大田原で「城鍬舞」奉納

「城鍬舞」歴代藩主に奉納 大田原で墓前祭|下野新聞「SOON」 大田原藩主墓前祭:児童ら城鍬舞 光真寺 /栃木 - 毎日新聞 歴代藩主を供養 城鍬舞奉納 大田原  【大田原】大田原藩主の菩提(ぼだい)寺、山の手2丁目の光真寺で23日、歴代藩主らを供養する墓前祭が行われ、県指定無形民俗文化財「城鍬舞(しろくわまい)」が奉納された。  城鍬舞は大田原資清(すけきよ)が大田原城築城に動員し…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が官邸表敬

平成29年2月8日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 平成29年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬-平成29年2月8日 - 政府インターネットテレビ hibakama / 緋袴白書RT @kantei: ≪総理の動き≫本日(2月8日)安倍総理は官邸で太宰府天満宮「梅の使節」による表敬を受けました。⇒https://t.co/Iq…

続きを読む

香取神宮で節分の豆まき

福娘が「鬼は外」 年男年女も威勢良く 香取神宮 | 千葉日報オンライン  香取市の香取神宮(香取武宮司)で3日、節分の豆まきが行われた。宇井成一市長をはじめ、約60人のかみしも姿の「年男年女」が拝殿の廊下から威勢良く縁起物の福豆をまくと、多くの参拝客らは今年1年間の ・・・写真「福娘が「鬼は外」と豆をぶつけて赤鬼と青鬼を香取神宮の社殿外へ追い出した」 豊作願って『伝統の舞』 棚倉・八…

続きを読む

東京・亀戸天神社「うそ替え神事」

うそ替え神事、始まる 東京・亀戸天神社 - 読んで見フォト - 産経フォト  東京都江東区の亀戸天神社で24日、恒例の「うそ替え神事」が始まり、多くの参拝者で賑わった。  「悪しきを嘘にして吉に取り(鳥)替える」という慣わしで、人々は前年に頒布された鷽(うそ)と呼ばれる鳥の木彫りのお守りを納め、新しいものと交換した。受験シーズンの合格祈願としても人気がある。権禰宜の毛利勇人さん(32)は…

続きを読む

三浦市三崎・海南神社「チャッキラコ」

豊漁など願い「チャッキラコ」 三浦|カナロコ|神奈川新聞ニュース  国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている民俗芸能「チャッキラコ」が15日、海南神社(三浦市三崎)などに奉納された。4~12歳の女の子21人が、豊漁や海上の安全などを願って華麗に舞った。  三崎の仲崎、花暮地区に伝わる小正月の行事。音頭取りと呼ばれる成人女性の唄に合わせ、少女たちは「鎌倉節」や「お…

続きを読む

水戸八幡宮ではねつき神事

茨城)水戸八幡宮ではねつき神事:朝日新聞デジタル  羽根つきの勝敗で今年の稲の豊凶を占う「はねつき神事」が9日、水戸市八幡町の水戸八幡宮であった。1592年の創建以来続く全国でも珍しい神事。会場では、あでやかな晴れ着姿の新成人らも羽根つきを楽しんだ。  雨上がりで地面がぬかるんでいたこの日は、神事の場所を境内の広場から拝殿に変えて、女性の神職と巫女(みこ)の3組が羽根つきをした。勝敗…

続きを読む

明治神宮で雅楽と武道の催し「和の心」

明治神宮で雅楽と武道…秋篠宮ご夫妻も鑑賞 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  神職らが雅楽と武道を披露する催し「和の心」が10日、東京都渋谷区の明治神宮で開かれた。  同神宮が鎮座100年を迎え、東京五輪・パラリンピックも開かれる2020年に向けて、日本の伝統文化への理解を深めてもらおうと企画された。この日は、秋篠宮ご夫妻も武道の演武を鑑賞された。 …

続きを読む

国学院大学「観月祭」

いにしえの舞を披露:時事ドットコム 東京都渋谷区の国学院大学で15日、舞や雅楽とともに秋の月をめでる「観月祭」が行われた。約120人の学生がいにしえの装束を身にまとい、約5カ月の稽古の成果を披露すると、観客は惜しみない拍手を送っていた。以前と場所が変わったようです 熊本震災復興祈願 第7回観月祭 | 國學院大學 取材日誌 東京新聞:熊谷で児童4人が伝統の神楽舞:埼玉(TOKYO W…

続きを読む

平塚八幡宮「ぼんぼりまつり」

350灯 境内彩る | 平塚 | タウンニュース  浅間町にある平塚八幡宮(宅野順彦宮司)で17日〜19日、秋の風物詩「ぼんぼりまつり」が開かれ、多くの人でにぎわった。  ぼんぼりまつりは現在の名称である「平塚八幡宮」に改称したことを記念して1978年から始まった。  境内には、神社に隣接するつるみね幼稚園の園児や市民が手がけたぼんぼり=写真=350灯が立てられた。夕暮れが近づ…

続きを読む

神社のおみくじが国際化

神社もオモテナシ 外国語おみくじ・バイリンガル巫女…:朝日新聞デジタル  日本を訪れる外国人が年間2千万人に迫る中、観光で人気の神社でも国際化が進んでいる。外国語のおみくじを置いたり、英語を話せる巫女(みこ)を育成したり。文化の理解につながる工夫を凝らす。2020年の東京五輪を見据え、神社本庁も対応に乗り出した。 (中略)  神社独自の取り組みも広がっている。神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮…

続きを読む

神田明神「巫女さん入門講座」

【動画】神田明神、巫女さん入門講座 - 動画 - 産経フォト 神田明神・巫女さん入門講座  江戸総鎮守として名高い神田明神で18日、「巫女さん入門講座」が行われた。神田明神の「巫女さん入門講座」は初級編と中級編にわかれており、この日行われた中級編には高校生から社会人まで18人の未婚女性が参加した。  巫女装束に着替え、神田明神の歴史や神道における心の置き方、巫女舞などの講義を受けたほか…

続きを読む

草津温泉で「温泉感謝祭」

草津温泉で「温泉感謝祭」、2日間で1万2千人の入り込み(観光経済新聞) 群馬、草津温泉で感謝祭 源泉の湯、合わせる儀式 - 読んで見フォト - 産経フォト  感謝祭は土用の丑の日、丑の刻(午前2時頃)に入浴すると1年中無病息災であるという言い伝えにより、温泉の恵みに感謝する意味で始まった「丑湯祭」が起源。今回で71回目となる。  1日夕、第71代温泉女神の山口紗希さん(22)が降臨…

続きを読む

鶴岡八幡宮であすから「ぼんぼり祭」

東京新聞:鎌倉の夏をゆらり彩る 鶴岡八幡宮であすから「ぼんぼり祭」:神奈川(TOKYO Web)  鎌倉の盛夏の風物詩として人気が高い「ぼんぼり祭」が6日から9日まで、鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で行われる。今年も大小の約400基のぼんぼりが夜の参道を彩る。  この祭りは今年で78回目。期間は立秋(今年は7日)の前日から9日までと定められている。ぼんぼりには毎年、鎌倉ゆかりの著名人が書画を寄…

続きを読む

益子・太平神社「献花祭」

子ども巫女がアジサイを奉納 益子・太平神社|下野新聞「SOON」 hibakama / 緋袴白書RT @mashiko_kankou: あじさい祭り【献花祭】6/24かわいい4人の稚児さんが春夏秋冬一年間の無事と自然の恵み感謝し、ご神前にあじさいを奉納いたしました。1年12か月になぞられて3回奉納します。 稚児さんのニコニコ笑顔に、集まった皆さんもほっこり https:/… at 0…

続きを読む

湯西川温泉「平家絵巻行列」

湯西川温泉「平家絵巻行列」 温泉街を優雅に練り歩き 日光|下野新聞「SOON」 栃木)平家絵巻行列さわやかに 湯西川温泉街:朝日新聞デジタル  平家落人伝説が残る日光市の湯西川温泉街で5日、平家大祭がフィナーレを迎え、恒例の「平家絵巻行列」の100人が、新緑あふれる約1キロの山道をさわやかに練り歩いた。  福島県境の同地区に、平家が滅亡した壇ノ浦の戦いから800年を経た1985年…

続きを読む

三社祭で「浦安の舞」披露

東京新聞:復興、平穏 浅草から祈る 三社祭で「浦安の舞」披露:社会(TOKYO Web)  熊本地震の発生から一カ月を迎えた十四日、三社祭が開かれている浅草神社(東京都台東区)で、被災地の早期復興を願う祈願祭が開かれた。例年、三社祭の期間中に「例大祭式典」を行っているが、今年は地震発生を受けて、式典とともに祈願祭を開催することにした。  矢野泰良(やすら)宮司は、地域の発展を願う通常の祝…

続きを読む

那須烏山・熊田太々神楽で巫女舞の年齢引き下げ

伝統の「巫女舞」絶やさないため、踊り手年齢引き下げ 那須烏山の熊田太々神楽|下野新聞「SOON」  【那須烏山】急速に進む少子化で伝統芸能の担い手の子どもたちが少なくなり、継承が危うくなっている。熊田の市指定無形民俗文化財、熊田太々神楽では「巫女舞(みこまい)」の踊り手が来年以降いなくなり、同神楽保存会では女の子踊り手の年齢を12~15歳から引き下げることになった。熊田西自治会公民館で10…

続きを読む

大山阿夫利神社で春の山開き

春の山開き 大山阿夫利神社で安全祈願|カナロコ|神奈川新聞ニュース  伊勢原市の大山阿夫利(あふり)神社で5日、春季大祭始めとなる春の山開きが行われた。神職が登山客の安全と地域の五穀豊穣(ほうじょう)、商売繁盛などを祈った。  山開きは毎年、春と夏に行われている。下社で巫女(みこ)の舞や酒、もち、野菜などが奉納された。枝垂れ桜や山桜はこれから見頃 繁栄祈り稚児行列華やかに | 河北…

続きを読む

赤坂・日枝神社「桜茶会」

日枝神社で桜茶会 みこが参拝者に「幸福茶」振る舞い - 赤坂経済新聞  日枝神社(千代田区永田町2)で3月25日、「桜茶会」が開かれる。  同神社の茶会は、日泉(ひよし)流という煎茶礼道で、煎茶や玉露などの茶葉を急須などに湯を注いで茶を飲む形式で行われる。同流儀は、1990年11月に小泉萌生宗匠が同神社の宮司より流名を受け創流。広報担当の伊久さんは「煎茶の点前を通して自然の恵みに感謝し、…

続きを読む

日光二荒山神社で八乙女の新人研修

新人みこが研修 日光二荒山神社|下野新聞「SOON」  【日光】「八乙女(やおとめ」と呼ばれるみこの新人研修が行われている山内の日光二荒山神社で18日、研修の様子が報道陣に公開された。  同神社は毎年数人の八乙女を採用しているが、5人が入社するのは11年ぶりという。先輩の八乙女らから神楽舞での扇や鈴の持ち方、足の運び方を教わりました 金丸小児童、伝統の「永代々神楽」舞う 大田原…

続きを読む