川越八幡宮で中学生が巫女さん修業

埼玉)中学生が巫女さん修業 川越八幡宮:朝日新聞デジタル  川越市立砂中学1年の女子生徒2人が、川越八幡宮で巫女(みこ)さんの修業中だ。市立各中が毎年取り組む社会体験事業で、砂中では55カ所の職場へ生徒2~4人ずつが向かう。八幡宮の2人は3日間の修業で、参拝者の御朱印帳に記入押印したり、拝殿で玉串拝礼を導いたりする役目も担う。「神様はいっぱいいるのだと勉強になった。御朱印は筆が細くて難しい」「装束を着たら、背筋が伸びる思いがした。責任感を持って巫女さんの仕事をやり遂げたい」 関門海峡に春を告げる雛流し 山口県下関市・赤間神宮2018年3月3日 WEDGE Infinity(ウェッジ)  山口県下関市、関門海峡に面した場所に立つ赤間(あかま)神宮。平安時代末期の壇ノ浦の戦いで幼くして没した安徳天皇が祀られており、境内には平家一門の墓もある。毎年3月には、春の風物詩となった「平家雛流し神事」が執り行われる。神事の開始は13時から 【東日本大震災】社殿再建や故郷再生へ一歩 福島・浪江の神社で7年ぶりの神事(1/2ページ) - 産経ニュース 浪江町で7年ぶり「請戸の田植踊」|日テレNEWS24  東日本大震災の津波で社殿が流され、宮司らが犠牲になった福島県浪江町の●(=くさかんむりに召)野(くさの)神社で18日、豊漁と海の安全を祈る「安波祭(あんばまつり)」が開かれ、7年ぶりに伝統の「田植踊」などが神前に奉納された。現在、神社は仮の社が建つだけだが、関係者は「今日がスタート…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が首相表敬

首相「梅干しで国会乗り切る」 福岡・天満宮使節が官邸を表敬 - 共同通信 首相「梅干しで乗り切る」:時事ドットコム 太宰府天満宮「梅の使節」が首相表敬:時事ドットコム 首相に“甘酸っぱい”贈り物 梅とチョコ 「衆院予算委乗り切れる」 - 産経ニュース 太宰府天満宮「梅の使節」が首相表敬 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 平成30年2月14日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬-平成30年2月14日 - 政府インターネットテレビ 「梅の使節」表敬 安倍首相に梅の盆栽プレゼント(FNN) 安倍首相は14日、福岡の太宰府天満宮のみこらによる「梅の使節」の表敬を受け、春を伝える、紅白の梅の盆栽をプレゼントされた。 安倍首相は「梅をいただいて、これで予算委員会を乗り切りますよ」と述べた。 この「梅の使節」の首相表敬は、1980年の大平首相のころから続いていて、2018年で37回目。 安倍首相は、宮司とみこから、紅白の梅と、境内の梅の木から採れた梅干しを贈られると、「いい香りだ」と思わず笑みをこぼしていた。毎年恒例 亀戸天神社にも。 hibakama / 緋袴白書RT @city_koto: 【大宰府天満宮から“飛梅”が春を届ける♪】  菅原道真公を祀る亀戸天神社(亀戸3)に、福岡県の太宰府天満宮から「梅の使節」が訪れ、紅白各1鉢の梅を神…

続きを読む

太田・大隅俊平美術館で「王朝装束着装実演」

東京新聞:平安貴族の正装の王朝装束着装実演 太田・大隅俊平美術館:群馬(TOKYO Web)  太田市の大隅俊平美術館で恒例の「王朝装束着装実演」があった。披露されたのは平安貴族の正装とされる女性の十二単(ひとえ)や男性の直衣(のうし)と呼ばれた衣装。  来場者の目の前で一枚一枚重ねて羽織り、憧れの十二単姿になったのはミス八瀬川の千吉良(ちぎら)菜穂さん(23)。直衣姿の光源氏を思わせる男性に扮(ふん)したのはミス太田の岩崎彩未(あみ)さん(19)。千吉良さんは「一度は着てみたいという夢はかないましたが重たいです」と苦笑い 神戸新聞NEXT|北播|平安貴族に変身 十二単の着付け体験 小野  十二単(ひとえ)と束帯を身にまとい、新年を祝う「新春着付け体験」が27日、兵庫県小野市立好古館(同市西本町)で開かれた。新婚や結婚を予定するカップルなど5組が平安貴族に“変身”し、高貴な気分を味わった。「着物が重たい分、歴史の重みを感じます。高貴な気分に浸ることができて、結婚の良い思い出になりました」 舞My姫っ子 茶道を体験(人吉新聞)  子どもたちの日本舞踊教室「舞My姫っ子」は20日、人吉市下青井町会館で茶道の初点を体験。もてなす方ともてなされる方、それぞれの心遣いや日舞に通じる所作を学んだ。  「舞My姫っ子」は藤間流むつみ会が指導する子どもを対象にした教室。礼儀作法など日舞にも通じる日本の美意識を学んでほしいと、毎月1回は茶道の稽古に充てている。今年度は、同市や…

続きを読む

勝浦・遠見岬神社「かつうらビッグひな祭り」成功祈願祭

ビッグひな祭り:30人が成功祈願 勝浦・遠見岬神社 - 毎日新聞  今年で18回目を迎える「かつうらビッグひな祭り」(2月23日~3月4日)の成功祈願祭が27日、メイン会場の一つである千葉県勝浦市浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社であった。  本殿に通じる60段の「冨咲(とみさき)の石段」には本番同様、地元婦人会員の手で約1800体のひな人形が飾られた。巫女さんが舞(たぶん豊栄の舞)を奉納 節分へ向け福豆煎る 宇部市の琴崎八幡宮 (宇部日報) - Yahoo!ニュース  宇部市大小路の琴崎八幡宮(白石正典宮司)で26日、2月3日の節分大祭用に向けた福豆煎りが行われた。神職、みこら9人が参拝客の幸せを祈って袋詰めし、約1万袋を準備した。今年は無料頒布用の4700袋、神楽用600袋、豆まき用の3900袋を用意した。  直径約40センチの焙烙(ほうろく)で大豆を煎った後、彩り豊かな五色豆を交ぜて袋に詰めた。作業場は豆の香ばしい匂いに包まれた。福豆の無料頒布は8時から午後7時まで1時間置き、豆まきは午前11時半、午後2時半、4時半に行われます 青森)小正月、家々巡り豊作祈る 東通で餅つき踊り:朝日新聞デジタル 家内安全願い、田植え餅つき踊り/東通 - 東奥日報社 田植え餅つき踊りで「小正月」青森・東通村|日テレNEWS24 15日は「小正月」、青森県東通村では伝統の田植え餅つき踊りが行われ、女性たちが豊作と家内安全を祈った。 田植え餅つき踊りは、下北地方に2…

続きを読む

国学院大学で「成人加冠式」

国学院大学で「加冠式」 平安時代の儀礼で新成人祝福 - シブヤ経済新聞 成人式、奈良・平安へタイムスリップ 国学院大で儀礼:朝日新聞デジタル いにしえの加冠式で大人の仲間入り 東京・国学院大学 | TOKYO MX NEWS 成人加冠式 | 國學院大學 取材日誌 いにしえの加冠式で大人の仲間入り 東京・国学院大学  国学院大渋谷キャンパスで20日、奈良・平安時代の成人儀礼「成人加冠式」が行われた。色鮮やかな衣装をまとった学生たちが学内にある神殿を参拝し、保護者や教職員、友人らから祝福された。国内の大学で、神式の成人式を公式行事にしているのは唯一といい、今年で11回目。  全学部を対象に参加者を昨年12月に募集。新成人の男子20人、女子26人の学生が参加した。きらびやかな衣装が特に女子学生に好評で、即日定員に達したという。参加者は着付けの方法を事前講習で学び、本番に臨んだ。在学生は神楽舞などを演じて新成人を祝いました 北海道)松前神楽が国重要無形民俗文化財へ:朝日新聞デジタル  道南地方を中心に伝承されてきた「松前神楽(まつまえかぐら)」が、国の重要無形民俗文化財に指定される見通しとなった。国の文化審議会が19日に文部科学相に答申し、3月上旬ごろに正式指定される予定で、道内では1984年の「アイヌ古式舞踊」に続いて2件目となる。  松前神楽は「悪霊退散」「天下太平」を祈る歌舞。松前町や福島町が発祥の地といわれ、350年以上の歴史があるとされる。写真【開花したソバ…

続きを読む

三浦で「チャッキラコ」

大漁や航海の安全願って 三浦で「チャッキラコ」|カナロコ|神奈川新聞ニュース 晴れ着で「チャッキラコ」…三浦 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 東京新聞:豊漁を願い少女が踊る 三浦でチャッキラコ:神奈川(TOKYO Web)  海上安全や大漁、商売繁盛などを祈る小正月の伝統行事「チャッキラコ」が15日、三浦市三崎の海南神社であった。鈴や色紙のついた「チャッキラコ」と呼ばれる竹の棒や扇を手にした4~12歳の少女29人が、女性の唄に合わせて6曲を披露した=写真=。国の重要無形民俗文化財で、二〇〇九年にはユネスコの無形文化遺産に登録 福島)災いを「うそ」に替えて 西根神社でうそかえ祭り:朝日新聞デジタル うそかえ祭:「鷽鳥」求め行列 無病息災を祈る 福島・高畑天満宮 /福島 - 毎日新聞 <うそかえ祭>不幸をうそに 幸運の鳥「鷽鳥」求め参拝客でにぎわう | 河北新報オンラインニュース  福島市飯坂町の西根神社境内にある高畑天満宮で、恒例の「うそかえ祭」が14日まで開かれており、不幸をうそに変える幸運の木彫り「鷽(うそ)鳥」を求める参拝客でにぎわっている。  鷽鳥はハチの大群に襲われた菅原道真公を救った鳥として知られ、祭り開催は東北でも珍しい。米沢市の職人が手掛けた極小(高さ9センチ、800円)から特大(27センチ、5000円)まで5種類 炎どんどん 参拝客どっと 東北各地で「どんと祭」 | 河北新報オンラインニュース  小正月の伝統行事「どん…

続きを読む

水戸八幡宮「はねつき神事」

茨城)羽根つきで作柄占い、結果は「豊作」 水戸八幡宮:朝日新聞デジタル  羽根つきの勝敗で今年の稲の作柄を占う「はねつき神事」と、邪気払いの矢を放って1年の厄災を払い除く「破魔弓神事」が8日、水戸市八幡町の水戸八幡宮の境内であった。  はねつき神事では、羽子板を手にした女性神職と巫女(みこ)の3組が羽根を打ち合って対戦。勝敗結果などから、今年の稲の作柄は「早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)ともに全体的に豊作になる」との占い結果が発表された。確か女性神職さんが巫女さんに勝つと豊作だったはず(解せぬ) 歩み白く清く 八幡平市・平笠裸参り(岩手日報) 女性も参加 平笠裸参り/岩手・八幡平市 | IBC NEWS  女性の荒行として知られる八幡平市指定無形民俗文化財の平笠裸参りは8日、同市内で行われた。白装束姿の女性や地元の平笠小児童ら37人が、一年の無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈って雪をたたえた山並みを背に農村部を練り歩いた。  一行は同市平笠の宮田神社で神事を行い出発。青空にくっきりと浮かび上がった岩手山が見守る中、のぼり旗や験竿(けんざお)などを手に同市大更の八坂神社を目指した。きりりと冷えた空気を切って歩を進め、ほら貝や鈴の音を響かせながら家々の前で拝礼した。子供たちも1人もリタイアすることなく到着 かるた新クイーン山下さん 名人は川崎さん3連覇 - 読んで見フォト - 産経フォト 競技かるた:初のクイーン位、山下六段笑顔 「夢かなえられ…

続きを読む

川崎・中野島稲荷神社の巫女さん

中野島在住青戸さん 「巫女さん」叶え、次の夢へ 春から神道学ぶ | 多摩区 | タウンニュース  「巫女さんになりたい」。小学生の頃からの夢を叶え、中野島稲荷神社で巫女として手伝いをする青戸かがみさん(18)。神職に就くことを目指し、春から国学院大学で神道を学ぶ。  幼少期から神社や寺院に興味があったという青戸さん。自然と「巫女さん」に憧れ、中野島小6年の時、自分の将来の姿をテーマに作った作品は巫女姿だった=写真下。中野島稲荷神社に通う中で奉賛会のメンバーに金子善光宮司を紹介してもらうと、祭礼や舞の研修会などに参加。高校生になり、初めて巫女として正月を迎えた。「自分で言葉遣いを調べたりして、最初は肝が冷えた」と振り返る。将来は神職、そして研究者を目指すそうです 都内で神楽公演 七つの舞を披露 神社音楽協会 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【東京】一般社団法人神社音楽協会(先﨑徑子会長)は旧臘九日、渋谷区の明治神宮会館で第三十六回神楽舞公演を開催した。  同会は昭和七年、元宮内省楽部楽長の多忠朝が神社音楽の刷新と充実を図るため設立。見に行きました hibakama / 緋袴白書今日は明治神宮会館で神社音楽協会の神楽舞公演を見てきました。撮影不可。演目は 1⃣八乙女の舞 2⃣呉竹の舞 3⃣靖國の舞 4⃣新年の舞(富岡の舞より変更) 5⃣みたま慰の舞 6⃣浦安の舞 7⃣悠久の舞 一度見に行きたかったので、行… https://t.co/UdA2PUsiO…

続きを読む

日光二荒山神社中宮祠で落ち葉焚き

秋に別れの落ち葉たき 立冬の奥日光・二荒山神社中宮祠|下野新聞「SOON」 立冬:奥日光で落ち葉たき /栃木 - 毎日新聞 立冬恒例 落ち葉焚き : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 昼夜の差15度の所も 寒暖差で?ネコ事故が増加(テレビ朝日)  立冬の7日、県内は移動性高気圧に覆われた影響で、各地で青空が広がった。宇都宮地方気象台によると、最高気温は佐野で21・1度、宇都宮と大田原が20・7度を記録したほか、那須高原や日光市土呂部では9月下旬並みの陽気となった。  奥日光・中禅寺湖畔にある日光二荒山神社中宮祠では、立冬恒例の「落ち葉焚たき」があり、神職や八乙女(やおとめ)と呼ばれる巫女(みこ)が竹ぼうきで境内を掃き清め、集められたカエデやツツジなどの落ち葉を燃やした。奥日光の紅葉は終盤に 霜月神楽、夜を徹し厳かな舞 横手市大森町の神社|秋田魁新報電子版 秋田)横手市で五穀豊穣を願う霜月神楽:朝日新聞デジタル  今年の収穫に感謝し、来年の五穀豊穣(ほうじょう)などを願う霜月神楽が7日夜から8日早朝まで横手市大森町八沢木の保呂羽山波宇志別神社里宮神殿であった。神殿に集まった観客数十人は眠気をこらえながら、厳かに続く国の重要無形民俗文化財の神事を見守っていた。  神楽は仙北市や地元から集まったみこや神職10人で奉納された。笛や太鼓やかねの音に合わせ、ササの葉を束ねた湯ほうきを釜のお湯に浸しては神楽座を清め、入れ替わっては次々と舞った。「みこ舞の保…

続きを読む

國學院大學観月祭

神職の学び舎に響く、観月の調べ。 | Blog | Pen Online 今回、國學院大學神道文化学部の学生達が毎年実施している「観月祭」にご招待いただいた。 代官山からほど近い渋谷キャンパスは近年校舎が一新され、現代的な都市型大学として整備された。 明治15年に創設された皇典講究所に端を発する由緒ある歴史を基礎に、日々進化を続けているのだ。今回取材した観月祭もその進化の一つ。長年、学生たちに受け継がれていた想いが結実し、平成22年から始められた「古くて新しい祭り」である。10月16日。写真は「浦安の舞」「迦陵頻」 成長願い千歳飴一つ一つ 「七五三」前に袋詰め、福島稲荷神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  11月15日の「七五三」を前に、福島市の福島稲荷神社(丹治正博宮司)で千歳飴(あめ)の袋詰めが行われている。  飴は昔ながらの製法で作られる、素朴な味わい。神職が子どもたちの元気な成長を願いながら「松竹梅」や「鶴」「亀」など縁起物が描かれた袋に一つ一つ丁寧に入れていた。作業は今月いっぱい続けられる。10月19日の記事でした

続きを読む

佐野・唐澤山神社秋季例祭で浦安の舞奉納

児童が奉納「浦安の舞」 佐野の唐澤山神社で例大祭|下野新聞「SOON」  【佐野】富士町の唐澤山神社(佐野正行(さのまさゆき)宮司)で25日、秋季例祭が開かれ、栃本小の児童が恒例の「浦安の舞」を奉納した。  舞は地域で継承されており、6年生の女子4人が夏休みから練習を始めていた。この日は4人のうち、小平心音(おだいらここね)さん(11)と矢沢瑞咲(やざわみさき)さん(12)が披露した。舞は、11月26日の全国山城サミットなどのイベントでも披露 稚児風流稲穂を抜けて 筑後市の水田天満宮 「シャグマ」を新調 [福岡県] - 西日本新聞  約600年前の室町時代に始まったと伝わる県指定無形民俗文化財「水田天満宮稚児風流」が25日、筑後市水田の水田天満宮一帯であった。今年は頭にかぶる赤色の「シャグマ」14個を90年ぶりに新調。陣羽織を着た4歳から中学生までの子どもたちが「ハーエンヤアイ、ヤーアイ」の掛け声を上げながら地区内を練り歩いた。別名「ドイカンカン(ドイキャンキャン)」とも 千歳飴の袋詰め、大詰め 福井・佐佳枝廼社:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  子どもの健やかな成長を願う七五三参りのシーズンを前に、福井市大手三の佐佳枝廼(さかえの)社では、祈祷(きとう)を受けた子どもに配る千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が大詰めを迎えている。  同社では五日から来月三十日まで七五三の参拝を受け付け、二十センチほどの千歳飴と菓子、絵本が入った授与袋を配っている…

続きを読む

川崎・武州柿生琴平神社で浦安の舞奉納

実りへの感謝込め | 麻生区 | タウンニュース  収穫の秋、武州柿生琴平神社(志村幸男宮司)で9日、秋祭りが行われた。  例大祭、こども神輿巡行の後、本殿で行われた秋祭りは例年、実りや五穀豊穣への感謝を込め、行われている。会場には多くの人が訪れ、和太鼓の演奏で幕開け。地域の子どもたちによる奉納神前神楽「浦安の舞」も披露された。この神楽舞は、同神社本殿の竣工を記念して2011年に始まり、その後も同神社の秋祭りで継続して行われている。人数多い。見に行きたかった… 生田神社で千歳飴の袋詰めピーク : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  七五三(11月15日)を前に、神戸市中央区の生田神社で千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業がピークを迎えている。  近年は混雑を避けるため10月中にお参りをする家族も多く、境内の一室では、はかま姿の巫女(みこ)らが長さ約15センチの紅白の飴を紙袋に手際よく詰め込んでいた。11月末までのシーズン中、合計約2000袋を用意する。外国籍の家族50組を招いて七五三の体験会を行う予定 清少納言の衣装を新調 京都、時代祭を前に公開 - 読んで見フォト - 産経フォト 清少納言の衣装、紅色引き立つ 京都・時代祭 : 京都新聞 hibakama / 緋袴白書RT @kyoto_np: 【京都新聞ニュース動画】京都三大祭りの一つ時代祭(10月22日)を前に、清少納言の唐衣など新調された衣装の発表が12日、左京区の平安神宮で行わ…

続きを読む

宇都宮・蒲生神社で「観月会」

東京新聞:中秋の名月と舞を楽しむ 宇都宮の蒲生神社で「観月会」:栃木(TOKYO Web) 4日は中秋の名月 神社で観月会 宇都宮(とちぎテレビ)  この神社は江戸時代後期に皇室の陵墓保全などを訴えた儒学者蒲生君平(くんぺい)が祭られ八幡山の森の中にある。宮司の葭田孝(よしだたかし)さんは八坂神社(同市)の宮司を兼務しており、同神社氏子により受け継がれてきた雅楽や太々神楽(だいだいかぐら)(市無形文化財)による観月会が毎年催されている。  特設舞台には、日光市の草月流創作華道家川村晃仙(こうせん)さんによるタケやススキなどを生けた巨大な月見飾りが設けられ、雅楽が奏でられる中、地元の小学生の女児5人が厳かな巫女舞を披露した。会場では、月見団子やけんちん汁が振る舞われました 静岡)浅間神社で幽玄の舞:朝日新聞デジタル  中秋の名月の4日、月をめでながら幽玄の神楽舞を楽しむ「仲秋管絃祭」が静岡浅間神社(静岡市葵区)であった。伝統音楽と舞を神に奉納し、平和を祈願するのが祭の趣旨。笙(しょう)や龍笛(りゅうてき)などの管楽器を用いて演奏する「神楽」や「管絃」が披露され、来場者約500人を魅了した。巫女さんの舞もあったようです→静岡浅間神社 仲秋管絃祭[静岡市葵区]|アットエス 湊川神社で七五三を前に千歳飴4千セット袋詰め 兵庫 - 産経ニュース  七五三シーズンを前に、神戸市中央区の湊川神社で、参拝者に配る千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が行われた=写真。子供たちの健やかな…

続きを読む

鴻巣・鎌塚八幡神社例大祭で「浦安の舞」奉納

巫女姿の小4少女ら舞を奉納、扇と鈴を手に優雅に踊り 鴻巣・鎌塚の神社で例大祭(埼玉新聞)  鴻巣市鎌塚の鎌塚八幡神社の例大祭で、鎌塚地区の小学4年の女の子5人が「浦安の舞」を奉納した。巫女(みこ)装束の緋袴(ひばかま)を付けた女の子たちが扇と鈴を手にして踊ると、辺りは厳かな雰囲気に包まれた。  同神社は約350年前、応神天皇を祭神に創建。台風の影響で倒壊した社殿の再建を機に1971年から「浦安の舞」を奉納しており、46回目になる。子供たち「満足できる舞が踊れました」 長崎くんち:御朱印帳が人気 5枚で1枚の絵に - 毎日新聞  諏訪神社(長崎市上西山町)で10月7日に始まるお祭り「長崎くんち」を前に、同神社で入手できる、くんちの演(だ)し物をあしらった御朱印帳が人気だ。  諏訪神社が参拝者の要望に応えて4年前から製作。色鮮やかな糸を織り込んだ刺しゅうのカバーで、表は龍(じゃ)踊り、裏は今年の踊町、東濱町が演じる勇壮な竜宮船が描かれている。9月1日から同神社で授与を始め、くんちの期間中(10月7~9日)は、御旅所(おたびしょ)(同市元船町)でも手に入れることができる。既出。巫女長さん「県内外の人に御朱印をきっかけに神社を訪れてもらい、くんちに親しんでもらえたら」 綾子舞:優雅、1200人を魅了 柏崎の小中学生ら11演目 /新潟 - 毎日新聞 500年の伝統 「綾子舞」魅了 柏崎・女谷|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  柏崎市女谷(おなだに)地区に伝…

続きを読む

行方・化蘇沼稲荷神社例大祭で巫女舞奉納

【茨城新聞】“静と動”で参拝客魅了 児童、巫女舞と相撲奉納 行方市内宿の化蘇沼稲荷神社で25日、例大祭が開かれ、伝統ある巫女(みこ)舞と奉納相撲を地元の小学生たちが披露した。女子児童たちによる優雅な舞と男子児童らによる迫力ある熱戦。“静と動”の二つの奉納行事が集まった多くの参拝客らを魅了した。 「関取稲荷」として知られる同神社は1478年に創祀(そうし)され、1534年に武田氏が再建。再建の際に五穀豊穣(ほうじょう)を祈願して奉納相撲を行ったのが始まりとされる。後に、地元の女子児童による巫女舞奉納も行われるようになった。 同日は、拝殿で華麗な衣装に身を包んだ女児たちが、扇と鈴を手に雅楽の音色とともにゆっくりとした動作で舞った。たしか浦安の舞ですが衣装が独特 福島)詩人・和合さんらが創作神楽 鎮魂と再生願い:朝日新聞デジタル 再生祈り「未来神楽」奉納へ 詩人和合さんが創作 福島で26日 | 河北新報オンラインニュース  東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの再生への祈りを込め、福島市の詩人和合亮一さん(49)が創作した「ふくしま未来神楽」が26日、同市の福島稲荷神社に奉納される。  神楽は冠雪の吾妻山(福島、山形両県)に浮かぶ白ウサギから着想した「大黒さま」と福島県飯舘村の山津見神社に復活した天井絵がモチーフの「狼(おおかみ)」、五穀豊穣(ほうじょう)を願う「恵比寿さま」。3番とも和合さんが新たに台本を書き、福島市の劇団員など県内外の約30人が踊りや演奏で参加…

続きを読む

東京・赤城神社で映画のヒットと安全祈願

【動画】『アナベル 死霊人形の誕生』のアナベルが神社で祈祷を受ける[ホラー通信] | ガジェット通信 GetNews 呪いの人形・アナベルと一緒に大ヒット祈願! 『アナベル 死霊人形の誕生』 | 映画がもっと面白くなる映画情報サイト「ムビッチ」 “実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密に迫る新作ホラー、『アナベル 死霊人形の誕生』。すでに公開中の全米では大作を抑えて初登場1位を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破している。世界に続き日本でも旋風を巻き起こすべく、23日(水)東京・赤城神社にて「大ヒット&宣伝活動安全祈願」が開催された。「あと、巫女さんがめっちゃ美人でした!」いろいろ突っ込みどころが… 神楽殿完成で奉祝祭 | 中区・西区 | タウンニュース  伊勢山皇大神宮(池田正宏宮司)の「神楽殿」がこのほど完成し、8月9日には同所で「奉祝祭」が執り行われた。氏子をはじめ工事関係者ら約180人が参列した。池田宮司は、今回の神楽殿竣功を2年後の創建150年に向けた記念事業のスタートと位置付けており、来年には新本殿の造営が始まる予定だ。 (中略)  奉祝祭では、ショウやヒチリキなどが奏でられるなか、池田宮司をはじめ神官が神楽殿に奉納。巫女による浦安の舞も披露された。横浜。紹介済み

続きを読む

リトアニアで鶴岡八幡宮による御神楽公演

リトアニアで御神楽の公演など 鶴岡八幡宮 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  バルト海に面するリトアニア共和国で六月二十一日から二十四日にかけて、神奈川県鎌倉市・鶴岡八幡宮の吉田茂穗宮司以下神職や巫女が、日本文化や神道についての講演並びに御神楽の公演をおこなひ、両国間の文化交流を図った。雰囲気良さげですね ⇒鶴岡八幡宮による御神楽公演等 : 在リトアニア日本国大使館 白山比め神社奉祝大祭 世紀超えた恵み 感謝:北陸写真ニュース:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)  石川県白山市の白山比め(しらやまひめ)神社の白山開山1300年記念奉祝(ほうしゅく)大祭は10日、祭典が営まれた。長年にわたって恵みをもたらし、信仰を集めてきた白山(2、702メートル)に、県内外の神社関係者や氏子ら約400人が感謝した。  祭典は3日間の奉祝大祭で最大規模の神事。村山和臣(かずおみ)宮司(65)が祝詞を奏上し、御神楽(みかぐら)「人長(にんちょう)の舞」が奉納された。白山市の山田憲昭市長や氏子、崇敬者代表らが玉ぐしをささげた。最終日の11日は慶賀祭や奉納芸能祭が

続きを読む

神田明神で「うち水っ娘大集合!2017」

うち水っ娘大集合!:秋葉原メイドら20人が打ち水 小雨の中でも元気いっぱい「涼しくな~れ!」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)  秋葉原の夏の風物詩となるイベント「うち水っ娘大集合!2017」が11日に開催され、秋葉原エリアで働くメイドら20人が神田明神(東京都千代田区)で打ち水を行った。小雨の中でのイベント開催となったが、参加者たちは神田明神の御神殿の前で、「涼しくな~れ!」というかけ声とともに元気いっぱいに水をまき、観光客らの注目を浴びた。巫女さんの写真少ない… hibakama / 緋袴白書RT @kanda_myoujin: つい先ほど社殿前において打ち水っ娘大集合!2017が開催されました。 当社大鳥居宮司、江戸っ子みこしー、巫女さんが参加し境内が涼しげになりました! https://t.co/CssNF2fgAv at 08/11 12:49 銀座で打ち水 路上に幾重もの“アーチ” - 産経ニュース 800人が打ち水 銀座のホコ天に涼しい風  真夏の東京・銀座の歩行者天国を打ち水で冷ます「銀座涼風計画」が6日行われ、浴衣姿の女性ら約800人がおけにくまれた水をまいて、路上に幾重もの“アーチ”を描いた。「48・9度の路面温度が2度の打ち水で40・9度まで低下」暑すぎ 打ち水で豊岡に「涼」 | 鶴見区 | タウンニュース  浴衣姿で一斉に打ち水を行うイベント「地球を冷ませ2017in豊岡」が、7月30日、JR鶴見駅西口の豊岡通りで行われた。今年…

続きを読む

鶴岡八幡宮で明日から「ぼんぼり祭」

東京新聞:ぼんぼり灯る 鎌倉の夜 あすから鶴岡八幡宮 庵野監督ら作品寄せる:神奈川(TOKYO Web)  鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)は6~9日、「ぼんぼり祭」を開く。大小400基のぼんぼりを灯(とも)し、夏の夜を楽しんでもらう。  祭は79回目。立秋(今年は7日)の前日から9日までと定められ、盛夏の風物詩になっている。  鎌倉ゆかりの画家や文人らがぼんぼりに書画を寄せ、今年は歌舞伎役者の中村獅童さん、洋画家の佐藤泰生(たいせい)さん、映画監督の庵野秀明さんらの作品を張ったぼんぼりを掲げる。日没後に巫女さん、神職がぼんぼりのろうそくに点灯 東京新聞:茅の輪くぐりと雅楽の夕べ 安中・咲前神社:群馬(TOKYO Web)  安中市鷺宮の咲前(さきさき)神社(和田雅之宮司)で七月三十一日、茅(ち)の輪くぐりと雅楽演奏会「雅楽の夕べ」があった。雅楽演奏とともに舞楽が神楽殿で披露され、夏の夕空に古典の調べが響き渡った。  夏越の大祓(はらえ)神事とともに古典芸能の「雅楽」を市民に楽しんでもらおうと、東京・品川の雅楽演奏団体「雅楽道友会」、高崎市の高崎雅楽稽古所「楽柊会」を招いた。  束帯に身を包んだ楽柊会の会員が管弦「壱越調音取(いちこっちょうねとり)」や「新羅陵王急」の演奏の後、雅楽道友会との共演で仮面を着け、勇壮に舞う舞楽「抜頭」を披露した。この時期は暑そうです…

続きを読む

草津温泉感謝祭

草津温泉感謝祭:「女神降臨」 観光客らに感謝 群馬 - 毎日新聞 湯畑に「女神降臨」 夏の風物詩・草津温泉感謝祭  : 上毛新聞ニュース  群馬県草津町最大のイベント「草津温泉感謝祭」が1日夜、始まった。2日まで。  感謝祭は、江戸時代に湯治客が入湯して1年の無病息災を願った習慣が起源。1946年に観光客らに感謝の気持ちを伝える現在の形に改められた。  今年の「女神」役、小林萌さん(24)=草津町草津=が、巫女(みこ)や白丁(はくちょう)と呼ばれる付き人に扮(ふん)した地元の子どもたちとともに登場する「女神降臨」で開幕し、四つの源泉の湯を一つのおけに混ぜる「お汲(く)み合わせの儀」が行われた。2日は午後1時から「献湯」があり、午後9時の「女神昇天」でフィナーレ 柳まつり:夏を彩る 豊岡おどりや稚児行列 きょうも多彩なイベント /兵庫 - 毎日新聞  豊岡市中心部で1日、毎年恒例の柳まつりが始まった。柳の宮神社(豊岡市小田井町)での例大祭の後、みこしと稚児行列が神社を出発し、沿道の保護者や地元住民らに見守られながら元町通りや大開通りを練り歩いた。2日は午後8時から花火大会が おんぱら祭り 無病息災を祈って…神馬引き(奈良テレビ放送) おんぱら祭り 無病息災を祈って…神馬引き  花火大会で知られる「おんぱら祭り」の神事が奈良県桜井市の綱越神社で行われ、御幣を立てた馬が引かれました。  綱越神社は大神神社の摂社で、大鳥居のすぐ近くに社があり、7月31日に例…

続きを読む