浅草神社「例大祭斎行延期奉告祭並びに新型コロナウィルス感染症早期鎮静祈願祭」

東京新聞:<新型コロナ>願う 終息、秋の三社開催 浅草神社で氏子ら祈願祭:東京(TOKYO Web)  台東区の浅草神社(浅草二)で十八日、新型コロナウイルスの早期終息を願う祈願祭があった。合わせて十五~十七日に実施予定だった三社祭の秋への延期を奉告する祭事も行われ、参列した氏子らは祭りが無事開催できるよう祈った。 (天田優里)  祭事は、神職や参列者がマスクを着用して実施。神前で祝詞を奏上し、十月十六~十八日に延期された三社祭の開催と新型コロナウイルスの沈静化を祈った。笛の音が響く中、みこ二人が「浦安の舞」を舞い、終息を祈願した。神社の総代数人が参列した。八月下旬に最終的な開催可否や規模について決定する見通し 例大祭斎行延期奉告祭並びに新型コロナウィルス感染症早期鎮静祈願祭令和2年5月18日(月)午前10時 斎行祭典の様子です。是非ご覧くださいませ! https://t.co/w5Fj0dH8IR— 浅草神社 (@asakusajinja) May 18, 2020 本殿祭のみで先帝祭 慰霊とコロナ終息願う祝詞 上臈参拝、初の中止 赤間神宮 /山口 - 毎日新聞 下関 先帝祭 コロナで神事のみに|山口朝日放送 大型連休の恒例行事、下関市赤間神宮の「先帝祭」が、上臈道中などは取りやめ神事のみで開かれました。先帝祭は、壇ノ浦の戦いで関門海峡に入水した安徳天皇を偲ぶ祭りで、例年、多くの観光客で賑わいます。しものせき海峡まつりが中止された今年は、先帝祭も、本殿祭のみ…

続きを読む

藤岡・富士浅間神社でコロナ鎮静祈願の巫女舞

子どものみこ2人 新型コロナの沈静化祈願 藤岡・富士浅間神社|文化・イベント|上毛新聞ニュース  群馬県藤岡市の富士浅間神社(広瀬緑宮司)の春祭りが1日開かれ、社殿で行われた式典で、子どものみこ2人が新型コロナウイルス感染症の沈静化を祈願する舞を奉納した=写真。今春、藤岡二小を卒業した2人「貴重な体験ができた」「新型コロナによる犠牲者が少しでも減るよう願いを込めた」 鮮やかな衣装で稚児行列 藤岡の医王寺 本堂完成祝う|文化・イベント|上毛新聞ニュース  医王寺(群馬県藤岡市本動堂)の新築した本堂の完成を祝う落慶式が22日、同寺とその周辺で開かれ、檀家だんかや地域住民約120人がさらなる発展を祈念した。鮮やかな衣装を身にまとった子どもらによる稚児行列も行われ、式典をにぎやかに彩った。戦国時代に開かれたとされる同寺は、火災で本堂が2度消失した過去を持つそう 新型コロナの終息を祈願! 熱海・今宮神社で「感染拡大鎮静化祈願祭」 | 熱海ネット新聞 熱海市の今宮神社で3月28日、八代一雄総代長など神社役員13人が参列して、新型コロナウイルスの「感染拡大鎮静化祈願祭」が執り行われた。消毒スプレーで入念に手を洗い拝殿に入り、厳粛な空気が漂う中、泉明寺みずほ宮司が鈴の清らかな音色でお祓い(はらい)する「鈴祓(すずはらい)」、新型コロナウイルスの終息を祈る祝詞を奏上し、参列者が玉串奉納をして一日も早く平穏な日常が戻るよう祈った。宮司さん「毎日多くの人が参拝にお見えになり、感染の影響の大…

続きを読む

日光二荒山神社で新人八乙女の研修

新人八乙女が初々しく 祭式作法や神楽舞学ぶ 日光二荒山神社|県内主要,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 新「八乙女」2人、神楽舞稽古励む 日光二荒山神社 /栃木 - 毎日新聞 新人巫女が研修 神楽舞の指導を受け扇や鈴を持つ手の位置や足の運び方など学ぶ 日光二荒山神社(20-03-13)(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース 新人みこの研修 二荒山神社|NHK 栃木県のニュース 世界遺産に登録されている日光市の二荒山神社では、この春、県内の高校を卒業した女性2人が来月からみことして奉職する予定で、みこに必要な作法などを学ぶ研修が行われています。 13日は、白衣と朱色のはかまをつけた2人が、みことしての動作の基本となる参拝の作法などを神職から学び、何度も繰り返していました。 このあと、2人は社殿での祈願を行う際にみこが舞う神楽のうち、基本的なものとされる式神楽に取り組みました。4月1日の入社式「間政(あいまさ)授与式」を経て、正式に八乙女に 来宮神社で新型コロナ沈静祈願 雨宮宮司が厳かに悪疫退散の神事 | 熱海ネット新聞 一日も早い終息を 熱海で新型コロナ鎮静祈願祭(静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、熱海市の来宮神社で3月15日、「新型コロナウイルス感染流行沈静祈願祭」が斎行された。雨宮盛克宮司が悪疫退散の祝詞を奏上したあと、みこが神楽を奉納し、事態の終息を祈願した。巫女さんが舞…

続きを読む

平塚八幡宮で節分祭

力士、プロテニス選手、女子プロレスラー… 豪快に豆まき(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース  「節分」の3日、年男年女らによる恒例の豆まきが平塚八幡宮(平塚市浅間町)で行われた。大相撲の力士やプロテニス選手、女子プロレスラー、湘南ひらつか織り姫…。異色の顔ぶれが豪快に豆をまき、1年の厄よけを祈願した。  境内にある「つるみね幼稚園」の園児約80人も特設舞台に上がり、「福は内、鬼は外」とかわいらしく掛け声。続いて大相撲で十両への返り咲きを期す朝弁慶や昨年のテニス全仏オープン女子ダブルスで準優勝した穂積絵莉選手、元「織り姫」でもある女子レスラー松本浩代さんら平塚市ゆかりのアスリートたちが続々と登場した。「恒例の節分祭に参加した穂積絵莉選手(左から3人目)や朝弁慶(同4人目)」 富山県 儀式にお多福登場 射水神社きょう節分祭|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 福願い元気に豆まき:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  高岡市古城の射水神社は、3日に開く今年の節分祭から、鬼だけでなく、お多福も登場する演出を儀式に加える。令和への改元を機に伝統行事に親しんでもらい、多くの人に福を届ける。  宮司が弓を鳴らして邪気を払う「鳴弦(めいげん)の儀」と、鬼に向かって豆を投げる「鬼追いの儀」が執り行われるのが恒例。今回初めて、お多福も現れ「福は内」と声高らかに豆をまく。巫女さんがお多福に扮したのどうかかが気になります 伊勢・二見興玉神社で「節分祭」…

続きを読む

下妻・大宝八幡宮で節分祭の準備

【茨城新聞】下妻・大宝八幡宮 節分近し、升に福豆 下妻・大宝八幡宮 節分近し、升に福豆 | きたかんナビ 2月3日の節分を前に、下妻市大宝の大宝八幡宮(山内雄佑宮司)で、同日の節分祭に向けた準備が始まっている。 社務所では29日、巫女(みこ)たちが煎(い)った福豆や紅白福豆の小袋、絵馬を升に入れる作業に当たった。氏子総代らが豆をまく升は約150個用意される。昼の部が午後2時、大相撲の高砂親方(元大関朝潮)も参加する夜の部が同7時から はだか祭、期間限定御朱印 国府宮、4種類授与:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)  稲沢市の尾張大国霊(おおくにたま)神社(国府宮)で二月六日に行われる「国府宮はだか祭」に合わせ、国府宮は、祭り期間限定で四種類の御朱印を授与する。  儺追(なおい)期間(二月十日まで)中を通じて授与する御朱印は、祭りの開催日などを記した「標柱(しめばしら)」と厄よけのお守り「なおいぎれ」をデザインした。  五~七日は、各日限定の御朱印三種類を用意した。祭り前日は前夜祭に当たる「庁舎(ちょうや)神事」の文字を、当日は、神事が始まった七六七(神護景雲(じんごけいうん)元)年と祭りの正式名「儺追神事」の文字を揮毫(きごう)。祭り翌日は、神社の史料に描かれている夜儺追神事の絵図を添えた。御朱印は一枚各五百円。祭り当日は午前五時~午後五時、他の日は午前九時ごろ~午後四時ごろ授与 御即位を奉祝して新神楽殿建設 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社…

続きを読む

小山「寒川の花桶かつぎ」

「花桶」に願い込め 小山で伝統の祭り【動画】|地域の話題,動画,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  小山市寒川地区の伝統の祭り「花桶(はなおけ)かつぎ」が25日夜、行われた。晴れ着姿の4人の稚児が色鮮やかな造花で飾り付けした桶をかついで地区内を巡り、五穀豊穣(ほうじょう)や地域の安全を願った。稚児の一人(5)は「うれしかった。花桶はずっとやってほしい」と 雅楽の調べ伝統の舞 高校生が奉納 : ニュース : 静岡 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 創作雅楽、息ぴったり 遠江総合高3年生、小国神社に奉納 森町|静岡新聞アットエス  静岡県立遠江総合高(森町)の3年生が23日、創作雅楽の奉納演奏を同町の小国神社で行った。選択授業で伝統音楽を学んできた11人が、これまでの集大成を神前で披露した。  生徒は4月から、翁稲荷社(静岡市駿河区)の宮司で雅楽家の牧田明子さん(74)の指導を受けながら竜笛(りゅうてき)や笙(しょう)といった楽器の扱い方や拍子、礼儀作法などを学んだ。本番は、牧田さんが雅楽のイメージに合わせて手作りしたという、そろいの赤い衣装で 土佐清水市で奉納の舞を小中生伝承 先輩に習い4人デビューへ|高知新聞  高知県土佐清水市旭町の鹿島神社で2月16日に行われる春季例大祭で、地元女子小中学生4人が「浦安の舞」の“奉納デビュー”を飾る。伝統の舞を引き継いだ先輩から指導を受け、本番に向け稽古に励んでいる。  鹿…

続きを読む

国学院大学で「成人加冠式」

装束姿の新成人…国学院大学で「成人加冠式」 写真20枚 国際ニュース:AFPBB News 動画:装束姿の新成人…国学院大学で「成人加冠式」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 【1月12日 AFP】都内の国学院大学(Kokugakuin University)のキャンパスで11日、新成人を祝う「成人加冠式」が行われ、奈良・平安時代の装束姿の学生たちが学内の神殿を参拝した。(c)AFPなぜかAFPに写真たくさん hibakama / 緋袴白書RT @aoba_gagakukai: 本日青葉雅楽会は、学内の成人加冠式にてご奉仕申し上げました。新成人の会員一同も加冠の儀を心安らかに終えられたことを嬉しく思います。また、当会から1名女子学生代表として答辞を奏上いたしました。お疲れ様でした!(新成人である中の人より) ht… at 01/12 10:25 hibakama / 緋袴白書RT @Misuzu_kagura16: 今日は成人の日ですね!新成人の皆様、おめでとうございます💐1/11に行われた成人加冠式で、みすゞ会は浦安の舞を披露しました!皆様の思い出に残る一日となっていたら嬉しいです✨ https://t.co/6sY1sHcoTM at 01/13 21:40 京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人、弓の腕前競う(共同通信) - Yahoo!ニュース 【動画あり】三十三間堂で新春恒例の通し矢 京都 - 産経ニュース 三十三間堂通し矢 晴れ着姿の…

続きを読む

伊勢崎「上州焼き饅祭」

重さ5キロ! 巨大焼きまんじゅうに歓声 群馬の伊勢崎神社 - 毎日新聞 特大焼きまんじゅう福分け 伊勢崎 : ニュース : 群馬 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 願いも煙も天まで届け 伊勢崎神社で巨大焼きまんじゅう焼き上げ|文化・イベント|上毛新聞ニュース  巨大焼きまんじゅうを参拝者に振る舞う「上州焼き饅祭」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、伊勢崎市本町の伊勢崎神社で開かれた。  長さ3メートルの竹串に刺した特大サイズのまんじゅう(直径55センチ、重さ5キロ)4個は、大人6人がかりで炭火の上に運ばれた。こんがりと焼き上がると、巫女姿になった市の観光大使「ミスひまわり」の2人がみそだれを塗り、境内には焦げた甘いみその香りが立ちこめた。それぞれの饅頭には年男・年女が食紅を使って漢字一文字の願いを書き入れました 無病祈り、七草がゆ 長崎市・諏訪神社 /長崎 - 毎日新聞  1年の無病息災を祈る「人日の節句」の7日、長崎市上西山町の諏訪神社で、毎年恒例の七草がゆが参拝者らに振る舞われた。  おはらいを受けた諫早産の米10升とセリやナズナなど県産の春の七草を塩で味付けし、約1000食分を用意した。午前9時の開始を前に、大勢の参拝者らが行列を 鷽鳥木彫り求め長い列 福島の西根神社 13日まで「うそかえ祭」 | 福島民報  福島市飯坂町の西根神社境内にまつられている高畑天満宮の「うそかえ祭」は十日、同神社で始まった。十三日まで。 …

続きを読む

水戸八幡宮で13日に「はねつき神事」

水戸八幡宮、13日はねつき神事 大羽子板に「徳壽」「麗新」(茨城新聞クロスアイ) - Yahoo!ニュース 成人の日の13日に、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清敬宮司)で、新春恒例の「はねつき・破魔弓神事」(同宮、水戸人形組合主催)が開かれる。女性神職や巫女(みこ)が稲の豊凶を占う羽根突きを行い、斎主が邪気払いの矢を放つ。また、新成人による大羽子板奉納の儀も行う。今年の大羽子板は、水戸市在住の書家、山内香鶴(こうかく)さんが揮毫(きごう)した。当日は関口流抜刀術の奉納や、水戸市弓道連盟有志による古式礼射、新成人や梅大使が参加する羽根突き大会なども 繁栄を願う子の大絵馬 前橋・総社神社に登場|社会・話題|上毛新聞ニュース  前橋市の総社神社は来年の干支の「子」を描いた大きな絵馬を設置した。根岸義貴宮司は絵馬に祈祷きとうし、新年の参拝客を迎える準備を進めている=写真。  絵馬は縦2.3メートル、横3.7メートル。現実、想像、象徴の世界を意味する「ボロメオの輪」の中に、繁栄を願ってネズミを配置した。12月29日の記事 愛知)福銭配る七福神 瀬戸・深川神社で初えびす:朝日新聞デジタル 七福神と初笑い 愛知・瀬戸の深川神社 - 毎日新聞  愛知県瀬戸市の深川神社で5日、新春恒例の初えびすがあった。「ミスせともの」の3人と、一般公募で選ばれた4人が七福神に扮して商店街を練り歩き、福と笑顔を振りまいた。ミスせとものが扮したのは弁財天と恵比寿と…何でしょう?

続きを読む

霧島神宮の巫女さんが赤坂・日枝神社で研修

日枝神社でみこが「国内留学」 鹿児島・霧島神宮から受け入れ - 赤坂経済新聞  日枝神社(千代田区永田町2)で11月1日、鹿児島県霧島市の「霧島神宮」のみこが研修を始めた。  同神社と親交が深いという霧島神宮。神社間での長期間にわたるみこ研修は珍しく、同神社として初めての取り組みとなる。研修期間は1カ月で、互いの情報交換や研修で学んだ事を生かす「国内留学」という形を取ったという。  参加したのは、霧島神宮でみこ長を務める川崎志保さん。期間中は同神社で祭典や祈願の際に舞うみこ舞や受け付け、参拝者への応対など多岐にわたって学ぶ。「せっかくの機会なので、霧島神宮にはない日枝神社のみこ舞を習得し、多くのことを学んで帰りたい。ちょうど七五三の時期なので、お参りにこられたお子さんたちに積極的に声をかけていきたい」 高千穂神社の神楽がLAへ 宮崎 - FNN.jpプライムオンライン 現在、アメリカで開かれている映画祭で、宮崎県の高千穂神社の神事や舞などが披露されることになり出発を前に練習に励んでいます。 宮崎県の高千穂神社の神事と舞が披露されるのは、ロサンゼルスで開催されている「アジアン ワールド フィルムフェスティバル」です。 高千穂神社がアメリカで神事などを行うのは初めてで、現在、巫女の安在 菜央さんが、「豊栄舞」と呼ばれる舞の練習に励んでいます。安在さん「アメリカや日本の災害が治まるように祈りを込めて舞いたいと思います。」 西宮神社で千歳あめ袋詰め着々と 兵…

続きを読む

群馬県護国神社で例大祭

群馬の護国神社で例大祭 - 産経ニュース  明治期の戊辰戦争以降の英霊4万7000余柱が祭られている群馬県護国神社(同県高崎市)で16日、令和元年度の例大祭が開かれた。  奥澤公慶宮司と神社本庁からの使者、護国神社奉賛会などにより午前10時半から執り行われ、前橋市、館林市、藤岡市などの遺族が見守る中、巫女(みこ)による「浦安の舞」が奉納された。17日には高崎市や沼田市、渋川市の遺族が参加して執り行われる。県遺族会会長「終戦から74年を迎え、過去の悲惨な戦争体験を次の世代に伝えることがわれわれの責務だ」 国学院大で月見行事「観月祭」迫る 今年で10回目、リハーサル公開 - シブヤ経済新聞  国学院大学(渋谷区東1)で10月16日、月見行事「観月祭」のリハーサルが公開された。  平安時代に貴族が行っていた「観月祭」。同大では伝統文化の継承を目的に2010(平成22)年に学生の企画で始まり、例年800人以上が観覧に訪れるという。10回目を迎える今年は、新天皇即位と改元への祝いの思いも込める。  開催日は今月19日。参加するのは学内の公募で集まった学生約140人で、舞や楽器の演奏(約80人)だけでなく、設営や着付けなど(約60人)も学生たちが行う。写真【十二単を基に作られた装束に身を包んだ女性が舞う「浦安舞」】 伝統行事「地域のおかげ」 雨の中神楽も披露 | 麻生区 | タウンニュース  王禅寺東の武州柿生 琴平神社で10月14日、秋祭りが開催された。 …

続きを読む

水戸八幡宮で七五三の準備

【茨城新聞】心込め縁起物作成 水戸八幡宮 七五三の準備進む 水戸八幡宮で七五三の準備 千歳飴袋詰め /茨城 - 毎日新聞 七五三の季節を控え、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清敬宮司)では、子どもの成長を願う縁起物「子育て笹」と「千歳飴(ちとせあめ)」の準備が進められている。 「子育て笹(ささ)」は同宮に伝わる縁起物で、笹が早く真っすぐに伸びることから、子どもが無事成長することを祈る意味が込められている。 社務所には、みこらが心を込めて五色絹、金鈴、短冊などを結び付けた笹の小枝が次々と積み上げられた。紅白の「千歳飴」の袋詰め作業とともに10月末まで行われ、各1500個を用意 温泉の恵みに感謝 那須温泉神社で例大祭始まる|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  温泉の恵みに感謝する栃木県那須町湯本の那須温泉(ゆぜん)神社の例大祭が8日夜、同所周辺で始まった。9日まで。  午後6時すぎ、人見昇三(ひとみしょうぞう)宮司や地元の温泉関係者など約100人が神社を出発。10分ほど練り歩き、鹿の湯分湯場に到着すると、みこに扮(ふん)した町内在住の中高生2人が、末永く湧き出るよう願いを込め源泉からおけに湯をくんだ。別のみこ4人は「浦安の舞」を厳かに披露。くまれた湯は、神社にささげられた。巫女役を務め、湯をくんだ中学3年生「湯本がもっとよいまちになるよう気持ちを込めて臨んだ」 「愛着がわいた」京阪・阪急 3駅名を変更:朝日新聞デ…

続きを読む

足立区・千住神社で浦安の舞が復活

北千住かいわいで令和初の祭 巫女舞も奉納、にぎわい見せる - 足立経済新聞  北千住駅周辺の千住地域で9月14日・15日、令和初の祭が行われた。  例年は重ならない町会も同日に開催されたため、千住全体が祭一色となった。千住かいわいを各神社のみこし・山車が巡行し、大勢の人でにぎわいを見せた。 (中略)  千住神社(千住宮元町)では、1941(昭和16)年から続く巫女(みこ)舞「浦安の舞」が復活し披露された。夏の間練習を重ねてきた小学5年の女児は「緊張したけど、練習を頑張ってきてお祭りできちんと踊ることができて良かった」と振り返った。見に行きました hibakama / 緋袴白書東京都足立区・千住神社例大祭巫女舞、本日撮影。子供巫女さん八人が四人ずつ、浦安の舞の扇舞と鈴舞を分担して舞いました。 https://t.co/Q55O1u6Udb at 09/15 20:55 馬門の神楽奉納 児童、拝殿で舞 浜松・北区の奥山神社|静岡新聞アットエス  浜松市北区引佐町の奥山神社で29日、例大祭が開かれ、地元小学生が伝統芸能「馬門の神楽」を奉納した。  馬門の神楽は、長きにわたり受け継がれる同地区の貴重な芸能で、2月に浜松地域遺産「無形民俗文化財」に指定された。5・6年生二人ずつ 温泉の発展を祈願「献湯祭」 熊野本宮大社(読売テレビ) - Yahoo!ニュース  和歌山県の熊野本宮大社で28日、温泉の繁栄を願う「献湯祭」が行なわれた。  献湯祭は…

続きを読む

草津温泉感謝祭

女神降臨 名湯に感謝 草津温泉|社会・話題|上毛新聞ニュース  草津の夏の風物詩、草津温泉感謝祭が1日夜、湯畑周辺を主会場に始まった。町民から選ばれた温泉女神が感謝の祈りをささげると、観光客でにぎわう温泉街は厳かな雰囲気に包まれた。2日まで。  第74代温泉女神の中沢ちひろさん(25)がみこを従えて登場する「女神降臨」で開幕。草津を代表する4源泉の湯を組み合わせる「源泉お汲くみ合わせの儀」や、女神が湯を分け与える「分湯の儀」=写真=などが行われた。一応巫女さんということで… たまゆらフェスタ:来て メーカー50社展示会 来月・大阪 /大阪 - 毎日新聞  来月12日に大阪市北区のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)で開催される「たまゆらフェスタ2019~つなぐ、つながる、ヒト、モノ、未来」(毎日新聞社など後援)をPRするキャラバン隊が2日、日本国際博覧会協会(大阪市住之江区)や毎日新聞大阪本社(同市北区)を訪れた。「枚方えびす祭」の福娘3人 hibakama / 緋袴白書RT @expo2025_japan: 今日は、協会が後援する事業の関係で事務局に枚方えびす福娘さん達がやってきました!これで2025年の万博も千客万来?!フォロワーのみなさんにも、福のお裾分けがありますように✨#expo2025 https://t.co/EItg4w17… at 08/03 22:55

続きを読む

大山阿夫利神社で高校生が「神教歌舞」奉納

中興の祖をしのぶ 大山阿夫利神社で高校生が神楽舞 | 話題 | カナロコ  伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局で8日、「大山近代の祖」と呼ばれる初代宮司の権田直助(1809~87年)と歴代宮司を慰霊する「権田祭」が行われた。子孫や地元旅館組合など約40人が出席する中、権田の作と伝わる「神教歌」が地元高校生によって奉納された。  神社によると、埼玉出身の権田は医者、国学者、神道家、歌人などさまざまな顔を持ち、神仏分離後の混乱期にあった1873(明治6)年に初代祠官(しかん)に迎えられ、大山信仰の発展に尽くした。慰霊祭は命日に当たる6月8日に毎年行われている。高校2年生の二人 早乙女姿で手植え 宮崎神宮御田植祭 - Miyanichi e-press 宮崎神宮で御田植祭(MRTニュース) - MRT宮崎放送 宮崎市の宮崎神宮で御田植祭がありました。宮崎神宮の御田植祭は、一時、途絶えていましたが、日本の稲作文化を受け継ぎ、地域活性化につなげようと、2009年に39年ぶりに復活して以降、毎年、行われています。8日はまず、神事があり、今年の五穀豊穣を祈願した後、早乙女姿に扮した宮崎農業高校の女子生徒8人と、地域住民らが御新田に入り、ヒノヒカリの苗を丁寧に植えていきました。(参加した高校生・3人)「緊張したけど楽しかったです」「こけそうになって、ちょっと大変だったけど最後までやり遂げてよかったです」「いいお米がたくさん育ってほしいです」 豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植…

続きを読む

横浜・伊勢山皇大神宮例祭

港の発展を祈願 伊勢山皇大神宮例祭 | 話題 | カナロコ  横浜市民の安心や安全、港の発展を祈念する「例祭」が15日、横浜市西区の伊勢山皇大神宮で執り行われた。約260人の参列者が神職から受け取った玉串を神前に納めた。  祭事は、1870(明治3)年の創建日にちなみ、毎年催されている。拝殿では、きらびやかな衣装に身を包んだ巫女(みこ)による「浦安の舞」が奉納され、参列者たちも静かに見守った。来年は創建150年を迎えるとのこと 五段神楽の楽人に協力隊男性 白鳥・石徹白で19日奉納:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)  郡上市白鳥町石徹白の白山中居(ちゅうきょ)神社で十九日開かれる春季例大祭に向け、石徹白小学校の女子児童二人が舞う「五段神楽」の練習が続けられている。今年は神楽を演奏する楽人(がくじん)に、福島県から移住してきた地域おこし協力隊の男性が仲間入りした。平安時代以前に起源をさかのぼるとされる神楽は、新しい住民の力も借りて大切に守られている。  石徹白は岐阜、福井県境に広がる人口約二百五十人の静かな山里。五段神楽は鳶(とび)の舞、二人舞など五曲があり、三十分ほどかけて奉納される。神楽を舞う姉巫女(みこ)は四年黒木美佐さん(10)、妹巫女は三年石徹白芽依沙さん(9つ)で、当日は赤地に金襴(きんらん)の衣装で神前に立つ。扇や鈴を手に舞った黒木さんは「演奏に合わせるのが難しい。音に気をとられると失敗します」と 三条祭りを締めくくる雅な太々神楽(ケンオー・…

続きを読む

日光二荒山神社・八乙女見習いの研修

栃木)八乙女見習いの研修に3人が挑戦 日光二荒山神社:朝日新聞デジタル  世界文化遺産の一つ栃木県日光市山内の日光二荒山神社で、4月に奉職する八乙女(やおとめ)と呼ばれる巫女(みこ)3人の見習い研修が始まっている。来月1日には入社式に当たる「間政(あいまさ)授与式」が行われ、神楽舞を披露する。  真新しい白衣と朱色の緋袴(ひばかま)を身につけ、両手に鈴と扇を持ちながら真剣に舞の稽古に励むのは、この春、日光明峰高校を卒業したばかりの印東舞奈(いんどうまな)さん(18)ら3人。印東さん「実際には想像したより厳しい。でもやりがいがある」 磯部の力宿す手踊り 津波被災地の相馬で12年に一度の遷宮祭 | 福島民報 相馬 磯部で震災後初の遷宮祭|NHK 福島県のニュース  東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた相馬市磯部地区にある稲荷寄木金毘羅(いなりよりきこんぴら)神社で三十日、十二年に一度の遷宮祭が始まり、子どもたちが伝統の手踊りを奉納した。地区の人口が減少し実施が危ぶまれたが、住民が協力して準備した。津波被害を乗り越えて催された祭りで地域に笑顔が広がった。  磯部地区は津波で多くの住民が亡くなり、一部集落は消失した。衣装や道具も被災したが、伝統芸能を絶やすまいと日本財団の補助を受けて新調した。昨年十一月から踊り手も募り、地区の二団体に児童と園児合わせて三十四人が集まった。  子どもたちは冷たい雨の中、元気に手踊りを奉納した。手踊りを披露した小学生の女の子「大勢の人が…

続きを読む

大田原・正浄寺で児童らが雅楽奉納

児童ら、伝統の調べ受け継ぐ 正浄寺で雅楽奉納 大田原【動画】|県内主要,地域の話題,動画|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) お彼岸に児童らが雅楽奉納 大田原  春の彼岸の中日に当たる21日、大田原市佐久山の正浄寺で県無形民俗文化財の「正浄寺の雅楽」が奉納された。同市佐久山小雅楽部も奉納演奏に参加した。  「正浄寺の雅楽」は江戸時代末期には存在したとされ、現在は檀徒(だんと)有志でつくる保存会(山口芳史(やまぐちよしふみ)楽長)が継承する。若い世代にも引き継ごうと、同寺の西山良智(にしやまりょうち)住職が児童たちに指導している。  彼岸の法要が行われたこの日、古式ゆかしい衣装に身を包んだ保存会員8人と3~6年生の児童13人が、念仏の前後に笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)などを演奏し、堂内に厳かな調べが響き渡った。今回が最後の参加となった6年生(12)「この地域ならではの貴重な体験ができた。後輩たちにも伝統を引き継いでいってほしい」 わかやま新報 » Blog Archive » 地域の平穏祈る 和歌浦天満宮で春季例大祭 和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市和歌浦西、小板政男宮司)の春季例大祭が25日に行われ、神楽の奉納や祝詞の奏上など厳かな神事で地域の平穏無事を祈った。 同宮の春季例大祭は、祭神である菅原道真公の命日(旧暦2月25日)に近いこの時期に毎年行われており、今回は氏子や地域住民ら約30人が参列した。 曇天ながら時…

続きを読む

神奈川県二宮町・川勾神社節分祭で大学生が巫女に

大学倶楽部・産業能率大:学生3人が巫女として節分祭に参加 連携協定の神奈川県二宮町・川勾神社で - 毎日新聞  2月3日の節分にあわせ、相模国二之宮として知られる神奈川県二宮町の川勾(かわわ)神社で開かれた節分祭に、産業能率大学の学生3人がみことして参加し、参拝客へ豆まきをした。  同大は同町と2017年に連携・協力に関する協定を締結。今回は地域振興活動の一環として参画した。「初めて神殿での神事を体験し、伝統を学ぶ良い機会でした」など 茨城)「ミヤチ」の宮地選手が必勝祈願 筑波山神社 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル  鉄棒の妙技「ミヤチ」で知られ、東京五輪出場への期待が高まる体操選手の宮地秀享(ひでたか)選手(24)が29日、茨城県つくば市の筑波山神社に参拝し、必勝を祈願した。  宮地選手は、筑波大卒業生の体操選手でつくる「茗渓クラブ」に所属。現在、同大大学院の修士課程に在籍し体育学を学ぶ。数日後には修士論文の発表を控えているという。見守る巫女さん 志摩の「楠の宮(楠御前八柱神社)」例祭 ヤマトタケルの姉祭る - 伊勢志摩経済新聞  ヤマトタケルの姉に当たる第12代景行天皇の第7皇女「久須姫命(くすひめのみこと)・五百野皇女(いおののひめみこ)」を祭る「楠御前八柱神社(くすごぜんやはしらじんじゃ)」(志摩市浜島町南張)で2月26日、例祭が行われた。 (中略)  昨年7月1日に中村昌司さんが宮司…

続きを読む

勝浦「かつうらビッグひな祭り」成功祈願祭

千葉)かつうらビッグひな祭り始まる 房総に春を告げる:朝日新聞デジタル 見上げたひな壇 勝浦で祭り開幕 : 地域 : 読売新聞オンライン  房総に春を告げる、千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」が22日始まった。市芸術文化交流センター「キュステ」など市内の各所に計3万体のひな人形が飾られた。3月3日まで。  市内中心部にある遠見岬(とみさき)神社では60段の石段に、約1800体のひな人形が飾られた。午前9時15分から、成功祈願祭があり、巫女(みこ)の小林真琴さん(32)による豊栄舞(とよさかのまい)が披露された。小林さん「訪れた人が、温かく幸せな気持ちになってくれればと願って舞いました」 おひなさまに感謝 川勾神社でお焚き上げ | 大磯・二宮・中井 | タウンニュース  二宮町の川勾神社で、おひなさまのお焚き上げが2月12日に行われ、思い出がつまったひな人形を奉納した人や参拝者などが人形を見送る神事に立ち会った。  9日から12日まで開催された「雛の吊るし飾り」展に合わせて、各家庭から納められた9組のおひなさまが境内の神楽殿に並んだ。最終日、宮司によるお清めと祝詞の奏上があり、感謝の気持ちを込めてひな人形が一つずつ浄火にくべられた。拝殿にも段飾りのおひなさまと吊るしびなが飾られました 今回はスイーツ強化 富山大和で「大九州展」(北日本新聞)  福岡県を中心に九州7県の人気物産が並ぶ「大九州展」が21日、富山大和で始まり、目当ての商品を買おうと、大勢の…

続きを読む