生えるアマモを刈り取る神事で、刈り取ったアマモを天日に干し、「無垢塩草(むくしおくさ)」として同神社のおはらい時に使う「祓具(はらいのぐ)」やお守り「無垢塩草」(200円)にする。どの写真も巫女さんが遠い… 伊勢山皇大神宮 神楽殿で例祭 本殿建替え工事進む | 中区・西区 | タウンニュース  西区の伊勢山皇大神宮(池田正宏宮司)で5月15日、例祭が行われた。  神社の祭典のなかで最も重要とされる例祭。今年は創建150年記念事業の本殿建替え工事の関係で、仮殿となっている神楽殿で執り行われた。舞姫2人が「浦安の舞」を優…

続きを読む

熱海・来宮神社大楠祭

神木に感謝、舞奉納 来宮神社大楠祭―熱海 - 伊豆新聞 ご神木「大楠」に感謝 樹齢2100年の生命力に長寿願う/来宮神社・大楠祭 | 熱海ネット新聞 来宮神社のご神木「大楠」そばの高台にある「大楠・五色の杜」で5月5日、大楠祭が齋行され、長寿や熱海市の繁栄を願った。雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、巫女(みこ)が早神楽に続いて「大楠の舞」を奉納。参列者が玉串を捧げた。大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなん30年ほど前につくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と歌、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)に合わせて優雅に舞った。この舞は、大楠が新葉を付け、もっとも生命力に満ちあふれる5月5日にだけ捧げられる。「パワースポット」として全国に知れ渡り、年々、参拝者が増加 <全文>津波避けた神に感謝 鹿島神社で明神祭/AGARA 紀伊民報 みなべの鹿島神社で明神祭 - 日高新報 Web Hidaka  みなべ町埴田、鹿島神社(亀井隆行宮司)で3日に明神祭が行われ、江戸時代の津波被害を最小限に抑えてくれた鹿島に感謝をささげた。  言い伝えによると、南部湾に浮かぶ鹿島に鎮座する大明神が江戸時代1707年の宝永の大地震と1855年の安政の大地震で発生した大津波を2つに分けて被害を抑えたという。ことしも当初は鹿島に渡って神事を行う予定だったが、波が高かったため同社本殿で行わ…

続きを読む

飛騨神岡祭

飛騨神岡祭、華やかに 700人の渡御行列:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)  飛騨市神岡町の春を彩る飛騨神岡祭が二十八日営まれ、七百人の行列が平安絵巻さながらに町中心部を練った。  地元の大津神社、白山神社、朝浦八幡宮の合同例祭。高山祭や古川祭とともに飛騨三大祭に数えられる。  昼は神様を町に迎える渡御(とぎょ)行列があった。晴天の下、大津神社を出発。みこし、華やかな舞姫、獅子舞、かねを打ち鳴らす闘鶏楽、おはやしの子どもら数百メートルにおよぶ行列が約一キロを練り歩いた。浦安の舞のようです 福井)子どもたちが神楽奉納 小浜・若宮八幡神社:朝日新聞デジタル  小浜市谷田部の若宮八幡神社で29日、春の本祭礼があり、地元の子どもたちが神前神楽「浦安の舞」を奉納した。口名田小学校の児童、小浜第二中学校の生徒でつくる「口名田子ども語り部会」が催し、舞を紹介する語りや唄、指揮も子どもたちが担当した。  舞には11人が参加。6年生の女子児童が、白衣に朱色のはかま姿の「舞姫」として登場し、扇を手にした「扇の舞」と、鈴を手にした「鈴の舞」の二つの演目を優雅に舞った。紹介済み hibakama / 緋袴白書RT @obama_city: 『心の平穏祈る 浦安の舞』4月29日(日・祝)に、若宮八幡神社(谷田部)で春の本祭礼が執り行われ、「浦安の舞」が奉納されました。https://t.co/oHxlZGl0fR https://t.co/4xUGzJd5to at …

続きを読む

伊勢神宮で春季神楽祭

伊勢神宮:新緑と古代絵巻 神楽祭、参拝客を魅了 - 毎日新聞 13年ぶりに「北庭楽」披露 伊勢神宮で春季神楽祭 三重 - 伊勢新聞 【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮で28日、春季神楽祭が始まった。爽やかな青空の下、内宮神苑の特設舞台では13年ぶりの公開となる舞楽「北庭楽」(ほくていらく)など、4曲が披露された。 舞台をはらい清める「振鉾(えんぶ)」で始まり、亭子院の御代(第59代宇多天皇・在位887―897)に平安京の宮城内、不老門の北庭で作ったと伝わる「北庭楽」を披露。鮮やかな紅色を基調にした衣装に鳥かぶとをかぶった4人の舞人が、笙や太鼓などみやびな音色に合わせて華麗に舞った。 春の花園でチョウが舞い遊ぶ情景を表現した「胡蝶(こちょう)」では、もえぎ色の衣装に極彩色の大きなチョウの羽を背負った舞女4人が、山吹の花を手に華やかな舞を見せ、大勢の参拝客らを魅了した。30日まで。舞楽の公開は午前11時と午後2時の2回 #伊勢神宮 #神宮 #神社 #心のふるさと #内宮 #神楽祭 #胡蝶 #舞楽 #神楽 #雅楽 #ISEJINGU #JINGU #SOUL_of_JAPAN #Japan #Jinja #Shinto #Naiku #Kagurasai #Kagura #Gagaku 伊勢神宮 / ISE-JINGUさん(@isejingu.official)がシェアした投稿 - 2018年 4月月27日午後7時00分PDT 神明宮春季大祭で古式ゆかしく三条神楽を…

続きを読む