平塚八幡宮「ぼんぼりまつり」

350灯 境内彩る | 平塚 | タウンニュース  浅間町にある平塚八幡宮(宅野順彦宮司)で17日〜19日、秋の風物詩「ぼんぼりまつり」が開かれ、多くの人でにぎわった。  ぼんぼりまつりは現在の名称である「平塚八幡宮」に改称したことを記念して1978年から始まった。  境内には、神社に隣接するつるみね幼稚園の園児や市民が手がけたぼんぼり=写真=350灯が立てられた。夕暮れが近づ…

続きを読む

関東Comment (0)

神社のおみくじが国際化

神社もオモテナシ 外国語おみくじ・バイリンガル巫女…:朝日新聞デジタル  日本を訪れる外国人が年間2千万人に迫る中、観光で人気の神社でも国際化が進んでいる。外国語のおみくじを置いたり、英語を話せる巫女(みこ)を育成したり。文化の理解につながる工夫を凝らす。2020年の東京五輪を見据え、神社本庁も対応に乗り出した。 (中略)  神社独自の取り組みも広がっている。神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮…

続きを読む

関東Comment (0)

神田明神「巫女さん入門講座」

【動画】神田明神、巫女さん入門講座 - 動画 - 産経フォト 神田明神・巫女さん入門講座  江戸総鎮守として名高い神田明神で18日、「巫女さん入門講座」が行われた。神田明神の「巫女さん入門講座」は初級編と中級編にわかれており、この日行われた中級編には高校生から社会人まで18人の未婚女性が参加した。  巫女装束に着替え、神田明神の歴史や神道における心の置き方、巫女舞などの講義を受けたほか…

続きを読む

関東Comment (0)

草津温泉で「温泉感謝祭」

草津温泉で「温泉感謝祭」、2日間で1万2千人の入り込み(観光経済新聞) 群馬、草津温泉で感謝祭 源泉の湯、合わせる儀式 - 読んで見フォト - 産経フォト  感謝祭は土用の丑の日、丑の刻(午前2時頃)に入浴すると1年中無病息災であるという言い伝えにより、温泉の恵みに感謝する意味で始まった「丑湯祭」が起源。今回で71回目となる。  1日夕、第71代温泉女神の山口紗希さん(22)が降臨…

続きを読む

関東Comment (0)

鶴岡八幡宮であすから「ぼんぼり祭」

東京新聞:鎌倉の夏をゆらり彩る 鶴岡八幡宮であすから「ぼんぼり祭」:神奈川(TOKYO Web)  鎌倉の盛夏の風物詩として人気が高い「ぼんぼり祭」が6日から9日まで、鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で行われる。今年も大小の約400基のぼんぼりが夜の参道を彩る。  この祭りは今年で78回目。期間は立秋(今年は7日)の前日から9日までと定められている。ぼんぼりには毎年、鎌倉ゆかりの著名人が書画を寄…

続きを読む

関東Comment (0)

益子・太平神社「献花祭」

子ども巫女がアジサイを奉納 益子・太平神社|下野新聞「SOON」 hibakama / 緋袴白書RT @mashiko_kankou: あじさい祭り【献花祭】6/24かわいい4人の稚児さんが春夏秋冬一年間の無事と自然の恵み感謝し、ご神前にあじさいを奉納いたしました。1年12か月になぞられて3回奉納します。 稚児さんのニコニコ笑顔に、集まった皆さんもほっこり https:/… at 0…

続きを読む

関東Comment (0)

湯西川温泉「平家絵巻行列」

湯西川温泉「平家絵巻行列」 温泉街を優雅に練り歩き 日光|下野新聞「SOON」 栃木)平家絵巻行列さわやかに 湯西川温泉街:朝日新聞デジタル  平家落人伝説が残る日光市の湯西川温泉街で5日、平家大祭がフィナーレを迎え、恒例の「平家絵巻行列」の100人が、新緑あふれる約1キロの山道をさわやかに練り歩いた。  福島県境の同地区に、平家が滅亡した壇ノ浦の戦いから800年を経た1985年…

続きを読む

関東Comment (0)

三社祭で「浦安の舞」披露

東京新聞:復興、平穏 浅草から祈る 三社祭で「浦安の舞」披露:社会(TOKYO Web)  熊本地震の発生から一カ月を迎えた十四日、三社祭が開かれている浅草神社(東京都台東区)で、被災地の早期復興を願う祈願祭が開かれた。例年、三社祭の期間中に「例大祭式典」を行っているが、今年は地震発生を受けて、式典とともに祈願祭を開催することにした。  矢野泰良(やすら)宮司は、地域の発展を願う通常の祝…

続きを読む

関東Comment (0)

那須烏山・熊田太々神楽で巫女舞の年齢引き下げ

伝統の「巫女舞」絶やさないため、踊り手年齢引き下げ 那須烏山の熊田太々神楽|下野新聞「SOON」  【那須烏山】急速に進む少子化で伝統芸能の担い手の子どもたちが少なくなり、継承が危うくなっている。熊田の市指定無形民俗文化財、熊田太々神楽では「巫女舞(みこまい)」の踊り手が来年以降いなくなり、同神楽保存会では女の子踊り手の年齢を12~15歳から引き下げることになった。熊田西自治会公民館で10…

続きを読む

関東Comment (0)

大山阿夫利神社で春の山開き

春の山開き 大山阿夫利神社で安全祈願|カナロコ|神奈川新聞ニュース  伊勢原市の大山阿夫利(あふり)神社で5日、春季大祭始めとなる春の山開きが行われた。神職が登山客の安全と地域の五穀豊穣(ほうじょう)、商売繁盛などを祈った。  山開きは毎年、春と夏に行われている。下社で巫女(みこ)の舞や酒、もち、野菜などが奉納された。枝垂れ桜や山桜はこれから見頃 繁栄祈り稚児行列華やかに | 河北…

続きを読む

関東Comment (0)

赤坂・日枝神社「桜茶会」

日枝神社で桜茶会 みこが参拝者に「幸福茶」振る舞い - 赤坂経済新聞  日枝神社(千代田区永田町2)で3月25日、「桜茶会」が開かれる。  同神社の茶会は、日泉(ひよし)流という煎茶礼道で、煎茶や玉露などの茶葉を急須などに湯を注いで茶を飲む形式で行われる。同流儀は、1990年11月に小泉萌生宗匠が同神社の宮司より流名を受け創流。広報担当の伊久さんは「煎茶の点前を通して自然の恵みに感謝し、…

続きを読む

関東Comment (0)

日光二荒山神社で八乙女の新人研修

新人みこが研修 日光二荒山神社|下野新聞「SOON」  【日光】「八乙女(やおとめ」と呼ばれるみこの新人研修が行われている山内の日光二荒山神社で18日、研修の様子が報道陣に公開された。  同神社は毎年数人の八乙女を採用しているが、5人が入社するのは11年ぶりという。先輩の八乙女らから神楽舞での扇や鈴の持ち方、足の運び方を教わりました 金丸小児童、伝統の「永代々神楽」舞う 大田原…

続きを読む

関東Comment (0)

首相官邸で久留米椿の贈呈

平成28年3月16日 久留米つばきの贈呈 | 平成28年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 久留米つばきの贈呈-平成28年3月16日 - 政府インターネットテレビ hibakama / 緋袴白書RT @kantei: ≪総理の動き≫本日(3月16日)安倍総理は官邸で久留米つばきの贈呈を受けました。⇒ https://t.co/jKz17IeB68 https://t.c…

続きを読む

関東Comment (0)

江の島で「貝供養神事」

江の島で貝の恵みに感謝 稚児らハマグリを放流|カナロコ|神奈川新聞ニュース  江の島(藤沢市)に恵みをもたらす貝類に感謝の祈りをささげる「貝供養神事」が13日、島内で行われた。きらびやかな衣装を身にまとった稚児らが島内を練り歩き、たどり着いた海に稚貝を放流した。  貝類は観光客をもてなす食材や貝細工の材料として、江の島にとって欠くことのできない海産物。そんな貝類の供養のため以前から地元で…

続きを読む

関東Comment (0)

鎌倉宮の神職らが由比ヶ浜を清掃

東京新聞:海岸の安全願い 由比ケ浜をきれいに 鎌倉宮の神職ら清掃:神奈川(TOKYO Web)  春本番を思わせる陽気になった三日、鎌倉市では鎌倉宮(同市二階堂)の長岡仁志宮司ら神職、みこさんら約十人が由比ケ浜海岸に出て、ごみ拾いなど清掃を行った。  鎌倉宮は「海があるのが鎌倉の良さの一つ」と海を大事にしており、毎年、季節ごとに海岸の清掃を行っている。  この日は今年最初の海岸清掃にあ…

続きを読む

関東Comment (0)

行方で稚児行列が20年ぶりに復活

【茨城新聞】「稚児行列」が20年ぶり復活 行方 20年ぶり稚児行列 行方 きらびやかな衣装に身包む 行方市内で開かれている「第4回行方の雛まつり」(行方市商工会主催)に合わせ、同市麻生の蓮城院(宮川孝栄住職)の「稚児行列」が21日、20年ぶりに復活し、きらびやかな衣装に身を包んだ子どもたちが、麻生陣屋商店街を練り歩いた。 同寺の稚児行列は、子どもたちの健やかな成長を祈る行事として行われ…

続きを読む

関東Comment (0)

太宰府天満宮「梅の使節」が官邸表敬

平成28年2月8日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 平成28年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬-平成28年2月8日 - 政府インターネットテレビ hibakama / 緋袴白書RT @kantei: ≪総理の動き≫本日、安倍総理は官邸で太宰府天満宮「梅の使節」による表敬を受けました。⇒ https://t.co/NT8m38…

続きを読む

関東Comment (0)

三浦・三崎「チャッキラコ」

豊漁願う小正月の舞(タウンニュース) 少女の舞で海へ祈り 三浦「チャッキラコ」(神奈川新聞)  国指定の重要無形民俗文化財やユネスコの無形文化遺産に登録されている三崎下町の伝統芸能「チャッキラコ」が、今月15日に海南神社ほかで執り行われた。  家内安全、商売繁盛、大漁・海上安全などを祈念し、小正月にあたる毎年1月15日に奉納されているもので、地元の仲崎と花暮地区の女性が受け継ぐ恒…

続きを読む

関東Comment (0)

小山「花桶かつぎ」

「花桶」担ぎ練り歩き 子の成長願い伝統行事 小山|下野新聞「SOON」 「花桶」担ぎ練り歩き 子の成長願い伝統行事 小山|栃木の動画サイトDoSOON 闇夜に映える「花桶かつぎ」 小山  小山市寒川地区の伝統行事「花桶(おけ)かつぎ」が23日夕行われ、晴れ着姿の稚児たちが色紙で華やかに飾られた桶を担いで地区内を練り歩いた。  五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、子どもたちの健や…

続きを読む

関東Comment (0)

水戸八幡宮はねつき神事

【茨城新聞】新年の門出祝う 水戸八幡宮はねつき神事 水戸八幡宮で「はねつき・破魔弓神事 」 今年一年の除災招福を祈願する新春恒例の「はねつき・破魔弓神事」が11日、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清孝宮司)で開かれた。多くの参拝者が見守る中、稲の豊凶を占う羽根突きや伝統的な武術の奉納が行われ、新年の門出と飛躍を祝った。同宮、水戸人形組合主催、茨城新聞社後援。 神事では、宮司による邪気払い…

続きを読む

関東Comment (0)