草津温泉感謝祭

女神降臨 名湯に感謝 草津温泉|社会・話題|上毛新聞ニュース  草津の夏の風物詩、草津温泉感謝祭が1日夜、湯畑周辺を主会場に始まった。町民から選ばれた温泉女神が感謝の祈りをささげると、観光客でにぎわう温泉街は厳かな雰囲気に包まれた。2日まで。  第74代温泉女神の中沢ちひろさん(25)がみこを従えて登場する「女神降臨」で開幕。草津を代表する4源泉の湯を組み合わせる「源泉お汲くみ合わせの儀」や、女神が湯を分け与える「分湯の儀」=写真=などが行われた。一応巫女さんということで… たまゆらフェスタ:来て メーカー50社展示会 来月・大阪 /大阪 - 毎日新聞  来月12日に大阪市北区のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)で開催される「たまゆらフェスタ2019~つなぐ、つながる、ヒト、モノ、未来」(毎日新聞社など後援)をPRするキャラバン隊が2日、日本国際博覧会協会(大阪市住之江区)や毎日新聞大阪本社(同市北区)を訪れた。「枚方えびす祭」の福娘3人 hibakama / 緋袴白書RT @expo2025_japan: 今日は、協会が後援する事業の関係で事務局に枚方えびす福娘さん達がやってきました!これで2025年の万博も千客万来?!フォロワーのみなさんにも、福のお裾分けがありますように✨#expo2025 https://t.co/EItg4w17… at 08/03 22:55

続きを読む

大山阿夫利神社で高校生が「神教歌舞」奉納

中興の祖をしのぶ 大山阿夫利神社で高校生が神楽舞 | 話題 | カナロコ  伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局で8日、「大山近代の祖」と呼ばれる初代宮司の権田直助(1809~87年)と歴代宮司を慰霊する「権田祭」が行われた。子孫や地元旅館組合など約40人が出席する中、権田の作と伝わる「神教歌」が地元高校生によって奉納された。  神社によると、埼玉出身の権田は医者、国学者、神道家、歌人などさまざまな顔を持ち、神仏分離後の混乱期にあった1873(明治6)年に初代祠官(しかん)に迎えられ、大山信仰の発展に尽くした。慰霊祭は命日に当たる6月8日に毎年行われている。高校2年生の二人 早乙女姿で手植え 宮崎神宮御田植祭 - Miyanichi e-press 宮崎神宮で御田植祭(MRTニュース) - MRT宮崎放送 宮崎市の宮崎神宮で御田植祭がありました。宮崎神宮の御田植祭は、一時、途絶えていましたが、日本の稲作文化を受け継ぎ、地域活性化につなげようと、2009年に39年ぶりに復活して以降、毎年、行われています。8日はまず、神事があり、今年の五穀豊穣を祈願した後、早乙女姿に扮した宮崎農業高校の女子生徒8人と、地域住民らが御新田に入り、ヒノヒカリの苗を丁寧に植えていきました。(参加した高校生・3人)「緊張したけど楽しかったです」「こけそうになって、ちょっと大変だったけど最後までやり遂げてよかったです」「いいお米がたくさん育ってほしいです」 豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植…

続きを読む

横浜・伊勢山皇大神宮例祭

港の発展を祈願 伊勢山皇大神宮例祭 | 話題 | カナロコ  横浜市民の安心や安全、港の発展を祈念する「例祭」が15日、横浜市西区の伊勢山皇大神宮で執り行われた。約260人の参列者が神職から受け取った玉串を神前に納めた。  祭事は、1870(明治3)年の創建日にちなみ、毎年催されている。拝殿では、きらびやかな衣装に身を包んだ巫女(みこ)による「浦安の舞」が奉納され、参列者たちも静かに見守った。来年は創建150年を迎えるとのこと 五段神楽の楽人に協力隊男性 白鳥・石徹白で19日奉納:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)  郡上市白鳥町石徹白の白山中居(ちゅうきょ)神社で十九日開かれる春季例大祭に向け、石徹白小学校の女子児童二人が舞う「五段神楽」の練習が続けられている。今年は神楽を演奏する楽人(がくじん)に、福島県から移住してきた地域おこし協力隊の男性が仲間入りした。平安時代以前に起源をさかのぼるとされる神楽は、新しい住民の力も借りて大切に守られている。  石徹白は岐阜、福井県境に広がる人口約二百五十人の静かな山里。五段神楽は鳶(とび)の舞、二人舞など五曲があり、三十分ほどかけて奉納される。神楽を舞う姉巫女(みこ)は四年黒木美佐さん(10)、妹巫女は三年石徹白芽依沙さん(9つ)で、当日は赤地に金襴(きんらん)の衣装で神前に立つ。扇や鈴を手に舞った黒木さんは「演奏に合わせるのが難しい。音に気をとられると失敗します」と 三条祭りを締めくくる雅な太々神楽(ケンオー・…

続きを読む

日光二荒山神社・八乙女見習いの研修

栃木)八乙女見習いの研修に3人が挑戦 日光二荒山神社:朝日新聞デジタル  世界文化遺産の一つ栃木県日光市山内の日光二荒山神社で、4月に奉職する八乙女(やおとめ)と呼ばれる巫女(みこ)3人の見習い研修が始まっている。来月1日には入社式に当たる「間政(あいまさ)授与式」が行われ、神楽舞を披露する。  真新しい白衣と朱色の緋袴(ひばかま)を身につけ、両手に鈴と扇を持ちながら真剣に舞の稽古に励むのは、この春、日光明峰高校を卒業したばかりの印東舞奈(いんどうまな)さん(18)ら3人。印東さん「実際には想像したより厳しい。でもやりがいがある」 磯部の力宿す手踊り 津波被災地の相馬で12年に一度の遷宮祭 | 福島民報 相馬 磯部で震災後初の遷宮祭|NHK 福島県のニュース  東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた相馬市磯部地区にある稲荷寄木金毘羅(いなりよりきこんぴら)神社で三十日、十二年に一度の遷宮祭が始まり、子どもたちが伝統の手踊りを奉納した。地区の人口が減少し実施が危ぶまれたが、住民が協力して準備した。津波被害を乗り越えて催された祭りで地域に笑顔が広がった。  磯部地区は津波で多くの住民が亡くなり、一部集落は消失した。衣装や道具も被災したが、伝統芸能を絶やすまいと日本財団の補助を受けて新調した。昨年十一月から踊り手も募り、地区の二団体に児童と園児合わせて三十四人が集まった。  子どもたちは冷たい雨の中、元気に手踊りを奉納した。手踊りを披露した小学生の女の子「大勢の人が…

続きを読む

大田原・正浄寺で児童らが雅楽奉納

児童ら、伝統の調べ受け継ぐ 正浄寺で雅楽奉納 大田原【動画】|県内主要,地域の話題,動画|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) お彼岸に児童らが雅楽奉納 大田原  春の彼岸の中日に当たる21日、大田原市佐久山の正浄寺で県無形民俗文化財の「正浄寺の雅楽」が奉納された。同市佐久山小雅楽部も奉納演奏に参加した。  「正浄寺の雅楽」は江戸時代末期には存在したとされ、現在は檀徒(だんと)有志でつくる保存会(山口芳史(やまぐちよしふみ)楽長)が継承する。若い世代にも引き継ごうと、同寺の西山良智(にしやまりょうち)住職が児童たちに指導している。  彼岸の法要が行われたこの日、古式ゆかしい衣装に身を包んだ保存会員8人と3~6年生の児童13人が、念仏の前後に笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)などを演奏し、堂内に厳かな調べが響き渡った。今回が最後の参加となった6年生(12)「この地域ならではの貴重な体験ができた。後輩たちにも伝統を引き継いでいってほしい」 わかやま新報 » Blog Archive » 地域の平穏祈る 和歌浦天満宮で春季例大祭 和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市和歌浦西、小板政男宮司)の春季例大祭が25日に行われ、神楽の奉納や祝詞の奏上など厳かな神事で地域の平穏無事を祈った。 同宮の春季例大祭は、祭神である菅原道真公の命日(旧暦2月25日)に近いこの時期に毎年行われており、今回は氏子や地域住民ら約30人が参列した。 曇天ながら時…

続きを読む

神奈川県二宮町・川勾神社節分祭で大学生が巫女に

大学倶楽部・産業能率大:学生3人が巫女として節分祭に参加 連携協定の神奈川県二宮町・川勾神社で - 毎日新聞  2月3日の節分にあわせ、相模国二之宮として知られる神奈川県二宮町の川勾(かわわ)神社で開かれた節分祭に、産業能率大学の学生3人がみことして参加し、参拝客へ豆まきをした。  同大は同町と2017年に連携・協力に関する協定を締結。今回は地域振興活動の一環として参画した。「初めて神殿での神事を体験し、伝統を学ぶ良い機会でした」など 茨城)「ミヤチ」の宮地選手が必勝祈願 筑波山神社 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル  鉄棒の妙技「ミヤチ」で知られ、東京五輪出場への期待が高まる体操選手の宮地秀享(ひでたか)選手(24)が29日、茨城県つくば市の筑波山神社に参拝し、必勝を祈願した。  宮地選手は、筑波大卒業生の体操選手でつくる「茗渓クラブ」に所属。現在、同大大学院の修士課程に在籍し体育学を学ぶ。数日後には修士論文の発表を控えているという。見守る巫女さん 志摩の「楠の宮(楠御前八柱神社)」例祭 ヤマトタケルの姉祭る - 伊勢志摩経済新聞  ヤマトタケルの姉に当たる第12代景行天皇の第7皇女「久須姫命(くすひめのみこと)・五百野皇女(いおののひめみこ)」を祭る「楠御前八柱神社(くすごぜんやはしらじんじゃ)」(志摩市浜島町南張)で2月26日、例祭が行われた。 (中略)  昨年7月1日に中村昌司さんが宮司…

続きを読む

勝浦「かつうらビッグひな祭り」成功祈願祭

千葉)かつうらビッグひな祭り始まる 房総に春を告げる:朝日新聞デジタル 見上げたひな壇 勝浦で祭り開幕 : 地域 : 読売新聞オンライン  房総に春を告げる、千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」が22日始まった。市芸術文化交流センター「キュステ」など市内の各所に計3万体のひな人形が飾られた。3月3日まで。  市内中心部にある遠見岬(とみさき)神社では60段の石段に、約1800体のひな人形が飾られた。午前9時15分から、成功祈願祭があり、巫女(みこ)の小林真琴さん(32)による豊栄舞(とよさかのまい)が披露された。小林さん「訪れた人が、温かく幸せな気持ちになってくれればと願って舞いました」 おひなさまに感謝 川勾神社でお焚き上げ | 大磯・二宮・中井 | タウンニュース  二宮町の川勾神社で、おひなさまのお焚き上げが2月12日に行われ、思い出がつまったひな人形を奉納した人や参拝者などが人形を見送る神事に立ち会った。  9日から12日まで開催された「雛の吊るし飾り」展に合わせて、各家庭から納められた9組のおひなさまが境内の神楽殿に並んだ。最終日、宮司によるお清めと祝詞の奏上があり、感謝の気持ちを込めてひな人形が一つずつ浄火にくべられた。拝殿にも段飾りのおひなさまと吊るしびなが飾られました 今回はスイーツ強化 富山大和で「大九州展」(北日本新聞)  福岡県を中心に九州7県の人気物産が並ぶ「大九州展」が21日、富山大和で始まり、目当ての商品を買おうと、大勢の…

続きを読む

首相官邸で「久留米つばき」贈呈

首相「官邸が華やかに」 ツバキの鉢植え贈呈で - 読んで見フォト - 産経フォト 久留米のツバキに笑顔=安倍首相(時事通信) - Yahoo!ニュース  安倍晋三首相は19日、福岡県久留米市の神社「水天宮」の権宮司、真木啓樹さんらと官邸で面会し、同市特産のツバキの鉢植えの贈呈を受けた。首相はピンク色のツバキの花を観賞しながら「官邸も大変華やかになった」と笑顔をみせた。「ツバキの中国向けの輸出も増えて、いいことばかりだ」とも述べ、政府が注力する農林水産品の輸出増もアピールした。水天宮の巫女さんらが同席 hibakama / 緋袴白書RT @kantei: 《総理の動き》本日(2月19日)安倍総理は官邸で久留米つばきの贈呈を受けました。https://t.co/yoUnW3kXJY https://t.co/hba1U1sGFn at 02/20 17:10 西大寺会陽、福男に祝儀や証書 観音院で「諸礼」: 山陽新聞デジタル|さんデジ  西大寺会陽で宝木(しんぎ)を獲得した福男に祝儀や証書が贈られる「諸礼」が19日、岡山市東区西大寺中、西大寺観音院であった。  坪井綾広住職、祝い主を務めた旭電業(同市南区西市)の松岡徹社長、山陽新聞社(同市北区柳町)の松田正己社長ら関係者約30人が出席した。  本堂で読経した後、客殿での宝木納めの儀式に移った。礼法にのっとり、みこが昆布や、干し柿などの縁起物を出席者に勧める「三宝の儀」に続き、2組の福男に祝い主から祝儀が贈られ、…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が安倍首相を表敬

平成31年2月14日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 平成31年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 安倍晋三首相(中央)は14日、梅の名所で…:「梅の使節」が安倍首相を表敬:時事ドットコム 安倍晋三首相(中央)は14日、梅の名所で知られる太宰府天満宮の西高辻信良宮司ら「梅の使節」の表敬を首相官邸で受けた。紅白の梅の盆栽を贈られた首相は「いい香りだ。満開ですね」と笑顔を見せた。今年は記事が少ない… hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 春の訪れを一足早く告げる梅の使節が、昨日首相官邸を表敬訪問いたしました。お届けした「思いのまま」と「一重寒紅(ひとえかんこう)」という品種の梅鉢に、安倍首相は「いい香り」と笑顔を浮かべていらっしゃいました。#太宰府 #太宰府天満宮… at 02/15 17:45 初えびす:みんなでつなぐ、地域の伝統 チビっ子福娘活躍 宇陀松山恵毘須神社 /奈良 - 毎日新聞  歴史的な町並みが残る「宇陀市松山」にある宇陀松山恵毘須(えびす)神社で11日、「初えびす」が開かれた。伝統の祭りを去年から地元の下本(しもほん)自治会や商工会青年部のメンバーらで作る実行委員会が引き継ぎ、今回が2回目。小学生らが地域に繰り出して元気を振りまいた。  子供たちは、みこ装束や法被姿などで参加。女子児童が10代~20代の福娘と一緒に「チビっ子福娘」として縁起物の吉兆を販売した。偉いですね

続きを読む

水戸八幡宮で節分準備

節分準備大忙し 水戸八幡宮 | きたかんナビ 3日の節分を控え、県内の神社や寺院は節分祭の準備に追われている。水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清敬宮司)では、みこたちが福豆を升や袋に詰める作業に精を出した。 みこたちは手際よく、福豆とお守りを升に入れたり、袋詰めしたりするなど準備。福升は約千個、袋は約5千袋用意するという。節分追儺(ついな)式は3日午後0時半、同3時、同5時半、同8時の計4回 子ども雅楽、11人披露 法泉寺で「越天楽」など|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  有田町上本村の法泉寺(桃谷法信住職)で12日夜、子ども雅楽が披露された。地元の園児から中学3年までの11人が、笙(しょう)や篳篥(ひちりき)などの雅楽器を演奏。集まった門徒や地域住民らが聴き入った。  法信住職の曾祖父で3代前の自牽住職は、明治時代に地元で本村雅楽を創始し、周辺地域にも雅楽を広めた。その一つで、長崎県佐々町に伝わる神田雅楽の一行が2002年春、同寺を訪問し雅楽器を寄贈。これを機に子ども雅楽団が結成され、大正時代ごろには途絶えていた本村雅楽が復活、継承されることになった。中学3年生(14)は「伝統が途絶えないよう、この先も受け継いでいってほしい」と 春の例祭、神楽を奉納 静岡・御嶽神社|静岡新聞アットエス  静岡市葵区横沢の御嶽神社の春の例祭で13日、安倍川や大井川などの流域集落に伝わる郷土芸能「神楽」が奉納された。  地元の「横沢神楽保存会」(江川進会長)…

続きを読む

小山市寒川地区で「花桶かつぎ」

晴れ着姿 幸振りまく 寒川地区で「花桶かつぎ」 小山|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  小山市寒川地区の伝統行事「花桶(おけ)かつぎ」が26日夕、行われた。晴れ着姿の稚児4人が色鮮やかな手作りの造花を飾ったおけを携え、ちょうちんやみこし、屋台を引き連れて地区内を練り歩いた。  五穀豊穣(ほうじょう)や村内安全を願う祭礼で、数え年7歳の女児らがみこしの先導役を担う。一行は龍樹寺でおはらいを受けて出発。日が暮れて寒風が吹く中、地元の集落を巡り、天満宮をまつる胸形神社へ向かった。地域住民でつくる「寒川の花桶かつぎ保存会」が約20年ぶりに「天満宮祭典歌」を復活 子ども100人のパワー全開 花巻・東和、踊りや神楽披露 | 岩手日報 IWATE NIPPO  花巻市東和町の子どもたちが郷土芸能を披露する「躍動する芸能まつり」(東和町芸術文化協会主催)は26日、同町安俵の東和総合福祉センターで開かれた。小中高生約100人、計10団体が農家の踊りや神楽、太鼓などを披露し、地域住民ら約150人の観客を楽しませた。  同町谷内地区の東和小児童20人が出演した立石子供百姓踊りは、機械化前の米作りの工程で見られた苗担ぎや、足踏み脱穀機を踊りで表現。細かく切った色紙を肥料に見立て舞台上でまくなど、ユーモアもあり会場から笑いが起こった。女子児童14人による「倉沢子どもサンサ踊り」なども 抑揚独特、能楽に挑戦 松山|愛媛新聞ONLINE  伝…

続きを読む

亀戸天神社・湯島天満宮で鷽替神事

去年の災い ウソに : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 嫌なことは“うそ”に! 亀戸天神でうそ替神事 | TOKYO MX NEWS 嫌なことは“うそ”に! 亀戸天神でうそ替神事  鳥の鷽(うそ)の置物を買い替えることで、前年の凶事を「うそ」にして吉事に取り(鳥)替える「うそ替え神事」が24日、江東区の亀戸天神社で始まった。  同神社などによると、神事は1820年頃から行われている。木彫りの置物は高さ約5~21センチと懐中用のミニサイズの計11種類。神職らが約1年かけて制作し、約3万体を用意した。初穂料は大きさによって異なり、500~7000円 悪いことはみんな「うそ」 東京・湯島天神で招福祈願の「鷽替え神事」 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News 【1月25日 AFPBB News】「うそ」を「誠」に替え、今年の幸福を祈る「鷽(うそ)替え神事」が25日、東京・文京区の湯島天満宮(Yushima Tenmangu)で行われた。木彫りの人形「木鷽(きうそ)」を、昨年までの古いものを納める代わりに新しく買い求めようと、早朝から参拝客が長蛇の列を作った。  この神事は、「天神様」としてまつられる菅原道真のご神託によって、これまでの悪いことをうそにして、「吉」に取り替えようと始まった。福岡県太宰府市の太宰府天満宮(Dazaifu Tenmangu)では室町時代から行われていたとされる。その年最初の天神様の縁日である1月25日に、全国各地で毎年…

続きを読む

三浦市三崎「チャッキラコ」

少女らの舞「チャッキラコ」、小正月に豊漁祈願 神奈川・三浦 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News 東京新聞:息ぴったり 少女ら舞披露 三浦・伝統行事「チャッキラコ」:神奈川(TOKYO Web) 「チャッキラコ」の奉納 三浦市|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA  家内安全や豊漁などを祈る伝統行事「チャッキラコ」が十五日、三浦市三崎の海南神社などであり、赤と黄色の晴れ着姿で優雅に舞う女児たちを大勢の住民や観光客らが見守った。  毎年小正月(一月十五日)に合わせ、少女が六種類の踊りを奉納する。今年は五~十二歳の二十五人が踊り手として参加、市内各地を巡った。同神社では、年配の女性の唄に合わせて一斉に扇を振るなど、息ぴったりの動きを披露し、拍手が起きた。二〇〇九年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録 Nagano Nippo Web » 田舞で豊作願う田遊神事 諏訪大社上社本宮 諏訪大社上社の田遊神事、新年祈請祭は15日、諏訪市神宮寺の本宮で大総代や氏子総代、区役員らが参列して行われた。多くの氏子も見守り、今年一年の五穀豊穣、地域の安全や無病息災を祈願した。 田遊神事は、斎庭に水田を見立てたござが敷かれ行った。神職が木製のすきやくわを使い、田起こしから種まきまで一連の農作業の所作を表し、種もみをまいた。みこ2人が、神職の歌う「田植唄」に合わせて「田舞」を踊り、豊作を願った。新年祈請祭では、魔除けのかぶら矢…

続きを読む

国学院大学「成人加冠式」

国学院大学で「加冠式」 平安時代の儀礼で新成人祝福 - シブヤ経済新聞 東京・渋谷区の国学院大学で催された神式の成人式「成…:雅びやかに成人の儀:時事ドットコム  平安時代の貴族社会の成人儀礼にのっとり新成人を祝う「成人加冠式」が1月12日、国学院大学(渋谷区東4)で行われた。  「国学院大学ならではの行事で成人を祝いたい」という学生の発案で2007年に始まり、神職の養成を目的にしている同大神道文学部主催で毎年1月に行っている同行事。今年は新成人の男子27人、女子27人の計54人の学生が、卒業生の神主たちから寄付された衣冠や狩衣(以上男子)、斎服や正服(同女子)などの装束姿で参列した。  式の中心となる「加冠之儀」では、加冠役である教職員が学生の頭部に冠や烏帽子(えぼし、以上男子)、釵子(さいし)や額当(ぬかあて、同女子)と呼ばれる装飾具を着装。成人の装束を完全に身にまとった姿となった学生たちが校内の神殿に移動し、誓詞を奏上し玉串を拝礼した。「祝賀之儀」では、ボランティアの在学生たちによる神楽舞などが披露された。参列者「大人への一歩を歩めたという気持ち。今回着た衣装は身分を与えられなければ着ることができないので、貴重な経験となった。より神職になることへの憧れが強まった」 岐阜)旧徳山村で受け継がれた元服式 本巣市の徳山神社:朝日新聞デジタル 村の伝統、大人への一歩 徳山神社で元服式 | 岐阜新聞Web  徳山ダム(岐阜県揖斐郡揖斐川町)の建設で廃村となり、ダム湖…

続きを読む

神田明神に文化交流館「EDOCCO」開業

神田明神、多用途イベントホール「EDOCCO(エドッコ)」12月15日開館。地下ではアイドルのライブも - トラベル Watch  神田神社は、12月15日に「文化交流館『EDOCCO(エドッコ)』」を開業する。それに先立ち、報道陣に向けて内覧会を開催した。 (中略)  続けてEDOCCOの解説が、神田明神文化交流館統括プロデューサーの乃村工藝社 プロデューサー 坂爪研一氏、鹿島建設 建設設計本部チーフアーキテクト 丸山琢氏、乃村工藝社 クリエイティブ本部 大西亮氏、着物デザイナー 斉藤上太郎氏、画家 松井守男氏らからあり、途中には雅楽の演奏に合わせ、巫女の舞も行なわれた。豊栄の舞でしょうか 留学生ら「巫女」厳かに 着付けや玉串、勾玉作り体験 出水神社 - 熊本日日新聞 | This kiji is  厳かな神社の雰囲気に触れようと、熊本市中央区のYMCA日本語教室に通う外国人の男女6人が11日、同区の出水神社で巫女[みこ]の仕事や作法を体験した。外国人観光客が増えていることから、同神社が初めて招いた。白衣やはかまの着付けや玉串作り、勾玉[まがたま]作りなどを体験 神戸新聞NEXT|三木|えびすまつり福娘に初の留学生 三木・戎神社  兵庫県三木市大塚2、戎神社で来年1月12~14日に開かれる「えびすまつり」で参拝者を迎える「福娘」を、関西国際大(同市志染町青山1)人間科学部経営学科の中国人留学生、謝琪さん(21)と李梦娟さん(20)が担う。大塚地区によると留学生の…

続きを読む

栃木県茂木町・八雲神社で「巫女さん一日体験」

12歳の巫女が拝礼体験(18-12-01)(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース 茂木町の八雲神社で1日、神社の歴史や作法を学ぶ「巫女さん一日体験」が行われた。この催しは県内30の神社で構成する県神社広報会議が毎年開いている。参加した12歳から48歳の女性19人は、巫女の装束を身に着けて手水や拝礼など正しい参拝の作法を教わったり、正月に神さまを迎える場所の目印となる幣束作りなど年末の準備も行ったりした。神社公式ブログにも 茂木八雲神社のブログ: 「巫女さん一日体験」が行われました みこ装束で舞を奉納 亀山・川俣神社 五穀豊穣と家内安全を祈願 三重 - 伊勢新聞 【亀山】三重県亀山市加太板屋の川俣神社(中村嘉孝宮司)は2日、同神社で秋の神事「例祭」を行った。 味酒祭(みしゅさい)とも呼ばれ、五穀豊穣と家内安全を祈願する。平安時代から受け継がれている。 氏子総代らが列席する中、中村宮司の献饌の儀で始まり、地元加太小6年の女児6人が、緋色袴のみこ装束でサカキを手に持ち、雅楽の音色に合わせて「豊栄の舞」を奉納した。今後が心配… 和歌山)串本で「ねんねこ祭り」 五穀豊穣願う:朝日新聞デジタル  和歌山県串本町田原の木葉神社で2日、県指定無形民俗文化財の「ねんねこ祭り」が営まれた。頭におひつを載せたご飯持ちみこを先頭に遥拝所まで一歩一歩ゆっくり進む「朝日遥拝行列」や、子どもらがござなどを担いで「ねーんねこ、ねーんねこ、おーろろーんよー」と歌う「子守神事」などがあ…

続きを読む

日光二荒山神社中宮祠で落ち葉焚き

冬の始まり告げる落ち葉たき 立冬の日光二荒山神社中宮祠|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 栃木)紅葉舞う立冬、二荒山神社中宮祠で落ち葉焚き:朝日新聞デジタル  暦の上では冬の始まりとなる立冬の7日、日光市の奥日光にある日光二荒山神社中宮祠で朝から恒例の落ち葉焚(た)きが行われた。落ち葉焚きは、神職や巫女(みこ)たちが竹ぼうきでかき集めて山をつくり燃やす。時折境内を駆け抜ける晩秋の風にあおられて、色とりどりの落ち葉が舞う光景も風流だ。6年目の八乙女(巫女)さん(24)「落ち葉焚きが来ると奥日光は冬の到来です」 きょうは立冬 淡路市で無病息災を願う湯立神楽祭 | サンテレビニュース きょうは立冬 淡路市で無病息災を願う湯立神楽祭 淡路市にある伊弉諾神宮では、年に4回新しい季節の始まりに湯立神楽祭が行われています。 この湯立神楽祭は伊弉諾神宮の伝統行事で、起源は古代の占いだとされています。 境内には5つの釜が用意され、荘厳な太鼓や笛の音が響く中、白装束に身を包んだ巫女が湯に浸したササを勢いよく何度も振り回します。かなり激しい 神戸新聞NEXT|姫路|住職の結婚、花嫁行列で祝う 姫路・安養寺  兵庫県姫路市別所町別所の曹洞宗安養寺で4日、仏前結婚式があり、今では珍しい花嫁行列などで夫婦の門出を祝った。新郎は4年前に同寺を引き継いだ羽賀孝行住職(37)=京都府舞鶴市出身。「地域で祝っていただいたことが本当にありがたい」と礼を…

続きを読む

絢子さま、明治神宮で結婚式

皇室:絢子さまが結婚式 明治神宮 - 毎日新聞 絢子さまと守谷さん ご結婚式 明治神宮 - 産経ニュース 絢子さま、結婚後も名誉職継続へ - 産経ニュース 絢子さま、明治神宮で結婚式 守谷さんに出迎えられて:朝日新聞デジタル 絢子さま、守谷さん見上げて「父と母のように」 : 皇室 : 読売詳報_緊急特集グループ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 【速報】絢子さま 明治神宮にご到着 結婚式へ - FNN.jpプライムオンライン  平安時代の色鮮やかな宮中装束に身を包み、守谷慧(けい)さん(32)との結婚式に臨まれた高円宮家の三女、絢子(あやこ)さま(28)。駆けつけた友人たちが祝福するなか、高祖父(祖父の祖父)明治天皇をまつった明治神宮(東京都渋谷区)で式を挙げ、「幸せをかみしめています」と笑顔を見せられた。 (中略)  絢子さまは、髪を古来の「おすべらかし」に結い、黄色の「袿(うちぎ)」に紫色の袴(はかま)姿で式場へ向かわれた。袿は祖母の三笠宮妃百合子さま(95)が貞明皇后(祖父の父、大正天皇の后(きさき))から贈られたゆかりの品だった。巫女さんの装束も特別のような

続きを読む

水戸八幡宮で七五三の笹飾りの準備

茨城)七五三 水戸八幡宮でササ飾りの準備作業:朝日新聞デジタル  子どもの成長と健康を祈る七五三の季節が近づき、水戸市八幡町の水戸八幡宮で、縁起物の準備がピークを迎えている。  26日は巫女(みこ)の2人が千歳あめを袋に詰めたり、ササの葉に鈴の飾りを付けたりした。千歳あめは約2500袋、ササ飾りは約2千本を用意する。自身も3歳の時、八幡宮で七五三を祝ってもらった巫女さん(19)「お子さんの喜ぶ顔を想像しながら袋詰めしました」 七五三シーズン、千歳飴の袋詰め 福井の佐佳枝廼社:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  七五三シーズンを迎え、福井市大手三の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)で、千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が進められている。二十日もみこや神主らが、子どもたちの健やかな成長を願い、細く長く縁起の良い紅白の千歳飴を、丁寧に袋に収めていた。  袋詰め作業は九月中ごろに始まり、今月いっぱい続く。同社では十一月末まで参拝を受け付けており、祈祷(きとう)を受けた子どもに、千歳飴とお守り、絵本、菓子を詰め合わせた袋を渡している。期間中に千袋を用意する。作業を進める巫女さんは「お子さんの喜ぶ顔が見たい」と手際良く袋詰め 七五三へ千歳あめ袋入れ 三嶋大社で巫女ら30人―三島 - 伊豆新聞  三島市の三嶋大社(矢田部盛男宮司)で1日、七五三シーズン本番を前に千歳あめの袋入れが行われた。子どもの健やかな成長を願い紅白のあめ2本入りの1万袋を作った。  大社によ…

続きを読む

絢子さま、宮中三殿をご拝礼

絢子さま、先祖に結婚ご報告 宮中三殿をご拝礼 - 産経ニュース 絢子さま、宮中三殿を参拝 装束姿で結婚報告- 記事詳細|Infoseekニュース 絢子さま 宮中三殿に拝礼 10月29日に結婚式 - FNN.jpプライムオンライン  日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)とのご結婚を29日に控える高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまは26日午前、皇居・宮中三殿に拝礼し、皇室の先祖に結婚の報告とお別れのあいさつをする「賢所皇霊殿神殿(かしこどころこうれいでんしんでん)に謁(えっ)するの儀」に臨まれた。  絢子さまは午前10時ごろ、髪を束ねて長く後ろに垂らす「おすべらかし」に結い、祖母の三笠宮妃百合子さまから借り受けた大正天皇の妃(きさき)、貞明(ていめい)皇后ゆかりの「小袿(こうちぎ)」や「長袴(ながばかま)」など古式ゆかしい装束姿で、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る賢所の回廊を進まれた。  賢所の中では座ってご拝礼。歴代天皇や皇族の御霊(みたま)を祭る皇霊殿、国中の神々を祭る神殿でも同様に拝礼し、結婚により皇室を離れることを報告された。結婚式は明治神宮で 秋の夜長に御神楽 中庭での夜間参拝も 靖國神社 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社 【東京】千代田区の靖國神社(小堀邦夫宮司)では九月二十一日から二十三日まで、「秋の夜長の御神楽」を開催し、三日間であはせて約二万千人(内苑のみ)が雅な世界を楽しんだ。写真は「玉垣の舞」

続きを読む